固有表現抽出

開議午後1時00分

議長横田久俊これより本日会議開きます

本日会議署名議員安斎哲也議員面野大輔議員指名いたします

日程第1「議案第1号ないし議案第26号及び報告第1号」一括議題いたします

これより昨日引き続き会派代表質問行います

通告あります順次発言許します

議長21呼ぶあり

議長横田久俊21川畑正美議員

21川畑正美議員登壇拍手

21川畑正美議員日本共産党代表質問ます

代表質問先立ちまし9月9日北朝鮮実験強行こと抗議表明ます

日本共産党市議団小樽非核港湾条例案の提案説明おい北朝鮮たび重なるミサイル発射厳重抗議ところあります北朝鮮よる実験強行5回目です北朝鮮ミサイル開発放棄求め国連安保理決議6カ国協議共同声明日朝平壌宣言違反する暴挙あり日本共産党この無法暴挙厳しく糾弾ます

最初財政問題つい質問いたします

2015年度決算ついです

2015年度一般会計決算19億2,248万3,000円多額繰越生み出しましその大きな要因歳入市税収入1億6,021万4,000円地方消費交付3億4,660万3,000円約5億円ふえことですまた歳出不用2014年度2015年度比較する1億2,801万円減少ます変わら多額不用つくり出します歳入市税収入決算2014年度2015年度比較1億6,528万5,000円いえ2015年度予算比較1億6,021万4,000円増加ます市税徴収当たっ市民実情組み入れない強引徴収いるないでしょう増加理由つい説明願います

歳出不用総額2014年度2015年度比較おい1億2,001万円減少ますしかし科目2015年度民生翌年度繰越6億8,660万円除い5億5,764万円不用出します土木5億9,251万3,000円前年度1億8,838万8,000円上回っです教育3億5,554万円前年度不用2億2,882万8,000円上回っます民生土木教育不用主な事業つい知らください

また収入多額不用よっ多額余剰発生ます多額余剰出すあれもっと市民要求積極応え市民生活支援する立場活用べきです

企業会計決算状況つい伺います

病院事業会計決算おい収益収支昨年度病院統合かかわる経費退職給付引当一括計上など損益収支損失なっものです決算審査意見今年度診療収入患者増加よっ前年度比べ大幅増収なっ費用おい減価償却など経費前年度比べ増加こと引き続き損失なっまた資金収支つい一般会計から財政支援繰り入れいる前年度引き続き資金不足なっ言っます収益収支減価償却影響大きい思います損失解消する見通し知らください

また資金収支病院新築かかわる企業償還加わることなります健全病院経営行うため方策ついどのよう考えいるでしょう

全国医師不足小樽市立病院安定病院収益確保地域医療役割担う基幹病院良質医療安定提供するため医師看護など人材確保欠かせないもの思います病院開院医師ふえます医師確保するだけなく地域患者結びつくこと経営安定つながっいくないでしょう見解聞かください

水道事業会計つい伺います

損益収支2014年度決算会計制度変更影響などよっ4,556万円赤字でし2015年度4億1,380万7,000円黒字出します決算審査意見当年度損益収支前年度比較する4億5,936万7,000円増加ましこれ収入3,221万円減少まし費用4億9,157万7,000円減少ためですありまし我がこれまで家事基本水量1カ月当たり10立方メートルこれ基本水量満たない世帯ある基本水量見直しべき改善求めまいりまし他市おい基本水量料金体系見直し進めます損益収支黒字なっいる状況あり基本水量料金体系見直し進めるべきです見解願いいたします

簡易水道事業特別会計つい伺います

平成27年度歳入決算2014年度比較する2,860万8,000円減少歳出簡易水道事業2,934万円減少です一般会計繰入繰越一般会計繰出除い単年度実質収支赤字2012年度2,768万3,000円底辺毎年ふえ2015年度1億25万6,000円まで膨れ上がっおります単年度実質収支赤字連続いる原因つい説明願います

水道使用2011年度以降おい2012年度7,525万2,000円最大2015年度2012年度比較する1,689万6,000円減少ますその要因つい説明願います

簡易水道収支不足企業負担出資石狩開発株式会社北海道負担するものでししかし石狩開発株式会社経営破綻よっ収支不足負担なりまし北海道地下利用する石狩湾新港地域かかわる地下揚水計画策定まし計画期限2011年度終了いるかかわら組合企業水道切りかえ行っおりませ北海道問題解決手段企業簡易水道利用促進要請企業誘致促進など掲げおります地下水利用組合現在小樽市域内おい構成簡易水道切りかえ行わない理由つい説明願います

またなぜ地下利用続けられいるです

また事業赤字解消する対策つい知らください

地下揚水計画作成実施ものあり責任持っ収支不足解消するよう求めいることですその北海道交渉進捗状況どうなっいるでしょう

補正予算つい伺います

小樽市2016年度普通交付配分153億1,947万円決まり前年度比較する3億4,479万4,000円減少なりまし2016年度普通交付予算計上156億1,500万円2億9,553万円減額なっます臨時財政対策9,953万5,000円減少加える4億円ほど減少なります国勢調査たび人口減少いることから人口減少要因ない考えますけれど今年度予算計上大きな乖離でき理由つい説明願います

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

森井秀明市長登壇

市長森井秀明川畑議員質問答えいたします

ただいま財政問題つい質問ありまし

初め2015年度決算ついですまず市税決算予算より増額理由つきまし予算作成おい税目過去収入決算見込みもと算出おります個人市民特別徴収割合ふえいること納税課グループ導入納期納付促進滞納処分強化など市税収納向上対策図っことあり税目つい収入予算見込みより向上ことよるものあります

民生土木教育不用主な事業つきまし民生生活保護扶助2億6,070万円国民健康保険事業会計繰出4,195万円介護保険事業会計繰出3,644万円不用あり土木直轄工事負担あるふ頭岸壁改良事業1億3,514万円ロードヒーティング更新事業8,857万円除雪4,393万円なっおりますまた教育手宮地区統合小学校山手地区統合小学校など校舎改築事業8,587万円学校燃料熱水6,653万円放課児童健全育成事業4,093万円不用なっおります

水道事業損益収支黒字なっいる状況あることから水道料金おけ基本水量料金体系見直し進めるべきことつきまし平成27年度決算黒字より生じ剰余つきまし全額減債積立積み立てこれまで施設整備財源借り入れ企業償還充てることおりますまた今後収支見通しつきまし収入人口減少などより料金収入減少さらに支出施設老朽耐震対策多額費用見込ま厳しくなること予想ますこう状況鑑み基本水量料金体系見直し当たっ短期視点なく長期収支見きわめながら検討進めまいりたい考えおります

簡易水道事業特別会計おけ単年度実質収支赤字連続いる原因つきまし2013年水道料金改定ましけれど依然地下より高い設定あっため石狩湾新港地域地下水利用組合企業地下から簡易水道切りかえ行わなかっことまた石狩開発株式会社進める地域企業立地計画目標どおり進まなかっことから計画水量確保でき事業収支不足生じいるものあります

水道使用減少つきまし当別ダム完成伴い2013年4月から石狩西部広域水道企業団より水道供給開始こと石狩湾新港地域今後給水見込みさらに地域企業誘致推進勘案同年4月1日から平均改定27.7%値下げする水道料金改定行っこと要因あります

地下水利用組合つきまし現在小樽市域おい構成おります簡易水道切りかえ行わない理由つきまし組合企業現在利用いる地下比べ簡易水道単価高く企業経営支障生じるため聞いおりますまた組合企業地下利用続ける理由つきまし石狩湾新港地域おい地下利用規制ないことから企業水源利用選択ゆだねられいるためありますさらに簡易水道事業赤字解消する方策つきましこの問題主体かかわっ北海道地下利用組合企業地下から簡易水道転換するよう必要方策とること簡易水道料金収支不足つい補填行うなど対策とることなど考えられます

北海道交渉進捗状況つきまし本年9月1日から北海道担当部署対し地下水利用組合企業地下から簡易水道転換するよう必要方策実現すること及び転換ないことよる料金収入不足つい補填など対策講じること要請いたしましその結果北海道から財政支援難しい企業使用水量ふやしいくこと問題解決手段ある回答受けおります

補正予算ついです普通交付決定予算乖離つきまし平成28年度予算おいこれまで同様地方財政計画など情報参考ほか平成27年度国勢調査人口もと予算見積もっところあります

国勢調査人口平成22年度27年度比べる約1万人なっおり急激人口交付税額算定大きく影響ます単年度影響緩和する措置人口急減補正あり28年度算定おいこの人口急減補正過大見込んこと予算大きく乖離要因考えおります

また臨時費目あるまちひとしごと創生事業つい全体前年度同額計上ことからおい前年度同額見込みまし人口減少影響反映減額なっこと乖離一因なっものあります

議長呼ぶあり

議長横田久俊病院

病院並木昭義川畑議員病院事業決算つい質問答えいたします

初め収益収支おけ損失解消見通し健全病院経営方策つい尋ねありまし

収益収支おきまし施設維持管理経費減価償却など費用大幅増加ことから損失生じものあり今後駐車新規導入医療機器減価償却多額なることから期間損失解消難しいもの考えおります

健全病院経営方策ついあります現在公立病院改革ガイドライン基づい当院課題ある収益確保経費削減つい具体改善盛り込ん公立病院改革プラン策定進めおりますこのプラン確実実行することより経営効率図っまいります

地域患者結びつきつい尋ねありまし

小樽市立病院高度医療できる急性病院ありそのため医師確保大変重要ことあります同時地域医療中心役割担う地域医療機関保健福祉分野連携進め支援協力関係築いいくこと重要こと認識おりますこれから医療高齢進展踏まえる主に青年壮年期対象治癒社会復帰前提病院完結から慢性疾患複数疾患抱え高齢特徴合わせ患者住みなれ地域生活維持向上目指す地域完結重点移しいく必要あります

いたしまし当院この地域基幹病院急性医療担い医療機関連携深めるとも医療高め患者選ばそして市民さん信頼れる病院なること病院事業健全経営つながるもの考えおります

議長横田久俊項目質問入ります

議長21呼ぶあり

議長横田久俊21川畑正美議員

21川畑正美議員登壇

21川畑正美議員項目質問行います

国民健康保険介護保険つい質問です

最初国民健康保険ついです

政府国保財政運営から都道府県移すこと保険関係事務効率国保財政安定できる2018年4月から国民健康保険の財政運営責任から都道府県移る国保財政の都道府県進めます1984年医療45%あっ負担給付50%削減以来国保負担割合減らし続け現在24.5%まで下がっますこのよう国保負担減らしまま国保制度改革推進するなら規模企業高齢所得多く占める国保加入保険負担過酷徴収強化資格発行などよる医療保険から排除つながりかねませ国保の都道府県単位1年半後実施れることなります国保制度改革よっ起こり得る不安つい質問いたします

都道府県単位よっ都道府県財政運営責任主体なり国保運営中心役割担うます財政運営当たっ役割説明ください

都道府県単位れることよっ保険どこ交付交付なる知らください

これまで条件合わせ保険独自決められましこれから行っ保険決定賦課徴収これまでどおり継続れるでしょう

また道内主要都市一般会計から法定繰り入れ保険引き下げる措置とっますよっ繰上充用一般会計から法定繰り入れ認められないいうことなるでしょう

収入よっ自治規模応じ基準89%から92%設定ます今後収入下がることペナルティー科されるないでしょう滞納対する措置すなわち短期保険発行差し押さえどこ行うことなるでしょう知らください

小樽市高齢進み1人当たり医療道内主要都市最も高い状況あり医療締めつけ心配ます医療対し医療適正いうもと医療増加抑制ならないでしょう

国民保険制度根幹ある国保構造行き詰まり打開するため国保加入払える保険いくこと必要思います悪政から市民守る役割です市長そのためどのよう取り組みいるでしょう聞かください

介護保険つい伺います

総合事業移行つい伺います

介護保険制度これまで主に家族担っきり認知など介護必要つい社会保障仕組みよっ社会全体支える制度2000年4月から始まりまし制度できとき介護必要方々から介護社会象徴歓迎まし

ところ制度どんどん後退国家詐欺まで言われる状態なりまし2015年改定支援訪問介護通所介護保険給付から外し自治事業移す年金収入280万円以上負担特別養護老人ホーム入所介護以上限定所得施設入居食費部屋代補助要件厳しくすること行わまし総合事業移行つい2017年4月本格施行することなります小樽市ことし10月から施行することです本市10月から施行するサービス範囲つい内容示しください

介護保険地域支援事業移行当たっ総合事業対象支援認定受け基本チェックリストよっ事業対象認定説明受けまし新規区分変更認定更新よる支援認定ついまで同じ認定調査主治意見必要ことから専門判断れるいうことでし

しかし基本チェックリスト判定包括支援センターチェックリスト行うことから状態より軽く判断れること起こらないでしょう見解知らください

新しい介護予防日常生活支援総合事業来年4月以降介護事業民間事業NPOボランティアなど多様担い手よっ多様サービス提供することなります他市札幌市単位から回数単位変更する横浜市通所介護対象週2回契約押しつける多様サービス提供緩和講習受け職員よっ単価大幅減少など進めようます

小樽市ことし10月から実施予定いる総合事業本格実施れる来年4月以降どのよう内容なるでしょう知らください

訪問介護相当サービス単価通所介護相当サービス単価どうなるです

また来年4月以降本格移行継続するでしょう

介護保険外しつい伺います

2018年度介護保険改変向け介護受けいる訪問介護生活援助サービス保険給付から外し原則自己負担すること自治裁量予算行う地域支援事業移すこと介護ベッド椅子など現在原則1割負担福祉貸与つい原則全額自己負担進めます次々実行れる負担よっ介護持つ家族から生活成り立たなくなる介護続ける気力失われるなどサービス利用諦め中止ざるない悲痛叫び届います介護認定どれぐらいいらっしゃるでしょう

そのうち支援介護認定居宅介護サービス受けいるおられる聞かください

福祉貸与受給総数支援介護受給該当知らください

また支援介護福祉貸与現在負担いる全額自己負担なっ場合金額支援介護区分ごと知らください

多く大切ない仕組み40歳から64歳現役世代保険負担安心補償ないいう保険あっ保障なし状況なっいる介護保険制度対し市長どのよう認識持ちでしょう知らください

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

森井秀明市長登壇

市長森井秀明ただいま国民健康保険介護保険つい質問ありまし

初め国民健康保険ついですまず国保財政の都道府県単位よる北海道それぞれ主な役割つきまし北海道北海道全体国保財政運営責任主体運営方針策定する北海道全体医療給付見込み立てごと国保事業納付決定する納付北海道納めるため必要ごと標準保険策定示す医療給付必要費用全額対し支払うなど新た役割担うことなります

また北海道定め納付納める北海道から示さ標準保険参考国保保険決定賦課徴収行う地域住民身近関係もと資格管理保険給付保険事業など引き続き実施するいう役割担うことなっおります

都道府県単位伴う保険つきまし保険交付これまでどおり各市行うことなりますなお平成30年度以降北海道とも保険なります保険これまで保険ところ交付変更なりこの交付引き続き小樽市なる予定ですまた国民健康保険被保険者証という表示も北海道国民健康保険被保険者証変更れる予定なっおります

保険決定賦課などどうなるいうことつきましまず保険決定賦課徴収これまでどおり行うことなります繰上充用などつきまし全く認めないいうことなっおりませ既に繰上充用行っいる北海道その繰上充用原因なる国保会計赤字解消削減向け協議行い繰上充用解消向け目標年次など設定北海道示すことなりますまた一般会計から法定繰り入れ改正判断よるものおります保険引き下げる目的行わいる法定繰り入れ解消求められおります

収入下がることよるペナルティーつきまし北海道保険規模目標収入設定収入達成ない場合その要因分析行い保険納付状況改善ため必要対策検討することおりペナルティー措置科せられることなっおりませ

また滞納対する短期発行差し押さえなど措置つきまし引き続き行うことなります

医療増加抑制ならないつきましこれまでどおり重複受診頻回受診解消ほかレセプト点検実施などより医療適正支出図る取り組み行うことなりますなお治療必要医師指示従い必要する治療受けもらうべきあります例えば単に受診回数制限するなど抑制行われるものない認識おります

国保加入払える保険いくこと取り組みつきましこれまで全国市長会通じ国庫負担割合引き上げなど国保財政基盤拡充強化図り責任負担おい実効ある措置講じること所得対する負担軽減拡充強化するとも所得多く抱える保険支援強化すること要請いるところあります

また北海道国保運営方針策定おい保険算定方法医療給付適正実施などつい交え検討行わおり小樽市北海道開催する検討会ワーキンググループ入っおりますその医療高い保険負担大きくならないよう意見など申し述べいるところあります

介護保険ついですまず総合事業移行おい10月から施行するサービス範囲つきまし現行介護予防給付サービスうち介護予防訪問介護訪問介護相当サービス介護予防通所介護通所介護相当サービスそれぞれ移行なりますこれサービス係る事業人員設備運営基準つい現行サービス同様基準提供れるサービス内容同様いたします

新た導入れる基本チェックリストよる判定つきまし基本チェックリスト総合事業サービス利用申請から認定まで手続簡素迅速するため簡易支援相当する対象判断する方法導入ものですチェックリストつい通知質問項目及び考え示さこの基準従っ実施することよっ状態より軽く判断れることない考えおりますチェックリスト運用する地域包括支援センター適切対応するよう指導まいります

平成29年4月以降総合事業内容つきまし本年10月から実施するサービス内容継続いこう考えおります今後緩和基準よるサービスなど独自多様サービス実施向け今年度実施状況踏まえ多様主体なる受け皿状況事業意見聞きながら慎重検討続けまいります

訪問介護相当サービス単価通所介護相当サービス単価つきまし訪問介護相当サービス現行介護予防訪問介護同様単価なります通所介護相当サービス現行介護予防通所介護単価新た小樽市独自支援週1回程度通所必要対する単価追加設定ましこれ単価来年4月の本格移行継続する予定あります

介護認定支援介護認定居宅介護サービス受けいるつきましまず支援から介護まで認定平成28年3月末1万785人なっおりますこのうち支援2,891介護4,531なっおりますまた居宅介護サービス受けいる全体6,274うち支援1,562介護3,215なっおります

福祉貸与受給つきまし平成28年3月分総数2,219なっおりますこのうち支援266介護1,141なっおりますまた支援から介護福祉貸与負担いる全体106万9,000円このうち支援11万円介護95万9,000円なっおります全額自己負担なっ場合金額支援から介護全体1,002万2,000円このうち支援104万5,000円介護897万7,000円なります

介護保険制度対する認識つきましこの制度スタート以来17年目なり高齢進む小樽市民生活欠くことできない重要ものなっいる認識おります

小樽市医師会など関係団体連携ながら地域包括ケアシステム構築進め住みなれ地域安心自分らしい暮らし続けることできるまちづくり目指しいるところあります介護保険制度つい介護サービス重点効率世代世代負担公平確保など踏まえバランスとれ持続可能制度なるよう検討行われるべき考えおります対し全国市長会通じ介護保険制度円滑運営図るため自治財政措置充実所得対策制度改正などつい重点提言行っいるところあり今後強く要望まいりたい考えおります

議長横田久俊項目質問入ります

議長21呼ぶあり

議長横田久俊21川畑正美議員

21川畑正美議員登壇

21川畑正美議員項目質問行います

除雪ついです

最初共同企業構成つい伺います

昨年度森井市長除雪業務担当する共同企業すなわちJV構成つい入札開始急遽構成要件以上変えため入札成立混乱招きまし今年度地域総合除雪参加つい小樽市道路除雪登録いる事業対し7月12日実施意識調査27地域総合除雪参加意向示しましそれ受け森井市長JV構成企業以上すること断念まししかし市長8月24日建設常任委員会おい構成企業条件新規参入含め業者育ていかなけれならない来年度以上たい意向示しますなぜ以上こだわる理解できませ説明願いいたします

小樽市指名競争入札参加資格道路除雪登録39伺いましまた共同企業除雪業務代表要件代表及び代表条件及び適格条件あります代表及び代表条件及び適格条件つい示しください

道路除雪登録代表要件ある小樽市指名競争入札参加資格名簿おい工事種別土木また舗装登録かつ土木ランクもしくは舗装総合評点1,100点以上企業知らください

除雪予算計上つい伺います

除雪予算計上森井市政なっ2015年以降回定例会補正予算計上ますこれ自治予算計上本来あり思えませ予算計上市税収入交付もと歳出綿密計算収支バランスとるものないでしょう市民生活守ることから除雪予算欠くことできない予算あります当初から計上べき予算思います市長どのよう認識持ちでしょう見解聞かください

平成28年度除雪考えついこれまで同様降雪おおむね5メートル程度気象想定ます昨年少雪より除雪大幅削減まし降雪495センチメートルでしおおむね5メートル程度昨年少雪状態想定考えです住民対し予算ないからこれ以上除排雪できませ市民納得できませ想定超え場合さらに補正予算組むことなる思いますけれど自然相手する課題あっ降雪数年間平均もと予算計上するないでしょう

おおむね5メートル程度気象想定予算計上根拠示しください

最近5年平均降雪どれくらいなるでしょう平均降雪予算計上場合予算どれくらいふえることなります知らください

除排雪つい伺います

路線及びバス路線なっいる路線ガタガタ路面解消するため路面整正例外昨年ふやしましものことしふやし10強化ますなぜふやさなけれならない昨年実施状況どのよう評価強化することなっ説明ください

路線すなわち生活路線つい昨年度から調査進めまいりまし生活路線除雪最も市民関心寄せられいるところありますこれまで生活路線つい圧雪状態交通障害対する除雪おりまし今年度試行出動基準見直し比較広幅道路おい15センチメートル以上降雪見込まれる場合除雪作業実施するます生活路線うち全体除雪作業対象なる10キロメートル区間ことですきめ細やか除排雪いうなら市民要望から通学など優先べきあります花園小学校稲穂小学校入船小学校菁園中学校など歩道ない雪山通行支障来しいることから優先行うべきないでしょういかがでしょう

岩見沢市雪対策本部教育委員会参加通学安全学校敷地排雪など情報連絡一翼担っます小樽市かつて参加ようあります現在参加おりませ参加せるべきありませ

効率除排雪作業進めるため塩谷中学校グラウンド堆積する計画ですグラウンド塩谷川沿い民家あります民家居住おりかつて大雨よっ塩谷川設置私設流さグラウンド通路ますグラウンド堆積場合居住影響起きないでしょうこの堆積どの排雪運びその排雪これまでどこ運んもの聞かください

昨年除排雪対し市民からさまざま反応あらわれます昨年少雪かかわら排雪対し抑制かけられまし市民例年行わ排雪対し期待ものあります必要箇所必要合わせ除雪するます市民抜き判断よっ市民待ち切れ業者依頼するそして排雪いる排雪除外する市民意思疎通できませことしそのようことあっならない思いますその対策示しください

昨年市民から市長判断除排雪変わっ言っます対策本部確立いる市長直接介入すること歓迎れることありませ市長意見ですその逆らう職員配転れるない不安なります除排雪当たっ市長直接介入するなく除雪対策本部ある中心担当部下職員働いもらうこと必要考えます市長認識知らください

昨年押し確保すること奮闘伺っおります道幅あるところ置き車道大幅制限おりましまた置き春先雪解け道路水浸しなっ苦情ありまし今年度押し確保つい取り組み状況知らください

貸出ダンプ制度見直しつい伺います

集合住宅通路おい見直しするほか実情合っ手引き見直し提起ます今年度だけなく今後向け見直し計画いるようです当面検討いる項目つい知らください

また実施当たっ市民十分説明理解もと進めること行政推進欠かせない思います市長見解聞かください

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

森井秀明市長登壇

市長森井秀明ただいま除雪つい質問ありまし

初め共同企業構成ついですまず共同企業構成以上する考えつきまし作業おくれ見込ま場合業務補完将来わたり持続可能除排雪体制構築するためより多く業者共同企業構成なること必要ある考えおり共同企業構成つい以上すること望ましいもの考えおります

代表及び代表要件つきまし代表つい業務主任要件満たす技術以上あること発注共同企業除雪業務履行実績あること小樽市指名競争入札参加資格名簿おい工事種別土木また舗装登録かつ土木ランクもしくは舗装総合評点1,100以上もの全て該当するものありますまた代表つい業務主任要件満たす技術以上あること発注共同企業除雪業務履行実績あること全て該当するものあります

道路除雪登録代表要件ある工事種別ランクごと企業つきまし土木ランク土木ランク舗装総合評定1,100点以上なっおります

除雪予算計上ついですまず第3回定例会補正予算計上ことつきまし除雪当初予算計上べき指摘つい自身同様考えあります昨年度から取り組ん施策検証その結果当初予算反映せることできなかっことから当初予算当面必要経費のみ計上定例補正予算計上ものあります

降雪5メートル程度想定補正予算計上ことつきまし昨年度おおむね5メートル降雪除雪路線出動基準など新た取り組み含め作業積算予算算定ところですこれ作業分析検証結果一定効果あっことから本年度おい昨年同様降雪前提作業ベース新た取り組み加味予算算定ものあります

次年度以降おい新た取り組みとも現在行っいる地域総合除雪全てつい検証行いその結果見合う業務算定それ基づく予算つい検討まいりたい考えおります

直近5年平均降雪及びその降雪予算推計つきまし直近5年平均降雪約6.3メートルありこの降雪近い平成21年度除雪作業もと平成28年度単価計算ますあくまで試算あります約14億2,000万円なり今定例会以降見込まれる予算約13億2,000万円比べ約1億円なります

除排雪ついですまず路面整正作業出動回数ふやしことつきまし昨年度から取り組みましガタガタ路面解消つい一定成果あっもの考え今年度昨年度実績同様出動回数必要ある判断ため出動回数ふやすことものあります

路線除雪より通学など優先行うべきことつきまし学校周辺通学主に除雪路線あり昨年度出動基準見直し行い一定成果あっもの考えおります

今後おい教育委員会除雪対策本部情報共有児童生徒登下校安全確保努めまいりたい考えおります

除雪対策本部教育委員会参加することつきまし通学安全確保ついこれまで学校直接周辺道路状況除排雪作業情報やりとり行っまいりまし今後教育委員会双方窓口一元図るなど情報共有確実迅速行う仕組みづくりできない相談まいりたい考えおります

旧塩谷中学校グラウンド堆積とき影響などつきまし隣接居住いるグラウンド通行いること承知おります堆積増設この生活支障生じないよう万全期しまいりたい考えおります

またこの堆積主に塩谷地区から搬入計画おりますこれまでこの地区主に産業廃棄最終処分建設事業課庁舎敷地搬入ものあります

除排雪対する市民意思疎通つきまし排雪作業ついパトロール通じ現場確認まず除雪拡幅除雪作業行い必要時期必要箇所排雪作業実施するいう考え除雪懇談会除排雪計画説明会市民説明まいりたい考えおります

また市民から除排雪対する要望あっ場合職員現地確認その状況対応ついその都度丁寧説明まいりたい考えおります

除雪対策本部中心除雪作業進めるべき考えつきまし除排雪業務除雪対策本部にて本部中心業務遂行れるべきもの考えおります市政責任さまざま新た取り組み見直し行っいるそれ十分進行いる把握するため本部初め本部必要応じ打ち合わせなどすること当然こと考えおります

発言するあり

今年度押し確保つきまし今年度おい狭隘道路多く除雪難しい路線多い除雪及びステーション地域町会職員出向き役員から直接押し候補情報収集行っいるところあります現在有力候補つい土地所有交渉行っいるところあります今後とも押し確保取り組んまいりたい考えおります

貸出ダンプ制度見直しついですまず当面検討いる項目つきまし本年度おい利用上限5日から3日変更すること集合住宅通路道路堆積排雪対象ないこと幅員4メートル未満道路通り抜けできない道路つい利用実態合わせること見直しするものあります平成29年度以降おい実施回数検討すること直接利用団体から申し込みすること排雪8メートルまですること制度排雪路線重複する箇所つい課題整理することダンプトラック配車方法検討すること予定おります

貸出ダンプ制度見直し当たっ市民説明つきまし制度見直し行うため市民説明理解いただくこと必要考えおりますホームページ掲載例年11月市内各所行っいる除雪懇談会機会通じ市民丁寧説明行っまいりたい考えおります

議長横田久俊項目質問入ります

議長21呼ぶあり

議長横田久俊21川畑正美議員

21川畑正美議員登壇

21川畑正美議員項目質問行います

森井市長政治姿勢つい質問ます

最初小樽市コンプライアンス委員会調査結果ついです

コンプライアンス委員会2015年6月昇進人事実証欠い人事あっ断定まし市長コンプライアンス委員会から報告受けこの結果つい真摯受けとめなけれならない考えます是正措置異動内申及び昇進内申加え留任内申作成管理つい全て職員内申提出れるよう改善図っところおりまし

我が人事市長あること認めおりますしかし市長2015年6月昇任人事実証欠い人事あっ断定コンプライアンス委員会調査結果つい真摯受けとめなけれならないおりまし森井市長時点責任問題発生ない述べおります重く受けとめるあれ市長行っ実証欠い人事異動対しみずから戒め明らか示すこと職員市民納得せるもの思いますいかがでしょう

そう呼ぶあり

市長是正措置異動内申及び昇任内申加え留任内申作成管理つい全て職員内申提出れるよう改善図っおります留任内申能力実証なるものでしょう留任内申法的根拠あるでしょう聞かください

内申書類ふやすこと改善れるものあります能力人格公平人事実現するため幹部職員意思疎通図ること必要ありませ見解聞かください

項目市民ため市政運営ついです

日本共産党森井市長市政運営ついカジノ誘致撤回子供医療助成拡大駅舎バリアフリーなど前進など市民要求かなえる課題取り組み評価まし

しかし我が森井市長就任定例ごと代表質問など市長政治姿勢ついただし職員から批判傾け真摯向き合わない市政運営続ける市民信頼失うことなりかねない主権ある市民する市政運営市役所庁舎合意形成努力すること必要十分議論職員納得もと民主運営求めまし

我がこれまで指摘呼びかけことし第2回定例会代表質問対し市長答弁職員対話機会ふやす政策対する考え浸透せるともさらなる信頼関係構築図りたい答えおります市長考え浸透力強いリーダーシップ発揮いうこと職員対する押しつけ強調我が指摘呼びかけ真摯受けとめもの受けとめることできませその市長受けとめ変化ないでしょう

求められいる市長職員よく聞き批判対し傾ける誠実確立職員コミュニケーション図ることないでしょう

職員対話機会どのようふやさでしょう具体会議開催意思疎通つい説明ください

市長公約掲げ当選まいりましみずから施政方針実現するため能力手腕恵まれあっ一人可能思います市長発案施策つい市政運営より具体推進するためよく練っ立案いくこと必要思いますそうすること職員市民ため行政運営自信誇り持つことなり市民から信頼れる行政実現するないでしょう市長見解聞かください

以上質問留保質問終わらいただきます拍手

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

森井秀明市長登壇

市長森井秀明ただいま政治姿勢つい質問ありまし

初めコンプライアンス委員会調査結果ついですまず平成27年6月人事異動対するみずから戒めつきまし指摘コンプライアンス委員会報告法令違反するおそれある事実該当する認められるいうことあり法令違反断定いるものありませましあくまでおそれあるいうことありますことから時点責任問題発生ない考えおります具体措置とること考えおりませ

大変問題呼ぶあり

今後より人事客観高めること責任果たしまいりたい考えおります

果たし違う呼ぶあり

留任内申つきまし昨年度まで年度ごと職員全員評価なく平等ない感じおりましことから管理限定あります今年度人事異動当たり内申様式留任内申新た追加部長除く管理全員内申提出受けることものあります

留任申しまし職員評価記載れること違いなくおきまし従前から内申書を地方公務員法第15条に規定する能力実証方法取り扱っいることからまし留任内申内申書同様同条基づく能力実証なり得るもの考えおります

幹部職員意思疎通つきましましより適材適所配置進めいくため個々職員能力適性把握すること欠かせないもの思っおりますそのため幹部職員限ら職員ともコミュニケーションすること必要こと考えおり現在職員対話機会ふやすべく取り組み進めいるところあります

発言するあり

市民ため市政運営ついですまず日本共産党から指摘呼びかけ対する受けとめつきましましこれまで職員信頼関係構築つい指摘いただいいるもの受けとめいるところありその構築ためまず考え職員しっかり理解もらうこと必要考えおりますそしてそれ共有まし力強いリーダーシップ発揮ながら一丸なっ政策進めいくこのこと結果信頼関係構築つながっいくもの思っおります

指摘これまでしっかり受けとめおり信頼関係構築一環まし先ほど申し上げましおり職員対話機会ふやすべく取り組み進めいるところあります

職員対話機会どのようふやしつきましこれまで職員研修対話機会加え先月末から市長職員フリートーキング名づけ意見交換始めおります本年度初めて試みいうこと市長部局限定することおります職員トップ考え触れる機会設けること目的各部から職位問わない10程度選抜いただいごと1時間程度行うことおりますふだん余り話す機会ない職員さん意見交換いうこと大いに期待いるところあります

施策立案つきまし円滑施策推進いくため指摘とおり十分検討重ね具体いくこと大切ある考えおります職員研修充実職員対話など進めること考え思い伝達職員企画立案能力向上意識改革図りながら提案行政運営推し進めまいりたい考えおります

議長21呼ぶあり

議長横田久俊21川畑正美議員

21川畑正美議員それ質問いただきます

議長から質問要点きちんと伝えほしいいうことなりメモながらわけそれ読み上げながらもし抜けいるところあれ追加いきたい思います

それまず財政問題です

2015年度決算それから2016年度予算つい市長認識伺います

まず2016年度予算つい森井市長実質初めて予算編成なっだろう思います最初予算編成から財政予算収支不足財政調整基金から繰り入れするいうそういう状況つくり出したくないそういう思惑あっない思うですそのつい伺います

それからです普通交付予算計上乖離問題です

その要因人口減少主にいるわけですけれど小樽市人口減少国勢調査ごと進んいること市長初め職員当然存じ思いますですから人口減少抑え交付税額少し多く見積もろうない思っいるですその見解つい聞かくださいこれです

それから市税収入増収つい個人市民納税義務平成22年度から26年度推移ます毎年減少ますこの5年間3,020減少いるいう記録あります個人市民収入5年間1億3,000万円ほど減少ますけれど収入5年前比べる91.7%から94.5%2.8%上昇いるわけです法人市民5年前0.8%比べる個人市民収入向上大きくなっいるわけ先ほど答弁ありましけれどもう少し詳しく収入向上どう上げ方法つい聞かいただきたい

それからです市長みずから計上予算初めて決算迎えわけですけれど多額繰越つくっます市長小樽市財政状況どのよう認識いる財政状況課題今後対応つい市長考え聞かください

水道料金つい伺います

水道料金ついこれまで委員会議含め基本料金見直すべきあるいうこと認識感じいるどう聞きたいです基本水量他市比べ高い水準あるいうそういう認識持っいるどう聞かください

それからですけれど大体10カ年計画長期計画進めいる聞きましこの平成31年度から新たな10カ年計画進める予定なる思うです計画当たっ料金見通し含め検討することなる思うです高齢ともひとり住まいいう世帯すごくふえいるわけですですから年金切り下げなど家計厳しい状況ありますその理解いただける思うです1ないし2立方メートルしか利用ない家庭ふえいるわけですからその基本水量10立方メートル大きな負担なるわけです10カ年計画切りかえ待つなく早期この基本水準見直し取り組むべき思うです改めて伺います

それから簡易水道ついです

この事業もともと北海道計画指導もと水道事業進めものあります小樽市財政運営支障与えないよう措置する参画聞います石狩開発株式会社の経営破綻よっ本市負担することなっしまい石狩開発株式会社の経営破綻想定あっ財政支援する難しい言っいるようですけれど交渉状況なかなか芳しくないようありますしかし責任免れるものない思うです財政から簡易水道事業負担厳しいものあるわけですから市長責任明確負担解消努めもらいたい思っます具体対策もう少しきめ細か聞かいただけれ思います

国保つい高い保険対する施策つい道内主要都市一般会計から国保会計法定繰り入れやることよっ保険抑える努力いるわけです2014年度国保決算状況ます小樽市1人当たり法定繰り入れ62円10から2番目です主要101人当たり1万2,472円上限繰り入れいるところあるわけです10だけなく段階4万円から5万円繰り入れいるところありますこのよう自治保険引き上げないため努力いる思います対策一般会計から繰り入れふやすべき考えます解消向け繰入縮小求められることなれその負担結局国保加入求められることなるない心配ますその心配ないどう見解聞かいただきたい思います

国保です

国保都道府県単位なっ場合この小樽市国保保険どうなる最も心配ところです保険引き上げれる見込みないどうその見通しつい聞かくださいこれ市民一番関心持っいること思います

それから国保です

75歳以上後期高齢医療制度年金から保険天引きますしかし年金18万円未満場合天引きませかつて保険滞納ため道内114円4,000円いうわずか差し押さえそういうこと問題なっことありまし国保の都道府県単位よっ後期高齢医療制度ようわずか差し押さえられる事態起こりかねない心配ますこの見解聞かください

介護保険問題です

介護保険問題介護相当サービス単価通所介護相当サービス単価基準つい答えいただきまし通所介護相当サービス支援対象あっ週1回程度通所あれ1カ月1,647単位支援同じ算定単位なります訪問介護他市られない細分わけあります支援週2回通所必要いう利用メリット思いますしかし事業とっデメリットなるない心配ますメリットデメリットつい説明デメリット予想れる事業聞いいるどうその意見伺っいるどう聞かいただきたい思います

それからことし3月末介護保険認定1万785人聞きましそのうち人数先ほど人数言え認定7割近く保険給付から外されることなるわけですそしてそのうち居宅介護サービス受給支援それから介護合わせる4,777なります認定65%居宅介護なるわけです居宅介護サービス受給どのよう高い状況あるそのつい認識いるどう聞かください

それから介護福祉貸与ついです

全体受給2,219そして支援受給266介護受給1,141伺いまし全体63%占めいるわけあります現在福祉貸与原則1割負担あります支援1カ月1人当たり413円でしまた介護1カ月1人当たり725円負担済んわけありますけれどもし10割全額負担なれ介護支援1人当たり3,928円負担ふえますそして介護1人当たり7,868円ふえるわけありますまさにこれ保険あっ保障なしそのものないでしょうこの認識聞かください

除雪ついあります

以上こだわる理由伺いまし除雪登録名簿39あるですけれど先ほど答弁舗装1,100点以上土木土木その23いう構成なります

聞きたいこれ会社除排雪だけする企業ないです除雪以外年間事業会社維持継続するため必要事業あります夏季期間土木工事など対策検討以上こだわっいるどうその聞かください

それから除雪問題です冬期間温暖少雪気候期待するこれ圧倒市民望んいるところありますしかしながら予算計上当たっ補正予算組むからいっ低く抑えられること市民とっまとも除雪もらえるどういう心配ありますそういう不安悩まされることなるわけです冬期間降雪この5年間平均630センチメートル6.3メートルです昨年495センチメートルでしけれどまさに130センチメートル以上違いあるわけです予算先ほど答弁5メートル違い1億円ぐらい違いわけですやはり平均降雪よる予算増額多く市民議員理解れることない思いますその考え対し意見もう聞かください

それから補正予算除雪出動基準見直し路線対象出動基準降雪10センチメートル本格実施ありますこのこと路線出動基準15センチメートル以上降雪見込まれる場合除雪作業実施すること整合問題聞きたい思います

路線10センチメートル降雪除雪出動15センチメートル改めて路線出動することなるどうそこ聞きたいです聞かください

路線試行路線拝見いただきましけれど出動箇所市内全域わたっおります試行言っ分散いること非常なります試行行うあれ調査かねて今年度この地域指定ほういい思うですその考えいかがでしょう

質問ですこの会議来る市民から要望ありまし桜1丁目の市道桜13号線ですここ桜小学校グラウンド直結する道幅8メートル近くある約200メートルを超えたくらい道路ですこの沿線これまで空き地あっこの沿線住民さんその空き地排雪いうです通学あります路線同じ扱い1度程度しか排雪入りませこの現状この地域高齢伴っ空き地住宅建っ押し失わしまっから住民から一本通りようグラウンド押しほしいけれどそういうこと実現できないどうそういう相談ありましガタガタ路面矯正入れるあれこのようところ入れ通学安全地域生活安全入れるべきないそう思っます市長見解知らください

岩見沢市除排雪対策本部毎年11月立ち上げいるいうことですそのメンバー教育委員会加わっます通学安全確保もちろん大雪など臨時休校スクールバス対策情報連絡グラウンドなど学校敷地排雪など直ちに協議できる体制築いいるいうことです先ほど市長これ対し積極答弁ますこの岩見沢市教訓学ん強力進めいただきたいそういうよう思います

それから最後項目市長政治姿勢ついあります

質問いるようですけれど市長答弁時点責任問題発生ない今後指摘受けることないよう改善図りたいいう趣旨ますしかし2015年6月昇任人事実証欠い人事あっ断定いるわけですまたコンプライアンス委員会調査結果真摯受けとめる言っいるわけですから今後改善図るだけなく職員市民それだけ納得できない思いますやはりみずから戒め考えないどう考えないいうこと答えられますけれどその変えることない聞きたい思います

実る稲田こうべ垂れるいう言葉ありますこれ金田一京助氏国語辞典よれ内容充実いる控え目あるいう意味そうです尊敬いる先輩実るほど垂れる稲穂つけもらっ稲穂いう名前いきさつ話し他人接するとき控え目態度とっおりまし非常それ敬意表しおりましその姿だけなく周りから高く評価まし市長大きな権限持っいることしも認めおります行政運営進める当たっ権限だけなく多く職員一丸なっ進めることやはり必要考えますこの考えつい市長見解もう聞かいただきたい

もう具体会議開催などつい答弁いただい伝達会議ようしか聞こえませやはり職員じっくり傾けるよう具体会議検討するべき思いますそのこと質問終わりたい思います

議長横田久俊理事答弁求めます介護質問1番目メリットデメリットこれ列挙くださいいうようありましこれ新しい質問いう判断なりますそれから除雪5番目例示挙げられましそれ比較見解いうふう認識ましこれ新しい分類分野入るいうことです

いや違うそれガタガタ道路矯正関し呼ぶあり

比較いうことないですそれ

はい呼ぶあり

よろしいです例示随分挙げられそれ比較いうふう捉えこれ少し違う思いましよろしいです

発言するあり

それ理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

市長森井秀明川畑議員質問答えいたします

から答弁こと以外おきまし担当より答弁いたしますよろしく願いいたしますまた項目多いです不明また抜けいるありましたら指摘いただけれ助かります

まず財政問題こと予算財政調整基金触れることなくやはり組むこと理想ないまたそれつい市長見解どのよう考えいるいうだっ思いますやはり財政調整基金触れ歳入予算組めるこれ目標ありますけれど残念ながら年度このようなっない現状ございますやはりできるだけ早い時期その財政調整基金頼ることなく年間予算組めるよう取り組んいきたいこの思い持っいるところございます

そして多額繰越けれど財政状況どう認識いるいうことあわせ聞きなら思います2015年度このよう多額繰越そのものましけれど議員指摘とおり普通交付大きく減少いるまた施設大変老朽いるまたそのさまざまこれから支出大きく見込まれるよう取り組み考えられることからまだまだ財政状況完全健全まで至っないいう自身そのよう認識いるところございます

先ほど財政調整基金触れ予算組めるよういうこともちろんですけれどやはりその財政健全向けこれから政策またさまざま効率含め取り組んいかなけれならないこのよう自身考えいるところございます

それから除排雪あっですから平均降雪対し考えあっ思います5年間平均とっ行うそれ議員からそうですほか方々からそのよう手法とるべきないいうあっ思いますほど答弁いただいところありますけれどそれ考え受けとめいるところあります就任いただい昨年度新た取り組み行わいただきまた今年度も昨年度取り組み検証ながら新た取り組み試行取り組んいるところございます先ほど答弁いただきまし現在新しい取り組みもちろんですまた現在地域総合除雪そのものやはり改めて検証べきところある思っおります現在平均降雪考えとっしまいます昨年ことしこの取り組み過去余り違う部分ありますこのよう検証繰り重ねいく将来そのよう取り組みできる検討いきたい思っいるところございます

そしてからもう除排雪先ほど桜13号線から通学取り組み対しもっと向けるべきないいう指摘だっ思いますそのガタガタ路面取り組みよりいうこと比較ながらいうことない思っおりますやはり道路ガタガタ路面あること対し市民から不満また不便さまざま検討べきいう以前からあっところありますからそれそれ導入いくべきいうふう思っおりますしかしながら指摘含め通学安全いう当然考えいかなけれならないことですそれつい路線いう意味合いおい少しずつ改善いるところありますけれど路線含め地域ごと学校ごと危険箇所また除雪行き届いないことよっ子供たち危険遭っいるよう場所ついしっかり情報いただきながら改善これからそれつい打っいかなけれならない思っおります

それコンプライアンス委員会調査結果ついことその気持ち変えないいうことだっですけれどこの気持ちつい先ほど答弁いただいとおり変わっおりませ

それからもっとよりこうべ垂れ自身まだ控えめ態度とれないいう指摘だっ思いますけれど自身これから市民もとより職員そしてこちらいらっしゃる議員これからさまざま情報交換いただきながら対し真摯傾け取り組んまいりたい思っおりますよろしく願いたい思っおります

そしてもう会議ついただ伝達会議なっいるないいうありまし自身市長就任いただい市長かわっことあり自身どのよう考えいるまた公約もちろんですけれどその思いそのようもの役所しっかり伝え切れないいう課題そのものあります先ほど答弁いただいようことあわせ伝えさせいただいところございます実際コミュニケーションするいう取り組みおい先ほど答弁いただいようフリートーキングいう枠組み含め職員対話機会ふやしいこう考えおります共産党から指摘いただいいるようその信頼構築向けそのよう機会答弁いただいこともちろんですけれどそれ以外いろいろ取り組んいきたい思っいるところございます理解いただけれ思います

議長横田久俊川畑議員例えば財政1点目2点目いうふう質問いただきまし答弁れるもしできれ財政あるいは国保いうふう答えいただく整理やすいよろしく願いいたします

議長呼ぶあり

議長横田久俊財政部

財政前田孝一財政問題ついつい答えいたします

まず平成28年度予算残念ながら地方交付減少なっいるいう部分人口つきまし当然我々当初予算組む段階そういっ想定もと組んございますただ市長答弁ございましおり5年ごと人口置きかわるわけです測定単位置きかわりますけれど一遍その数字算定れるわけなく段階補正いう5年間分け徐々減らすいうふう補正行わございます今回新年度予算算定当たりまし地方財政計画初め最終総務省から財政いう出さますけれどそういっものいろいろ参考計算いる交付個別算定経費いう項目ございましそういっところ全体伸び率ますそれなり予算全体確保いるそういっよう状況一定程度人口急減補正救われる部分あるないいうふう思っこういう当初予算組んところございます

ただ残念ながら当初予算大きく下回るよう結果なりましけれど我々いたしましなるべくいろいろ情報集め予算だっいうこと決して高くたくあえて高くわけなく残念ながらども算定及ばいっところだっいうふう思っございます

また市税収入増収関係ございます納税義務そのもの減っございますけれど昨今特徴いたしまし小樽市場合個人市民納付義務年金受給納税義務ふえいる状況ございます承知よう年金受給つきまし平成21年から年金特徴いう特別徴収切りかわっいるいっことございましこういっこと収入増加寄与いるいうふう思いますまた全体年金以外特別徴収いる納付義務ふえいる状況ございますこれやはり特別徴収ですからいわゆるサラリーマンいうことそういっ一定程度景気回復傾向そういう特別徴収れる義務ふえいるいうふう思っございます

議長呼ぶあり

議長横田久俊水道局

水道局浅沼敦川畑議員質問答えさせいただきます

水道料金つい質問あっ思います

まず小樽市水道基本料金水準都市比べどういうことこれつきまし都市水道料金基本料金設定仕方まちまちでし必ずしも基本料金だけ比較高い安い決められないですけれど例えば小樽市場合つきまし10トンまでつきまし基本料金1,270円いう設定おりましそこまで幾ら使っゼロですいう設定仕方それから都市基本料金設定ゼロから従量それ上乗せいくいうようとっいるところありますそういう意味一概比較できないですけれど基本料金いう部分だけ比較ます小樽市基本料金水準道内主要都市高いほういうようなっおります

それから2点目一月1から2立方メートルしか使っないよう家庭ある早期その基本料金部分つい改定ほういいないいうようだっ思います基本料金考えですけれど基本料金つきまし使用多少かかわら固定係る経費いう考えいただいいる部分ありますただ確か使用水量少ないいうようことあっその料金体系どうするつい今後検討いかなけれならない事項思います

ただ料金自体安定経営するため必要ものですからそこ部分だけ改定するなかなか難しいいうふう考えおりましやはり長期視点立っ投資どのぐらいかかるまた収入どのぐらい入っくるこういうようこと考え料金設定いかなけれならない考えおりますそこその基本料金基本水量部分どういうよう持っいくいうようこと検討必要思っおりますすぐ早期いうなかなか難しい次回改定ときつい川畑議員から指摘あっようそのこと含め料金体系たいいうよう考えおります

議長呼ぶあり

議長横田久俊医療保険部

医療保険部小山秀昭から国民健康保険介護保険つい答えさせいただきます

まず国民健康保険ついあっ思います

高い保険下げるため一般会計から繰り入れどういうですこれさき第2回定例会答弁申し上げまし小樽市医療全道主要都市高い保険自体全道平均保っおります加入いる国保ためだけ一般会計から繰り入れ難しいもの認識おります

また単位よっ小樽保険引き上げなる懸念ないいうことございますこれまだ決まっおりませ北海道農漁村初め都市いろいろありましそれぞれ国保状況さまざまございますこれ一律できないいうこと北海道非常苦労いる聞いおりますそのバランス極端値上げなったりどこ極端たりたりそういうことないよう市長先ほど答弁申し上げおりましけれどそういうことないようバランス保っ料金体系ほしいいうことども北海道対し言っいるところございます

また大幅乖離生じるよう場合激減緩和措置つい導入するよう訴えいるところございます

それからわずか金額強制差し押さえするいうございますこれこれから徴収それから措置つい小樽市行いますども考えまで同じようよく滞納聞いそれどうコンタクトとれない悪質あるそういう場合差し押さえいたしますそれ以外分納約束いただい対応いきたい考えおります

介護保険ついございまし

まずつい答えます聞き逃しおりますいう意味わからなかっ後ほどもう趣旨説明願えれ思います

まず通所介護週1回することつい事業デメリットまた事業意見聞いいるいうことございますデメリットまで週1回通所週2回同じ金額事業払っおりまし週1回分けることよっデメリットあっその不平不満ども来るない思っおりましこれ今回事業する当たっ事業呼ん説明いたしましその事業から利用とっいいこという意見ありまし事業とっこれ不満いう意見特にありませでし

それから3番目福祉貸与支援なくなり10割負担なれ大幅自己負担なるいうこと対する認識いいます保険あっ介護なしいうことついございますこれまさに議論おりまし市長答弁ありますよう限ら財源限ら保険負担バランスとっ進めいくこと大切だろう思っますそのため動向注意ながら大幅改定ありましたら次期7期介護保険計画つくる策定委員会議論それ基準どおりやるほか方法ないそういうことよく検討まいりたい思っおります

それから質問です居宅ふえることよっ居宅介護給付なくなるないいうよう質問でしでしょう確認いただけます

議長横田久俊よろしいです

21川畑正美議員質問要する認定7割近く保険給付から外されるそういう実情あります支援認定2,891いるそして介護認定4,561ますそういう認定全体7割近いそれそのうち居宅介護サービス受給6割65%あるこのこと認識どういうふう捉えますいうこと聞いいるです

議長呼ぶあり

議長横田久俊医療保険部

医療保険部小山秀昭どうありがとうございます

質問答え同じよう軽度介護受給対するどのよう制度設計いくそれ見きわめなけれならない思います余り重いばかりなく軽いまた介護予防必要適切介護支援することよっ介護重症そういうもの図られる思いますそのほど申しようよく見きわめ検討まいりたいそのよう考えおります

議長呼ぶあり

議長横田久俊総務

総務前田一信川畑議員質問答えいたします

簡易水道関係つい答えさせいただきます

議員指摘とおり基本北海道その責務果たすべきあるいうふう考えございますこれまで北海道地下水利用組合企業訪問行ったりですあるいは企業誘致活動こういっこと行っおりますですけれどなかなか基本解決至っないいうそのよう現状ございます

小樽市引き続き北海道対し粘り強く交渉いくいうことですけれどことし9月初旬担当北海道出向きまし要望持っございます

ただなかなかとおり効果あらわれないいうことございます今後つきまし例えばトップセールスいいます市長一緒行っいただい地下利用組合いわゆる関係構築いいますそういっこといくこと必要いうようこと考えございます

議長呼ぶあり

議長横田久俊建設部

建設部相庭孝昭川畑議員質問答えいたします

まず除雪関するございますけれどいわゆるJV構成こだわるいう除雪以外いろいろ仕事持っいるいうこと理解いるいう質問だっいうふう思っおりますけれどどもこれまで答弁申し上げおりますおり5月各社意向調査行いまし今回参加できるどうその当然正式文書どうですいうなくヒアリング受けられる能力いいます受ける意向あるどうそれから受けない場合ついどういっ事情会話する確認いるところございましそういっ各社事情押さえいるつもりございます今回そういっ判断いうこと理解いただきたい思います

それから維持いくためやはり業者さん除雪参加いただくいっ意欲必要いうことございますそういっことございましきのう申し上げましおり参加すること一定メリットあるいっこと理解いただくためこれすぐできるいうことなく他市事情状況複数年契約それから契約そういっものできないどう他市状況調べいるいっところございます

それからなります

出動基準見直し新た路線つい15センチメートル以上降雪基準設け場合どういう入りなるいうことございましこれステーションごと当然作業終わりいう大体めど行っおります効率いい入りすることなりますしたがいまし入っからところ入るいうことそれだけ効率落ちます20センチメートル降雪見込めるとき例えば入っその接続するあれ入っまたいうようただし降雪10センチメートルときそこ入っいる飛ばし除雪いくいっことなろういうふう思っおります

それから試行つい地域固めほうよいないいう質問あっ思いますけれどども試行路線選びまし一定程度これまで実績除雪入っところそれから幅員一定程度除雪入る当たっ作業効率とれるところそういっところ総合勘案選定つもりございますその結果地域ひと全市わたっいうことございます地区やること考え思いますけれどども考えすれそういっ考え行っ結果地域分散いう言いいいどうわかりませけれど地域存在することなっいうこと理解いただきたい思います

それから教育委員会体制ございますけれど児童生徒通学安全そういっもの確保すること大変大切思っおりますただ教育委員会体制岩見沢市ようすぐやるいうことなかなか教育委員会こと挟むようなっしまうしれませけれど体制それから職務そういっもの関係すぐ願いますいうならない思いますまず両方情報迅速確実やりとりできるそういっ窓口つくるそういっ体制づくり始め仕組みづくり始めいこうただいま考えいるところございます

議長21呼ぶあり

議長横田久俊21川畑正美議員

21川畑正美議員少し答弁疑問あるですけれどそれついまた予算特別委員会ただしいきたい思いますこれ質問終わらいただきます

議長横田久俊川畑議員会派代表質問終結この暫時休憩いたします

休憩午後3時11分

再開午後3時35分

議長横田久俊休憩引き続き会議再開会派代表質問続行いたします

議長17呼ぶあり

議長横田久俊17中村誠吾議員

17中村誠吾議員登壇拍手

17中村誠吾議員定例会当たり民進党代表質問行います

最初平成27年度人事異動おけ法令違反つい質問ます

このことつい小樽市コンプライアンス委員会7月20日行いまし公益通報係る調査結果つい報告かかわっ今回代表質問おい昨日から議論ます8月9日行わ総務常任委員会おい非常多く疑念示さもの認識ますこれまで質問重複することあろう考えます観点違いあります民進党つい改めて市長聞きます

昨年度人事異動当時地方公務員法第15条職員任用この法律定めるところより受験成績勤務成績人事評価その能力実証基づい行わなけれならないありまし市長おかもう聞きなっ条文だろう思いますそして第61条各号いずれ該当する3年以下懲役100万円以下罰金処するあり同2号おい第15条の規定違反任用ありまし以上法律よれ任用受験成績勤務成績する能力実証基づい行う必要ありこれ違反する罰則あるいう重いものですそして適法違法判断能力実証基づい任用どうポイントなります市長違法ないいう以上能力実証あっ言わなけれなりませもっ適法違法決める基準確認たい思います市長考える違法基準能力実証十分十分分かれ目いうことよろしいです

今回コンプライアンス委員会報告任用当時勤務成績実証なる昇任内申そのこれ代わるよう客観事実示す資料存在ませでしますこれ普通読め能力実証ない読む当然です

そこ市長改めて聞きます違法どうなく答えください

市長コンプライアンス委員会報告ある勤務成績実証なる昇任内申そのこれ代わるよう客観事実示す資料存在ませでし部分受け入れます受け入れませ二者択一答えください真摯受けとめる記者会見言っますごまかさない答えください

これ関連市長記者会見現状加え人事異動あたっより客観担保べくなり培っ情報加え最終任命判断いただいものです答えます市長客観どういう意味ある考えます

そう言っ申しわけありませもちろん辞苑客観意味調べまし主観認識及び行動対象なるもの主観作用独立存在する考えられものすなわち客体ありますよろしいですなり培っ情報市長とどまる限り市長主観です書類メモ時点その内容妥当ともかくそのメモ書類市長主観離れ客体あること間違いありませ平成27年度人事異動当時客観担保べき言いながらなり培っ情報書類メモなかっ理由答えください

必要ない考えでしょう

市長平成27年度人事根拠いるなり培っ情報内申ある平成28年度人事使っでしょう

記者会見北海道新聞質問対しそもそも小樽市おい云々能力実証十分あっ答えますこれ地方公務員法第15条照らすそもそも小樽市違法状態だっみずから認めいることなります市長中松市長以前市長おけ任用おい能力実証十分あるから地方公務員法第15条の違反ある考えいる理解よろしいでしょう

地方公務員法第6条よれ地方公共団体議会議長選挙管理委員会代表監査委員教育委員会人事委員会及び公平委員会及び「市町村の消防長その他法令又は条例に基づく任命権法律特別定めある場合除くほかこの法律並びこれ基づく条例地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程従いそれぞれ職員任命人事評価休職免職及び懲戒行う権限有するものする議会議長選挙管理委員会代表監査委員教育委員会地方公共団体同様権限あるものですまた水道病院ある管理つい地方公営企業法第15条の規定より管理企業職員つまり水道局職員病院局職員任命あること明確おり任命変わるところありませそして地方公務員法の任用任命同義あり具体地方公務員法第17条第1項に規定れる採用ほか昇任降任及び転任行為指します今回問題市長問題ある同時任命深くかかわるものです

そこ大変重要ことつい市長聞きます

これ法的根拠示さいただい市長任命任用任命つまり人事いうものどのよう考えます

そして平成27年度人事異動おいこれ任命調整どのよう図らまし答えください

記者会見そのものつい質問です

昨年定例おい民進党記者会見対する準備まし今回記者会見質疑応答ます昨年同様市長勉強不足しか言いようありませ記者当然質問いる当然回答できませ記者会見また質問意味ちょっとわかっないです言っます記者会見記録記者会見ないもの考えます問題ある記者会見考えます議会説明大切です言います記者会見記者向こう側直接市民さんいるわけです市長説明する議会重い記者会見軽い決してならないはずですかかわら議会関し顧問弁護相談から議会臨みたい一方記者会見顧問弁護相談臨むいう問題です余り記者会見軽くないでしょう

市長顧問弁護相談から記者会見臨むよう努力まし答えください

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

森井秀明市長登壇

市長森井秀明中村誠吾議員質問答えいたします

ただいま平成27年度人事異動つい質問ありまし

まず地方公務員法第15条関する違法基準つきまし能力実証十分いうこと限られるものなくさまざま要件鑑み判断れるべきもの考えおります

発言するあり

コンプライアンス委員会から報告一部つい受けとめつきましコンプライアンス委員会委員本年5月10日付提出書面おきまし部長昇任また異動たい職員以外職員勤務実績証明得る資料ありませ記載いただいいるとおり当時そのよう職員つい書面いう資料残しなかっいうおい事実相違ないもの思っおります

客観いう言葉意味つきまし紹介いただい意味相違ないもの考えおりますいたしまし部長判断内申のみ頼るなく複数から提供いただい情報含め任命総合判断することより客観高まることなるいう思い記者会見ものあります

発言するあり

なり培っ情報書面残さなかっ理由つきまし地方公務員法第15条趣旨恣意任用禁止することありいたしまし市長就任最初定期人事異動当たりそのよう恣意排除当然前提まし従前よりより客観高めたいいう思いもと内申書面ほか複数から提供いただい情報含め最終判断いうことあります

客観担保する方法必ずしも書面残さなけれならないいう認識持っございませでしこれまで申し上げおりますおり能力実証方法法律必ずしも書面限定れるものない顧問弁護意見いただいいるところあります

なり培っ情報平成28年度人事異動活用有無つきまし今年度人事異動当たりまし管理つい新た留任内申設け全て内申ベースほか昨年度の約1年間自身そしてまた聞き意見加えなり改めて整理情報活用適材適所配置努めところあります

市長就任任用当たっ法令違反有無認識つきましこれまで内申評価つい一律判断基準なく記載内容つい記載よっばらつきあっことまた昇任異動対象ない職員ついその年度おい内申なく平等欠けるない考えまし十分いう表現いただいものありそのこともっ地方公務員法違反判断立つものございませ

任命有する人事対する認識つきまし議員話しとおり任命人事法律保障いるものあります当然尊重なけれならないもの考えおりますまた任命調整つきまし任用際し要件法律定められいる場合ありますことから平成27年度おきまし従前同様その規定のっとっ最終調整行っところあります

発言するあり

なお基本市長部局採用職員部局出向いるケースほとんどです人事管理観点から市長部局一定程度イニシアチブ持っ異動行っいるいう実態従前からある認識おります

本年7月20日行っ記者会見向け顧問弁護相談つきまし直接会いできませでし発言内容確認いただき助言いただくなど事前準備努めところあります

発言するあり

議長横田久俊項目質問入ります

議長17呼ぶあり

議長横田久俊17中村誠吾議員

17中村誠吾議員登壇

17中村誠吾議員昨年市長同じよう質問ます本日監査委員ほど聞きたいことございますよろしく願います

まず参与任用ついです

常勤職員給与条例主義に関して地方自治法常勤職員つい第203条の2第4項報酬及び費用弁償並びその支給方法条例これ定めなけれならない常勤職員つい第204条第3項おい給与手当及び旅費並びその支給方法条例これ定めなけれならない定めさらに第204条の2おい普通地方公共団体いかなる給与その給付法律又はこれに基づく条例に基づかこれその議会議員第203条の2第1項職員及び前条第1項職員支給することできない規定ますこれ地方自治法の規定受け地方公務員法第24条第5項職員給与勤務時間その勤務条件条例定めるます

それどこまで条例定めおけよい問題なります

そこ判例常勤嘱託報酬つい報酬及び費用弁償条例月額27万円また日額1万2,700円範囲任命定める月額また日額のみ規定施行つい必要事項定める定め支払い内規基づい支給ことつい給与条例主義違反する大阪地裁おい平成19年2月9日判断示さまし控訴おい定型臨時報酬あらかじめ定めがたい常勤嘱託つい報酬限度支給方法その基本事項条例規定一定限度範囲任命具体決定委任そのほか要綱規定いる本件条例の規定する委任あり十分合理認められる任命恣意決定排しかつ給与条例主義趣旨没却するものない委任限界超え常勤嘱託報酬内規規定基づい支給ことつい適法大阪高裁平成19年10月31日判決下さまし

そここの高裁判決ポイント定型臨時報酬あらかじめ定めがたい常勤嘱託どう要綱制定いるどう任命恣意決定排しかつ給与条例主義趣旨没却するものどうです

まず定型臨時報酬あらかじめ定めがたい常勤嘱託いう市長参与つい4年間市政全般アドバイザーいっおり臨時いえないものです

要綱制定いるいうつい起案よる任用です内規規定すらないいうこと全く理解れるものありませ

最後任命恣意決定排しかつ給与条例主義趣旨没却するものどうです全体政策アドバイスするいう職務ありながら任用技術あり失礼ながら過去市政全般わたっ指揮れる職位おら言いがたい人物あり同様条件職員OB多数ながら市長後援人物選任ます

また質問関係ます予算議会承認ものすら言えないものなっます

以上ことから給与条例主義視点から市長裁量逸脱おり地方自治法違反任用思います監査委員参与任用適法ものだっ考えます

これさき第4回定例会市長聞いいるものです予算否決流用関係つい尋ねます地方自治法第96条第1項第2号趣旨地方公共団体財政負担なる歳出及び支出負担行為住民代表機関ある議会統制せることあります地方自治法趣旨そうある以上予算基づかない執行機関歳出また支出負担行為すれ違法ある考えます今回参与嘱託任用する1年分予算流用するなく第2回定例会議決あるまで6月分7月分嘱託報酬専決処分第2回定例会おい残りつい予算議案提出する方法とる必要あっ考えます

また平成27年第3回定例会おい参与報酬関する予算減額修正議会意思明確なっます議会意思明確ある以上議会予算修正有名無実する今回流用取り消さなけれならない考えますそして今回嘱託報酬明確減額予算つい支出いることなります地方自治法第96条第1項第2号の趣旨から考えれ参与対する報酬支出違法ある考えますまた予算特別委員会減額修正意思示さ9月17日以降つい議会意思明確なっかかわら流用予算支出続けいることより悪質違法高いもの考えます監査委員参与対する報酬支出適法ある考えます見解求めます

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊監査委員

監査委員菊池洋一中村誠吾議員質問答えいたします

参与関する議会市長議論つきまし新聞報道よる情報しか持ち合わせないこと監査委員権限どこまで及ぶいうことあります答弁つきましあくまで一般答えさせいただきたい思います

初め参与任用適法あっ考えるついあります職員任命つきまし地方公務員法第6条第1項の規定より市長権限なっおります監査委員通常監査おい市長権限行われる行為全て対象するものなく職員任用そのものつきまし監査委員監査なじまないもの考えおりますこのため議員質問参与任用妥当つきまし意見申し上げることできませ理解願いいたします

なお嘱託つい地方自治法第199条第1項の規定基づき実施する定期監査財務関する事務執行限定報酬支給誤りない休暇申請承認服務管理など事務処理適正あるなど着目監査行っおります

参与報酬対する監査委員見解ついあります地方自治法第149条第2号の規定よります市長予算調製及びこれ執行するおり予算執行市長専属おりますまた同法第220条第2項おいレベル予算流用市長権限認められおりますこれ基づい財務手続より参与報酬予算措置もの思わます

また議員から平成27年第3回定例会おい参与報酬補正予算減額修正かかわら報酬支出続けありまし予算措置方法流用補正予算専決処分いずれ手法よる選択適否つきまし監査委員申すことできないもの考えます

議長横田久俊項目質問移ります

議長17呼ぶあり

議長横田久俊17中村誠吾議員

17中村誠吾議員登壇

17中村誠吾議員小樽市総合戦略つい質問いたします

総合戦略おいまち・ひと・しごと創生法第8条第3項の規定基づきその目標達成度合い検証できるよう客観指標定める必要あるますそこ各市工夫客観指標定めます小樽市指標疑問ある指標数多くあります個別指標つい質問いきたい思いますその確認たい思います

平成28年度予算基本方針総合戦略位置づける事業つい総合戦略施策パッケージなど適合検討効果など十分勘案要求することますまた平成28年2月16日記者会見平成28年度予算編成当たっこの総合戦略もと訪れる魅了暮らす優しい市民幸福高いまちいう将来都市実現向け視点よっ取り組んいくことものあります市長表明ます総合戦略記載いる事業記載ない事業より平成28年度以降予算編成おい優先高いいうことよろしいでしょう

また施策KPI設定いる事業施策KPI設定ない事業より優先順位高いいうことよろしいでしょう市長見解求めます

それ個別指標つい質問いきたい思います

まずあずましい暮らしプロジェクト施策指標ついです移住促進事業指標移住定住関する問い合わせ件数ます小樽市なぜ移住定住なかっです

地方総合戦略手引きよれ数値目標重要業績評価指数KPI住民もたらさ便益アウトカム関する数値目標設定する必要あるますそしてアウトカム関する指標設定できない場合行政活動そのもの結果アウトプット関する指標設定すること差し支えないますここ移住定住問い合わせする小樽住民ないです移住定住関する問い合わせ問い合わせ段階小樽市住民便益もたらしませ便益指標移住定住設定できない指標考えられませ調べられない数字でしょうですこの指標地方総合戦略手引きいうKPI基準達しない指標考えます市長見解求めます

にぎわい再生プロジェクト施策指標です東アジア圏観光誘致広域連携事業補助ついです

札幌市など連携事業ありながら札幌市ない北後志6市町村外国宿泊客数施策KPIするいうこと疑問あります北後志6市町村外国宿泊客数いっいる以上施策KPI設定する当たっ北後志5町村打ち合わせまし

そもそも小樽市総合戦略ですから小樽市外国宿泊客数する妥当はずですもちろん北後志5町村必要ない言っいるわけありませただ余市町総合戦略そのまた後志地域小樽市ニセコ町倶知安町初めするリゾートエリアおい外国入り込み非常多いいう特性持っいることから北海道及びエリア連携視野入れつつ外国受け入れ体制整備つい検討行います触れいる程度ですまた古平町総合戦略外国文字すらませ過去実績小樽市キロロリゾートある赤井川村外国宿泊一定ありますそれ以外ほとんどありませなぜ小樽市総合戦略あるかかわら小樽市外国宿泊客数なく北後志の6市町村外国宿泊客数でしょう市長見解求めます

あんしん再生プロジェクト連合町会補助事業です施策KPI町会加入なっます町会加入世帯数値目標入れいるかかわらさらに町会加入入れいる意味わかりませさらに申し上げれ総連合町会町会加入あれ聞きところ現在総連合町会加入いる町会151そうです例えば今後ふえるまた要因減る場合KPIどのよう変わるですそしてそれなぜ幸福かかわるです聞きます

また銭函市民センター施設関連事業取り上げます銭函市民センター小樽市内全体から万遍なく利用あるでしょう常識考えれ銭函地区利用する施設思いますいかがでしょう

小樽市小樽市民会館初め多様施設あります小樽市全体幸福指標あるどう銭函市民センターだけ取り上げでしょう市長見解求めます

それ記載ない事業つい質問ます

子育て教育関するものです

それぞれ事業不要などいう考え聞きいるわけないいうこと最初言っおきます

例えば小樽イングリッシュキャンプ関係事業スクールライブラリー便事業などとても細かい事業並んいる考えます一方札幌市総合戦略江別市総合戦略KPIあっ小樽市総合戦略ないものありますそれ待機児童です保育所待機児童非常重要指標ないでしょう保育所放課後児童クラブ事業子育て根幹なる事業考えますKPI保育所待機児童選択なかっ理由答えください

また子育て対する満足調査などKPI入っないため万が一小樽市待機児童激増小樽市総合戦略おけ市民幸福全く影響ませこれ暮らす優しい言えるでしょう総合戦略おけ待機児童位置づけつい市長見解求めます

また待機児童対策総合戦略並んいる事業より低い位置づけあるいうことよろしいでしょう

これまで述べよう総合戦略総合戦略いう十分応えられるものなっいるでしょう