固有表現抽出

開議午後1時00分

議長鈴木喜明これより本日会議開きます

本日会議署名議員中村吉宏議員中村誠吾議員指名いたします

日程第1「議案第1号ないし議案第22号」一括議題いたします

質疑及び一般質問一括これより会派代表質問行います

それ通告あります順次発言許します

議長13呼ぶあり

議長鈴木喜明13酒井隆行議員

13酒井隆行議員登壇拍手

13酒井隆行議員平成29年第3回定例会当たり自由民主党代表質問いたします

初め平成29年第1回定例会最終日の3月22日森井秀明市長対し正確議会答弁適正市政運営求める決議賛成多数可決まし

この決議高島漁港区排雪現場みずから赴いこと原因結果その日作業中止なっさらに議会おい正確答弁すること要求適切きわまりない行政運営つい深く反省今後適正市政運営確立すること強く求めるものありまし

いまこの決議つい趣旨理解定例おい同じことならないよう正確答弁強く求めます

ふれあいパス事業2,670万円増額予算つい質問いたします

中央バス協定締結向け昨年11月11日北海道中央バス株式会社小樽事業部小樽市定例連絡会議開催中央バスから事業負担軽減つい要望質問あり平成29年度今年度同じ内容実施たい考えいる一方見解伝え合意至っおりませでしこの時点問題意識あっ答えください

その平成29年3月9日再度話し合い持たことありますこの間の約4カ月間中央バスから質問対し庁内どのよう議論答えください

また同日話し合い中央バスから事業負担軽減協定期間つい最大半年たい申し出あっことあります2月から町会ふれあいパス交付予定周知3月広報おたる事業実施知らせ行っいることからまたこのタイミング事業負担含め制度変更市民混乱与えるため困難あること理由中央バスから申し出無視合意至りませでし

この時点どのよう問題意識持ちでし答えください

3月16日地域福祉課ほか再度協定締結向け協議する具体進まなかっことありますなぜ進まなかっ答えください

また3月9日から3月16日の間事業負担軽減協定期間つい庁内どのよう議論答えください

3月29日市長中央バス訪問ますこの日つい結果協定締結でき4月1日事業協定締結れることなく事業始まりまし

ふれあいパス事業小樽市事業民間事業協働より進められ事業認識おります市長どのよう認識です答えください

また一連中央バスやりとり経過見る都合優先協議話し合いほど遠い状況伺えます市長どのよう見解持ちでしょう答えください

4月から協定締結ないまま事業開始つい通常あれ契約協定締結その内容沿っ事業進められる思います今年度根拠事業進められいるでしょう答えください

また協定締結ないまま事業始められことつい問題意識あっでしょうさらに違法ないでしょうまた議会報告説明つい一切ありませでしなぜ報告説明なかっでしょう答えくださいあわせ議会対しどのよう対応考えでしょう答えください

中央バスから請求対し支出命令作成4月分から支出おります4月分から協定締結手続なさない事業つい支出すること手続問題ない法的根拠示しながら答えください

またふれあいパス事業会計費目扶助あり支出負担行為専決つい小樽市事務専決規程より部長おります今回支出命令市長専決なっおりますどのよう理由ある説明願います

ふれあいパス事業つい我々これつい説明受けごく最近ことありまし市長これことつい議会報告説明する必要ない判断でしょう答えください

この最後今年度10月から3月末まで全額負担事業継続するため予算計上ますこの財源つい示しください

さらに来年度以降ふれあいパス事業考えつい説明願います

以上項目質問終わります

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

森井秀明市長登壇

市長森井秀明酒井隆行議員質問答えいたします

ただいまふれあいパス事業つい質問ありまし

まず昨年11月時点ふれあいパス事業係る事業負担対する問題意識つきまし平成23年度市内バス路線赤字なっ以降事業負担軽減つい毎年課題挙げられことから平成26年度事業負担10円軽減ところありますその引き続き協議行っおります昨年の11月のみなら検討必要課題ある認識おりまし

昨年11月定例連絡会議以降庁内どのよう議論つきまし昨年の11月ふれあいパス事業ついアンケート調査実施いるさなかありその調査結果もと今後制度あり議論いく予定ありまし平成29年度負担割合変更難しいないいう議論おりまし

3月9日北海道中央バス株式会社から申し入れあっ時点どのよう問題意識持っいうことつきましバス事業から負担軽減申し入れ対し厳しい財政状況から平成29年度負担軽減4月から事業開始するこの時期負担割合変更確約する協定締結難しいいう認識ありまし

3月16日協議なぜ進まなかっつきましから平成28年度実施ふれあいパス利用実態調査もと平成30年度向け協議平成29年度中バス事業行う予定あること伝えまししかしながら北海道中央バス株式会社から平成29年度中負担割合変更求められため協議進まなかっものあります

3月9日から16日の間庁内議論内容つきまし厳しい財政状況勘案する平成29年度事業負担軽減すること協定締結期間短くすること難しいないいう議論おりまし

ふれあいパス事業つい認識つきましこの事業事業ありますバス事業協力いただきながら進めいるもの認識おります

ふれあいパス事業係る中央バス協議経過つきましバス事業それぞれ立場意見交換議論進めいる状況ある考えおります

今年度ふれあいパス事業実施する当たっ根拠つきまし年度当初協定締結おりませでしバス事業協定内容つい継続協議負担割合つい事業開始4月から前年同様スタートすることつい口頭合意できことからふれあいパス事業実施いるものあります

協定締結ないまま事業始められことつい問題意識違法有無つきまし書類なく口頭確認より今年度事業開始ことから協定早期締結向け協議必要ある考えおりましまた小樽ふれあいパス交付規則に基づき実施おり違法ないもの考えおります

議会報告説明なかっこと及び議会対しどのよう対応考えつきましバス事業協議あっことから報告できなかっものあり判断議会報告バス事業協議調っ段階行うこと考えおりまし

ふれあいパス事業係る協定締結手続ない事業つい支出すること手続問題及び法的根拠つきまし支出根拠つい小樽市事務専決規程の専決の特例の条項疑義あるもの将来紛議若しくは論争おそれあるものつい市長専決上司決裁する規定より市長決裁受け支出命令行い小樽会計管理者事務専決規程の専決の特例の条項重要異例認めるもの会計管理決裁受けなけれならない規定より会計管理決裁受け支出行っおります

ふれあいパス事業支出命令係る専決つきまし協定締結ないことから小樽市事務専決規程第5条第1項第4号規定する疑義あるもの将来紛議若しくは論争おそれあるもの判断ため規程基づき部長上司ある市長決裁ものあります

議会報告説明必要つきましバス事業協議あっため判断議会報告協議調っ段階行うことものあります

10月から3月末まで財源つきまし一般財源あります今回補正予算不足する一般財源財政調整基金から繰入対応いたします

来年度以降ふれあいパス事業考えつきまし負担大きいことから負担軽減向け制度変更検討すること必要なります新た制度構築するまで負担割合つい現状まま続けざるないもの考えおります

議長鈴木喜明項目質問入ります

議長13呼ぶあり

議長鈴木喜明13酒井隆行議員

13酒井隆行議員登壇

13酒井隆行議員除排雪関連質問いたします

よりきめ細やか除排雪取り組み公約当選森井市です平成28年度除排雪苦情件数3,007平成27年度苦情件数1,960比べ1,047なっおりますこの苦情件数増加つい市長見解伺います

またこれ苦情件数内容から除排雪作業つい市民望まいる読み取れる考えます市民除排雪つい求められいる認識ます市長見解伺います

また公約あるよりきめ細やか除排雪取り組みつい昨年度除排雪公約達成でき取り組みだっでしょう市長見解伺います

昨年度の除排雪シーズン終了後JV構成する企業ヒアリング行っない聞きます昨年度除排雪実際作業当たっ問題課題解決ため必要不可欠考えますなぜ行わなかっ理由聞かください

よりきめ細やか除排雪取り組み実際作業行うJV構成信頼関係不可欠ある考えますしたがっただ単にJV構成からまたする除排雪業務登録広げることなど一見見える取り組みあります解決なっない考えます

そう呼ぶあり

市長見解伺います

除排雪関連貸出ダンプ制度つい質問いたします

平成29年度貸出ダンプ制度見直し検討つい報告ありましその申込提出ついこれまで積み込み業者申込代理提出認めもの利用団体から申し込み代理提出できないことありまし

理由利用団体制度しっかり理解利用もらうためことありますこのことより貸出ダンプ制度ますます利用づらい制度なっしまうないでしょう見解伺います

また制度しっかり理解もらうためいう理由あれ申込同時制度確認など添付これまで同様代理提出いう方法できるないでしょう見解伺います

またこれまで代理提出要因町会役員高齢より外出制限れること平日昼間来所できないある思わます見解伺います

この関し利用団体から聞き取り代理提出積み込み業者から聞き取りいるでしょうどのよう意見あっ主な内容聞き取り方法つい示しください

幅員8メートル以上道路つい除排雪8メートルまですること変更することあります理由つい冬期間通行支障ない除雪するものことあります果たしてこの通行歩行安全確保れるでしょう見解伺います

利用回数つい箇所利用制限行うことです制限基準ついどのようなっいるでしょう答えください

いずれ見直し検討ついこれまで貸出ダンプ制度より利用制限ものなります貸出ダンプ制度ため制度でしょう利用利用やすいようすること本来行政サービスないでしょうこれ変更検討より市民要望対応できるでしょう見解伺います

以上項目質問終わります

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

森井秀明市長登壇

市長森井秀明ただいま除排雪関し質問ありまし

まず昨年度市民から寄せられ市民つきまし平成28年度市民1月末まで期間全体約7割寄せられまし2月以降平成27年度件数多い状況ありましこの要因平成28年度平成27年度比べ12月降雪約70センチメートル多く平均気温1度以上低くシーズン当初大雪低温など気象要因考えられますこのほか排雪作業おくれ一部バス路線運行支障来す状況生じことなど要因考えおります

昨年度市民から市民望まいる除排雪作業つきまし市民件数多い昨年度含め例年除雪依頼排雪依頼あることから適切除排雪作業望まいるもの考えおります

よりきめ細やか除排雪取り組み昨年度除排雪つきまし平成28年度除排雪つい平成27年度から取り組んいるがたがた路面解消除雪路線出動基準見直し除雪拠点増設平成28年度から新た取り組んいる除雪路線おけ除雪作業強化試行主要交差雪山処理強化などさまざま除排雪関する改善進んいるもの認識おります

しかしながら昨年度排雪作業おくれ一部バス路線運行支障来す状況生じことなど除排雪関しさらなる改善図ること必要ある考えおります

昨年度JV構成からヒアリングつきまし昨年度実施まし一昨年度地域総合除雪業務参加JV構成意見交換業務期間中行っJV構成協議打ち合わせなどJV構成考えつい把握いるため特にヒアリング行っおりませ

よりきめ細やか除排雪取り組みつきまし冬期間市民生活おけ安心安全確保向けJV共通認識持っ地域総合除雪業務取り組むこと重要ある考えおります

また将来除排雪業務体制維持すること必要ありそのため多く業者地域総合除雪業務参加することできる制度構築取り組んいるところあります

貸出ダンプ申し込みつきまし制度長年運用積み込み代理申請するケース多くられ現場作業積み込み業者任せなり結果排雪増大またこのことよっ作業時間長くなり利用団体負担増加つながることから制度本来趣旨よく理解制度利用いただくため利用団体直接申請いただきたい考えおります

申込代理提出つきまし繰り返しなります積み込み任せなること防ぎまた利用団体制度本来趣旨よく理解制度利用いただくこと重要あることから利用団体直接申請いただきたい考えおります

申込提出つきまし確か高齢町会役員平日昼間役所来ること難しいケースある思います申請場所申請期間申請時間などできる限り柔軟対応できる方法考慮たい考えおります

利用団体から聞き取りつきまし昨年10月積み込み業者説明会11月除雪懇談会平成29年度から変更説明意見伺っおります

また懇談個別問い合わせあっ利用団体申し込むこと関し担当夫婦共働き提出できない病院かかっ外出できないあるいは高齢場合配慮願いたいいっ意見寄せられおります

排雪8メートル歩行安全確保つきまし道路幅員8メートル場合乗用すれ違える幅員4メートル両側2メートル歩行空間なることから通行車両歩行対する一定安全確保できることなり排雪8メートル設定ものあります

利用回数制限基準つきましこれまでシーズン箇所利用認めおりまし2月下旬以降のシーズン終盤なる積雪少ない状況排雪実施いるケースられまし

このことから今年度申請受け付けます特に2月下旬以降の2回目実施ついその時点降雪積雪状況よります担当現地確認路面路肩少ない場合排雪実施見合わせいただくことたい考えおります

市民要望対応つきまし行うさまざま行政サービスおい市民反映せること重要ある考えおります

貸出ダンプ制度行う公共事業あります利用団体方々制度趣旨理解いただくとも抱えいる課題改善すること非常重要ことある考えおりこのたび見直しそれ基づい行うものあります理解願いたい思います

議長鈴木喜明項目質問入ります

議長13呼ぶあり

議長鈴木喜明13酒井隆行議員

13酒井隆行議員登壇

13酒井隆行議員港湾関連色内ふ頭立入禁止つい質問いたします

小樽港色内ふ頭8月24日正午から岸壁安全つい問題ある色内埠頭公園含む埠頭全体立入禁止なりまし維持管理担う産業港湾部2014年12月簡易調査岸壁支える鋼製くい腐食あること判明本年6月から7月かけ水道局行っ詳細調査より南側岸壁つい205本あるくいのうち92本あいいることわかっことあります

初め2014年12月簡易調査から約2年9カ月の間詳しい調査まで時間要しことつい説明求めます

また色内ふ頭船舶係留するため岸壁1番から3番まであります全てバース調査完了いるでしょう

さらにその小樽港内おけ全て係留施設おい詳細調査行わいるつい示しくださいまた詳細調査行わいるすれその調査結果つい示しください

小樽港港湾計画改訂作業一時中断つい質問いたします

9月1日産業港湾部港湾室から小樽港港湾計画つい説明ありまし内容改訂作業一時中断すること理由つい港湾計画改訂作業取り扱い貨物含め現状課題検討結果段階おい現状貨物から大幅増加見込めないためその現状計画改訂反映せる縮小方向つながるおそれあるため作業行わないことことありまし

まず平成27年度から今年度まで港湾計画改訂向け作業費用ついどれぐらい金額なる示しください

また改訂作業一時中断することより今後小樽港とっどのよう影響考えられます答えください

以上項目質問終わります

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

森井秀明市長登壇

市長森井秀明ただいま港湾関連質問ありまし

初め色内ふ頭立入禁止ついですまず詳細調査まで時間要しことつきまし平成26年12月行っ簡易調査結果鋼製くい腐食確認まし岸壁周辺地盤変状ないことから当面安全影響ないもの判断ためあります

しかし簡易調査結果から将来対策講じる必要ある考え現在策定次期上下水ビジョン位置づけるため今回詳細調査実施ものあります

色内ふ頭おけ岸壁詳細調査つきまし水道局所管する岸壁1番岸壁あります南側岸壁部分岸壁あります北側岸壁詳細調査行っおります産業港湾部所管する南側岸壁部分岸壁あります色内ふ頭突端岸壁水道局詳細調査結果踏まえ調査実施する予定あっことから色内ふ頭おけ岸壁全て詳細調査まだ完了ない状況あります今後産業港湾部所管する岸壁詳細調査つい本年早急発注たい考えおります

小樽港内おけ係留施設詳細調査実施状況つきまし水道局行っ内容同じ詳細調査実施おりませ全て係留施設おい既に簡易点検実施おります

点検結果いたしまし経年劣化よる部分欠損さびなど発生られるものところ構造機能損なわないため適宜補修など行うとも定期パトロール実施安全確認おります今後平成26年度策定小樽港維持管理計画基づき係留施設などつい定期点検実施まいりたい考えおります

小樽港港湾計画改訂作業一時中断ついですまず港湾計画改訂作業要し費用つきまし旅費消耗除く委託年度申し上げます平成27年度1,580万400円平成28年度545万1,840円平成29年度約90万円執行予定おり合計2,215万2,240円なっおります

港湾計画改訂作業一時中断することよる影響つきまし現在港湾施設整備直轄事業より北防波堤第3号ふ頭の岸壁整備泊地しゅんせつ行っいるほか交付事業おい第2号ふ頭の岸壁改良など進めおります

今後港湾整備よる施設計画位置づけ必要生じ場合港湾計画軽易変更一部変更手続など対応可能あります

また小樽港の将来描くため基本理念作成長期構想策定港湾計画改訂するまで現行計画継続するとも平成19年策定小樽港将来ビジョンなどもとまで同様港湾行政進めいくこと可能ある考えおります段階おい港湾計画改訂向け作業一時中断することよる影響ないもの考えおります

議長鈴木喜明項目質問入ります

議長13呼ぶあり

議長鈴木喜明13酒井隆行議員

13酒井隆行議員登壇

13酒井隆行議員コンプライアンス委員会報告つい質問いたします

平成29年1月26日受け付け公益通報平成29年3月27日受け付け公益目的通報いずれ高島漁港区関する法令・条例違反つい8月21日から成るコンプライアンス委員会調査結果通報対象事実ありすること決定市長報告まし

つまり判断間違っいうことなります再発防止ためなぜ法令条例違反する許可出しその経緯原因さらに責任所在明確ください

まず確認市長このよう法令違反発生ないいう認識あります答えくださいあわせ再発防止ためどのよう取り組み必要考えます答えください

高島漁港区おい観光係留許可ついフック撤去及びどめ原状復帰する係船取りつけ許可出しつい高島漁港区おい観光利用ため利便施設建築許可なさついそれぞれどのよう議論経過あり許可至っまた許可当たり反対意見なかっまたそれぞれ議論かかわっどなた最終判断明確答弁ください

さらに市長提案説明とき述べられ含め関係どなた指しいる答えください

そもそも今回法令条例違反ついその法令条例趣旨しっかり理解いれいずれ許可つい許可することできない事件ありますそして法令条例趣旨一番理解ない森井市長自身ないでしょう市長見解伺います

今回つい公益通報公益目的通報森井市長行政運営対し不信あらわれ受けとめおります森井市長見解伺います

以上項目質問終わります

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

森井秀明市長登壇

市長森井秀明ただいまコンプライアンス委員会報告つい質問ありまし

まずこのよう法令違反発生ないいう意識あるつきましこれまで適正行政手続進めもの考えおりまし今回コンプライアンス委員会から通報対象事実ある指摘ありたち認識間違っいうことあります同委員会指摘踏まえ考え改めなけれならないもの考えおりこのようこと発生いけないもの考えおります

また再発防止ため取り組みつきまし具体示しすることできませ現在顧問弁護相談ながら検討いるところあり適切是正措置再発防止講じまいります

高島漁港区おけ許可議論経過反対意見最終判断つきまし建築確認つい建築指導課確認申請受理その審査おい港湾室対し分区条例適合するどう意見照会行っ結果条例適合いる回答ありまた建築基準関係規定適合いることから建築指導課確認決裁行い建築指導課ある建築主事最終確認確認交付ものあります

また港湾関連する許認可つい港湾室港湾法や小樽市港湾施設管理使用条例、分区条例など基づき護岸使用登録建築分区条例係る申請対し許可要件適合いることから許可すること小樽事務専決規程別表第4号第1項第8号「第9号に掲げる港湾施設以外の港湾施設の使用許可及び承認」おい重要区分ある港湾室専決係員起案決裁行っおります

なお建築確認申請おけ港湾室決裁つきまし管理検討判断もと係員から管理課決裁ものあります

また許可当たっ反対意見なかっ確認おりその議論かかわっ職員部長参事室長管理ありますいずれいたしまし最終責任ある考えおります

処分対象なり得る関係つきまし市長ほかコンプライアンス委員会から分区条例違反指摘受け事務かかわっ職員あります

法令条例理解つきましこれまで適正行政手続進めもの考えおります今回コンプライアンス委員会から通報対象事実あり指摘ありたち認識間違っいうことあります同委員会指摘踏まえ考え改めなけれならないもの考えおります

今回つい公益通報公益目的通報受けことつきまし公益通報公益目的通報事務事業適正ため公益守ること目的いるものあります行政運営対する不信あらわれから行われるものありませ

しかしながら今回コンプライアンス委員会調査結果高島漁港区観光事業係る許認可つい行政手続適切あっ指摘ありましこのこと重く受けとめ市民職員から信頼回復向けまで以上しっかり行政運営行っまいりたい考えおります

議長鈴木喜明項目質問入ります

議長13呼ぶあり

議長鈴木喜明13酒井隆行議員

13酒井隆行議員登壇

13酒井隆行議員公共交通法定協議会つい質問いたします

8月25日建設常任委員会質問まし理解できないこと多かっ改めて質問いたします

まずモデル地区銭函地域おい行っアンケート調査ついノウハウづくりため必要ことありまし銭函地域アンケート調査結果市内全体公共交通実態把握ためどのよう役立つ全く不明ありますこのついわかりやすく説明願います

平成28年8月23日中央バス社長市長トップ会談あり中央バスから協議会設立ためリーダーシップ発揮ほしい要請あっことありましそれから約5カ月の間進展ないため中央バスから申し入れ平成29年1月19日トップ会談行わその文書やりとり発展いきましこんな口頭やりとり信用信頼欠ける判断認識おります市長現在中央バス関係つい信頼関係構築できいる認識ます答えください

また6月29日中央バスから小樽市内バス路線関する考えつい題し法定協議会設立など要請ついトップ会談つい貴殿認識確認文書要旨つい今後当社対応つい項目わたっ記載おり非常厳しい内容なっおります

中央バス関係悪化原因市長あるないでしょう市長見解伺います

トップ会談こじれ信頼関係回復つい職員相談決める職員地ならしもらうなど言っいる場合ありませ一刻早く市長みずから中央バス伺い誤解解くこと市長仕事ないでしょう市長見解求めます

以上項目質問終わります

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

森井秀明市長登壇

市長森井秀明ただいま公共交通法定協議会つい質問ありまし

初め銭函地区アンケート調査つきまし今後地域公共交通形成計画策定する当たりまず市内全域公共交通利用状況課題市民ニーズ把握することとても重要ある考えおります

今回実施いたしまし銭函地区アンケート調査複数交通手段組み合わせ利用状況利便高い交通手段利用状況送迎バス公共交通以外利用状況目的ごと利用状況地域ごと特性など把握まし

またアンケート方法つい検討する必要あるなど来年度市内全域対象調査実施する当たりこのよう視点十分認識役立てまいりたい考えおります

信頼関係構築できいるつきまし現在法定協議会の設立向け取り組んいる内容つい中央バス説明おりその都度進捗状況報告いるところあります

また今回銭函地区アンケート調査実施する当たり定例会議おい意見交換行い連携取り組んいるところあります

答弁なっない呼ぶあり

発言するあり

中央バス関係つきまし1月19日会談申し上げことつい意思伝わら認識違い生じいること大変残念思っいるところあります今後まちづくり考える公共交通大変重要ものあり中央バス行政民間企業いう立場違いますそれぞれ役割責務おい共通認識もと協力連携持続可能公共交通体系構築取り組むため機会公共交通つい意見交換たい考えおります

そんな答弁てるから信頼関係こじれる呼ぶあり

真摯答弁てる思えない呼ぶあり

議長鈴木喜明項目質問入ります

議長13呼ぶあり

議長鈴木喜明13酒井隆行議員

13酒井隆行議員登壇

13酒井隆行議員最後森井市長政治姿勢つい質問いたします

新小樽(仮称)駅周辺まちづくり計画策定会議おい当初委員小樽商工会議所アドバイザー変更その会議所から改めて委員就任申し出ありまし

このこと議会取り上げ議論経緯あります平成28年3月10日予算特別委員会答弁商工会議所その方向協議進めまいりますこと

しかしながら最終森井市長答弁考え受け入れくれれいつウエルカムございますつまり森井市長考え受け入れくれなけれ参加ないことありまし

新幹線の札幌延伸よる小樽経済効果多大ものありそのこと考える経済団体協力必要不可欠あるかかわら考え合わないから参加ないいう小樽未来全く考えない言動行動ありますこのこと原因商工会議所関係さらに悪化修復ないもの認識おります

また除排雪つい平成27年突然JV構成から変更その地区おい応札なく以上緩和入札ようやく成立まし

その直後市長ようやく決まりほっといるところコメント発表みずから巻き起こし入札不調他人事ようコメント森井市長これまで以上市民から不安不満聞く出来事ありまし

また地域公共交通、法定協議会北海道中央バス森井市長関係悪化さらにふれあいパス協議ほど遠い都合押しつけるようやり民間事業共同事業9月終了することなり10月からふれあいパス事業この定例計上まし

そして平成28年第3回定例会から議論なっ高島漁港区つい違法つい多く議論積み重ね法令条例適合いるつい多く質問ありまし

このつい質問趣旨かみ合わない答弁曖昧答弁など繰り返し議会真摯向き合おうませでし市長もし議会真摯向き合い議論いれ法令条例違反ついコンプライアンス委員会から指摘防ぐことできないでしょう

さらに議会議論なる職員しっかり議論たら一連許認可つい許可することなく未然防ぐことできこと考えますこの段階防ぐことでき事件ありそれ防げなかっ市長重大責任ある考えます

最後市長これまで本会議各委員会おい多く問題積み残しまま問題解決向け取り組みなく放置状態おりますまた本会議委員会空転その多く市長答弁原因ありまし議会おい民間団体企業市長相手会話向き合わ一方都合押しつけさらに法令条例趣旨理解することなく本会議各委員会答弁同じようこと原因なり関係悪化つながっいるよくわかります

これ市長政治姿勢でしょう答えください森井市長一体たいでしょうわかるよう説明ください

以上質問留保質問終わります拍手

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

森井秀明市長登壇

市長森井秀明ただいま政治姿勢つい質問ありまし

自身公約実現するためこれまでさまざま事業施策進めいく市民もとより関係する民間団体企業対しまし市政運営考え理解いただくためできるだけ丁寧説明行うよう努めまいりまし

議会おきましさまざま考え意見違いなどありますその都度活発議論なさその結果公約掲げ取り組み含め施策実現結びつけられいるもの考えおります

また市民対しましそう施策実施当たり懇切丁寧説明行いながら理解協力いただけるようさらなる努力まいりたい考えおります

理解できるわけないでしょう呼ぶあり

今後おきまし小樽市総合戦略政策人口減少歯どめかけられるようこのまち特性十二分生かし施策展開ながらこのまち住む訪れるとっ住みよいまちやさしいまち小樽実感いただけるまちづくり目指しまいりたい考えおります

議長13呼ぶあり

議長鈴木喜明13酒井隆行議員

13酒井隆行議員まず答弁漏れ思いますこの指摘いただきたい思います質問ありませ

答弁漏れつい法定協議会質問中央バス森井市長信頼関係構築できいるいうふう聞いまいりましそのつい答弁なかっ思いますこれ確認いただきたい思います

議長鈴木喜明酒井隆行議員から指摘ありまし議長いたしまし質問答弁漏れあるいうこと指摘いただいおりますメモとらいただいおりますその先ほど言っ公共交通法定協議会ところです

はい呼ぶあり

中央バス平成28年8月29年11月2回トップ会談行っ文書やりとりまし中央バス信頼関係構築できいる考えいるいう質問です

これつきまし説明直接状況説明行っいるそれから銭函地区アンケート意見交換論じいるいうところまでしか答えなっないいうことです

説明申し上げます質問重要思われる事項この信頼関係構築いるどういうこと説明ますけれどこの結論述べないいうことあります再度答えください

もっと言う意見説明いるから信頼関係構築できいる考えいるこう信頼関係構築できない考えいるこの答えくださいいうことですよろしいですそういうこと

はい呼ぶあり

まるで答弁なっないじゃない呼ぶあり

回りくどく言ってるからそうなる呼ぶあり

はぐらかしだめ呼ぶあり

発言するあり

休憩呼ぶあり

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

市長森井秀明答弁漏れつい大変失礼いたしまし先ほど答弁続け加えさせいただきたい思います

発言おい誤解いるいうことつい自身認識おりますけれど先ほど説明いただいよう銭函地区アンケート調査実施する当たり定例会議おい意見交換など行い連携取り組んいるところございます中央バス信頼構築なさいる考えおります

うそだろう呼ぶあり

発言するあり

議長13呼ぶあり

議長鈴木喜明13酒井隆行議員

13酒井隆行議員これ質問ですそれ抜けいるいうまずありないいうふう思います冒頭申し上げましおりきちんと真摯向き合っ対応適切答弁いただきたい思いますよろしく願いいたします

ふれあいパスつい質問いただきます

質問答弁対しまし課題あっいう答弁ありましあっならこんな状態なっない思うです課題あるいう認識ならもっともっと早い対応できないいうふう思いますそれつい答弁いただきたい思います

それから財政思います財政厳しいいうあっ思いますこれ中央バス一緒です中央バス一緒事業負担軽減言わますそういう意味中央バス同じ立場厳しい状況やっそれ協議たいいう申し出あっそれ理由ならないない思いますそれついもう答弁いただきたい思います

それから協定書ところ口頭合意いうよう答弁あっ思いますこれ口頭合意いるです口頭合意いるあれなぜ協定締結できないこれついもう答弁いただきたい思います

文書主義どこ行っです呼ぶあり

それから除排雪部分ついですまず貸出ダンプ部分つい申込提出部分利用制度理解いただい直接いうところその質問高齢事情来所できなかったりあと平日られない方々ため確認添付対応できないいう質問いただきましその答弁共働き申請行けないそういう苦情あるいう答弁あっ思うですけれどこれ矛盾ませなぜそういうある新た制度検討その方向向かっいる全く理解できない利用そういうあるあれそういう酌ん制度設計いただかない結局利用利用づらい制度なっしまうないいうふう思いますもうそこ整合とりながら答弁いただきたい思います

色内ふ頭全て岸壁調査いう部分ここ答弁聞き漏らししまっ今後たしか全て岸壁詳細調査いくいうようだっ思うですその時期ついどれぐらい考えいるいう部分もう詳細わたっ答弁いただきたい思います

それからコンプライアンス委員会部分再発防止質問いただきまし再発防止つい示しできないけれどいくいうことだっですそれ示せないですこれ重要こと時期部分もう少しわかりやすく答弁いただきたい思います

それから同じコンプライアンス委員会部分最初から事業申請られときからもう既に考え間違っそれ手続段階どの段階結果間違っいう部分これ示しいただきたい思います最初から間違っ手続どの段階よっ認識間違っいう部分これ大事検証なります示しいただきたい思います

それから反対意見なかっいうでし市長行政精通いる思うです市長そういう認識だっいうこと理解いいでしょうそれ答えいただきたい思います

それから法定協議会部分答弁いただきましけれど信頼関係構築できいる考えいるいうことですもうどういう部分その根拠なっ信頼関係築けいる思っいるそれついもう少し詳しく答弁いただきたい思います

議長鈴木喜明説明答弁求めます

発言するあり

どなた答えなります

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

市長森井秀明酒井隆行議員質問答えいたします

答弁こと以外おきまし担当より答弁いただきますよろしく願いいたします

答えさせいただきます

まず高島漁港区コンプライアンス委員会報告対し案件申請ときから間違っまたいつ段階間違っそれついどのよう考えいるいうあっ思いますまで答弁いただいようこれついたち適正行政判断いうふう思っところございますその申請段階あっまたその中途あっそれつい気づいなかっいうところございます

ですそのいつ段階いうことおい答えできませコンプライアンス委員会から指摘受けその考え改めいかなけれならないいうこといただいいるところございます

あともう信頼関係ことありますけれど先ほど話しいただきまし今回答弁話しおりますけれど自身中央バス社長するおい誤解生じそのとおりあるいうふう思っおります

それつい酒井隆行議員から直接話しべきいうありますそのよう将来公共交通おい含めやはりじかいきたいいうふう思っおります中央バス関係おきましほど話しいただいよう法定協議会設立向け都度報告いただいおりますまたこのたびおけアンケート調査行わいただいおりますけれど

ない呼ぶあり

それ伴う取り組みまた中央バス方々から定例会議意見交換意見いただいいるところあり連携行っいるところあります中央バス信頼構築おいなさいる考えいるところございます

市長どう市長呼ぶあり

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

市長上林猛酒井隆行議員質問答えいたします

から初めふれあいパス課題意識あっなぜ早く解決できなかっいうございますけれどこれ毎年予算時期中央バスから要請ありましとりわけこの質問かかわる財政厳しいうこと含め答えます来年向けそのアンケート調査など分析ながら制度設計ながら負担だんだん増嵩いくそういう状況勘案ながら制度設計ことしじゅうするいう考えございましそういう意味中央バスから要望あっとき当初から30年度向け29年度検討ください30年度から一定方向負担割合また改定時期いうことつい29年度中検討いただきたいこういう申し入れ11月そうですけれど3月のときそういう方向中央バス折衝いただきまし

またもう答弁口頭合意できいう部分ございますけれど主に中央バスから要請負担割合改定いうことその時期いうこと主な論点ございまし事業実施こと既に規則条例規則できますその方向沿っ事業やること自体口頭合意られそういう意味事業実施つい合意られただしその協定どういう時期負担割合どうする明言なさいそのことつい言えまだ合意至っなかっそういう事情ございます

発言するあり

それから高島問題対し反対意見なかっいうこと言え大変考え違いいうことございますそういう意味言え漁港いうことその全体現実問題さまざま実例られるそこ拡大解釈いいますそういうこと将来考えられるないいう意識自身多少あっいうこと

発言するあり

まずそういう拡大解釈つながっものいうふう自身大変深く反省おります

損害賠償請求もの呼ぶあり

議会議論思ってる呼ぶあり

発言するあり

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明建設部

勘違い議会答弁たってこと呼ぶあり

建設部上石明酒井隆行議員質問答えいたします

から貸出ダンプ申請申し込みついですまずこの事業100%公費行わいるいうこと利用申し込み申請利用団体個人ないいうこと酒井隆行議員からあっとおり実際なかなか都合つかなく申請できないいう場合市長答弁ありましけれど柔軟対応たい考えおりますやはりこの事業制度だけ知っもらうなく貸出ダンプ実際こういっ制度利用いる知らない利用いるいう過去あっ聞いおりますやはりこの事業これから継続するためあくまで利用団体対する助成いうことなっおりますやはり申請利用団体きちんと申請いただきたいただ申請当たっどう都合つかない場合柔軟対応たいいうふう考えおります

発言するあり

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明産業港湾部

産業港湾部中野弘章酒井隆行議員質問答えいたします

からまず色内ふ頭調査関係ございます先ほど市長答弁もうそこ部分読まいただきますけれど水道局行っ内容同じ詳細調査実施おりませ全て係留施設おい既に簡易点検いるところございます

点検結果いたしまし経年劣化よる部分欠損ですさびなど発生られるものところ構造機能損なわないため適宜補修など行うとも定期パトロール安全確認いくいうことですそういっよう毎年点検から必要あれ詳細調査いくいうようございます

それからそのですコンプライアンス委員会から指摘よる再発防止ついございますけれど確か再発防止いう方向もちろん考えいるところございます是正措置同じようども考え間違っいうことございましそのしっかり考え改めどのよう再発防止いく含め是正措置関係くるところございますその慎重対応いるところございます少し時間かかっいるいうところございます

議会謝罪ないだめだろう呼ぶあり

勘違いどうやっ是正すれいい呼ぶあり

議長13呼ぶあり

議長鈴木喜明13酒井隆行議員

13酒井隆行議員すみませ聞き間違いしれませ答弁漏れ思います先ほど中央バス社長市長信頼関係いうこと質問いただきまし答弁中央バス信頼関係だっ思うですけれどそれつい精査いただきたい思いますいかがでしょう

議長鈴木喜明先ほど市長中央バス信頼関係構築できいる中央バス社長いうことです市長個人いうことです

市長社長いる組織同士ない呼ぶあり

市長どう考えいるいうでしたら先ほど答弁結構ですけれど市長社長いうこと言及おります説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

市長森井秀明改めて説明いただきます

酒井隆行議員から質問あっとき市長現在中央バス関係つい構築できいるいう質問だっ思いますそれ先ほど最初答弁よう答弁いただいです再度確認社長関係市長組織なく個人関係それ中央バス組織関係どちら答えよう思っところですですから自身社長とき誤解あっいうこと答弁いただきましそしてもう

それ信頼関係ないってことでしょ呼ぶあり

組織組織いうこと中央バス関係そちら信頼構築できいるいうこと答弁いただいところございます

発言するあり

議長鈴木喜明説明申し上げます

聞います市役所中央バスこと明確答えそれ誤解あっいうこと自分思っいるそれ中央バス社長市長どうですいうことつい厳密信頼関係構築いる思います思いませいう言葉入らない指摘受けいるわけあります

もう説明願います

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

市長森井秀明繰り返し大変恐縮ございます

先ほどから答弁いただいいるよう誤解与え事実ございますそのそのよう公式社長会いおりませそれ伴う信頼現在続いいる続いないいうことところ明言することできませ

いやいや違うしょ呼ぶあり

明言できない呼ぶあり

全然答弁じゃないしょ呼ぶあり

発言するあり

議長鈴木喜明わからないいうことです再々質問どうます

わからないちゃんと答弁なっない呼ぶあり

議長13呼ぶあり

議長鈴木喜明13酒井隆行議員

もう答弁もらっほういい呼ぶあり

13酒井隆行議員もう答弁いただきたい思います

わからないいうことなく市長どう思わいるいうこと聞いいる当事わからないいう答弁ない思いますもう答弁願いたい思います

市長答えるならわかるけど呼ぶあり

もう言ったってどうわからない呼ぶあり

議長鈴木喜明再々質問なく

入る呼ぶあり

入るです

かしらある思っいるけどそこわからないだろう呼ぶあり

質問あります市長どう考えです誤解与えときそうなかっだろういうことなく伝わっくるですけれどその以降会っないそのままどういうこと聞きいる思います

説明答弁願います

逃げ答弁するって呼ぶあり

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

市長森井秀明このおい答弁繰り返すことなっ大変恐縮ございます

もうそのよう指摘受けましけれどその信頼関係いう酒井隆行議員指摘とおりやはり相手こちらあっその意思疎通とれ初めて信頼関係いうもの結びつけられるないいうふう思っおります

自身誤解招い以後公式会いできおりませその確認はっきりとれないいうところ一方認識できますできませいう断言現状できないいうこと答弁いただいところございます

そんなもの答弁じゃないだろう呼ぶあり

それじゃだめ呼ぶあり

人間関係そんなものないです市長呼ぶあり

議長鈴木喜明聞き変えいただけます

聞き呼ぶあり

ちゃんと答弁もらわないだめです呼ぶあり

発言するあり

議長13呼ぶあり

議長鈴木喜明13酒井隆行議員

13酒井隆行議員再々質問ありませ

信頼関係構築できいる市長どう思ういうふう聞います相手どうこういうないですこういう状況市長中央バス社長信頼関係できいるどう市長考え聞いいるその信頼関係どうこう相手どうこういうありませもうきちんと答弁いただきたい思いますいかがでしょう

誤解招いできない思います言えいいしょ呼ぶあり

議長鈴木喜明市長どう思わいるいうこと問わいるわけありますから先方どうこういうなく市長自分信頼関係構築できいるそうないいうその考え聞きたいいうことありますそのことつい言及答えいただきたい思います

説明

発言するあり

誤解招いその誤解解けなけれ信頼関係ない呼ぶあり

誤解招いしまっけどこっちせいでし言いたくない呼ぶあり

互いあっ意思疎通できないって言うならない答えてる呼ぶあり

発言するあり

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

市長森井秀明同じこと答弁いるいう認識ありますほど話しいるよう発言誤解与え事実思いますそれ伴っ中央バス社長対し信用なくなっないいうふう思っおります

しかしながらそれ誤解ですいうこと伝えいただいいるところございますまだそれ認識いるどういう自身はかりかねるところですその信用失っしまっもの取り戻すため会い改善図っいきたい自身このよう考えいるところございます

それ答弁じゃないちゃんと答えないだめって呼ぶあり

議長鈴木喜明説明申し上げます誤解与えましそして信頼関係そのとき崩れだろういうよう発言ありますそしてそれ修復するため手だてそのそのことつい調査いう聞いないいうことあります聞いない以上そのことつい誤解いること解かない考えるよう思うですそうする信頼関係現状回復いること確認できない信頼関係損なわいるままいうふう理解ますけれどそれよろしいですいうことです

発言するあり

そう受け取っいいだけもう聞いくれます

いやいや議長から聞いくれれいい呼ぶあり

いやそういうです

信頼関係構築できない思っいるって言えいい呼ぶあり

発言するあり

いやそれ現状信頼関係構築できないいうよう答弁聞こえますけれどどちらいうこと聞かいるですから信頼関係あるいうある信頼関係損なわままある思うあれそうどちら答えくださいいうこと聞いいるですそんな難しい質問ない思います

発言するあり

解釈よろしいですいうこと聞いいるです

発言するあり

自分言葉しゃべらないだめ市長呼ぶあり

整理ます

発言するあり

答弁拒否れる困る呼ぶあり

説明って言わなきゃ呼ぶあり

説明聞きますけれど言っどちら信頼構築いる思うそうないもうこのことついはっきり答えいただきたいいうことです

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

市長森井秀明議長からいろいろかみ砕いありましけれど答弁いることもう先ほどから同じことありましそのこと本人残念ながら直接確認できおりませどちら言える状況ないいうふう思っおります

また戻っちゃっ呼ぶあり

こんな続けられない呼ぶあり

はぐらかしたらだめって大事ところ呼ぶあり

できないこんなことなら呼ぶあり

これじゃだめ呼ぶあり

たら社長電話聞いくれいいじゃないです呼ぶあり

休憩とっ電話聞いくれいい呼ぶあり

発言するあり

いいかげんしろ呼ぶあり

議長鈴木喜明議長まし議員質問対し説明しっかり答えいただくこれ役目ですですから質問ことつい説明わかりやすくはっきり答えいただく

議長呼ぶあり

質問趣旨沿っ答弁しろって呼ぶあり

議長鈴木喜明

市長森井秀明繰り返しなっますその状況こと自身確認できおりませ近いうち会いその信用取り戻せいるその確認たいいうふう思っいるところございます

確認くださいってそんな呼ぶあり

確認それ質問なっくるでしょ呼ぶあり

発言するあり

質問れるわかってるですって呼ぶあり

議長鈴木喜明納得いくいかないいう答弁とっおります言う再々質問そのこと確認いただきたい言うしかないいうふう思いますけれど

しゃべったら答弁なるだったら答弁なる呼ぶあり

発言するあり

議長13呼ぶあり

議長鈴木喜明13酒井隆行議員

13酒井隆行議員再々質問ありませ質問まず質問いるですこのことつい当然ことながらそれつい最終相手確認とっないから答えられないいうこれやはり答弁成り立たない思います質問質問いるわけですからそういう答弁来るあれきちんと先方もし市長言われること先方きちんと確認議会臨む本来思いますいかがでしょう

議長鈴木喜明説明聞きます

暫時時間とれ先方確認そのこと答えられますそのこと答えられるいう答えそうなけれ答えられないいう答弁でしそのこと聞きます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

市長森井秀明酒井隆行議員から質問おい市長現在中央バス関係つい信頼関係構築できいる認識おりますいう質問でしですから自身中央バスことおい答弁いただいいるいうふう思っおります指摘つい答弁いただいいるいうふう認識おります

答弁からずれいる呼ぶあり

発言するあり

議長鈴木喜明レクときどういうやりとりいう読めませけれどこの質問仕方どうとられるいうことそれここないわからないです市長言いまし自身こと言及いるそれ見立て聞かいるそのことついしっかり事前できまし

発言するあり

いやいや最初質問答弁余りそれあれ当然向こう確認するべきいう指摘だっからまずそのついです

議長13呼ぶあり

議長鈴木喜明13酒井隆行議員

13酒井隆行議員再々質問ありませ先ほど最初答弁漏れいう答弁いただいますいうこと最初から森井市長中央バス社長いう認識答弁漏れいうこといただいいうふう思っいるですけれどいかがでしょうそれあれあれどちらわからない組織個人わからないいうあれそのときそういういただい質問入れ思うですけれどいかがでしょう

議長鈴木喜明酒井隆行議員申し上げますけれどとっメモいきます最終信頼関係構築できいる考えいるないこの明確答えなかっいうことありまし先ほど市長社長どういうことつい文章いう先ほど質問から読み取れませでしそのことつい触れない市長そのこと言及ないいうふう考えます

発言するあり

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明はい

ですから質問答えつい多分そういうふう思っ解釈仕方ないしれませ質問ついですけれど

13酒井隆行議員ぐちゃぐちゃなっいいです進みたい思います

再々質問入りたい思います先ほどコンプライアンス委員会市長考え違いいうあっ思います考え違いいうどういう考え違いだっでしょう具体答えいただきたい思います

それ色内ふ頭必要あれ今後調査いくいうよう答弁だっ思うですこれつい必要いう具体どういう状況どういう状況なったら調査いくいうこと答えいただきたい思います

あと先ほどやりとり少しぐちゃぐちゃなっしまっいるどこ質問いうぐちゃぐちゃなっます詳しく予算特別委員会そのついはやらいただきたい思います

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

市長上林猛酒井隆行議員再々質問答えいたします

先ほど答弁考え違い言っ部分ございます漁港おけその許認可めぐっ厳密意味条例ある条文どおりやるまたそこ解釈どの程度解釈余地あるその部分つい自身考え少し考え違いいうことございます

どの部分考え違いあっ呼ぶあり

発言するあり

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明産業港湾部

産業港湾部中野弘章港湾施設点検関係必要あれいうことほど答えございますけれどまず定期簡易点検点検さらに詳細点検必要あれいくいうそういう流れございます

議長鈴木喜明よろしいです

酒井隆行議員会派代表質問終結この暫時休憩いたします

休憩午後2時43分

再開午後3時40分

議長鈴木喜明休憩引き続き会議再開会派代表質問続行いたします

この説明から発言申し出ありますこれ許します

発言するあり

答弁調整とき気づかない呼ぶあり

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

市長森井秀明先ほど酒井隆行議員質問対する答弁誤りありまし訂正いただきます

来年度以降ふれあいパス事業考えつい質問対し負担割合つい現状まま答弁部分つきまし負担割合つい今回提案いる負担100円いう内容まま訂正いただくものあります大変失礼いたしましよろしく願いいたします

議長16呼ぶあり

議長鈴木喜明16面野大輔議員

16面野大輔議員登壇拍手

16面野大輔議員民進党代表質問ます

市長行政運営つい伺います

初め地域公共交通つい質問です市長これまで議会経済そして今回中央バス市長権限及ばない組織信頼関係築けませここまで来る市長原因いう認識新たますまた自身権限及ぶ職員対し信頼関係築けないない思いますからこそこれだけ降格願い早期退職くるでしょう

原因市長言語能力です相手意見質問意図酌みとるできないその誤解やすい発言するそして思いつき発言するから市長過去発言矛盾ます過去記者会見おけ錯誤その一端でしょうこれ議論交渉なりませ信頼ませさらに自身認めない態度相手不信増幅ます

原因市長公平欠ける政治姿勢です議会経済主張対し聞く持たない態度臨む一方後援会関係常識配慮する議会無視参与任用問題後援会関係名誉毀損訴訟対応高島漁港区問題などさまざま問題起こしまし市長からこれ指摘反証説得ある答弁期待本題入ります

まず中央バス信頼関係です我々市長言っ言わないもめることこれまで経験ます中央バス言葉言っ言わない聞いいるないです少し角度変えます中央バス主張するよう赤字覚悟事業条件云々中央バス受け取ら仕方ないいうよう発言いう認識市長あります

政治言葉全てです安倍首相こんなたち負けるわけいかない発言話題なりましまた当時防衛大臣失言よっ辞職追い込ままし心中真意ないいう思いあるしれませしかし有権どのよう受け取られる政治評価全てですそして東京都議会議員選挙大敗安倍首相ある意味責任とりまし

発言するあり

そこ今回問題対し中央バス赤字覚悟事業条件云々受け取っいうこと市長責任考えます市長真意違うしれませ中央バス市長発言よっ不信あるいう事実対し政治責任感じます

ふれあいパス関し今回市長事業負担解消するため補正予算出しまし一方平成27年第4回定例会限ら財源ふれあいパス継続するため制度見直し必要いうこと利用制限方針打ち出しまししかし見直し当たっこのたび限ら利用目的など調査再度さまざま角度から検討行い制度設計すること必要ある判断至りましことから平成28年度現行制度まま引き続き検討する市長答弁ます制度見直さ定例補正予算提出なりましこの2年弱議会発言よう利用目的など調査ましあれどのよう調査具体示しください

また今後制度継続いくため将来わたっ負担できる目途事業おおむね1億5,000万円推移するよう制度設計すること必要ある判断答弁ますそれから利用負担見解つきましふれあいパスいう事業利用全額負担するところ支援するいう助成制度あり限りある財源制度継続いくため利用対し応分受益負担願いざるないもの考えおりますとも答弁ます

既に当初予算1億6,000万円計上いる以上今回中央バス事業負担できないいうあっなら利用負担もらわなけれ平成27年第4回定例会市長発言矛盾ます平成27年第4回定例会おおむね1億5,000万円推移するよう制度設計すること必要いう市長発言撤回するいうことよろしいです撤回ないいうあれ制度継続いけるわからない今年度緊急避難負担ふやしいうことよろしいです

このタイミング事業合意するいうこと4月から今までつい合意協定交わさなかっいうことよろしいですまでふれあいパス関連支出ましたら根拠公金支出でしょう2年財政好転でしょうふれあいパス制度変わっでしょうふれあいパス補正予算つい市民生活考える必要しれませしかし今回補正予算市長自身発言完全矛盾市長自分発言対し全く責任果たしませしかも2年間でしょうこのよう態度からこそ議会中央バス初め多く機関信頼ないわけです

高島漁港つい質問ます

議会信頼関係大きく損なっいる問題ある高島漁港区です民進党この問題特に分区条例関し条例違反一貫主張ましまずこの問題市長認識背景ある思います市長さき定例民進党中村誠吾議員質問対し後援会政治候補対しまち貢献くれるだろういう純粋思い参画いる思っいる政治献金くれる利害求め参画いること指摘すること不思議いう答弁ましこれ市長余り世間知ら無知こと端的示しいる答弁思いますそして残念ながら無知すらないさらに純粋市長対する批判許さないいう態度感じ取れます世の中地方自治利害求め参画いる現実いる思います市長利害求め小樽市市政参画いるないいう認識です

自治仕事巨額予算動きますこれ自体利害固まりですこの予算どういうふう市民納得できるよう配分説得する市長大きな仕事ですもちろん市民全員納得できる予算いうありませそれ調整説明放棄たら市長仕事成り立ちませ市長政治このよう認識からこそ今回問題起きない考える同時深い問題ない考えます

法令解釈問題です市長民進党中村誠吾議員質問対し法令・条例に基づき適切繰り返し答弁ます適切いう言葉ましコンプライアンス委員会結論改めて自身答弁振り返っ恥ずかしいいう感情ありませそして本年第2回定例会質疑市長法令・条例に基づき適切主張する文脈顧問弁護確認ながら物事進めさせいただいいるところございますいう答弁ますいつ分区条例かかわる許可適切確認示しください

本年第2回定例会コンプライアンス委員会適切条例違反結論出す可能指摘そうなっ場合どうます質問ありまし市長仮定答えられない答弁ましこのよう対応市長責任果たせるでしょう今回条例違反いう結論想定できなかっ言わませ許可当初から民進党限ら議会全体問題指摘ましかかわら準備ないいう市長必要仕事ないいうことですそこ確認ます今回コンプライアンス委員会報告受けるまで条例違反結論想定準備まし答えください

職員倫理条例第17条第2項通報対象事実ある認める報告受けとき速やか是正措置再発防止以下是正措置いう講ずるとも必要あるとき関係処分行うものするありますものするありますこれ基本義務規定ですつまり是正措置ないこと合理理由なけれ是正措置なけれならないです許可条例違反いる以上是正措置いう許可取り消しいうことよろしいですそしてこの是正措置速やかなけれなりませこれ可能限り早くいう意味です準備きちんといれ少なくとも定例是正措置とらないでしょう

そしてこの速やかいう言葉今回問題具体意味持ちますなぜなら是正措置許可取り消しするいうこと事業損害与えるからですそして取り消しタイミング遅くなれなるほど損害膨らむ当然からですつまり結論出すおくれれおくれるほど大きな損害与える可能あるです市長許可取り消しおくれれおくれるほど損害膨らむ可能あるいう認識あります

今回定例市長問題さらに表面こと否めませ思いつき独善仕事いるから過去答弁矛盾する法令違反するよう行政運営なっしまいますもう市長就任から2年以上です勉強不足いういいわけ許さませ少なくとも議会指摘真摯向き合っいれこのよう事態なっない考えます市長までよう仕事自分再選できるいう自信そういるでしょう不思議なりませもしそうあれ余り議会市民ばかませそして小樽市小樽市民非常不幸状態置かいるいうこと指摘いただきます

以上項目質問終わります

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

森井秀明市長登壇

市長森井秀明議員質問答えいたします

ただいま行政運営つい質問ありまし

初め地域公共交通ついですまず発言関する認識つきまし2回目会談おけ申し上げ趣旨協議会設置目的単に赤字補塡ためなく人口減少利用図るため利用ニーズ対応すること重要あることバス路線つい黒字赤字路線ある支援活用ながら中央バス中心なっ担っいただきたいいうことあり発言ものあります

政治責任つきまし1月19日会談申し上げことつい真意伝わら認識違い生じいること大変残念思っいるところあります今後まちづくり考える公共交通大変重要ものあることから交通事業行政民間企業いう立場違いますそれぞれ役割責務おい共通認識持っ連携持続可能公共交通確保いくこと市長責任一端ある考えおります

ふれあいパスついですまずふれあいパス利用目的など調査実施時期内容つきまし昨年11月満70歳以上市民対象ふれあいパス事業利用実態調査満70歳未満市民対象ふれあいパス制度関する意向調査それぞれ2,000対し実施いたしましこれ調査質問項目居住パス利用効果今後制度ありなどさらに実態調査ふれあいパス利用外出する目的頻度交通手段などなっおります

ふれあいパス事業係る事業つきましこれまで1億5,000万円めど事業ついこのたびバス事業から強い申し入れあり負担割合変更ため状況変わりそれ対応するため予算措置するものありますしかし負担軽減継続可能制度するため時間かけ慎重検討する必要ありますそれまで負担割合つい今回提案いる負担100円いう内容まま続けざるないもの考えおります

ふれあいパス事業協定事業支出及びその根拠つきまし負担割合ついバス事業協議調わ例年年度当初締結する協定時点締結おりませしかしバス事業協定内容つい継続協議すること負担割合つい事業開始4月から前年同様スタートすることつい口頭合意おりそれ基づき請求いることから支払い行っいるところあります支出根拠つい小樽市事務専決規程の専決の特例の条項疑義あるもの将来紛議若しくは論争おそれあるものつい市長専決上司決裁する規定より市長決裁受け支出命令行い小樽会計管理者事務専決規程の専決の特例の条項重要異例認めるもの会計管理決裁受けなけれならない規定より会計管理決裁受け支出行っおります

高島漁港ついですまず利害求め市政参加いるつい認識つきましさまざま立場考えもと市政参画いる思いますそれぞれこのまちよくいこういう思いから参画いただいいるもの考えおります

コンプライアンス委員会結論これまで答弁振り返っつきまし高島地区おけ観光事業かかわる許認可つい法令条例照らし適切行政手続行っもの認識おりまし今回コンプライアンス委員会から通報対象事実ある指摘ありましたち認識間違っいうことです重く受けとめおります

いつ分区条例かかわる許可適切確認つきまし第2回定例会おけ質疑内容経済常任委員会おい議員から指摘より係船許可つい本市条例に基づく港湾施設使用許可適切あっ顧問弁護確認するよう求められためそのつい確認おります答弁いただいものあります今回質問分区条例つい第2回定例会時点おい顧問弁護確認おりませ

コンプライアンス委員会報告受けるまで条例違反結論想定準備つきまし高島地区観光事業かかわる許可つい法令条例照らしこれまで適正行政手続進めもの認識おりましコンプライアンス委員会調査結果条例違反ある想定準備特に行っおりませ

是正措置許可取り消し行うどうつきましこれまで適正行政手続進めもの考えおります今回コンプライアンス委員会から指摘真摯受けとめ具体示しできませ現在顧問弁護相談ながら検討いるところあり適切是正措置再発防止講じまいります

市長許可取り消しおくれれおくれるほど損害膨らむ可能あるいう認識あるつきまし是正措置つい速やか是正措置講じなけれならないもの認識おります法律どのよう措置適切つい顧問弁護相談慎重検討いるところあります

議長鈴木喜明項目質問入ります

議長16呼ぶあり

議長鈴木喜明16面野大輔議員

16面野大輔議員登壇

16面野大輔議員財政つい伺います

小樽市財政状況から交付過疎対策事業など頼りまだまだ潤沢財政呼べる状況なく将来財政運営考えいかなけれならない状況です毎年策定れる中期財政収支見通しつい動向などより推計難しい状況ある感じますそこ定例議案提出まし決算中期財政見通しなどつい質問いたします

初め平成28年度一般会計決算つい歳入関し予算現額決算比較生じいる約15億円主な要因示しください

歳出関し土木多額不用生じ決算なっおります予算現額およそ10%約5億6,362万円不用生じ要因つい説明ください

財政指数つい質問いたします平成28年度財政指数0.429いう数値道内主要都市10一番低い数値記録まし行政サービス半分以上普通交付依存いる状況あります今後財政指数向上せる方策あれ示しください

中期財政収支見通しついです平成28年10月示さもの財政調整基金残高見込み収支改善4億円加え26億2,900万円示さおりまししかし決算5億円以上上回る31億9,100万円なりましこの結果つい見解説明ください

策定当初見解平成30年度以降財源不足20億円達する推計おり財政調整基金取り崩し過疎対策事業退職手当など財源対策必要状況いう見通しでし今後その状況変わりない示しください

財政健全向け取り組みつい大きく項目つい記載ますその資産有効利用遊休資産売却広告収入確保つい将来ある取り組み感じます具体取り組み着手いるあれその取り組みつい説明ください

基金残高ついことし5月財政制度等審議会基金残高ふえ要因検証地方財政計画適切反映せるべき提言する建議出しましこれより財務省地方余裕ある地方交付削減示唆それ対し地方基金将来不安解消赤字地方出せない財政持続など財務省解釈反対訴えましこのよう財務省考えつい小樽市どのよう見解持ちです

以上項目質問終わります

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

森井秀明市長登壇

市長森井秀明ただいま財政つい質問ありまし

初め平成28年度一般会計決算ついですまず歳入予算現額決算比較生じる約15億円主な要因つきまし市税法人市民調定固定資産都市計画収入などより約1億1,700万円増加もの地方消費交付予算計上よりさらに全体地方消費収入減少ことより約1億2,900万円減少ほか国庫支出臨時福祉給付生活保護などより約4億3,100万円繰入財政調整基金から繰り入れ取りやめことより約3億4,500万円市債建設工事減少などより約5億3,800万円なっこと主な要因あります

土木不用生じ要因つきまし普通建設事業おけ設計段階減額工事入札差金ほか社会資本整備総合交付内示減少ことなどよるものあります不用主な内訳いたしましふ頭岸壁改良事業など直轄工事負担約1億200万円ロードヒーティング更新事業約6,700万円道路ストック更新事業約5,000万円なっおります

財政指数向上せる方策つきまし標準サービス提供するため必要経費市税42.9%しか補え57.1%普通交付依存いる状況あります交付頼らないよう財政構造望ましい考えおりますそのため市税収入全体増加図るため地域経済活性人口取り組みさらに進め安定財政基盤確保する必要ある考えおります

中期財政収支見通しついですまず平成28年度決算おい中期財政収支見通し上回る財政調整基金残高確保ことつきまし平成28年10月示し中期財政収支見通し平成28年度末残高26億2,900万円見込んおりまし決算おい市税収入増加ほか扶助繰出など不用より収支改善図らことより予算計上財政調整基金取り崩し黒字確保することできことから決算残高31億9,100万円なっところですしかしながら時点平成29年度予算中期財政収支見通し見込んより大きな財源不足生じいる状況あり引き続き収支改善向け取り組み継続いく必要ある考えおります

財源対策状況つきまし中期財政収支見通し示しとおり引き続き収支均衡ため財政調整基金取り崩し初め過疎対策事業ソフト事業退職手当などよる財源対策必要あること変わりありませ財政調整基金つい時点平成29年度末残高見込み中期財政収支見通し下回っおり財源対策ため財源減少いる状況ありますいずれいたしまし29年度予算執行状況普通交付算定結果など踏まえ中期財政収支見通し見直す今後財源対策つい改めて示しいきたい考えおります

中期財政収支見通しおけ歳入取り組みつきまし資産有効活用つい一部施設おい自動販売設置際しこれまで定額使用から公募より見積もり合わせ行い歳入図りまし遊休資産売却つい本年度旧若竹小学校初め学校給食新光共同調理場旧消防署長橋出張所など物件売り払い予定おりますまた広告収入確保ついこれまで広報ホームページなど広告掲載おりまし今後とも新た広告収入確保努めまいりたい考えおります

地方基金残高対する地方交付削減考えつい見解つきまし地方おい年度間財源調整将来公債償還災害備えなどためさまざま目的基金設置おり特に近年公共施設老朽対策喫緊課題ありこれ問題対応するためますます基金重要高まっおりますそのためこれまで行財政改革など取り組みより経費節減努めながら基金積み立て状況あります基金残高のみもっ地方財政余裕ある一概判断できないもの考えおりますそうことから基金残高もっ地方交付削減ないこともとより毎年度地方財政運営必要一般財源確保向け今後とも全国市長会全道市長会など通じ要望まいりたい考えおります

議長鈴木喜明項目質問入ります

議長16呼ぶあり

議長鈴木喜明16面野大輔議員

16面野大輔議員登壇

16面野大輔議員本年度除排雪つい伺います

登録要件代表要件緩和貸出ダンプ制度見直しなど見直し示さまししかしそれ変更本当地域総合除雪業務プラスなる疑問思うばかりです今回変更つい思い理想なく根拠基づい答弁願います

本年度実施まし道路除雪業務登録要件緩和より登録事業なるそれ加え昨年度登録事業だっ示しください

変更つい市長提案だっ提案だっ示しください

さきの建設常任委員会示さましJV代表要件緩和より代表要件有する事業なるそれ加え昨年度代表要件有する業者だっ示しください変更つい市長提案だっ提案だっ示しくださいこれ要件緩和より入札どのよう動きシーズン迎え業務どのようメリットデメリット出る考えられます

貸出ダンプ制度見直しつい質問ます

昨年貸出ダンプ制度変更つい拙速あり一部利用から理解られない状況でし除雪懇談会堆積対象することつい変更なく段階行うよう経過措置設けほしい制度見直しつい除雪懇談会など意見聞い見直し行うべきないなど意見無視制度変更実施ましまたことし7月行わ第1回除雪懇談会昨年振り返り制度変更反対意見まし結果市民届かなかっいうことなりまし

昨年利用規制理由不正利用いる事業利用積雪貸出ダンプ費用整合とれないいうこと集合住宅駐車利用件数のみ検証それ以外不正利用堆積つい調査分析検証行わ制度変更実施まし第1回定例会市長今年度集合住宅敷地道路堆積対象する見直し行いましその影響つい検証見きわめたい考えおります答弁ますどのよう検証することできでしょう

さらに今年度議会対しさらなる利用規制見直し示さましことし7月開催第1回除雪懇談会資料記載参加示されることありませでし余り親切ですしかし一方昨年11月第2回除雪懇談会別紙平成29年度以降取り組み今回見直しつい全て記載まし今回貸出ダンプ制度見直しつい除雪懇談会資料見直し全て記載なかっ理由示しくださいまた昨年度変更つい第1回除雪懇談会資料検証結果記載なかっ理由つい示しください

今回示さ貸出ダンプ制度見直しついどのよう検証行いトラック組合利用団体行政意見どのよう取りまとめられ見直し作成示しくださいまた見直しつい市長提案提案分け示しください

市民ついです直近5年間市民あらわし平成28年度市民つい見解示しおります小雪あっ平成27年28年度比較する合計1,000以上増加さらに600センチメートル以上積雪観測平成24、25年度排雪依頼上回る件数市民寄せられます要因気象状況ダンプトラック確保困難あっこと排雪業務関する考え周知不足要因挙げおりますしかし気候せい市民許しくれませ実際年明け早々中央バス正常運行でき迂回することなり市民生活影響ましこのよう至るところ市民生活影響及ん結果市民多く排雪依頼寄せられわけです本来時期関係なく市民生活影響及ぶ排雪行うべき考えます市長見解いかがです

昨年始め置き対策ですその具体取り組み方法ロータリー活用いうことシーズン前記者会見どれほど効果結びつく見えない置き解消いう説明まし昨年取り組んロータリー活用具体どういっ取り組み行い現在どのよう見解持ちですここ数年季節関係なく日本列島異常気象自然災害被害多発ます想定大雪見舞われる可能ってない言い切れませ昨年度市民気象状況関係ないいうことわかりまし市長言うきめ細か除排雪対しいつ行わなけれならない確認今年度地域総合除雪取り組んいただきたい願います

以上項目質問終わります

議長鈴木喜明説明答弁求めます

議長呼ぶあり

議長鈴木喜明

森井秀明市長登壇

市長森井秀明ただいま本年度除排雪つい質問ありまし

まず道路除雪業務登録事業つきまし本年9月1日の時点35あり昨年度39ありましまた道路除雪業務登録要件変更つい近年登録共同企業代表担える業者減少いることから登録ふやし将来除排雪体制維持するため市長協議ながら作成ものあります

建設常任委員会示しまし代表要件変更つきまし代表要件ある業務主任要件検討おります業務登録いる事業業務主任要件満たしいること前提ます本年9月1日時点代表要件要する事業25昨年度代表要件有する事業14ありましまた共同企業除雪業務代表要件変更つい市長原部協議ながら作成ものあります

道路除雪業務登録要件変更つきましこれまで道路除雪業務建設一部業者のみ登録できもの今年度から一定要件備え業者登録できるようことから業者増加地域総合除雪入札参加するJV増加することなど期待おりますまた全国人手不足などより将来減少すること想定れる地域総合除雪参加する業者一定程度確保できることメリット考えられデメリット考えられること特にありませ

貸出ダンプ制度検証つきまし平成28年度から集合住宅堆積利用制限ことからみずから費用排雪実施ことより負担なっ利用団体あっ聞いおりますまた堆積ついパトロールより実施実施現地確認行い申請異なっ作業実施ないなど把握ところ誤っ堆積排雪利用団体調整貸出ダンプ支払いから除外いうケース1カ所ありましそれ以外堆積排雪実施おら適正運用こと確認おりますいずれ一部利用団体からさまざま意見寄せられまし繰り返し制度見直し丁寧説明今年度継続まいりたい考えおります

除雪懇談会資料つきまし8月25日建設常任委員会報告いたしまし今年度見直し検討いる項目つきまし7月の第1回懇談会時点検討段階あっことから懇談会資料掲載見合わせものありますまた昨年度変更つい変更掲載利用状況貸出ダンプ過去10年間利用団体排雪事業など掲載すること検証いう掲載考えなかっことから詳細掲載おりませいずれまし11月開催予定第2回懇談会平成29年度見直し平成28年度検証つい資料掲載仕方工夫たい考えおります

貸出ダンプ制度見直しつきまし申込利用団体提出する幅員8メートル以上道路つい排雪8メートルまでする排雪路線対象すること検討する箇所利用回数つい検討するダンプトラック配車方法つい検討する項目あります昨年度利用手引き平成29年度以降取り組み既に周知いるところあり昨年除雪懇談会など利用団体から意見積み込み業者説明会意見伺うとも平成28年度貸出ダンプ実施状況把握取りまとめものありますまた見直しつい市長協議作成ものあります

排雪作業つきまし限ら財源全て排雪路線作業行えるよう予算確保すること困難ありますそのため職員地域総合除雪パトロール行いまずかき分け除雪拡幅除雪行い道路雪山大きくなりこれ以上対応困難なっ時点排雪作業実施する一連手順沿っ進めいるものあります

昨年度取り組んロータリー除雪活用つきまし昨年度小樽市除雪業務委託仕様おい拡幅除雪など積極ロータリー除雪活用することおり稼働時間平成28年度平成27年度比べ約3割増加おり一定程度活用あっもの考えおります

議長鈴木喜明項目質問入ります

議長16呼ぶあり

議長鈴木喜明16面野大輔議員

16面野大輔議員登壇

16面野大輔議員最後無人航空つい伺います

無人航空いわゆるドローンついです一般2015年4月起きある事件きっかけドローン知っふえない思っますその事件首相官邸ヘリポート墜落事件ですそれまでドローン飛行関する規制ほとんどなくこの事件きっかけ整備加速まし国土交通省航空法改正伴い無人航空安全飛行ためガイドライン作成飛行禁止空域飛行方法関する同法ルール及び関係法令遵守啓発ます航空法改正伴っ作成ガイドラインついどういっ内容もの説明くださいまた小樽市ガイドライン沿っ飛行禁止空域あれ示しください

無人航空関する小樽市対応です最近ドローンユーザー増加おりその要因手ごろ価格ネット店舗など販売ふえ購入容易なっこと挙げられますしかしユーザーふえれ問題事故比例ふえること予想ます全国各地観光外国観光飛行禁止区域ドローン飛行行い厳重注意いるあります外国まだまだ整備進んない多くあり飛行いけないいう認識ないようですそういっケース多く起き自治注意喚起ため観光集まる施設順次看板設置外国わかるよう外国表記心がけます

静岡県下田市海水公園漁港施設おい許可ない小型無人飛行禁止ますその問い合わせ窓口施設管理所管する充てます小樽市ドローン問い合わせあっ場合窓口どこ対応する示しくださいまたさき述べ事件以降問い合わせ件数その内容対応部署示しください安全管理極端規制イコールなりませ下田市ガイドライン観光政策防災対策大変有用あることから管理許可得れ飛行行うことできるおり目的よっ肯定考えいる感じられますおいそういっ考え検討いただきたい思います

その法令関する小樽市解釈判断つい港則法小樽市有する港の安全と管理を定めた法律です港則法の条文無人航空禁止する項目ありませしかし港則法管理安全支障及ぼす行為禁止する条文明記いることから港則法違法ある判断案件ありましまたそういっ状況起き場合どのよう対応する示しください

ドローン活用つい産業防災多く自治積極取り入れいる現状あります2016年政府掲げる成長戦略含まおり特に国家戦略特区指定いる仙台市千葉市ドローン利用産業発展主体ドローン特区活動広げますその取り組み仙台市行っいるドローン防災減災分野おけ活用非常興味深いものです産官連携ながら災害交通状況災害情報などビッグデータドローン収集安全速やか避難市民行えるサポート体制