固有表現抽出

開議午後1時00分

議長鈴木喜明これより本日会議開きます

本日会議署名議員松田優子議員川畑正美議員指名いたします

日程第1「議案第2号ないし議案第12号及び報告第1号ないし報告第4号」一括議題いたします

これより昨日引き続き会派代表質問行います

通告あります順次発言許します

議長20呼ぶあり

議長鈴木喜明20小貫議員

20小貫元議員登壇拍手

20小貫議員日本共産党代表質問ます

最初地方自治民主主義生かされる市政つい質問ます

公平透明ある人事求める質問です

森井市長就任内申ない異動正当するため留任内申制度設けられ日本共産党撤回求めまし今年度人事異動昇任異動68うち留任内申より昇任異動人数1928%上ります留任なく昇任異動かける場合再度昇任異動内申出しもらえいいないでしょう再度昇任内申異動内申提出求めなかっ理由つい説明ください

昇任絞れ33昇任職員うち留任内申よる昇任39%13なります留任内申機能ませ留任内申意味失わいる考えませ市長認識答えください

昨年回定例会市長内申ついより適切評価なるよう内申見直し答弁ます内申大きく変わっこと留任内申つくっことですこの答弁現場から出さ昇任内申異動内申適切ない言っいる等しいことですなぜ市長適材適所配置管理よっつくら内申適切ない切り捨てしまう市長しかわかりませ昇任内申53うち昇任なかっ職員62%なります昇任内申無視いるないでしょうなぜ無視根拠示しください

公務全体奉仕です今後求められる小樽市職員つい人材育成基本方針見直し係る職員アンケート結果小樽市民会議100会場おい市民アンケート市民立場立っ物事考えられる職員トップなりまし

なぜ地方公務員法能力実証定められいるいえ行政民主かつ能率運営もっ地方自治本旨実現資すること目的からです人事能力適性応じ公正実施なけれ全体奉仕ある公務本来役割から唯々諾々上司命令従うだけ市長奉仕変わっしまいます少なくともそうなっいるない疑念市民広げることなります

市長人事異動公平ない意見ついその意見正面から受けとめるべきありませ答えください

留任内申制度撤回すること求めます答えください

日本共産党菊地葉子道議事務所市民アンケート取り組んますその森井秀明市長市政運営ついどう思いますいう設問あります正確集計これからです菊地事務所よる約7割批判いうことです

紹介ます好意意見若いから市議会見守っ協力ほしい銭函駅バリアフリー進めなどです批判意見最初期待けれど期待外れあるわからないちょん切っほしい小樽市どうたいいう気持ち見えないなどです言っいるありませこれ市民意見対し市長どう向き合うつもりです答えください

人事評価関連人事行政運営状況公表関する条例一部改正する条例専決処分ついです

地方公務員法の一部改正より昨年度6月勤勉手当から給与反映予定まししかし部局よっ評価ばらつきられることから検討委員会立ち上げ基準策定進めいる説明でし評価ばらつきつい2017年度部局ごと評価割合示しくださいまたそのことつい見解述べください

職員団体協議ついいつごろ協議まとまる見通しなっいる説明ください

上位評価原資確保できない問題ついどのようパターン想定いる説明ください

そもそも人事評価評価するわけですから主観免れませ目標定め業績評価すること市民目線立っ評価なくなります例えば窓口業務場合より多く市民対応たら評価上がるわけありませ公務労働組織行う仕事です人事評価公務仕事なじまない考えませ答えください

給与反映つい道内都市人事評価給与反映すること見送っいる自治管理だけ適用いる自治などさまざまです当分人事評価給与反映見送ること求めます答えください

第3職員資格取得つい質問ます

人事育成基本方針ことし4月改訂まし人事育成考えつい仕事処理する人材材料から市民ためため世代ため活躍する人財財産変革すること目指すものです述べます

財産ある目指す能力向上必要です都市資格取得ため支援制度設けいる自治あります例えば神戸市ホームページよる神戸市専門分野資格取得積極奨励ます神戸市まちづくり取得高い技能生かそう仕事モチベーションつながっます紹介ますまた坂出市職員資格取得奨励要綱よれ予算範囲技術建築通訳案内施工管理技士土地区画整理社会保険労務社会福祉ケアマネジャーなど18資格対象奨励交付ます

職員課把握いる昨年度1年間職員資格取得つい資格取得種類人数示しくださいまたその単年度資格取得状況十分市長考えでしょう答えください

消防吏員病院職員場合資格公務必要ため予算計上ますそれ以外職場おい昨年度公費よる資格取得どのよう資格示しください

職員多様資格持つこと小樽市多様つながりますまた得意分野職員持つこと仕事モチベーションアップつながる考えます小樽市各種資格取得支援する制度求めます答えください

第4議会審議保障議案提出ついです

これから指摘するついいずれ第1回定例会まで準備べきものです昨年度多額予算流用です除雪不足ため4,373万円道路新設改良から流用まし一昨年度に続き2年連続ですまた港湾海上保安本部巡視船移転補償港湾流用まし本来不足するなら見通し持っ予算流用なく補正予算計上必要です第1回定例会提案できるよう補正予算計上準備べき考えますなぜ提出できなかっ理由説明ください

専決処分うち先ほど質問人事評価関する条例改正ですこの専決処分第1回定例会の提案間に合うよう準備すること可能あっ思いますなぜ提出できなかっ理由説明ください

先議ひき関する補正予算旅館業法施行条例の条例改正ですこれついなぜ第1回定例会提出できなかっ理由説明ください

昨年度除雪流用つい流用道路新設改良ほぼ特定財源賄わます昨年度除雪流用補正予算計上場合財政調整基金から取り崩し必要なっないです答えください

先ほど述べまし専決及び先議つい第1回定例会追加提案間に合わなかっ場合臨時開い議決求めることなかっ理由つい説明ください

第5昨年度決算見込みついです

小樽市財政厳しいこと変わりありませ2017年度予算多額財政調整基金から繰り入れ予定ましそれ決算見込み結果3,200万円調積み増しますどのよう収支改善図っでしょう

また単年度収支2年連続赤字見込みなっますどこ原因ある考えます説明ください

会計基金返還まであと数年かかりますこの数年を乗り越えること必要ですそのため34ある資金基金残高決算見込みおおむね20億円ですこの資金基金有効活用そのなります市長これ基金ためおくつもりでしょうもしくは活用いくこと考えましたらその活用つい示しください

市税収入2008年度以降減少続けまし決算見込み2016年度比較増収転じる見込みなっます人口減少どのよう前年度増収なる見込み継続こと単年度こと今後動向含め説明ください

決算見込み受け財政よい方向向かっいる悪くなっいる市長見解示しください

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

森井秀明市長登壇

市長森井秀明小貫議員質問答えいたします

ただいま地方自治民主主義生かされる市政つい質問ありまし

初め公平透明ある人事求めるついですまず再度昇任内申異動内申提出求めなかっ理由つきまし就任当時職員評価行わないこと課題ある感じことから平成28年度人事異動から管理つい原部留任希望する場合あっ内申提出求めることいたしましまた平成29年度人事異動からそれまで昇任内申異動内申留任内申区別内申様式統一内申原部希望昇任異動留任記載する方法変更係長つい提出求めることまし再度提出する必要ないためあります

留任内申意味失わいる指摘つきまし留任内申内申うち希望留任あるもの指します内申当該職員業績能力執務態度健康状態など把握するいう意義あります当該職員昇任異動有無よっ意味失われるものありませ

昇任内申無視いるない指摘つきまし昇任内申内申うち希望昇任あるもの指しますそもそも昇任ポスト限りあります昇任内申あっ職員昇任ない場合ありますまた人事異動内申などから希望職員個々能力適性把握適材適所観点から総合判断結果あります昇任割合もっ内申無視いる指摘当たらない考えおります

割合話しないでしょ呼ぶあり

人事異動公平ない意見つきましそれぞれさまざま意見ありますそのよう意見あること承知受けとめおりますまし公平図る目的内申あり見直すなど改善図るともその内申など踏まえ職員個々能力適性把握公平公正かつ適材適所観点人事異動行っいるところあります

留任内申撤回つきまし留任内申先ほど申し上げとおり内申うち希望留任あるもの指します内申当該職員業績能力執務態度健康状態など把握する欠くことできないものありますこの方法変える考えありませ

菊地道議事務所アンケート寄せられ意見つきましましそのよう意見あること真摯受けとめますもと掲げる政策賛同早くその政策実現ほしい数多く寄せられいるところあり市民からこのよう期待応えるため職責全うまいりたい考えおります

数多くってです呼ぶあり

人事評価ついですまず部局ごと評価割合つきまし平成29年度能力評価おい高いほうから保健所8.9%会計課議会事務局7.7%医療保険部6.3%総務部2.9%消防本部2.1%産業港湾部1.6%水道局1.3%財政部生活環境部福祉部建設部教育委員会ゼロ%あります

また平成29年度業績評価おい同じく高いほうから水道局11.8%財政部7.4%会計課議会事務局5.8%保健所5.4%産業港湾部3.1%消防本部1.7%医療保険部1.6%生活環境部1.3%建設部1.0%福祉部0.6%総務部教育委員会ゼロ%あります

まし全体評価割合少ないこと部局割合相違いる感じおります

職員団体協議つきまし人事評価基準策定など課題整理来年の1月末まで職員団体合意達するよう協議進めまいりたい考えおります

上位評価原資確保つきまし想定れるもの下位評価割り落とし活用する方法現行支給割合引き下げこの引き下げ活用する方法など考えられます

人事評価公務なじまない指摘つきまし地方公務員法の一部改正より地方公共団体義務づけられ人事評価制度地方分権一層進展より地方公共団体役割増大市民ニーズ高度多様厳しい財政状況よる職員減少背景する個々職員困難課題解決する能力高い業績上げること従来以上求められいることから能力実績基づく人事管理徹底組織全体士気高揚公務能率向上目的導入ものあります給与反映のみなら人材育成寄与するものあります公務必要制度あるもの認識おります

人事評価給与反映つきまし人事評価地方公務員法第23条第2項の規定より給与活用求められおります平成31年6月勤勉手当から反映できるよう取り組んまいりたい考えおります

職員資格取得ついですまず平成29年度資格取得状況つきまし職員把握いるもの答えます社会福祉主事産業自立相談支援事業従事衛生管理陸上特殊無線技士乙種危険取扱ボイラー技士あります個人取得資格職員全て把握いるわけないことから一概申し上げられませ印象少ないもの考えおります

昨年度公費よる資格取得つきまし先ほど申し上げまし資格うち社会福祉主事産業自立相談支援事業従事衛生管理陸上特殊無線技士あります

資格取得支援する制度つきまし職務必要資格公費負担する必要あります個人スキルアップなどため取得する資格基本個人負担なっおりますしかしながら職員多種多様資格持つこと意義あります都市状況など含め資格取得支援制度つい研究まいりたい考えおります

議会審議保障議案提出ついですまず除雪補正予算計上することできなかっ理由つきまし地方自治法おい既定予算追加その変更加える必要生じとき補正予算編成できる規定おります平成29年度除雪海上保安巡視船移転補償経費算出時間要しことから第1回定例会提案間に合わやむ予算流用よる対応ものあります

人事評価関する条例改正専決処分つきまし担当職員業務追われる平成28年度業績評価結果及び平成29年度能力評価結果集計分析時間要し労使協議給与反映前提人事評価基準素案作成くれ第1回目人事評価基準策定委員会開催本年1月ずれ込みましその時点6月まで一定の期間あっことから平成30年度から適用間に合わせるよう取り組んところありまし

しかし3月末業績評価結果12月勤勉手当反映上位評価割り増し原資確保など改めて課題認識ことあり職員団体提案至ら1年先送りざるない判断いたしまし結果定例提案でき専決処分より関係条例改正ところあります

ひき関する補正予算旅館業法施行条例の改正なぜ第1回定例会提出できなかっつきましまずひき関する補正予算ついですひき建造ため船台事前全国造船船台空き状況など情報収集するなど当初予算ひき建造経費計上ものあります

第1回定例会開会直ちに業者指名契約方法検討船台空き状況確認手続進めおりまし最終業者選定方法建造期間2カ年及ぶことなど確定4月中旬なっものあり第1回定例会補正予算提出できなかっものあります

また旅館業法施行条例の改正つい旅館業法改正に係る関係政省令平成30年1月31日交付まし条例改正当たっ1カ月間パブリックコメント手続含め相当期間必要あっため第1回定例会提出間に合わなかっものあります

除雪流用補正予算計上場合財政調整基金から取り崩し必要なっないつきまし除雪限ら補正予算計上する場合財源不用など精査不足する場合財政調整基金から取り崩しより収支均衡予算編成おります

指摘専決報告案件及び先議案件関し臨時会開い議決求めることなかっ理由つきまし臨時会招集相応時間調整必要なりますいずれ案件課題認識時点おい第2回定例会の開会迫っいる臨時会招集すること困難ある判断ためあります

決算見込みついですまず平成29年度決算見込みおけ収支改善単年度収支2年連続赤字見込みなる原因つきまし平成29年度決算見込み収支改善歳入市税譲与交付増加歳出おい人件扶助など不用生じことよるものありますまた単年度収支2年連続赤字見込みなる原因平成28年度決算平成27年度決算大幅黒字なっことから決算剰余財政調整基金法定積立多額なる一方取り崩しない済んことから大きく赤字なっものあります

平成29年度決算見込みつい平成28年度決算法定積立約3億3,200万円なる一方決算見込み推計する財政調整基金から取り崩し実質収支黒字確保できる範囲とどめことから結果単年度収支赤字なっものあります

資金基金活用つきまし資金基金それぞれ設置目的沿っ積み立ているものありその目的進めるため事業財源活用おります今後ともその活用つい基金原資多く長年わたる市民から寄附あること十分踏まえながら財源活用する事業内容よく検証判断まいりたい考えおります

市税収入前年度増収なる見込み今後動向つきまし道内外経済動向横ばいもしくは若干改善いる状況続き特に市外本店有する企業業績好調ことありその影響トータル法人市民増収なっほか個人市民おい同様賃上げ伴う個人所得伸びよる課税標準収入堅調推移いることなどから前年度決算より増収なるもの考えおりますこれ人口減少あっ税収一定程度維持でき要因推測できます経済動向変化人口推移勘案する今後予測難しいもの考えおります

決算見込み受け財政対する見解つきまし歳入おい市税収入調定収入より人口減少続く若干増加ふるさと納税よる寄附増加する見込みあるなど自主財源確保向け明るい兆しあるもの歳入多く占める地方交付今後動向透明あるほか歳出おい会計及び基金償還公共施設老朽対策など財政需要見込まおり依然厳しい財政状況あるもの認識おります

議長鈴木喜明項目質問入ります

議長20呼ぶあり

議長鈴木喜明20小貫議員

20小貫元議員登壇

20小貫議員対し意見言える市政転換求め質問ます

国政市政影響及ぼします地方交付削減主導よる石狩湾新港管理組合投資国民健康保険介護保険負担搭載可能入港など国政対しきちんと意見言える小樽市なる必要あります今回新幹線の札幌延伸小樽海上技術学校旅館業法よる規制緩和難病指定かかわっ質問ます

新幹線トンネル残土成分公表ついです

4月27日日本共産党小樽市議団菊地葉子道議とも独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構北海道新幹線建設局北海道新幹線トンネル掘削工事関しヒアリング行いましその明らかなっこと札幌市盤渓運び込む残土小樽市域発生残土いうことですさらにことし5月札幌地域住民説明盤渓運び込む残土環境基準以下対策説明ます

このよう札幌運び込むトンネル残土小樽市域対策小樽市説明どのよう言わ説明ください説明あっあれそのこと対する参加意見紹介ください説明ないあれ説明ないこと市長見解示しください

対策対策成分公表必要です小樽環境基本条例第5条事業環境負荷低減努めなけれならない事業責務定めおります小樽市環境基本計画取り組み周辺開発行為事業活動実施れる場合環境配慮促す定められます残土受け入れ候補ある朝里川温泉地域の石切山保護区域周辺当たる考えられますどのよう環境配慮促し経過説明ください

環境基本計画事業保護区域その周辺開発行為事業活動実施する場合環境配慮努めるあります配慮前提事業周辺住民対し捨てる成分説明すること求められます成分公表求めるべきです答えください

旅館業法施行条例の一部改正する条例関し質問ます

変更内容ます主なものフロント適当客室保管する設備なく食堂ロビーないホテル認める条例です小樽観光都市宣言これから小樽観光求められることそれ市民一人一人観光まちづくり主役なり人情あふれる小樽気質迎えふれあい通じ感動安らぎ感じいただくともゆっくり時間かけ小樽楽しんいただくことですそれ我がまち小樽とっ何物かえがたい喜びです高らかうたっますこの条例改正案どこ小樽気質迎えいうことなるでしょう条例改正案観光都市宣言整合つい説明ください

観光都市宣言見地から旅館許可受け宿泊施設利用いただくほう小樽楽しむことできる思いませ市長見解示しください

第3海上技術学校存続ついです

日本共産党海上技術学校存続つい責任持つこと基本いう立場です昨年9月予算特別委員会小樽市基本立場責任持っ存続ほしいいう立場答弁ありまし責任持っ存続ほしいいう立場それからどのよう交渉その結果どのよう責任持っ説明ください

海上技術学校法的位置づけはっきりせること重要です海洋基本法船員育成確保必要措置講ずることなっます船員職業安定法職業補導国土交通大臣指定する船員教育機関これ行う定め同法施行規則国立研究開発法人水産研究・教育機構独立行政法人海技教育機構船員養成機関定めます

そして海技教育機構法機構船員なろうする及び船員対し船員養成及び資質向上図りもっ安定かつ完全海上輸送確保図ること目的するあるよう責務果たす機構設立ます

現在船員養成定員390から500増員する目標掲げおり海技学校廃止実現困難なること明白ですそのため責任果たし地方自治協力成り立つ考えます市長海上技術学校対する責任つい法的位置づけどのよう考えいる答えください

機構から小樽市対し文書要請つい内容示しください

小樽商業高校海技学校持っくることつい機構北海道どのよう進められでしょうまた商業高校海技学校移転場合現在海技学校施設所有どこ引き受けることなるでしょう説明ください

商業高校統合中学校持っくる計画でし統合中学校計画なくなっいうことでしょう答えください

商業高校海技学校移転すること執行機関ある教育委員会定例どのようあっでしょうあっ会議日程委員から意見つい説明ください

指定難病医療助成認定ついです

2015年1月から難病施行医療助成対象56疾病から331疾病拡大一方軽症患者医療助成対象なっます若竹町住む78歳女性顕微多発血管いう指定難病です3月認定ない通知届きましこの紙切れまで受け助成受けられなくなりまし

これただ1人ありませ小樽市保健所よる昨年度特定疾患治療研究事業及び難病基づく認定更新申請1,473対し認定受け件数1,340133更新できませでし更新申請認定なかっ2013年度2014年度2015年度2016年度14です昨年度認定突出ますなぜこのよう認定ふえ説明ください

このよう制度変わることまで認められ除外れることついまでどおり認められるよう働きかけるべきです答えください

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

森井秀明市長登壇

市長森井秀明ただいま対し意見言える市政転換つい質問ありまし

初め新幹線トンネル残土成分公表ついですまず札幌市搬出れるトンネル残土係る説明内容つきまし昨年8月鉄道・運輸機構天神町会住民対象行っ説明おい事前ボーリング調査朝里トンネルから基準超える自然由来金属検出ないこと当時余市町搬出する予定あることなど説明おりますそのトンネル残土搬出つい札幌市変更なりましことからその町会伝え聞いおります

説明おけ参加から意見つきまし天神町会住民から天神奥沢周辺おけ渋滞心配など運搬ルート関する意見出さおります市外対策搬出すること対し意見特に出さおりませ

事業対する環境配慮促進つきまし朝里川温泉地域残土受け入れ候補関し現在住民説明実施いる段階あるため具体環境配慮促しおりませ今後事業計画示さましたら事業対し環境保全対策努めるよう求めまいりたい考えおります

残土成分公表つきまし事業対し住民理解られるよう必要情報つい提示すること要請まいりたい考えおります

旅館業法施行条例の一部を改正する条例案ついですまず改正する条例観光都市宣言整合つきまし観光都市宣言市民一人一人もてなし持っ迎えゆっくり時間かけ小樽楽しんいただきたいいう趣旨あります

一方改正する条例規制緩和基づい旅館業法の一部改正伴うものこれまで事細か規制見直すことより宿泊事業創意工夫生まれ外国観光含む宿泊需要拡大宿泊ニーズ多様対応できることから観光市民交流する機会ふえ小樽楽しんいただくことなります観光都市宣言通じるもの考えおります

旅館業法の許可受け宿泊施設利用つきまし旅館業法の許可受け宿泊施設もとより住宅宿泊事業法に基づく民泊施設含めそれぞれ基づき宿泊環境整備施設利用宿泊安心安全小樽楽しむことできるもの考えます

なお違法宿泊施設つきまし今後引き続き指導まいります

海上技術学校存続ついですまず責任持っ存続ほしいいう立場どのよう交渉つきまし基本責任持っ存続ほしいいう立場協議臨んおります一方昨年7月示さ廃止方向から存続方針転換引き出す必要あることから海技教育機構運営状況鑑みながら協議進めところあります

またその結果どのよう責任持っつきまし時点方策提示段階あります具体こと申し上げられませ

海上技術学校対する責任つい法的位置づけどのよう考えるつきまし議員質問ありましおり海洋基本法第20条おい船員育成確保つい責務おり海上技術学校船員養成おけ政策実施部門独立行政法人海技教育機構より運営いるものあることから同法基づき海上技術学校対する責務ある認識おります

機構から小樽市対する文書内容つきまし書面まし本年2月8日付海技教育機構理事いただいているものあります機構から平成31年度生徒募集スケジュール協議期限本年2月10日までたい受けから書面にて協議継続つい要望こと対する回答いただいものあります

その内容協議継続すること平成31年度生徒募集従来どおり行うこと可能限り早期結論られるよう協議願うこと耐震問題ない近隣教育機関利用暫定措置ついあわせ協議願うことあります

商業高校海上技術学校移転せることつい機構北海道どのよう進められつきまし海技教育機構及び国土交通省から5月25日示し移転候補ある旧祝津小学校小樽商業高校つい現在検討ある聞いおりますこれまで小樽商業高校つい北海道直接協議いう聞いおりませまた海上技術学校移転場合現在施設所有つきまし具体伺っおりませ

指定難病医療助成認定ついですまず認定ふえ理由つきまし公平安定医療助成制度構築ため平成27年1月1日難病患者対する医療関する法律いわゆる難病施行この法律より対象なる疾病拡大とも医療助成指定難病患者病状一定程度以上また高額医療継続すること必要ある認められる都道府県支給認定行うものなっところあります

難病施行医療助成認定つい経過特例病状程度難病医療助成要件該当ない場合あっ平成29年12月31日まで助成対象なっものありますこの経過特例終了ため昨年度支給認定更新難病おけ医療助成要件該当ない認定なくなっものあります

働きかけつきまし難病法制本市議会おかまし難病小児慢性特定疾病患者自己負担見直し求める意見全会一致可決提出ところあります

また全国市長会通じ難治疾患患者苦痛負担軽減図るため対象疾患拡大初めする必要支援推進するこという提言平成29年6月30日全て国会議員及び関係府省提出その実現つい要請いるところあります

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明教育

教育林秀樹小貫議員質問答えいたします

ただいま対し意見言える市政転換つい質問ございまし

小樽海上技術学校存続ついありますまず小樽商業高校閉校学校施設統合中学校活用する計画なくなっいうことつきましこのたび小樽海上技術学校存続向け移転候補小樽商業高校機構示し聞いおります同校校舎ほか産業振興あるなど施設規模大きいことから統合中学校海上技術学校複合施設使用すること可能考えおりこのため計画変更至っおりませ

小樽商業高校海上技術学校移転することつい教育委員会定例会あっことつきましこれまで教育委員会定例会必要応じ学校再編進捗状況などつい報告おります現状小樽商業高校閉校施設統合中学校する考え変わらないことからこのたび本市機構示し内容つきまし定例報告おりませ今後機構から回答あっ場合など状況応じ報告まいりたい考えおります

そんなころころ変わるだったらやめたらどうです呼ぶあり

議長鈴木喜明項目質問入ります

議長20呼ぶあり

議長鈴木喜明20小貫議員

20小貫元議員登壇

20小貫議員小樽これからまちづくりつい質問ます

人口著しく減少するまちづくりどうする具体いうより中長期ビジョンつい市長見解聞いいきます

段階対応計画空き家除却です

空き家いっさまざまです立地場所よっ利用可能異なります中心つい空き家利活用売買見通しつきやすい状況あります一方郊外住宅など空き家つい残さままなりがちです市街区域市街調整区域境界付近立地する空き家など倒壊危険まちづくり観点除却必要考えます

このよう立地条件空き家つい除却補助拡大することスポット市街縮小図ることできるないでしょう見解示しください

こう段階空き家積極除却より空間ふやし場合よっ公園転換図ることその地域市民居住高めることなります

加え市街マンション建築ついです小樽市景観計画小樽歴史景観区域15地区うち10地区14メートルから25メートル数字よる制限ありますまた地区計画よっ制限いる地域あります市内全域8階建て以上民間共同住宅確認申請受付2014年度9階8階2015年度102016年度10階の1件2017年度9階14階なっますこのうち稲穂・色内地域小樽駅周辺住宅高層進んます

歴史景観区域新規建築つい制限全て守らます区域一歩出れ高層建築建設可能なります中心市街高層マンション集中将来いびつ都市構造もたらします今後歴史景観区域及び地区計画見直しかけ区域拡大地区計画よる制限必要ありませ市長見解伺います

さて段階対応です空き家除却一定進ん段階です空き家除却進み住宅戸数少なくなり住宅機能落ち地域防災リスクある地域から移転誘導する政策実施維持することです

その中心道路あり特に国道道道ですこれ管理北海道行うわけですから最大利用すること財政求められますですからこれ道路沿いまち並み維持れるまちづくりです国道道沿い新た住宅張りつける地域定めここ住宅縮小地域から移転補助する制度など導入する計画つくること提案ます答えください

道路つい主要道路北海道責任管理すること求められます小樽市国道国道つないいる幹線道路長橋旧国道だけ道道なく市道なっます市道認定経過及び道道ならなかっ理由北海道協議内容含め説明ください道道昇格北海道要望どうでしょう市長見解示しください

くれよる対応なり都市計画関係です1970年小樽市人口約19万人そのとき策定都市計画市街区域3,400ヘクタール市街調整区域9,600ヘクタール指定まし現在人口12万人割りまし小樽都市計画市街区域3,848ヘクタールそのとき比べ拡大ます住居限っ比較1970年2,281ヘクタール人口1人当たり114平方メートル現在2,798ヘクタールなり人口1人当たり換算すれ238平方メートルなっます人口減少一途たどりながら住区市街区域拡大いっ理由つい説明くださいまたそのこと対する市長見解示しください

現在都市計画マスタープラン将来都市未来歴史調和安心快適躍動まち定めます土地利用方針秩序ある快適市街形成目指す市街区域範囲おおむね現状維持基本ますしかしここまで人口減り税収減少する一方インフラコスト維持することなり市街区域維持すること困難なります町なか住居推進コンパクトシティかけ声利便高い中心移住進め全体減少いく郊外コミュニティー形成できないおそれあります中心偏っ人口集中小樽市地形踏まえ場合将来まちづくり困難なる考えませ市長見解示しください

今後新しいマスタープランよっ将来ビジョン策定することなりますまで述べよる住宅移転誘導することよっ市民住居権利財産保障ながら計画市街規模見直し将来市街区域縮小必要なりますこの縮小急進改造なく徐々改善いく方法なけれなりませ市街区域縮小いく長期ビジョン持つこと必要ありませ答えください

除排雪改善快適市民ついです

第1回定例会賛成多数より当初予算修正可決ましこれより小樽市今年度除排雪行わない予算なっます日本共産党地方自治法の総計予算原則から除雪当初予算計上求めましですから当初予算否決以上早急提出求められます定例除雪補正予算計上なかっ理由つい説明くださいまた定例補正予算提出求めます答えください

貸出ダンプつい排雪路線制限加わりましそのもとなっいる排雪路線つい聞きますこの排雪路線作成経緯どのよう活用行わいる排雪方法頻度どのよう違いある説明ください

昨年度雪山処理段差解消業者決定随意契約行わまし業者決定至る経過つい説明くださいまたその業者2016年度以前小樽市道路除雪業務実績持っいる示しください

日本共産党提出安心安全かつ快適暮らす条例つい簡単言え長目除排雪から市民目線除排雪改善する内容ですこの条例つい反対する部分さわる部分ございましたら指摘ください

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

森井秀明市長登壇

市長森井秀明ただいま小樽これからまちづくりつい質問ありまし

初め人口減少まちづくりついですまず市街調整区域境界付近立地する空き家除却対する補助拡大つきまし今年度から始め空き家除却対する助成制度交付活用事業近隣影響与えいる危険空き家除却すること目的ものあります

しかしながら市街調整区域境界付近立地する空き家うち隣接する建物少なく近隣影響与える可能ないものこの除却交付事業対象あり補助全額負担することなりますこのことから当面補助拡大行わまず近隣影響与えいる危険空き家減らすこと目指しいきたい考えおります

市街マンション制限つきまし小樽市景観計画おけ小樽歴史景観区域地区計画よる制限中心市街存在する歴史建造周辺街並み景観保全すること目的区域指定行っますこれ区域以外歴史建造余り存在ないため時点歴史景観区域地区計画区域拡大すること予定おりませ

住宅縮小地域から移転誘導する補助制度など導入する計画つきまし現在ところ検討行っおりませ今後さらなる人口減少少子高齢進行伴い財政状況さらに厳し増すもの見込まこのまま市街広がりどこ時点現行行政サービス維持できなくなるおそれあり将来そう計画策定必要なるない考えおります

長橋旧国道市道認定経緯つきまし北海道開発局から昭和62年当該区間道道また市道認定する意向有無つい北海道本市照会ありその両者協議行い当該区間道道小樽港稲穂線接続その一部国道重用する方法北海道申し入れまししかし当時都道府県道路線認定基準ある延長4キロメートル以上満たないことさらに市民生活道路必要高いことから本市市道認定ところあります

道道昇格要望つきまし道道北海道維持管理いただくこと財政負担軽減つながることまた当時延長4キロメートル以上満たないいう基準通達廃止ことから改めて検討まいりたい考えおります

住居市街区域拡大いっ理由つきまし国勢調査人口昭和35年約19万9,000人ピーク減少続けおりますこれ反し世帯生活様式社会構造変化などよる家族進行背景平成12年まで増加続けましこう家族進行よる住宅需要高まり新た定住人口誘導図るため市街区域隣接市街調整区域宅地開発れること確実区域市街区域編入ところありますなお新た住居区域編入平成10年を最後行っおりませ

また区域拡大対する見解いたしましこう計画宅地開発より周辺自然環境調和低層建物主体するゆとりある良好住宅形成おり人口下支えいるもの考えおります

中心部偏っ人口集中将来まちづくり困難なるないつきまし単に中心集中人口集約図る施策とっ場合一方おい人口減少密度地域生活サービス提供困難状況なり安心暮らせる生活環境失われるとも公共施設維持必要1人当たりコスト大きくなるなど持続都市づくり困難なる可能考えられます

このことから小樽市都市計画マスタープラン改定取り巻く社会状況将来人口推計踏まえ持続可能都市づくり指針策定まいりたい考えおります

市街区域範囲縮小いく長期ビジョンつきまし急速人口減少見込まれる安心暮らせる生活環境実現するとも維持可能都市経営推進するため都市構造見直し生活サービス機能居住集約誘導ながらそれ連携持続可能公共交通ネットワーク形成するコンパクトプラスネットワーク取り組み重要あるおります

このことから示す取り組み踏まえつつ小樽市都市計画マスタープラン改定市街形成方針策定まいりたい考えおります

除排雪改善快適市民ついですまず定例除雪補正予算計上なかっ理由つきまし現在平成29年度除排雪検証進めおり今定例会補正予算計上することできませでし今後おい速やか検証終え今年度除排雪計画策定第3回定例会補正予算計上まいりたい考えおります

排雪路線作成経緯などつきまし作成経緯つい当時資料残っないため明確ございませ活用方法まし排雪対象路線その種別確認利用おります種別区分つい幹線道路補助幹線生活道路なっおり種別ごと出動基準排雪方法違いありませ排雪頻度ついパトロール行い現場状況確認ながら随時排雪作業必要判断することから種別よっ生じおります

雪山処理段差解消業務業者決定つきましこの委託業務南北地域分けおり地域ごと指名競争入札行いましそれぞれ入札金額予定価格超えことから入札不調なりましそのため地方自治法施行令第167条の2第1項第8号規定より入札金額最低価格あっ業者随意契約ものありますまた随意契約業者過去5年間おけ本市道路除雪業務実績ありませ

小樽市安心安全かつ快適暮らす条例案指摘つきましこの条例案議員提案より議会提出ものありますその内容対し指摘する立場ないこと認識おりますあえて述べさせいただきます市民生活密接関連する内容あるとも市民事業役割などうたわいることからパブリックコメント必要あるない思うほか条文執行及ぶもの見受けられますこれこと含め慎重審議なされること願っいるところあります

議長鈴木喜明項目質問入ります

議長20呼ぶあり

議長鈴木喜明20小貫議員

20小貫元議員登壇

20小貫議員最後福祉まちづくり推進求め質問ます

ことし4月末住民基本台帳よる小樽市65歳以上人口4万6,29439.3%なります高齢嘆く聞かます問題少子あっ長生きすること悪いことありませ小樽市高齢元気言えます

男女見る65歳以上場合女性男性1.5倍なり9,526女性ほう多くなります国勢調査よる5万以上女性100対する男性割合全国最も低い自治なります女性元気言えますからこそ女性市政生かされること必要です

ところ小樽市審議会女性登用状況つい小樽市総合計画2018年度40%目標でし201568035.8%201665535%201763234.1%実数比率年々減少ますなぜ市長審議会女性登用引き下げ理由説明ください

また小樽市これまで女性どのよう市政反映説明ください

また今後女性元気小樽特色どうでしょう市長見解示しください

小樽市65歳以上単身国勢調査結果よる2015年1万585そのうち女性7,79774%なります85歳以上単身200591920101,308人20151,904人人口減少ふえます

札幌集中国勢調査よれ小樽市から札幌市移っ5,124なります都市比べる20代移動多いこと共通ます80歳以上限定ます小樽市555札幌市転居ます全体なります旭川市年齢8,684人小樽市より多いです80歳以上354小樽市より少なくなっますこれ高齢より子供ところ引っ越しいき小樽離れいる可能考えられますこれ子供ほうから小樽戻っいただく手だてつくっいかがでしょう

例えばターン初期投資かかる引っ越し空き家改修補助など実施ある思います市長考え聞かください

第7期小樽市高齢者保健福祉計画小樽市介護保険事業計画新た介護人材確保育成現状課題位置づけられ現状介護事業向け実施調査おい約半数事業職員不足いる回答ます記さます

ハローワーク小樽ことし4月雇用失業情勢よるホームヘルパーケアワーカー求人倍率5倍超えおり高齢進む小樽とっ介護求人今後ふえいくこと予想ます計画目標介護給付対象サービス充実介護人材確保育成支援取り組みますあります具体どのよう取り組み実施いく予定示しください

介護人材不足小樽市限っことなく全国問題なっますこの問題対し行政打つこと必要です都市介護人材確保支援事業銘打っ助成種類さまざまです介護人材確保動き出します例えば尾道市2012年度から2015年度まで介護従事養成就労支援事業実施まし意味就労支援つながっないない指摘あり見直し介護人材確保定着支援事業補助制度つくりまし初任研修課程修了実務研修課程修了介護福祉補助交付ます介護従事確保総合推進事業制度紹介することだけなく独自支援制度導入すること必要ありませ答えください

高齢女性元気続けるバス路線維持課題ですバス利用多く通勤通学除け高齢ですいわば高齢利用よっ現在バス路線維持できいる言っ過言ありませさらに高齢積極社会参加触れ合いもっ心身健康保持生きがい創出資するためふれあいパス制度欠かせませ

ふれあいパス事業効果高齢健康維持あり介護進行おくらせることなれ介護負担公費負担軽減ます経済効果です高齢出ること消費促進ます三つ目先ほど述べバス路線維持ですそのほかさまざま効果ある考えられますこのふれあいパス事業財政負担単体事業だけ判断することできませ事業継続及び利用負担軽減今後まちづくりとっ重要ですまちづくり観点立っふれあいパス事業果たしいる役割つい市長見解示しください

障害バス運賃割引ついです市内あれ障害110円なりますふれあいパスより安い金額です精神障害標準約款対象なりまし実施ない事業ますその背景障害割引事業負担なっいることある考えます経営厳しくバス路線維持困難なっいるもと事業導入促進する対し全て障害割引対する補助制度つくるよう求めいかがでしょう答えください

公共交通充実人口減少対策重要です現在法定協議会議論進められます将来公共交通基本条例の制定目指すべきないでしょう答えください

この代表質問通し日本共産党提案内容小樽市今後進むべき方向です市政民主長目から市民目線市政運営転換しっかり意見言える市政人口減少ビジョン持っ将来描いまちづくりそしてなること住民福祉増進目的する地方自治役割最大発揮する福祉まちづくりです

2011年の第4回定例当時中松市長福祉都市宣言検討質問まし答弁すぐ取り入れること時点難しいです研究動向都市状況つい注視いきたい言わまし福祉まちづくり宣言抜本福祉施策充実図る考えありませ答えください

以上質問留保終わります拍手

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

森井秀明市長登壇

市長森井秀明ただいま福祉まちづくり推進つい質問ありまし

初め審議会女性登用つきましおい高齢限ら女性意見市政反映せるため審議会おけ女性委員ふやす取り組み任期満了などよる委員改選団体対し女性推薦つい配慮いただくよう依頼するなどいるところありますまたまちづくり市民エントリー制度活用する場合おい女性参加拡大念頭置き選出行っおりますしかしながら団体充て職よる推薦あったり公募女性応募なかったりいっ事情あり結果女性委員減っいる状況あります

女性市政どのよう反映つきまし審議会おい女性視点から施策方向つい意見いただいたり実働活躍いただいたりおります

また女性元気小樽特色いう提案つきまし市政女性参画不可欠いう認識持っおります引き続き審議女性登用進むよう取り組んいくほか女性自立向け学習機会充実それぞれライフステージ応じ健康づくり努め社会参加促進図っいく結果女性さまざま場面元気活動いるなっいくもの考えおります

子供ほうから親元小樽戻っいただけるよう手だてつきまし移住促すため方策検討する必要ある考えます提案ありまし補助制度創設対象転入のみ限定れることよる公益問題など考えられることから時点難しいもの考えおりますしかしながら今後とも都市事例など参考移住関しどのよう取り組みできる引き続き検討まいりたい考えおります

第7期介護保険事業計画位置づけられ介護人材確保育成支援向け取り組みつきまし計画記載ありますおり啓発活動関係機関連携研修行うほかこれまで事業対する実地指導事業訪問いただい意見踏まえ福祉専門職養成校事業意見交換新人介護職員意見交換など介護職員確保定着向上寄与する取り組みできない検討まいりたい考えおります

制度紹介することだけなく独自支援制度導入すること必要ないつきまし介護人材不足給与待遇さることながら介護職場対する理解不足就業希望事業おけ業務対する意識そごなど一因ある理解おりますこうことから事業紹介するとも先ほど答弁とおり福祉専門養成事業意見交換など重要考えおり段階独自助成制度導入すること考えおりませ今後事業関係団体意見交換など人材安定確保育成つながる提案あれ検討まいりたい考えおります

ふれあいパス事業まちづくり果たしいる役割つい見解つきまし高齢買い物通院など目的ふれあいパス利用外出すること本人健康促進介護予防役立っいる考えられるほか公共交通利用促進つながること経済活性一定程度効果与えいるいうこと事業まちづくり果たしいる役割ある考えおります

対し全て障害割引対する事業補助制度つくるよう求めることつきまし事業障害割引導入ない理由今後見込み確認補助制度創設障害割引導入促進するため効果判断全国市長会など通じ要望検討たい考えおります

公共交通基本条例の制定つきまし公共交通基本条例地域おけ公共交通維持及び充実目的公共交通利用促進図るため行政交通事業市民責務明確理念条例ある認識おります

おい平成25年12月交通政策基本法制定平成26年11月地域公共交通の活性化及び再生に関する法律一部改正こと基づき現在小樽市地域公共交通活性化協議会議論踏まえ小樽市地域公共交通網形成計画の策定取り組んいることから公共交通基本条例制定つい今後その必要つい調査研究まいりたい考えおります

福祉まちづくり宣言福祉施策充実図っいくことつきまし福祉施策充実せる複雑多様する福祉ニーズ的確対応するため仕組みづくり必要考えおり現在行っいる施策充実市民一人一人住みなれ地域支え合い互い尊重思いやり持つこと豊か実感できるまちづくりつながるもの考えおります

現状おい福祉まちづくりいう表現使うこと考えおりませ次期総合計画福祉おけフレーズ見出せ場合おいそれ積極活用発信するとも今後多様課題解決向け福祉施策充実発展せることできるよう積極取り組んまいります

議長20呼ぶあり

議長鈴木喜明20小貫議員

20小貫議員質問ます

最初人事問題からです

昇任内申場合昇任できるわけないいう答弁あっ思うですけれど確か昇任内申53ましそのうち昇任33ですから20昇任ないこれわかるですしかしそうなく33昇任なかっこれどのようそうたら能力実証いう行っ内申昇任留任上記理由書くことなっいるですそうなる昇任理由書いいる留任だったら留任理由書いいるそれどうやっ能力実証行っ昇任これ答えいただきたい思います

ですけれど人事評価関係ですその留任内申つい職員対し評価するものないからつくっこういう答弁あっ思うです今度人事評価たち思いつくらしまっ地方公務員法上それあるわけです人事評価いうそうたら留任内申いう職員対する評価あるわけから必要なくなるない思うです人事評価つい地方公務員法しっかり定めあります留任内申というのは地公法上どういう定めあるこれつい答えください

ですけれど職員資格取得つい研究いくいう答弁あっ思います研究いくいうこと検討ない実施いくないからそれなり時間かかる思うですけれど実際答弁あっよう部署必要あれ予算づけいる思うですから制度設計なく実際必要あっ予算要求すれその時々予算づけするいうこと判断いいどう答えください

議会議案提出ですけれどほか答弁そうです結果いうこと多いですただ議案提出いうそれ許さなくきのう斉藤議員ようこと言っましけれど議決もらう必要逆算どうやったらいいいうしっかり予測立て指示出すいうことこれ執行機関役割ない思いますこれつい答えください

ですけれど同じく議会関係ですいろいろ言っましけどそれ違反いるいうところまで言わないですしかし過ぎるです地方自治体法上の原則いう議会議決執行いくこれ原則わけあっそのことつい市長見解聞かください

財政結局よい方向向かっいる悪くなっいるいうこと聞いですけれど言わないですそのことついよくなっいる悪くなっいる端的市民そこ知りたいわけです財政厳しいいうわかるけれどその厳しいよくなっいるさらに悪くなっいるそこ答えないきちんとかみ合っ答弁いただきますよう願いますこれです

ですけれどこの議論あります根本財政悪化いう歳出削減大もとあるたち考えいるです2013年約5年間比較する地方交付8億円減らさまし臨時財政対策8億円減らさまし一方責任負うべき社会保障扶助7億円ふえましこのよう地方自治努力することそうですけれど地方負担押しつけいる大もとそういうことあるない思います市長考え聞きたい思います

残土問題ですけれど確認するです小樽市民説明場所対策札幌運び込ん対策小樽運び込むいうこと知らさないいうこといいどう確認いたします

同じく成分公表ついですけれど要請いきたいいうふう言っですただもう既に事後評価つい閲覧札樽トンネルの石倉工区つい金属基準超過カドミウムヒ素フッ素さらにまだ天神工区なんか公表なっませけれどこういう対策朝里地区捨てるそれ決まっいるです対策方法決まっないところ朝里トンネルいう基準超過ところないですけれど酸性するおそれないなっいるですこれ盤渓捨てるやはりおかしいですすぐそば朝里川温泉地域受け入れないわざわざ盤渓危険小樽安全札幌こういうなっいるです残土受け入れ見直すべき思わないこれ聞かくださいなる思います

10旅館関係ですけれど旅館よる許可場合やはり民泊違っ宿泊基準だけなく環境衛生管理いう一定緩和ます求められいるわけですこれ市長許可よらない営業住民安全確保できるそれ考え答えください

11個目海技学校問題です責任法的位置づけいうこと質問まし答えいただけない法律あるですけれど今回地方財政法の規定関係聞きます地方財政法いう財政地方財政関係関する基本原則定めますけれど第2条第2項地方財政自主かつ健全運営助長すること努めいやしくその自律損ないまた地方公共団体負担転嫁するよう施策行っならないあります同じく第4条地方公共団体またその住民対し直接ある間接ある問わ寄附割り当て強制徴収することならないあるです

もともと独立行政法人国立大学など寄附行為いう健全禁じられましこの寄附そうたらいったら総務省よれ地方公共団体財産減少もたらす行為指すもの土地建物無償貸付つい含まれるこういうふうなっいるです

この健全化法もう廃止ですけれど閣議決定地方財政規律確保する観点から地方財政法第4条の5禁止いる割当寄附もとよりそれ誤解受けるよう行為行わないことこれ閣議決定あるです当時民主党政権でしけれどこの照らしたら機構から小樽市対し地方公共団体自発意思決定影響及ぼすよう行為これなかっ考えるですこのこと確認ます答えください

文書やりとりついありましけれど募集関係だけあっこの文書問題いえ国会加計学園問題森友問題言っ言わないいうふうありますからそうならないよう文書やりとり必要ですけれど施設提供つい先ほど地方財政関係覚えおいください5月小樽市側要望初めてくる小樽市から要望あっこのことだけ残っしまっ文書

これどういう意味持ついえ地方財政法上強制だめです言っいる先ほど閣議決定地方公共団体から自発寄附支出認められいるただ同時禁止行為寄附支出ない場合おけ利益取り扱い及びその示唆これだめですつまり代替施設見つけなけれ海技学校廃止ますそういうこと言えないわけですから正面から海技学校廃止するいうことつい責任果たさせるべきそういうことたち言っわけです

それ小樽市地方財政法関係海技学校から廃止ない代替施設見つけない廃止ますいうことなかっ思うですけれどこれつい答えください

商業高校統合持っくるいう計画なくなっいうついですけれど先ほど複合施設いうことそちら考えられるないみたい答弁ありまし実際校舎面積校庭面積足しいったらどう考えあの敷地無理です

海技学校ある実習四角ますからそういう細長い建物ないですそういうことなる実習確保土地必要なっくるそうなっしまったらいずれ大幅改修必要なっしまうない思うですけれどこれ教育委員会市長部局判断任せます答えください

執行機関ある教育委員会まだないそういう市長部局さっさと要請いっしまっこれ問題思わないですそれ教育聞きたい思います

雪山段差解消処理ですけれどこの入札内容ます指名競争入札いっ道路除排雪業務JV組まなかっところ指名いるですそうする結局ステーションなっしまっからJV構成する以上しまいましからそのことよっ対応できる業者少なくなっしまっ結果随契なっいるない思いますけれどこれついいかが答えください

最後たち条例関係ですけれど答弁なっないですこれパブコメべき権限属する問題なんあるいうですけれど反対する部分さわる部分どこございますいう質問そのことかみ合っ答弁いただきたい思います

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

市長森井秀明小貫議員質問答えいたします答弁こと以外おきまし担当より答弁いただきますよろしく願いいたします

まずからこのたび第1回定例会間に合わさまざま議案つい専決処分行っしまっことつい指摘あっ思います本来あれそれ基づい逆算あったり予測指示出すべきないいうことありましもちろんですけれど職員含め議会提出審議いただくいうこと基本いうこと自体理解いるところございます

ですから先ほど答弁いただいところ伝えとおりそれ間に合わたいいう思いありましけれどそれぞれ中身ずつ説明いただきましそれぞれ事情よっそのとき間に合わなかっいうところございます

発言するあり

いたしまし先ほど言っよう職員みんなそのこと基本なく原則いうありましけれど原則いうこと理解おりますやはり時間対応できるないぎりぎりまで調整図っ結果ありますこのたび大変恐縮ありましけれどこのよう対応なっしまっいうところございます

発言するあり

今後おきまし指摘とおりたちきちんと提案できるよう体制段取り含めしっかりやっいきたい思っおりますよろしく願いいたします

それからから最後質問おい答弁いただきます議員提案出さおります小樽市安心安全かつ快適暮らす条例いうこと質問反対する部分さわる部分ございましたらいうふう質問ありまし

これつきまし先ほど話しいただいようこのたび議員から議会対し議員提案ことありますやはりそれつきましこちらから内容つい指摘する立場ない思っおります

そんなことないだろう呼ぶあり

発言するあり

それつい答え差し控えさせいただいところございますそのようあえて述べさせいただきますいうこと伝えさせいただいところございますそういう観点いうこと理解いただけれ思います

議決たらそのままやるっていうことです呼ぶあり

発言するあり

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明総務

総務日栄聡小貫議員質問答えいたします

まず人事ついですけれど内申53うち昇任なかっ職員62%いうことついどうやっ能力実証そういっものいるいうことですこれつきまし内申です人事評価ございます希望あるですけれど職員個々能力です適性把握それ基づい判断結果いうことです内申無視いるいうことございませ理解いただきたい思います

発言するあり

それから留任内申要らないないいうことついですけれどそれ地公法上の定めあるいうことついですこれつい人事異動内申留任内申含め人事評価とも地公法の第15条規定いるところございます

留任呼ぶあり

留任いうこと理解おります

留任内申なんて書いないでしょ呼ぶあり

それ大丈夫です呼ぶあり

それから新幹線残土つい地元説明ですけれどこれつきまし朝里トンネルこれから始まるわけです朝里トンネルいう掘削する場所それ天神から入っいきまし天神から搬入するいうなっおりますですから一番近い天神町会いうことなるわけですこれつい対策ないいうこと対策いうことございますこれつい当初余市いうことあっですけれどそれ変わっ札幌なっいうところございます

知らさないですいう確認いるわけです答弁違います呼ぶあり

町会知らさないいうことでしょう対策つい小樽持ち込むそれから対策札幌出すいうことなく置く場所地権オーケーいうこと出れその場所持っいくいうことですけれどそれつい対策あっ当然小樽入れるいうことあるでしょうたまたま札幌場合対策受け入れますいうことでしそれつい札幌持っいくいうことございまし対策小樽持ち込む置いおくいうことございませ

発言するあり

議長鈴木喜明足りない部分つきまし指摘ます規則発言控えください

総務日栄聡それから続きまし海上技術学校ですけれど寄附行為つきまし地財法の第4条ですそのつい質問まし割当寄附ついですけれどこれつきまし小樽市国土交通省廃校するいう方針決まっおりましそれつい残っほしいいうことおりまし割当寄附いうどちらいいますからあなた幾らあなた幾ら寄附くださいいうよう行為それ割当寄附なる思うですけれどそういうことなく小樽市残っほしいいうこと場所用意する残っもらいたいいうこと言っことからこの割当寄附当たらないいうふう考えおります

それから同じく海上技術学校です5月小樽要望それ文書残っいるですけれど代替施設ない廃止するそのよう言っなかっいうことついです国交省代替施設こと特に申しおりませ最初うちとにかく廃止するいうことだっものですから小樽市存続もらいたいいうこと代替施設考えいうところございます国交省指示からあるいは国交省望んいうところございませ

それから同じく海上技術学校商業高校移転する場合面積大丈夫どういうことですこれつい面積十分広いそういう認識おりますけれど今後規模つい詳細機構協議いくことなりますその検討いきたいいうふう考えおります

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明財政部

財政前田孝一からほど答弁いただきます

まず職員資格取得ついございますけれど必要あれ予算づけするいうことございます先ほど市長答弁ございましおり現状おきまし組織事情です業務執行必要れる資格取得つい公費負担ございます今後おきましその必要十分勘案予算対応いきたいいうふう考えございます

それから決算見込み絡んほど財政よい方向向かっいる悪い方向向かっいることございますけれどこれ本当時点明確答えすること非常難しい状況ございます

いやいやわかるでしょそんな呼ぶあり

確か29年度予算おきまし市税収入そういう明るい兆し確かございまししかしながら先ほど市長答弁ございましおり今後会計借入残高まだ残っございます老朽施設対応そういっ財政需要今後見込まいるありましまだまだよい方向向かっいるいうふう考えございませ

ただ一昨日来議論ありますおり現在ども財政健全向け計画いうもの策定向け検討進めいるところございますそういっさまざま財政健全向け取り組みながらよい方向結びつけるよう進めまいりたいいうふう考えございます

それ悪い方向っていうことでしょ呼ぶあり

それから続きまし財政関係押しつけないいうよう指摘ございます確か平成16年度一体改革以降地方財政急激悪化する状況ございましただ今後向けまし消費引き上げ伴います地方財政強化予定ございますそういっ我々これまで地方必要財源確保つい全国市長会通じこれまで要請おっところございます対しましそのつい今後引き続き要請まいりたいいうふう考えございます

民主党政権ちょっと増えって言っあげれいいでしょ呼ぶあり

議長鈴木喜明説明それ終わりです

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明保健所

保健所貞本晃一小貫議員質問ございます今般条例改正構造設備規制緩和おりますそれ宿泊衛生環境確保れるいうこと質問ございまし

今回改正より構造設備など規制緩和図らましところございます宿泊安全安心確保するため衛生基準つきまし衛生管理要領従来どおり指導行われることなりますまた今回改正より許可施設対しまし罰則強化おりましその新た改正もと適切運用より宿泊宿泊環境確保れるもの考えおります

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明建設部

建設部上石明小貫議員質問答えいたします

から雪山処理段差解消業者決定ついですけれど指名条件つきまし公表おりませからできないです今回入札不調随契なっいるいうことつきましやはり好ましくないいうふう考えおりますこのことあります改めて競争持たせるため指名条件変更つい検討いきたいいうふう考えおります

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明教育

教育林秀樹小貫議員質問答えいたします

教育委員会商業高校海技学校入るいうこと報告ないおかしいないいうよう趣旨だっいうふう思いますけれど今回及び機構対し小樽商業高校移転方策示しところございますこれまで地域説明ありますそれから議会議論これまでございましけれど商業高校施設規模大変大きいいうこと過ぎるないいう指摘ございまし

そういうあっこういう議論地域議会ございまし教育委員会その報告する統合学校複合施設つい検討まいりますいうこと報告おります海上技術学校複合つきまし商業高校施設規模勘案ます広いございます広い実習ございますそういっ意味検討すること可能いうことございまし同校閉校施設統合学校する考えところども変わらないことございます時点教育委員会定例会報告行っおりませ

今後機構から回答ありまし場合など必要応じ報告協議まいりたいいうふう考えおります

議長鈴木喜明よろしいです

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明総務

総務日栄聡小貫議員質問答えます

一部訂正ございます申し上げおきます留任内申ですけれど地公法第15条の中入っいるいうようところございます留任自体地公法の定めありませけれど留任内申含め人事異動内申これつきまし地公法第15条規定する能力実証当たるものいうふう考えいるところございます

こんな答弁いいです呼ぶあり

むちゃくちゃ呼ぶあり

発言するあり

議長鈴木喜明静か

16あっ確認ましそのうち新幹線トンネル残土ありますけれど総務答えまし対策札幌対策小樽いうこと市民知っいるいう質問答えないいうふう思います

それから金属まじっ対策つい残土受け入れ地域見直し考えないいうことつい答えなかっいうふう思っます

それ財政財政よくなっいる悪くなっいる端的答えくださいいう先ほどよくなっいる部分あるありましけれど財政ですからこのよくなっいるこの悪くなっいるそれトータルどういうこと見識しっかり答えいただきたいいうふう思います

財政それぐらい言っください呼ぶあり

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明財政部

財政前田孝一よいところいうほど言いましおり税収つい好調いうがたい税収平成29年度決算見込まいる状況ございますただ今後人口減少なかなか歯どめかかっない状況ございますほど説明いたしましまだまだ会計から借入返済さらに老朽施設対する対策いろいろ今後財政需要いう数多く見込まいるよう状況ございます

ですからそういっこと踏まえながらあくまでよい方向向かうよう財政運営いくいうことしか時点申し上げられないいうふう思っございます

悪い方向向かおうなんてやらないでしょういい悪いって言わないだめじゃないですなんでしたら計画つくるですいい方向なら計画いらないでしょ呼ぶあり

発言するあり

議長鈴木喜明静か

それ総務どうです

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明総務

総務日栄聡まず残土受け入れついですけれど現在鉄道・運輸機構地元説明開催いる段階ございまし時点見直す見直さないそういうこと言えない状況ございます

発言するあり

それから対策札幌対策小樽いうこと住民知っいるいうことですけれど朝里いるこれ対策ございましこれつい札幌盤渓持っいくいうこと決まっございますただそのほか地域トンネル掘ることなる思うですけれどここ対策場合つい通常地元地元処分するいうこと決まっおりますそれ含め小樽処分するいうことなる思います

それ知っいるどうっていうじゃないです呼ぶあり

それ市民知っいるって聞いてるおかしいしょ呼ぶあり

だめそんな呼ぶあり

発言するあり

議長鈴木喜明小貫議員足りないところありましたら指摘

議長20呼ぶあり

議長鈴木喜明20小貫議員

20小貫議員再々質問ます

優しい呼ぶあり

発言するあり

先ほど総務答弁から行きますけれど5月こうやっ盤渓対策ですいうところその小樽市内塩谷朝里川温泉まさか基本先ほど言っよう自分ところ埋めるいう原則だっからそんな対策対策なんて判断ほかところ持ち込みオーケー思っない説明受けいるです住民

塩谷実際横坑からセレン基準超過ますけれどこれ塩谷から塩谷受けざるないだろう思っ聞いいるですところ塩谷工区さえ対策余市の登町持っいくいうなっますでしょう危険だけ小樽持ち込まれるそれ市民知らさない対策あれ対策あれ現地受け入れなけれいけない思っ説明聞いいる

対策いいってそうやっ言ったら対策持っいきますいうだったらそっちください言いませ普通からそういうこと片方受け入れそうやっ区別いるですいうきちんと塩谷朝里川温泉このいう答弁でしけれど知らさいるです知らさないです知らさませ答弁すれいいだけこんな長引くない思いますしっかり答弁願います

あと受け入れ見直す考えないいうでし質問取り上げましようどうやっ対策するさえ決まっないです受け入れだけ決まっいるですそのこと対し見直すこと言うことない言っましけれど質問いろいろ要請いくいうましからこれ関係今後どういう対応とっいく答えください

先ほど留任内申これまた総務なりますけれど地公法15条ましまさかそういう答弁来る思っなかっ地公法は持ってきていませんけれど第15条たしか任用つい定めいる条項だっ思いますその任用中身降任転任昇任これついたしか地公法で別の条項定めあっ記憶いるですけれどそうなるどこ留任いう任用いうそのいう押さえですそこどこ留任いうあるですいう説明ください

あと条例これ参っ答弁返っまし議員提案から知らないいうけれどそれないでしょう実際これ通ったら執行する執行機関ある市長あるわけですからそれついこれこのまま議決執行れるこういうこと問題ですから反対ですいうないそれ議員提案から知りませいうならない思うその答弁これいろいろ答弁返っくる思っ質問準備けれどその出だしところずっととまっいるから困っいるですきちんと答弁ください

議員定数削減とき市長言っでしょあなた呼ぶあり

商業高校ですけれどいろいろ質問答弁聞い具体決まっないです総務広いから大丈夫いうましけれど校庭あそこつくるいうできあそこ全部グラウンドしまういういるですそうたら海技学校短期大学なっ海技学校グラウンドどうするです行きなさいいうなりますただそんなきっと機構ない思うですそういう具体ない要望しまうです

あの方策受けとき出すべきない言いましでしょうなんけれど出ししまっそうするどんどん小樽市から要請受けからこういうなっいるですいう結果なっくるからこれつい問題いうことこの指摘おきますあと教育委員会関係そういっ決まっない問題思わない聞いたらあれこれ言っくれですけれどその問題思うどういうところ触れられないそのこと答弁いただきたい思います

旅館やめおきます

あと財政問題ですけれどよくなっいる悪くなっいる言えないいうことこれきっと悪くなっいるですいうこと確認いい答弁聞いいるそうしか聞こえないそれ示しください

部長言えないだったら市長言えいいでしょ呼ぶあり

もう関係結局財政大もと削減あるないですいうことそのこと対し見解聞いそのことつい答えない再度答弁いただきたい思います

再度海技機構戻ります地財関係ですけれどこれ言っいるいう先ほど言っよう自主自治言わないだめから廃止ます言っとき条件出せないですからそれこういっ法的位置づけ持っ本来責任持っいただけませいう交渉土台据えやらないだめだっないですいうですところそこそんたくしまっ地方からこの施設どうでしょういう文書出ししまっそこ問題言っいるあっその踏まえそういう対応できなかっ改めて答えください

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

市長森井秀明小貫議員再々質問答えいたします答弁こと以外おきまし担当より答弁いただきますよろしく願いいたします

から答弁いただきます議員提案よる小樽市安心安全かつ快適暮らす条例対し指摘いうこと改めて聞きならおりますけれど先ほど話しいただいようもう既にこれ議員提案よっ議会提出いる議会おい議論れる内容いうことテーブル上がっスタートいるところございます

たちおきまし提案いる議案対し立場それ対し指摘たりそれ対し改善行う立場ないいうふう思っおりますそれついこちら対しいろいろアドバイス提案また反対する部分ここ聞きなっおりますけれどこのおいそのことからまた市長から伝えする難しい思っいるところございます

ですその内容ついませでしけれどそのなるほど話しいただいよう多く市民事業また役割ついうたわおりますこの条例提案する当たっやはりパブリックコメント市民拾う機会必要ないいうその条文おい執行及ぶもの見受けられるこのことついあわせ慎重審議いただきたいいうことついだけ伝えいただいいうところございます理解いただけれ思います

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明財政部

財政前田孝一からほど財政関係答えさせいただきます

小樽市財政悪くなっいる確認いうことございます

これまで毎年中期財政収支見通し示しいるとおりそのまま小樽市場合現状いきます現在予算編成する財政調整基金頼りなっいる部分つい財政調整基金不足くるそういっよう方向進んおりますですからほど答弁ますおりそうならないよう今後健全向け計画つくっいくその方向よい方向結びつけいきたいいうふう考えいるところございます

それ関係部分ございますけれど先ほど話しましいろいろ一体改革ございまし全国地方財政大きく悪化いういろいろ経過ございますそういっさまざま対応ながら地方交付確保つい努めところございます自体プライマリーバランスいいます財政基礎収支ですそういっことなかなか好転ない我々そういっこと十分踏まえながら今後地方財政財源確保つい要望まいりたいいうふう考えございます

財政心配する必要ないです呼ぶあり

山田市長とき悪いはっきり言っやっけんかでしょう呼ぶあり

発言するあり

議長鈴木喜明静か

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明総務

総務日栄聡小貫議員再々質問答えいたします

から留任内申ついですけれどそもそも地公法上留任いうものないです条文規定ないいうことございます内申書自体地公法第15条に規定する能力実証いたしまし用いいるものありまし内申作成時点おけ職員業績能力把握する必要あるため用いいるものございます

それ人事評価あるでしょ呼ぶあり

続きまし新幹線残土地元説明ついございます朝里地区それから塩谷地区それぞれ対策搬入前提地元説明いるところございます

それから海上技術学校ございますけれど期限限らできることこれ示しいるところございまし存続いただきたいそういう思い最大方策示しところございます

全然答弁なっないじゃないですこれ呼ぶあり

議長鈴木喜明まず総務ですけれど先ほど小貫議員再々質問対策それから対策それぞれ札幌小樽いうところあっそういっ内容市民知らいる端的その部分だけ答えくださいいうことですから先ほど説明いうようニュアンスです端的そういう趣旨こと説明どうこのことつい答えいただきたい

それからくどいようですけれど財政悪くなっいる確認いいまで聞いいるわけですから悪くなっいるよくなっいる現状変わらないこの答えしかないいうことですですからこの部分どうこういうそういう説明あっいいですけれど最終どうなっいるいうこと答えいただきたいいうふう思います

この説明答弁願います

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明総務

総務日栄聡失礼いたしまし新幹線残土ついですけれどこれつい地元説明いるいうことございます

塩谷呼ぶあり

朝里塩谷地区それぞれ対策搬入前提地元説明いるいうふう聞いおります

ないって呼ぶあり

でたらめ言っちゃだめ呼ぶあり

発言するあり

議長鈴木喜明申しわけありませこのそれ正しいそうないそういうこと議論するありませ答弁受けどこ場所やっいただきたいそう思います

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明財政部

財政前田孝一今後どうするいうこと除くあれあくまでこれまで中期収支見通し示しますおり現状悪い方向向かっいるいうふう思っございます

最初から言わない呼ぶあり

最初から言えいいしょ呼ぶあり

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明教育

教育林秀樹小貫議員再々質問答えいただきます

商業高校海技学校移転つい教育委員会統合計画問題あるないいう質問だっいうふう思いますけれど現状あるないいうふう聞かます影響当然ながらあるいうふう思っおります

ただまだ海上技術学校商業高校活用するどうそれから活用する場合どのぐらい面積必要どのよう利用予定いるなどその影響度合い全く現在ところ不明いうことございます現状教育委員会改めて報告できる内容ないものいうことから教育委員会報告ないいうことございます

今後海上技術学校商業高校移転希望れるいう回答あっ場合具体利用活用方法判明場合つきまし教育委員会報告いただくとも必要応じ協議いただいまいりたいいうふう考えおります

議長鈴木喜明小貫議員よろしいです

以上もっ会派代表質問終結この暫時休憩いたします

休憩午後3時27分

再開午後4時00分

議長鈴木喜明休憩引き続き会議再開質疑及び一番質問行いたい申し出ありますこれ許します

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明石田博一議員

石田博一議員登壇

石田博一議員これより森井市長政策つい質疑及び一般質問いただきます

森井市長市政かじ取り始め丸3年過ぎまし思う議会おい森井市長提案することまず反対こんな状態ないでしょう

議決てるでしょちゃんと呼ぶあり

見据えよいものよい悪いもの悪い判断すること結構ことですあくまでその判断基準市民とっよい悪いあります森井市長対する感情好き嫌い判断ませ

ませ呼ぶあり

思う市長対する個人攻撃なっませ

なっませ呼ぶあり

変えれいじめなっませ

なっませ呼ぶあり

たとえ小さなこと市民ためよい思えること議員さん一緒取り組むべきないでしょう

これ質問呼ぶあり

森井市長歴代市長できなかっこと実現おりますそして市民目線市民本位姿勢崩さ政策ずつ積み重ねまいりまし本日この3年間振り返り実現あるいは実現間近政策つい質問いただきます

質問ございますまず森井市長就任以来政策対する考えぶれ貫いことです二つ目就任実現できなかっこと森井市政なっから実現できことです同様就任実現できなかっこと実現向け着手いる案件あれ教えくださいそのほかこの3年間実現できこと話しくださいわかっますあえて質問いただきます

たらいらないじゃない呼ぶあり

五つ目今後市政運営森井市長考える重要ポイントです話しください

以上質問留保質問終わります

事実基づい質問ください呼ぶあり

提案するもの全部反対ないでしょう呼ぶあり

議長議事進行つい呼ぶあり

議長鈴木喜明安斎哲也議員

安斎哲也議員石田議員質問市長提案するもの反対する議会ことおっしゃっましけれど否決するものあれ修正可決するものあるそして可決するものあります提案するもの反対いう事実反します石田議員発言訂正撤回願いたい思います議事精査願います

議長鈴木喜明ただいま安斎議員から議事進行ありますそうないですいうことつけ加え部分あっいうふう思っます断定聞こえそうありますけれどそうないいう問いかけとれるこの不問いたします

説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

森井秀明市長登壇

市長森井秀明石田議員質問答えいたします

ただいま政策つい質問ありまし

初め就任以来貫い考えつきましこの生活いる大切する政策考え市民住んよかっ思えるまちづくり進めることより重要ある考えおります

このため市民身近行政サービス向上未来小樽担う人づくり元気取り戻すため地域資源生かし経済対策など着実実行移しいくとも市民目線立っ市政運営行うため市政市民参加拡大図っいくこと重視ところあります

漁業市民呼ぶあり

そう呼ぶあり

就任実現できなかっこと実現できことつきまし就任こと把握いる範囲です公約項目沿っ主な取り組み申し上げます安心安全まちづくりましまちづくりエントリー制度導入除雪路線除雪路線うちバス路線路面整正強化多く市民観光利用れる公共施設おけ和式トイレ洋式計画整備行いまし

子育て支援高齢対策充実まし子供医療助成拡大日帰り母体ケア育児指導行う産後ケア事業内視検査よる胃がん検診導入後期高齢歯科健診診査無料実施銭函駅バリアフリー施設整備行いまし

中心市街整備開発空き家対策まし小樽市空家対策計画策定特定空き家措置空き家活用関する講座行いまし

から取り組んいる呼ぶあり

教育改革まし学校拠点地域伝統文化学ぶふるさと教育推進事業学校英語外部講師派遣学校指定キャリア教育推進事業市内学校おけプロスポーツ選手交流授業行いまし

からやっしょ呼ぶあり

あんた持っじゃないしょ呼ぶあり

まち元気なる経済対策まし日本遺産認定係る取り組みふるさと納税いただい個人地場産品活用贈呈行いまし

このほか小樽手話言語条例及び小樽市障がいのある人の情報取得・コミュニケーション促進条例の制定持続可能公共交通構築向け小樽市地域公共交通活性化協議会設置行っところあります

発言するあり

就任実現できなかっこと実現向け着手いる案件つきまし先ほど同じく公約項目申し上げます防災行政無線整備第3子以降保育完全無料保育事業南小樽駅バリアフリー施設整備新・市民プール整備向け取り組みロケツーリズムよるシティプロモーション