固有表現抽出

開議午後1時00分

議長横田久俊これより本日会議開きます

本日会議署名議員吹田友三郞議員松田優子議員指名いたします

日程第1「議案第1号ないし第30号」一括議題いたします

質疑及び一般質問一括これより会派代表質問行います

あらかじめ申し上げます

代表質問当たっ質問通告項目質問行い質問再々質問ある場合それぞれ一括質問行うこといたします

それ通告あります順次発言許します

議長24呼ぶあり

議長横田久俊24山田雅敏議員

24山田雅敏議員登壇拍手

24山田雅敏議員自由民主党代表質問行います

我が取り巻く地政環境刻々変化おり特に石油資源依存する中東地域紛争絶え石油製品高騰招いますまたアフリカ大陸発症起源するエボラ出血直近デングなど発症過程感染経路よくわからない病症対応地球温暖よる異常気象言われる環境変化特にまで経験ことない豪雨よる土砂崩れ河川増水よる住居冠水などレベル防災対策急務なっくる同時一方少子高齢よる労働不足外国先端技術流出対策など10年、20年先見据え教育含め戦略政策必須考えます

あっ経済振興福祉充実向け特に女性社会進出伴う子育て教育環境整備など多く課題山積する市民要望セレクト抽出具現する強いリーダー必要ですそこ1期4年完結中松市長市政運営期待するものです

最初重点公約達成状況つい伺いいたします

昨年2月27日中松市長任期折り返しなる平成25年度市政執行方針小樽発展ためまちづくり全力注ぐ述べられ8月29日定例記者会見来年市長再選目指し候補する意向正式聞きまし定例改めて市長出馬つい述べられ意欲ある決意思います中松市長意気込み聞かください

就任当初から重点公約つい伺いいたします

認識観光充実グローバル時代国際観光挑戦商工業振興雇用創出よる若者定着ついインバウンド復活石狩湾新港地域企業誘致努力実っます一再開発つい取得開発決定掖済会病院新築移転サービス付き高齢向け住宅新築発表まし3、26年度新市病院開業つい順調施工工事進み今年12月1日開院予定です学校統廃合給食環境など教育環境整備つい手宮地区統合小学校校舎完成山手地区統合小学校候補決定学校給食センター稼働開始おります保育民間保育支援など子育て環境整備つい奥沢・銭函保育整備図らます高齢障害安心暮らせる支援体制つい市内介護施設充実障害地域暮らせる環境整いつつあります財政再建つい会計から借入れなどある実質収支黒字など評価するものです

市長考える民力生かし活力あるおたる創造努力こと市政執行やり残しあれ聞かください

2期目向け政策課題つい伺いいたします

8月29日札幌市長引退表明いたしまし報道よるこの11年間公約大半実現でき年齢こと3期区切り政治引退することなど明らかまし

日ごろより中松義治市長行動折衝社交一目置いいるものです健康ため少し控えください

この項目2期目向け政策課題つい重要項目聞か課題対策など聞かください

新た財源電気料金値上げよる影響つい伺いいたします

大阪府高槻市屋根貸し事業今年度から始まりまし内容再生可能エネルギー固定価格買取り制度利用設置場所持たない事業システム導入促す狙いあります市内学校公民など屋根貸し出し売電収入4パーセント以上使用収入年間約60万円収入見込んいる聞きます以前予算複数年度管理ネーミングライツ行政コストふるさと納税など新た財源つい質問まいりまし規模太陽発電設備られますこの屋根貸し事業つい考え聞かください

北海道電力よる電気料金値上げつい伺います

現在北海道電力申請いる電気料金改定そのまま認可場合影響年額約2億円負担なる新聞報道8月29日ありまし

北電交わしいる高圧低圧契約ついそれぞれ主な施設設備その年間影響及び値上げ金額示しください

施設照明関連聞きいたします

近年技術量産進みLED照明格段品質価格なり初期投資費用捻出できれ多く企業電気料金抑えたい考えます市建設部試算40ワット相当明る蛍光LED比較する約5割経費節減なるいいます町会躍起なっ街路LEDするわけここあるいえます

この最後この政策早急取り組む必要ある考えます所見聞かください

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

中松義治市長登壇

市長中松義治山田議員質問答えます

ただいま市長公約新た政策課題対応つい質問ありまし

初め公約達成状況ついです

まず市長出馬向け意気込み尋ねつきましこれまで3年4か月市政担う財政健全はじめ企業誘致観光振興推進など通じ地域経済活性精力取り組んまいりまし少子含め人口問題公共施設耐震防災対策など解決べき課題山積おります市民さん負託受け2期目市政担うことなれそれ課題解決向け市民さんとも知恵出し合い全力取り組んまいりたい考えおります

民力生かし活力あるおたる創造努力ことつきまし民力生かしまちづくり土台なる自治基本条例市民さん意見伺いながら制定いたしまし

地域経済活性向け企業誘致観光振興推進取り組むとも安心安全住みやすい環境整備向け新市立病院建設保育建替え自然災害つい体制強化ほか教育環境充実向け校舎耐震改修推進するなど公約実現向け努力まいりまし

また財政再建向け半ばありますことから引き続き取り組んいく必要ある考えおります

2期目向け政策課題ついです重点項目その課題対策つきまし我が全体本格人口減少社会迎え今後取り巻く状況さらに厳し増しいく思われることから人口減少歯止めかけるため対策必要ある考えおりますまた公共施設耐震防災対策そして財政再建向け取組などいずれ早急対応いく必要ありますまず残さ在任期間全力傾けまいりたい考えおります

新た財源電気料金値上げよる影響ついですいわゆる屋根貸し事業つきまし一般太陽発電より売電事業行う民間事業対し再生可能エネルギー固定価格買取制度よる買取り期間ある20年間公共施設など屋上屋根部分貸付け行うものあり契約行っ民間事業事業継続できなくなっ場合設置設備処理どうするまた契約期間建物建替え制限れる冬期間積雪対応どうするなど問題ある認識おります

北海道電力電気料金値上げ影響つきましまず高圧受電する契約主な設備施設いたしまし水道局庁舎除い上下水関連施設年間影響約6,000万円値上げ金額約3億円市役所本庁舎年間影響約400万円値上げ金額約2,100万円試算おります

また低圧受電する契約主な設備施設いたしましロードヒーティング年間影響約6,500万円値上げ金額約3億円所有街路年間影響約600万円値上げ金額約3,500万円試算おります

施設照明LEDつきまし省エネ経費節減両面からいずれ取り組むべき課題認識おりますLEDメリットデメリット初期投資財源費用効果技術課題LED以外省エネ照明可能その改修タイミングなど方面から研究まいりたい考えおります

議長横田久俊項目質問入ります

議長24呼ぶあり

議長横田久俊24山田雅敏議員

24山田雅敏議員登壇

24山田雅敏議員危機管理つい伺いいたします

最初日本海地震よる津波被害つい伺いいたします

8月26日国の有識者検討会北海道から長崎県16173想定れる津波到達時間初めて公表地震規模マグニチュード6.8ないし7.9想定ましこの時期発表日本海津波詳しい実態不明ため昨年1月から国土交通省内閣府文部科学省合同検討会統一見解初めてまとめ聞きます

本年度中避難計画作成来年度から地域防災計画組み入れよう準備聞いおります今回示さ小樽市おけ津波大津波高聞かください

そこ津波避難計画策定やり直す聞き多岐多様方面変更れる考えられます道防災会議地震火山対策部会の地震専門委員会4年前まとめ日本海側津波浸水予測シミュレーション1年かけ見直す聞きます津波避難計画どの程度遅れる内容つい聞かください

また蘭島塩谷地区祝津高島地区手宮含め港湾地区銭函地区過去津波ハザードマップ比べ想定より高く早い津波まで対策比べ変更新た課題あれ聞かください

防災教育つい伺いいたします

平成25年度検討進め防災教育推進あり関する有識者検討委員会よる提言踏まえ今年度取り組むもの防災教育かかわる機関企業地域方々など構成するほっかいどう防災教育協働ネットワーク設置聞きまし

そこ協力企業ある聞きます6月設立ほっかいどう防災教育協働ネットワーク構成する機関企業聞かください

また防災教育ポータルサイトフェイスブックから情報発信防災教育モデルテキストDVD普及努めるとも地域防災教育担う職員地域防災マスター対象研修会拡大努める聞きます

そこ聞きます今回取り組む防災教育情報発信イベントテキストデータベースなどどのようものある聞かください

この最後防災教育担い手人材教育つい状況研修つい聞かください

土砂災害警戒区域つい聞きいたします

8月28日早朝電話町会ある住宅傾斜つい周知たいいう相談受け後日町会役員基準よる危険斜面建つ住宅指定つい説明受けまし

変わります8月20日起き広島市土砂災害9月1日現在死者72不明上り改めて冥福祈りいたしますいまだ被災1万2,600世帯約3万対象避難勧告長引く解除容易ない聞きます

この土砂災害警戒区域指定当たり道内調査聞きます運河ある災害相互応援協定いる自治ある承知ますある市民から近隣ある札幌市救援協定行い相互援助提案議会寄せられます

まずこの調査過程状況聞か状況聞かください

土砂災害地滑り傾斜崩壊土石種類ある聞きます今回広島市起き土砂災害硫黄ざったおいにおい生木におい強くなどふだん感じることない兆候あっ聞きます

土砂災害警戒情報つい聞きいたします

まずどの部署どのよう状況とき発表するまた解除する時期状況あわせ聞かください

この気象情報応じ土砂災害警戒情報参考段階情報出さなけれならない聞きます具体この情報場合市民どのよう行動とらなけれならない段階聞かください

住民ふだんから自分暮らす地域危険把握大雨予想れる早め避難すること重要考えます

この最後自治おい市民から前兆現象関する通報受けることある思います市民防災情報迅速かつ正確把握するため防災ラジオ有効ある考えます現在配付状況どのようなっいる聞かください

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

中松義治市長登壇

市長中松義治ただいま危機管理つい質問ありまし

初め津波対策ついですまず日本海おけ規模地震関する調査検討推計小樽市到達する津波大津波高つい市街など平地3.9メートル推計おります

津波避難計画策定時期などつきまし現在北海道行っ平成22年度シミュレーション基づき津波避難計画作成あり避難区域設定沿岸地域津波到達時間最大遡上記載津波発生から終息まで市民生命身体安全確保すること目的内容おりまししかし日本海おけ規模地震関する調査検討推計沿岸津波高くなっことから今後北海道行うシミュレーション成果照合する必要あるため計画策定時期平成27年度以降考えおります

まで津波対策から変更新た課題つきまし調査検討会発表報告参考北海道行う日本海沿岸おけ津波シミュレーション及び被害想定よっ小樽市地区おけ津波遡上到達時間詳細判明することなりますことからこれ踏まえ対策変更などつい検討進めまいりたい考えおります

防災教育ついですまずほっかいどう防災教育協働ネットワーク構成する機関企業つきまし札幌市など地方自治ほか民間企業気象台など団体39機関個人参加いる10なっおります

ほっかいどう防災教育協働ネットワーク取り組む事業つきましポータルサイトほっかいどう防災教育ほかフェイスブックページメールマガジン活用情報発信ショッピングセンターイベントスペースおい楽しみながら災害から自分家族地域守る知識知恵学べるイベント開催する計画なっおります

防災教育担い手人材育成つきまし北海道市町村職員研修センター行う防災減災対策研修北海道行う危機管理関する研修市町村職員研修所行われる防災と危機管理研修など防災職員参加研さん重ねおります

土砂災害警戒区域ついですまず調査経過道内市町村状況つきまし北海道道内市町村全体調査平成15年3月土砂災害危険箇所1万1,898か所公表ましこのうち1,416か所平成26年8月末まで土砂災害警戒区域指定おります

また状況土砂災害危険箇所519か所あり平成18年から26年8月まで179か所指定おります

土砂災害警戒情報ついですこの情報大雨よる土砂災害危険高まっとき市町村長避難勧告発令する判断自主避難参考なるよう都道府県気象庁共同発表するものですまた土壌水分示す土壌雨量指数低下土砂災害発生おそれなくなっとき解除れるものあります

土砂災害警戒情報参考市民対し避難促すため発令する情報つきまし避難準備情報避難勧告避難指示あり避難準備情報段階気象情報注意払いながら避難するため準備行い高齢など避難時間要する避難開始いただくことなりますまた避難勧告発令あっ強制ありませ市民避難行動とっいただくことなり避難指示被害危険切迫とき発令するもの避難勧告より拘束強く的確避難行動求められます

防災ラジオ配付状況つきまし災害おけ防災情報迅速かつ的確収集町会防災かかわる役員から住民情報連絡子供たち守る避難行動活用いただくため平成25年度町会及び公立保育所177配付本年度私立保育所及び私立幼稚園など70台配付予定おります

議長横田久俊項目質問入ります

議長24呼ぶあり

議長横田久俊24山田雅敏議員

24山田雅敏議員登壇

24山田雅敏議員市内経済活性関連伺いいたします

最初北海道新幹線開業つい聞きます

JR北海道先月函館駅コンコースおい平成28年3月開業予定北海道新幹線模型展示ましこの模型先頭車両20分モデル大き約1メートルのものです函館近郊人々とっ開業近いこと感じさせ函館観光など訪れ今度新幹線来よういう気持ちられるない感じます

また平成25年6月北海道まとめ試算北海道新幹線新函館北斗-札幌間建設工事より約2兆6,000億円経済波及効果見込ままた雇用創出効果約20万人相当する効果見込まいる聞います

新函館北斗札幌道南の村山トンネル工事始まっおりますいよいよ道民現実帯びまいりまし

そこ伺いいたします

小樽商工会議所北海道新幹線建設促進小樽期成会一昨年北海道新幹線有効活用ワークショップ立ち上げ本年6月提言作成市長手渡さましこの提言新小樽(仮称)駅小樽駅および小樽港できる限り時間結ぶ二つ目駅舎有効活用考える三つ目高速道路活用交通充実せる四つ目少ない土地効率良い駐車整備する五つ目周辺自治業務観光中継基地図る六つ目将来幹線通勤想定住宅提供いう着眼記載ますこの小樽市及び周辺自治活性人口対策ため五つ目周辺自治業務観光中継基地図ること六つ目将来新幹線通勤想定住宅提供定住人口増加考えられますこういうこと重要ある考えますこういっ活用方策記載北海道新幹線建設促進小樽期成会提言今後どのよう取り扱う考え示しください

北海道新幹線開業効果波及拡大ため取組ついです北海道新函館北斗駅開業1日最大人数運行本数17一両編成定員731約1万2,500推計ます単純年間365日掛ける約450万人上り新函館北斗駅開業効果大きいもの考えますこの開業効果小樽はじめ後志波及せるためまず新幹線開業認知広める必要ある考えおりますその小樽PR新函館北斗駅までそこから帰るなく小樽経由札幌道東観光延ばしもらうまた道東などから小樽経由新函館北斗行っいただく必要ある考えます黙っ道南地域だけ開業効果とどまっしまいます

そこ伺いいたします開業効果普及せるため小樽市どのよう取組べき考え示しください

平成21年から毎年開催いる小樽商人塾つい伺いいたします

起業目指すとっ講義経営基本心構えある習得できこのセミナー受け起業失敗少ない聞きます開業準備日本政策金融公庫の調査詳しく説明開業から経過年数生き残りできるわかり近年開業占める女性割合15パーセント前後推移いる聞きます小樽経済元気なるためもっと多く若い起業育てなけれならない考えます現在さまざま機関講師活用ます今後自己分析分析受講同士模擬練習先輩起業よる講演などパワーアップ期待するものですこの小樽商人塾講義内容来年度以降課題聞かください

つい伺いいたします

平成26年7月28日「「道の駅」の新しい姿を考える栃木県「道の駅」シンポジウム」開催まし一般利用立ち寄るトイレ休憩施設生まれ現在1,030か所数えこの施設自体目的なり地元野菜直売高齢買物支援サービス観光資源生かし呼ぶ地域ごと仕事生み出す雇用創出経済活性独自進化遂げいる聞きます設置議論なく行わ認識ます

最初登録要件聞か庁内検討まで主な論点など聞かください

雇用創出経済効果対する地域期待高まっます本年8月28日登録交付から20年の節目新た取組国土交通省から支援含め発表まし発表施策目的主なポイント選定流れ聞かください

二つ場所可能ある考えます今後整備れる第3号ふ頭基部建物整備れることもう忍路水車の会運営いる農産直売立地交通要衝考えここ可能ある考えます

この最後国土交通省発表この施策機能運営方法など難しい問題あります先ほど申し上げか所対する本市考え聞かください

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

中松義治市長登壇

市長中松義治ただいま市内経済活性関連質問ありまし

初め北海道新幹線開業効果ついですまず北海道新幹線建設促進小樽期成会提言今後取扱いつきまし北海道新幹線新小樽(仮称)駅周辺まちづくり計画策定いたします今年度実施するワークショップ来年度実施予定まちづくり計画策定会議この提言など議論深めいきたい考えおります

新函館北斗駅の開業効果小樽後志波及せるため取組つきまし開業効果波及拡大交通強化情報発信など必要ですだけなくオール後志取り組むこと重要ある考えおりますこれ取組本市含めオール後志実施するため北海道後志総合振興局北海道新幹線しりべし協働会議設置まし今後この会議具体取組つい協議いきたい考えおります

商人ついです今年度開催内容つきまし創業心構えから事業計画作成まで講義マーケティング関連講義合計実施おります来年度以降つきまし受講対象アンケート調査よります起業体験事例紹介受講交流いっカリキュラム内容充実開講期間講義時間設定など課題あることから今後講師派遣独立行政法人中小企業基盤整備機構協議ながら受講とりましより効果内容実施まいりたい考えおります

ついですまず登録要件つきまし大きく基本機能有する施設あること求められおり道路利用ため休憩機能駐車トイレ電話24時間利用できること道路利用地域方々ため情報発信機能道路情報観光情報など提供すること接点活力ある地域づくり行うため地域連携機能例えば地場産品販売などさまざまサービス提供する施設あること挙げられおります

またおけこれまで検討つきまし設置する場合幹線道路面し一定規模用地確保利用採算維持施設競合などこれ課題つい議論進めところあります

国土交通省から新た発表支援含む施策目的主なポイントつきまし地域創生拠点形成目的機能強化図る先駆取組モデル箇所選定国土交通省ほか関係省庁連携総合支援行うおりますその対象なる外国観光対応案内移住必要情報提供など機能整備すること地域から活力呼ぶゲートウエィ産業振興地域福祉防災など機能整備すること地域元気つくる地域センター新設リニューアルおります

また選定流れつきまし各地方整備局から推薦受け企画内容審査選定するおります

設置場所提案あっ市内か所可能つきまし国土交通省採択基準よります主要幹線道路設置すること条件なっおりますことから議員考えか所設置現状難しいもの考えられます

議長横田久俊項目質問入ります

議長24呼ぶあり

議長横田久俊24山田雅敏議員

24山田雅敏議員登壇

24山田雅敏議員安心安全市民生活向け伺いまいります

最初空き家活用つい伺いいたします

本年7月29日総務省平成25年度住宅土地統計調査結果発表全国空き家過去最多820万5年前の前回調査から63万増加いたしまし原因子供独立高齢人口固定資産軽減措置治安防災など問題ある聞きます

現在355自治対策条例施行住宅促進ため空き家バンク374登録制度導入いる聞います

厚生労働省所得高齢住まい確保ため空き家活用するモデル事業今年度から始めまし国土交通省一定条件建築基準法の政省令緩和空き家グループホームなど転用やすくする方針聞きます

今年6月から京都市戸建て長屋建て空き家留学住まい地域場所活用する場合補助出す聞きます東京都世田谷区空き家活用全国賃貸売買契約247成立公益目的空き家利用する企画公募するなど7月29日までさらに20契約増え聞きます

このよう空き家活用さまざま施策あり参考べき考えます見解聞かください

おたるドリームビーチ道路整備つい伺いいたします

7月海水帰り女性死傷事故あっ道路つい中松市長7月28日定例記者会見今年度車両通行止め行わなかっ来年度以降つい札幌市協同組合検討するおっしゃいまし安全対策つい通行止め一方通行歩道整備ガードレール設置など関係機関交え協議必要考えます8月29日現場道路一部国有民有隣接いることから道路拡幅歩道新設考える当たっ関係協議いく聞きます次期利用まで対策望むものです今後スケジュールなど聞かください

また海水有名江ノ島湘南海岸ほか喫煙飲酒禁止音量音楽入れ墨露出など禁止取り組んいる経営自治関係いる聞きます

この最後これつい考え聞かください

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

中松義治市長登壇

市長中松義治ただいま安全安心市民生活向け質問ありまし

初め空き家活用ついですなど施策参考べき意見つきまし現在おきまし空き家バンク制度運用おります空き家活用人口対策危険空き家対策などつながるもの考えおります今後空き家対策検討するこれ事例参考まいりたい考えおります

おたるドリームビーチ道路整備ついですまず今後関係機関協議スケジュールつきまし来季海水開設まで安全確保対策図られるようできるだけ早く関係機関協同組合協議進めまいりたい考えおります

海水喫煙飲酒音量音楽など規制取組つきましところ海水これ規制考えおりませ今後とも警察海岸管理ある北海道海水浴場組合とも緊密連携図りながら風紀乱れなど是正つい取り組み安全快適海水浴場運営行われるよう努めまいりたい考えおります

議長横田久俊項目質問入ります

議長24呼ぶあり

議長横田久俊24山田雅敏議員

24山田雅敏議員登壇

24山田雅敏議員女性活躍推進つい伺いまいります

人口対策庁内検討会議設置人口減少対策環境整備つい伺いいたします

本年5月政府経済財政諮問会議有識者会議「選択する未来」委員会日本経済提言50年後1億人程度人口目標掲げ70歳まで働く位置づけ女性活躍不可欠中間整理まとめまし選択する未来」委員会まとめつい主な内容聞かください

同じく5月民間有識つくる日本創成会議2040年全国半数当たる89620歳から39歳女性半減将来消滅する可能あるする人口推計公表道内その8割該当するいいます

7月15日全国知事会少子非常事態宣言採択北海道年内人口取組指針作成する聞きます

この人口問題考える女性仕事ながら子供育てられる環境整備重要思いますそこ対策つい聞かください

女性管理登用つい伺いいたします

男女雇用機会均等昭和60年成立翌61年施行企業対し採用昇進職種変更など男女異なる取扱い禁じます

最初本年7月施行規則改正どのよう明記聞かください

昨年4月安倍首相女性登用つい上場企業最低1人女性役員登用呼びかけこと広がり厚生労働省賃金構造基本統計調査よる民間企業100以上昨年7.5パーセント聞きます首相女性活躍推進成長戦略中心位置づけおり平成32年まで指導地位占める女性割合30パーセントするいう数値目標掲げますまた7月13日来年度採用する国家公務3割以上女性する考え示しまし

総務省データよる女性就職希望全国328万いる聞きます一般女性雇用促進関連育児介護休業活用男女役割分担意識改革など女性働きやすい環境整備ついどのよう進んない考えられる聞かください

注目れる女性含め中間管理向け研修プログラムある聞きますメンター制度つい聞かください

内閣人事省庁幹部女性倍増聞きます本年4月から道庁観光振興監上川総合振興局宗谷教育局保健福祉部次長など高橋知事女性職員重要ポスト札幌市課長女性登用聞きます

報道一般行政おけ本市女性管理登用状況道内主要都市最も低い聞きますおい女性登用低い理由どこある考えです

また今後女性登用向け施策聞かください

女性勤労促進つい伺いいたします

平成24年総務省統計局調査全国平均製造女性就業比率11.3パーセント道内7.3パーセント聞きます今年度第2次産業女性誘うものづくりなでしこ応援プロジェクトスタート職場られがち製造女性就労応援する聞きます

最後この取組目的活動啓発聞か直近製造おけ女性就業状況つい聞かください

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

中松義治市長登壇

市長中松義治ただいま女性活躍推進つい質問ありまし

初め人口減少対策環境整備ついですまず「選択する未来」委員会中間整理主な内容つきまし現状まま人口急減高齢社会到来すること確実ある流れ変えるため未来選択50年後1億人程度人口保持すること創意工夫よる新た価値創造より経済成長続けること年齢性別かかわら能力発揮することほか個性生かし地域戦略文化公共など社会土台大切することつい考えまとめられいるもの承知おります

女性仕事ながら子供育てられる環境整備つきまし保育環境保育ファミリーサポートセンター放課後児童クラブ運営など事業あり就労環境男女共同参画推進図るためワークライフバランス考え普及など努めいるところあります

女性管理登用ついですまず男女雇用機会均等法施行規則の改正つきまし間接差別なり得る措置範囲見直し性別よる差別事例追加セクシュアルハラスメント予防事後対応徹底コース雇用管理つい指針制定あります

女性働きやすい環境整備つい進んないつきまし厚生労働省報告よります仕事子育てなど家庭生活両立せるため支援男性働きそれ取り巻く職場慣行対する意識改革子育てため離職就職支援など挙げられおります

メンター制度ついですこの制度厚生労働省人材育成ため推奨いるもの女性職員活躍促進するため有効方法ます具体上司なく豊富知識職場経験有し先輩職員後輩職員対話通じ職場悩み問題解決相談なっ後輩職員育成サポートしようするものあります

一般行政女性管理登用ついですおい女性管理少ない理由管理昇任年齢占める女性職員少ないこと要因考えおります近年採用占める女性割合高くなっおります都市行っいる女性キャリアアップリーダー養成ため研修参加進めながら職員能力経験応じ適材適所考え立っ女性管理登用図っまいりたい思います

女性勤労促進ついですものづくりなでしこ応援プロジェクトつきまし今年度北海道新規事業あり道内経済支えるものづくり現場女性参画促進目的職場見学はじめ既に活躍いる女性紹介するPR冊子作成配布など製造イメージアップ取り組んいるものあります

また製造おけ女性就業状況つきまし指摘比率つい労働調査よるものあり標本4万世帯から調査結果あります

一方直近平成24年経済センサス活動調査ほとんど企業産業調査対象おり製造従業8,700名うち女性3,80043.7パーセントなり全道全国比べ高い比率なっおります

議長横田久俊項目質問入ります

議長24呼ぶあり

議長横田久俊24山田雅敏議員

24山田雅敏議員登壇

24山田雅敏議員教育関連伺いいたします

最初全国学力学習状況調査つい聞きいたします

全体全国学力向上いる道教育委員会平成23年度掲げ目標達成できませでしこの教委立川宏教育目標届かなかっ残念語っますしかし教科改善られ全国縮小評価来年度学力調査教科全国平均以上目指す聞きます

今回学力調査から学校結果市区町村教育委員会公表できるようなっ聞きます判断聞かください

佐賀県武雄市教育委員会ホームページ学校平均正答公開予定あり子供たち学習環境関する調査結果分析掲載する聞きます大津市教育委員会正答数字なく傾向チャート示すいいます埼玉県鶴ヶ島市教育委員会全国平均上回っなど文章表記するいいます

都道府県教育委員会市区町村教育委員会同意られ場合学校成績公表できる聞きます今回一緒行わ質問調査漢字語句基本定着せる授業計算問題反復練習する授業よく行っ学校割合学校とも全国平均上回っ聞きますまた時間ゲームする児童生徒割合依然高く勉強時間全国平均以下あわせ今後課題聞きます

尋ねます

児童生徒テレビゲームする時間つい児童生徒質問調査結果どのよう傾向ある答えください

今回初めて携帯電話スマートフォンメールインターネット使用時間尋ねましどのよう傾向ある知らください

あわせニュース番組新聞読む児童生徒傾向知らください

この項目最後学校質問調査おける道教育委員会推奨する読書学校取組状況知らください

北海道家庭教育サポート企業制度つい伺いいたします

この制度家庭教育支援するため職場環境づくり取り組む企業北海道教育委員会協定結び相互協力家庭教育支援一層推進図るため制度聞きます具体企業取組教育委員会支援聞かください

また未来担う子供たちため職場子育て環境づくり学校地域行事協力する企業16ある聞きます北海道締結企業あるです

また後志管内主な特徴取組つい聞かください

本年秋から政府教育再生実行会議検討れる最大改革学校から高校まで見直し聞きます1947年学校教育法施行60年経過子供発達思春早期進み小1プロブレム学校進級問題行動起こす中1ギャップ学校深刻いる聞きます

まず中1ギャップなど状況聞かください

会議このよう問題対応アメリカ子供発達早期合わせ変換事例など検証一貫教育導入9年間カリキュラム独自区切る東京都品川区視察など進め聞きます対策就学体験入学学校ギャップ小さくする工夫いじめ登校減少有効聞きます対応いる事例聞かください

社会教育施設つい伺いいたします

東京オリンピック招致決まっことよりスポーツ庁新設する検討始め聞きます北海道庁平成30年平昌ピョンチャン冬季五輪・パラリンピック32年東京夏季五輪・パラリンピック各国選手事前合宿誘致向け道内179対象行っ意向調査結果発表ましこれよる受入れ希望今年5月時点42上り7月中に合宿誘致希望する競技宿泊施設記し冊子つくり東京約190ある外国大使館発送意見聞き五輪誘致向け改良誘致つなげる聞きます

そこまとめ道内状況現在改修陸上競技本州大学利用いる聞くことから社会教育施設ほかオリンピック見据えスポーツ合宿誘致つい当面考え今後スケジュール聞かください

関連札幌市多く施設管理運営いる一般財団法人さっぽろ健康スポーツ財団昨年照明設備LED試験導入清田区体育館温水プール実施節電効果つい調べ結果まし近年大型LED照明開発伴い価格進み節電効果考慮すれ設備投資数年回収できる見込み聞きます

最後さまざま公共施設ある従来照明器具LED置きかわっ場合節電効果高く体育プールなど社会教育施設公費負担減少つながります見解聞かください

質問留保質問終わります

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊教育

教育上林猛山田議員質問答えいたします

ただいま教育関連質問ありまし

初め全国学力学習状況調査ついですまず学校公表つきまし教育委員会昨年度から市民説明責任果たすこと大切あるいう観点から学校全体平均正答数値公表今年度同様方向分析作業進めおります本年度調査結果つい文部科学省から市町村教育委員会判断学校結果公表することできる通知ありこれまで以上学校おけ学力学習状況調査結果つい説明求められる状況なっおります

教育委員会学校調査結果公表すること考えおりませ学校おい在籍する児童生徒保護自校平均正答学習状況及びその対策などつい説明する責任あるもの考えおり学校その方向準備進めるよう指示おります

児童生徒テレビゲームなどする時間つい傾向あります児童生徒学習状況調査つい現在分析あります速報答えますテレビゲームなど4時間以上いる答え児童生徒割合学校約15パーセント中学約20パーセントあり全道全国数値大きく上回る結果なっおります10運動など取組通しやや改善傾向られるもの依然中学1人4時間以上ゲームいる状況極めて憂慮べき事態あり緊急対応必要ありますことから現在校長具体改善方策つい協議進めいるところございます

携帯電話スマートフォンメールインターネット使用時間つい傾向ありますこの設問今年度初めて行う調査項目あり前年度比較することできませ1時間以上使用いる答え児童生徒割合小学約20パーセント中学約60パーセントありいずれ全道全国より相当高い傾向られることからこのことつい現在校長対策つい協議進めいるところございます

テレビニュース番組インターネットニュースたり新聞読んだりする児童生徒傾向ついありますニュース番組ついよく見る時々見る答え児童生徒割合小学約84パーセント中学約80パーセント中学全道全国ほぼ同様数値なっおりますまた新聞ついほぼ毎日読んいる週に1回から3回程度読んいる答え割合小学約28パーセント中学約26パーセントいずれ全道全国より高く小樽子供たちよく新聞読んいるいう傾向なっおります

読書など一斉読書学校取組状況ついです学校毎日行っ複数定期行っ答え学校50パーセント全道全国より10ポイント程度少ない状況なり学校50パーセント全道全国より30ポイント程度少ない状況なっおります

一方家庭おい1時間以上読書する答え児童生徒中学とも全道全国より高くまた全く読書ない答え児童生徒減少おり読書習慣改善図らいるもの受け止めおります

北海道家庭教育サポート企業制度ついございますまず制度具体取組ついあります企業取組職場子育てつい環境整えること学校行事参加促進すること子供たち職場見学職業体験協力することなど企業子育て家庭教育支援する取組積極行っおります

また教委ホームページ企業挙げその取組掲載すること家庭教育関する啓発資料企業従業配付するほか従業研修講師派遣するなど支援行い行政企業相互協力家庭教育高める取組行っおります

道教委協定締結する企業ついあります8月25日現在北海道全体1,705なり後志管内55小樽市おい16なっおります

また後志管内特徴取組本年2月倶知安町開催雪トピアフェスティバル協賛企業参画スレッドリレー体験など実践事業展開するほか協定締結企業ネットワーク図ること目的する組織立ち上げ家庭教育支援するため職場づくり関する情報交流行っいる承知おります

中1ギャップついですまず学校なじめ登校など急増する言われるいわゆる中1ギャップつい状況つきまし中1ギャップ件数調査ことございませ参考まで学校6年生学校1年生の過去3年間登校児童生徒状況申し上げます平成21年度の小学校6年生登校ありその学年学校なっ段階15約3.8倍なっおります平成22年度の小学校6年生登校ありその学年学校1年生なっ段階10約10倍なっおります平成23年度の小学校6年生登校ありその学年学校なっ段階1.2倍なっおり年度よっ多少あります学校1年生なっ登校増加いる傾向現れおります

おけ小1プロブレム中1ギャップ対応ついあります今年学校入学当たっ全て学校体験入学実施おり学校学校行事幼児招き学年児童交流すること幼稚保育教諭保育学校教職員意見交換など行っおります学校小学学校授業参観たり授業実際受けるなど体験入学行っおりますまた学校連携取組学校おい学校教員学校出向い音楽外国活動出前授業行ったり学校おい小学入学する活動体験する取組など学校スムーズ接続心がけ中1ギャップ解消努めおります

社会教育施設ついありますまず北海道本年5月行っ平成32年東京オリンピック向け合宿受入れ調査ついあります合宿誘致希望いる40パラリンピックのみ合宿誘致希望いるなっおりまた平成30年平昌オリンピック向け合宿誘致希望いる27なっおりますおきましこの調査合宿誘致必要条件競技施設状況などつい調査検討行っ本年7月セーリング競技サッカー陸上競技種目つい北海道対し合宿誘致希望申し出ところありますなお今後北海道から宿泊施設状況交通アクセスまたスポーツ医科施設状況など詳細状況つい確認ある聞いおります

最後社会教育施設照明器具LEDついあります一般LEDすることより消費電力軽減図られる聞いおります社会教育施設利用目的よる利用効果問題設備更新よる初期投資費用効果など課題あることから今後都市状況つい情報収集するなど調査行っまいりたい考えおります

議長24呼ぶあり

議長横田久俊24山田雅敏議員

24山田雅敏議員項目つい質問たい思います

まず先ほど公約部分活力ある創造いうこと民力生かし部分聞かいただきましこの答弁市長自治基本条例ついそれ生かしうんぬんいうこと受けまし昨年自治基本条例の制定かかわりましまだまだ市民浸透ない部分あるいう思いあります今後この自治基本条例を生かしたさらなる市長考える活力ある創造努力いただけるよう願いたいですそのまず聞かいただきたい思います

です女性管理登用ついやはり絶対少ないいうこと受けましその部分少ないなり適材適所するいうことです女性ですから体力部分また能力部分また本当考える部分ある思います適材適所いうこと言わましその部分もう少し詳しく聞かいただきたい思います

最後今回学校質問調査家庭新聞読む時間全国平均より多いいう答弁教育からいただきましその部分本当なっいれいい思うです新聞読む多いいうこと新聞よっ生徒学校勉強対しどのようためなっいるいうこともう少し具体この調査わかるいうところ聞か願いたい思います

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

市長中松義治山田議員質問答えます

最初民力生かし活力あるおたるいう答弁いたしまし自治基本条例を制定いうことこれ制定するまで至るところ市民さんいろいろ意見聞きながら制定いうことございますこれ本年4月から施行わけございますこれからこの自治基本条例市民さん協働大きな活力あるまちづくり進めいきたいいうこと考えおります理解いただきたい思います

女性管理登用ありますけれど一般言う市長就任とき女性部長登用いただきましそれから今年度、平成26年度人事おい課長登用いただいところあります今後とも来年度以降含めやはり適材適所そういう人材配置いきたいこのよう思っおります理解いただきたい思います

議長呼ぶあり

議長横田久俊教育

教育上林猛新聞読む中学多いいう状況まだ詳しい分析できませ近年学校授業新聞活用するいう展開全道非常多くなっおりますその影響あるどうその分析まだこれからですただ一般子供たち読書親しむこと多くなっいう傾向ありますそういう意味活字追ういうこと少しなれいる思っますけれどその分析この細か分析結果報告たいいうふう思っます

議長24呼ぶあり

議長横田久俊24山田雅敏議員

24山田雅敏議員詳しいことこの予算特別委員会やりますこれ終わります

議長横田久俊山田議員会派代表質問終結この暫時休憩いたします

休憩午後2時28分

再開午後3時00分

議長横田久俊休憩引き続き会議再開会派代表質問続行いたします

議長20呼ぶあり

議長横田久俊20中島麗子議員

20中島麗子議員登壇拍手

20中島麗子議員日本共産党代表質問ます

初め集団自衛閣議決定つい質問ます

8月15日平成26年度戦没追悼小樽市民センター行わまし正面左手いくさ場かのきみ倒れ帰り見よふるさと詠ま短歌掲げられこの詠ま小樽市戦没者遺族会豊島辰男会長この戦争敬愛する二人失っみずから戦争体験語りまし

小樽市関係戦没北海道連合遺族会よる3,476です祭壇献花する遺族さん姿69年の年月たっなお肉親亡くし悲しみ終わっないこと強く印象づけるものでし

しかし7月1日安倍政権歴代政権憲法上禁じ集団自衛行使容認解釈改憲閣議決定まし憲法第9条の海外武力行使許さないいう従来政府見解180度転換海外戦争する開くものですこう憲法改定等しい転換閣議決定強行すること立憲主義根底から否定するものです

閣議決定国民反対広がっおり集団自衛行使容認反対あるいは慎重対処求める意見可決地方議会7月1日以降増え続け8月12日現在閣議決定157議会から190議会増えます

小樽市議会平成25年第3回定例会集団自衛行使容認する憲法解釈変更関する意見賛成多数可決ます

閣議決定報道機関よる7月世論調査安倍内閣支持5パーセント前後下落全て報道機関調査軒並み50パーセント割り込みまし

8月2日付け北海道新聞掲載全道世論調査日本戦争巻き込まれる不安感じるいう質問対し82パーセント不安感じる答えおり年代20代92パーセント30代89パーセント若い世代高い結果でし

このよう国民反対広がっいる集団自衛行使閣議決定つい市長撤回するよう求めます見解聞きます

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

中松義治市長登壇

市長中松義治中島議員質問答えいたします

ただいま集団自衛つい質問ありまし

集団自衛行使容認つい防衛外交関することあり地方自治法専管事項ある認識おります自治この閣議決定撤回求めること考えおりませ

しかしながらこのたび憲法解釈変更ついこれまで歴史経過から考え国会議論もとより国民対ししっかり説明責任果たしいただきたい考えいるところあります

議長横田久俊項目質問入ります

議長20呼ぶあり

議長横田久俊20中島麗子議員

20中島麗子議員登壇

20中島麗子議員財政問題つい聞きます

初め国内生産GDP大幅下落つい市長見解聞きます

2014年4月から6月期国内生産東日本大震災以来マイナス個人消費20年来最大落ち込みなりましGDP消費増税6.1パーセントでし増税6.8パーセント急激落ち込んます個人消費前期比較する5.0パーセント減りまし前回消費増税比べ実質賃金大幅低下正規雇用拡大など国民暮らし逼迫ます処分所得減る物価上がり国民消費引き締めざるませこのさらに消費10パーセント引き上げれ国民暮らし日本経済マイナスはかり知れませ

しかし甘利明経済再生担当大臣過去消費引上げ比較正常経済同友会長谷川代表幹事10パーセント消費引上げ予定どおり実施べき言っおり国民生活どうあろう消費増税実施姿勢です

中松市長消費増税小樽市民影響どう考えいる予定どおり消費10パーセントべき考える聞かください

今年度普通交付です当初予算普通交付152億1,800万円臨時財政対策22億6,600万円合計174億8,400万円でし平成25年度当初予算比較4億1,200万円減額でし第1回定例会市長提案説明市税伸び期待できない実質地方交付減少見込まれるから一般財源歳出削減努め厳しい財政運営示さまししかし7月決定普通交付臨時財政対策合計当初予算5億1,677万8,000円増額でし過去5年間これ当初予算決定比較示しください

実際この数年来当初予算下回っことありませから市民サービス抑制理由いるありませ予算超えつい財政調整基金積み立てる言います市民サービス対策優先です

定例会我がはじめ会派から提案街路関する助成制度つい検討いきたい答弁でし北海道電力電気料金値上げ提案ます経済道民多く反対上がっます値上げ実施なら街路電気影響ます試算LED切り替えたら電気料金70パーセント削減なり普通交付予算上回っ交付れるですから来年度先送りすることなく今年度実施するよう考えるべきです答えください

昨年第4回定例我が川畑議員福祉灯油実施求め質問まし昨年11月家庭灯油小売平均価格100円91銭高額続いいる北海道財政支援ないこと理由実施ませでし今年8月調査104円57銭さらに値上がりおり今年4月から消費引上げある今後電気料金値上げなど続け市民負担増大ます今年こそ福祉灯油実施ください答弁求めます

北海道電力電気料金値上げついです

今回値上げ昨年9月値上げ2倍超える大幅もの全国電力会社原発停止値上げ申請北電だけです申請どおり値上げ場合支出今年度半年間約9,000万円なります年間支出約2億円増加する見込みその内訳市道ロードヒーティング6,500万円市役所本庁舎400万円なるいうことです昨年電気料金値上げ以降どのよう対策とっです

新聞報道これ以上節電難しい部分歳出削れない検討ざるない述べますふれあいパス市民負担実施ばかりですさらに市民サービス削減進めるいうこと答えください

値上げ理由今回原発稼働遅れ挙げおり原発稼働すれ電気料金もと戻すさえ言っます稼働向け規制委員会基準パスするため経費1,600億円含め電気値上げまさに原発稼働ため電気料金値上げです各地説明やりとり稼働さらに遅れるとき再々値上げ含みすら残します

5月福井地裁関西電力大飯原発3、4号機運転差止め判決下しまし多数生存かかわる権利電気高い低い問題てんびんかけること自体法的許さない述べます

小樽市民安全安心守る立場ある市長次期市長選挙再度候補表明立場から北電対し申請取りやめるよう申し入れほしい思いますどうです

あわせ原発そのもの廃止べき考えます市長意見聞きます

財政問題最後平成25年度決算ついです

平成25年度24年度引き続き会計基金から借入れ財政調整基金取り崩し予算まし最終実質収支単年度収支黒字なりまし平成24年度黒字あっ実質単年度収支4億4,376万円赤字なりまし財政調整基金一般会計歳出不用より取崩しやめ残高17億6,400万円ですさらに今回普通交付当初予算より増額財政調整基金取崩し縮減使う言います第3回定例会補正財政調整基金幾らなる答えください

市長財政再建目指しいる述べます市長目指す財政再建どういうこと示しください

平成16年度以来ゼロだっ財政調整基金減債基金でし22年度から実質収支黒字なり財政調整基金積立て始まっます予算作成当てたい財政調整基金です市民サービス削減推進問題です一般会計予算現額対し不用割合約3パーセントです主なものつい説明ください

国民健康保険事業特別会計収支4億7,500万円黒字です昨年度続い黒字決算なっ理由つい説明ください保険すぎありませ

平成24年度から国民健康保険事業運営基金設置ます今年度黒字含める基金残高幾らなります

小樽市国保2001年度33億8,700万円あっ累積赤字高い保険設定意図不用残す手法2010年度解消まし今後基金多額残しいくべきありませ本年第1回定例会我が予算修正国保世帯世帯当たり保険5,000円引下げ1億689万5,000円計上まし1万円引下げ2億1,300万円ほどです基金増やさ国保引下げ実施べきです市長見解聞きます

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

中松義治市長登壇

市長中松義治ただいま財政問題つい質問ありまし

初めGDP大幅下落関連消費増税市民影響見解ついです消費増税国民将来託し得る持続可能社会保障制度責任持っ確立いく必要ありその財源安定確保するため欠かせないもの考えおります一方消費増税より市民家計生活一定程度影響あるもの考えおります景気動向見極めながら消費増税実施方法実施判断つい慎重検討進めるおります動向見守りたい考えおります

普通交付平成26年度分ついですまず過去5年間普通交付臨時財政対策合計比較つきまし21年度決算当初予算比較4億6,504万円3.0パーセント22年度5億3,653万円3.1パーセント23年度7,056万円0.4パーセント24年度7億225万円3.9パーセント25年度4億8,518万円2.7パーセントなっおります

当初予算おけ普通交付市民サービス抑制理由いるないことつきまし当初予算編成おけ地方交付臨時財政対策予算計上ついから示される地方財政計画参考積算おります限ら情報見込むこと困難要素あることから結果予算決定差額生じいるものあり理解いただきたい思います

街路関する助成制度今年度実施ついあります現在新た助成制度創設向け検討行っいる段階あり今年度内実施すること難しいもの考えおります

福祉灯油実施つきまし灯油価格急激高騰場合都市状況北海道から財政支援動きまた財政状況総合勘案判断することおります

現在灯油価格高どまり傾向あるほか電気料金値上げ影響あり市民生活圧迫いること承知おります依然財政状況厳しくから相応財政支援ない単独実施すること困難あること理解願いたい思います

北海道電力電気料金値上げついですまず昨年北電値上げ以降対策つきまし経費削減観点から既に10年以上前から節電取組進め昼休み消灯エレベーター使用自粛冷蔵撤去蛍光間引きなど進めまいりまし特に一昨年の平成24年電力需給逼迫よる計画停電おそれあっことから勤務時間執務部分消灯パソコン周辺機器小まめ電源オフなどできる取組徹底以後継続いるところあります

またロードヒーティングつきまし従前同様気象状況応じ効率運転努めいるところあります

さらに市民サービス削減進めることつきまし時点北海道電力電気料金値上げから認可おら実際影響透明状況あります実際値上げなれ財政与える影響大きく節電だけ賄いきれるものない考えますさらなる効率行財政運営努めなけれならない考えおります

北電対する申請取りやめ申入れついです北電よる値上げ行われれ家計企業活動圧迫れること想定れることから値上げ行わないこと望ましいこと言うまでありませ一方火力発電燃料など増加する値上げ行わないことより道内おい電力安定供給支障来すことだけ避けなけれならない考えおりますこのことから電気料金つい北電財務状況電力供給問題総合勘案する必要あり単に値上げないよう北電要請すること時点考えおりませ

原発そのもの廃止べきいうことつきまし原子発電つい安全確保優先ありその責任おい電力需給社会経済影響など踏まえ総合判断べきもの考えおります

平成25年度決算ついですまず財政調整基金残高つきまし25年度末残高17億6,400万円ですこれまで26年度当初予算編成財源対策約8億9,100万円第2回定例会補正予算財源約5,100万円合計約9億4,200万円取り崩す予算計上おります定例平成25年度生じ決算剰余2分の1相当の約1億4,300万円積み立てるほか7月25日普通交付交付決定予算上回っことから補正予算財源充てるとも財源不足対策ある財政調整基金取崩し約3億4,500万円減額する予算計上おり今定例会後基金残高25年度末より約4億5,400万円約13億1,000万円なります

目指す財政再建つきまし再び赤字決算陥らないよう今後長期収支見極め毎年度予算編成おい会計などから借入れ頼ることなく財源不足解消図り一般会計本来意味収支バランスとることあわせ会計などから借入れ完済すること考えおります

不用主なものつきまし民生生活保護扶助約3億8,700万円教育新共同調理場建設事業約1億2,800万円商工企業制度融資伴う貸付約6,000万円土木第3号ふ頭岸壁改良事業約4,400万円なっおります

国民健康保険事業特別会計平成25年度決算黒字なっ理由ついです保険給付平成25年度上半期支出平成24年度の上半期比べ大幅上回っため年度末3億5,000万円程度不足見込まことから増額補正まし下半期見込みほど伸び結果約3億円不用生じこと共同事業拠出予算より1億1,000万円減額なっこと主な要因考えおりますしたがいまし不用前提保険高く設定ものありませ

基金残高ついです今回補正予算計上ますおり歳入平成25年度繰越交付追加交付合わせ5億1,761万円歳出返還2億1,045万円ありますその差し引い3億716万円基金積み立てることおりますしたがいまし積立て残高3億955万円なる予定あります

基金増やさ保険引下げ実施べきことです基金設置目的国民健康保険事業健全運営確保することあり保険給付不足生じ場合などその財源充てること基本おります今後医療増加とも制度改正よる収支影響考えられるため引き続き一定積立て必要考えおり保険引下げ充てること難しいもの考えおります

議長横田久俊項目質問入ります

議長20呼ぶあり

議長横田久俊20中島麗子議員

20中島麗子議員登壇

20中島麗子議員子ども子育て支援制度つい質問ます

提案いる議案第27号及び第28号の条例案小樽市独自暴力排除盛り込んだけ内閣府令及び厚生労働省令定める具体条文内容記さおら内容わかりませ市民とりわけ子育て世代注目いる子育て支援条例読んわからない問題です通常条例同じよう条文ごと記載もの提案べきです初めこの答えください

2015年4月から子ども子育て支援制度本格実施れる予定なっます制度介護保険モデルおり最大特徴これまで責任よっ保育提供する現物給付制度改め利用事業直接契約起点する現金給付仕組み変更ことです

制度保育幼稚認定こどもなど施設ほか新た定員19以下地域保育導入ます規模小さいこと理由従来保育など比べ基準緩和持ち込まその結果施設事業よっ保育格差できることなりまし

初め保育認定です制度保育利用認定受け保育利用時間決めることなり標準時間11時間短時間8時間保育分かれます子供預ける時間家庭都合その仕事よっ変動ます一人ずつ子供利用時間どのよう把握する保育時間違う子供同じクラスいるとき職員配置クラス運営影響ないでしょう

また標準時間保育時間保育子供一人ずつ登園時間確認延長保育時間対応するでしょう時間保育子供時間延長ため標準時間保育保育料金上回るよう心配ありませ聞きます

認定方法です本年9月1日保育所入所児童1,427ですこのうち継続利用希望するさらに新年度入所希望認定必要です認定手続いつどのよう進める市民周知方法含め知らください

また制度移行する幼稚認定つい知らください

保育配置です家庭保育事業設備及び運営関する基準規模保育事業タイプあります保育配置保育2分の1以上保育配置必要研修受けよします居宅訪問保育事業深夜1人保育よる保育想定れる保育資格必要保育経験なく事業できるなっます現在認可保育施設職員配置保育おおむね3分の1以上保育いる制度おい補助投入する施設基準資格配置認める問題です小樽市基準どおりする言います現行保育後退ありませ

給食基準3歳未満から外部搬入認められおりこのとき調理配置なしですしかし現在3歳まで子供たち給食義務づけられおり全て認可保育3歳まで実施いるなぜ制度2歳まで引き下げる子供たち味覚形成れるこの時期外部搬入方式どう味つけ濃くなります

小樽市配置基準保育全て保育給食現行どおり3歳まで方式調理配置べき考えます市長見解聞きます

また設備基準乳幼児2階以上建物保育すること認めます保育原則1階設置べきありませ答えください

保育です基準保育向上図る特に必要思われる経費上乗せ徴収日用文房など実費徴収保護同意認められます上乗せ徴収実費徴収一律徴収なり所得負担多くなる心配あります保育そのもの含め徴収するべきない考えますいかがです

またこれまで保護収入よっ保育決定まし制度さらに保育時間違うことなります保育時間よる違いどのくらいなります

現在基準保育大変高額ためほとんど自治独自保育引き下げ設定ます制度保育現在すぎる保育基準引き下げ適正自治負担軽減することあり現行上回る保育基準引き上げるべきありませ市長意見聞きます

小樽市制度おい保育引下げあるいは現行同様基準維持するよう求めます市長どのよう考えます

制度始まっ幼稚認可保育施設制度移行するどうそれぞれ判断現行どおり継続することできます幼稚意向調査実施聞きます幼稚どれくらい制度移行する予定でしょう

来年度予算日程ありますから全体制度移行事業児童いつごろまで把握する予定聞かください

現在認可保育施設制度基準該当すれ補助受け家庭保育事業運営することできます認可保育施設制度移行希望つい把握ます

現在認可保育施設そのうち補助支給施設補助金額平成25年度決算知らください

制度移行ない事業現行どおりいうことですから認可保育施設対し現行どおり補助継続べき思いますいかがです

小樽市これまで独自実施いる保育配置保育所地域活動事業補助交付障害保育対する助成などつい制度移行継続子育て支援続けほしいものです市長見解聞きます

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

中松義治市長登壇

市長中松義治ただいま子ども子育て支援制度つい質問ありまし

初め条例提案ついです確か議案第27号及び第28号の条例案つきまし一部独自規定厚生労働省令の読替え盛り込んほか内閣府令又は厚生労働省令に定めるところよるおります今回よう条例内容政省令従うべき基準定められいる事項多いことあり都市政省令どおり条文そのまま規定いるもの多く見受けられる状況ありますこのよう全国ます今回提案条例案よう簡略ものられるようなっまいりましこの条例案のメリットとしまして立案事務効率図られること政省令そのまま引用比較独自規定明らかあることなど挙げられることから都市条例参考提案ものあります理解いただきたい思います

保育認定ついですまず子供利用時間把握つきまし保育時間認定子供保育利用時間つい保育ごと例えば9時から17時までいっ一律時間設定するその時間以外利用つい延長保育取り扱う考え示しおります子供登園退園時間よっ延長保育なる場合あり現在同様保育時間確認することなります

また保育所職員配置クラス運営影響つきまし現在フルタイムパートタイムなど保護就労状況より子供登園退園時間異なる保育行っおります制度おい大きな影響ないもの考えおります

登園時間確認延長保育時間対応つきまし保育所設定保育時間時間以外利用延長保育なります保育子供登園時間及び退園時間確認することなります保育時間子供延長保育利用より保育標準時間保育上回ること想定ます今後このよう含め検討べきこと考えおります

今後認定手続方法時期つきましこれまで新規継続いずれ入所手続つい1月から行っおります時点同様時期想定つつ事務手続詳細つい検討おります周知方法つきまし広報おたるホームページなど案内するとも現在保育利用いるつい施設通じ周知まいりたい考えおります

また同様制度移行する幼稚園利用つきまし認定必要なります該当する施設よく協議利用周知行い事務手続進めまいりたい考えおります

保育配置ついです職員配置つきまし多様地域保育事業から円滑移行想定規模保育事業類型設けものあり子ども子育て会議など議論踏まえ多様重視制度創設図っもの認識おります

給食及び調理配置つきまし制度おい原則おり一定条件付し連携保育幼稚から外部搬入認めいるものあります事業おい責任持っ給食提供れるもの考えおります

また保育原則1階べきことあります設備関する基準おい必要要件満たし2階以上保育認められいることから1階限られるものない考えおります

保育ついですまず上乗せ徴収実費徴収保育含めるべきないことあります上乗せ徴収教育保育向上図る特に必要対価つい保護負担求めるもの実費徴収教育保育施設利用おい通常必要れる経費保護負担せるものおりいずれ保育含めること適当ない位置づけおります

また保育時間よる保育違いつきまし現在示しいる利用負担上限よります保育時間保育標準時間約98.3パーセント設定月額比較ます階層よりゼロ円から1,600円までなっおります

保育基準つきまし自治おい独自軽減図っいる実態あることからその負担軽減するため現行水準より低く設定れること望ましいもの考えおります

また制度おけ本市保育つきまし今後検討まいります

小樽市独自支援方向ついですまず北海道よる既存施設対する意向調査つきましいずれ通じ施設調査配付回収北海道送付ものあります回答内容把握おります確定内容多いことありまた及び北海道おいどのよう公表するいうことつい示しないものあります

また全体制度移行事業児童把握つきまし新年度予算関係あります予算編成時期間に合うよう把握まいりたい考えおります

認可保育施設制度移行希望つきまし特に把握おりませ

また認可保育施設休止事業施設か所除き15か所あり平成25年度運営補助行っ施設か所補助金額合わせ480万円あります

また認可保育施設対する今後補助継続つきまし現在進めいる制度内容制度移行財政負担ありなどとも検討必要ある考えおります

独自実施いる補助交付継続ついですこれことつきまし制度補助事業内容財政負担ありなどとも検討必要ある考えおります

議長横田久俊項目質問入ります

議長20呼ぶあり

議長横田久俊20中島麗子議員

20中島麗子議員登壇

20中島麗子議員質問カジ問題です

8月20日厚生労働省研究班調査パチンコ競馬などギャンブル依存やめられない病的ギャンブラー全国推計536万人なる発表まし成人全体4.8パーセント男性8.7パーセント女性1.8パーセントです研究班昨年7月約4,000人面接調査実施結果です

海外同様調査アメリカ1.6パーセント2002年香港1.8パーセント2001年韓国0.8パーセント2006年日本割合高い指摘ますその理由パチンコパチスロ身近場所普及いる影響ないます

臨時国会本格審議れるIR推進法案成立場合さらにギャンブル依存増加すること心配ますこの調査結果つい市長感想聞きます

研究班対策啓発予防教育治療社会復帰システムづくり必要ます現在ギャンブル依存対する対策どのようなっます

特にギャンブル依存つい今回実態調査実施まし治療予防取組道内治療機関実態つい聞きます

あわせ調査結果小樽市当てはめるギャンブル依存ほどなります

今回ギャンブル依存つい石橋病院白坂知信院長会っ伺いまし白坂院長小樽精神保健協会アルコール薬物専門部会はじめ多数役割持ちです最近北海道警察署長会講演依存講義基づい説明くれましギャンブル依存病気あり性格個人意思問題ない依存身体精神社会自分利益都合なっいるかかわらそれやめられ反復続けいる状態利益そのもの反応確実報酬よりリスク伴っ報酬強く反応するいいますまた僅差外れ大きなスリル感じ次回期待すること快楽感じドーパミンいう物質分泌ます繰り返すこと快楽感じる細胞感度下がりドーパミン分泌減少満足得るためさらに刺激回数増やしいくいいます石橋病院年間通し毎月ほどギャンブル依存患者入院あるそうです訪問8月時点パチンコ依存競馬依存入院1億5,000万円失っバカラ依存通院いる聞きまし

カジノ依存対し本人行かなけれいい言うますその統制とれなくなる依存いう病気ですまた小樽ないばかりからカジノあっ行かない意見ありますギャンブル依存陥る人間心理同じ性別身分社会地位関係なく金持ち金持ちなり貧乏貧乏なり依存なるいうことです

市長回定例会我が川畑議員質問対しギャンブル依存つい把握ない答弁ますこの白坂院長呼びできれ議会共同ギャンブル依存学習開催いかがでしょう

日本パチンコ1万2,000軒店内設置いるギャンブルマシン総数460万台世界マシン占めます既にギャンブル依存発生世界高いこと明らかなりましここさらにカジ解禁ギャンブル施設増やすこと依存対策十分社会問題拡大するばかりです欧米研究1人病的ギャンブラー周囲から10精神物理被害受けいるます依存増やしいくカジ誘致やめるべきです改めて市長見解聞きます

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

中松義治市長登壇

市長中松義治ただいまカジ問題つい質問ありまし

初め厚生労働省研究班発表ギャンブル依存調査結果つきまし詳細内容公表ないため新聞報道限りあります小樽市保健所ギャンブル依存関する相談件数平成24年度ゼロ25年度いうことからする率直感想全国推計536万人成人全体4.8パーセントいう結果高い数値ない感じおります

ギャンブル依存対する対策つきまし現在特別対策行わおりませ治療アルコール薬物依存治療ある認知行動療法などあり予防ギャンブル使う決めるストレス発散方法増やすまた過度ギャンブル注意することなど重要ある言わおります

また道内医療機関つきましか所程度ある聞いおります

報道いる調査結果小樽市当てはめ場合ギャンブル依存つきまし単純人口規模換算いたします5,356人推計ます

市議会共同開催よるギャンブル依存学習つきまし今後IR推進法案可決IR実施示される具体依存対策など内容ながら検討まいりたい考えおります直ちに開催すること考えおりませ

カジノ含むIR誘致対する見解つきまし法制IRシンガポールなど世界各国ましリゾート施設なっおり国際観光推進大きな役割果たすもの考えます

また依存対策つきましIR推進法制受け検討れるIR実施おい依存対応ため機関創設など外国先行事例生かし対策定められいくもの考えおります

したがいまし今後とも北海道関係機関連携IR誘致向け取組進めまいりたい考えおります

発言するあり

議長横田久俊項目質問入ります

議長20呼ぶあり

議長横田久俊20中島麗子議員

20中島麗子議員登壇

20中島麗子議員最後質問です

石狩湾新港港湾計画改訂関し質問ます

石狩湾新港管理組合平成26年度中港湾計画改訂行う予定です項目ありますとりわけ問題新たバルク貨物対応する称し新規西地区マイナス12メートルバース計画その背後既に計画いる6.6ヘクタール埠頭造成しよういることです

我が新規マイナス12メートルバース建設なくマイナス14メートルバースその背後4.2ヘクタール荷さばき新たバルク貨物取り扱うことできる考えます

質問ます

マイナス14メートルバースその背後荷さばき利用状況です

平成24年25年マイナス14メートルバース利用状況つい説明ください

その背後からおろし貨物荷役行う荷さばきありますそのうち西1号荷さばき地西3号荷さばき地の合計4万2,000平方メートルつい平成24年と25年利用状況つい説明ください

です

平成26年第2回石狩湾新港管理組合議会定例我が北野義紀議員質問明らかなっよう新たバルク貨物石材輸出風力発電輸入機材ことです

最初輸出です

現在北海道から輸出いる道産北海道港湾貨物取扱統計年報よる1万5,080トンすぎませところ港湾計画改訂目標年次の10年後から15年後に8倍の約12万トンなることですその根拠全国生産から国内消費差し引い約225万トン全部輸出なるこのうち道産石狩湾新港から輸出いる割合推計ものですしかも食糧支援除く前提です全国生産から国内消費差し引い約225万トン全部輸出なる根拠説明ください

石狩湾新港おけ米穀輸出取扱つい聞きます港湾統計貨物分類米穀平成18年の5万358トンピーク減少平成25年5,186トンです平成18年から25年まで石狩湾新港おけ米穀その輸出取扱推移つい暦年ごと説明ください

風力発電機材ついです

石狩湾新港管理組合説明全国風力発電導入可能2,880万キロワットうち後志石狩留萌宗谷日本海側割合15.9パーセント乗じ風力発電導入可能458万キロワット推計ます風車1基発電規模2,000キロワットする対象地域導入可能基数2,290基耐用年数30年すれ年間76基建設れる計算ですこれ機材年間取扱12万フレート・トンなることです

また管理組合説明よれ2,290基今後30年間わたっ毎年毎年76基分風力発電機材石狩湾新港輸入れることです耐用年数考慮25年後から30年後また76基風車機材輸入れるいうあれうなずけますこれから毎年76基分風力発電機材取り扱われるなど考えられないことです

問題このようありない取扱貨物前提マイナス12メートルバース背後6.6ヘクタール埠頭73億円かけ建設しよういることですこれありないなれ風力発電機材年間取扱12万フレート・トン根拠ない貨物予定なりマイナス12メートルバース建設根拠崩れることなります

このよう施設計画市長同意するつもり見解聞かください

です

マイナス12メートルバース関連事業投入れる税金73億円つい伺います

8月7日石狩湾新港管理組合議会管理マイナス12メートルバース関連事業起債償還使用収入充て償還期間公債償還約38億円使用収入約22億円管理負担約16億円なる見込み答えますしかし管理負担この程度済むいう疑問ありますマイナス12メートルバースバース及び荷さばきそれぞれ起債償還使用収入見込説明管理負担約16億円根拠説明ください

またバルク貨物ごと使用収入詳しい内訳説明ください先ほど指摘よう新たバルク貨物取扱貨物過大見積りどころありませ果たして使用収入どのよう推計いる疑問ありますわかるよう説明ください

これまで小樽市港湾計画改訂当たっ管理組合から提案そのまま受け入れ過大港湾計画認め事実あります今回また同じよう同意する見解聞きます答えください

以上質問留保質問終わります拍手

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

中松義治市長登壇

市長中松義治石狩湾新港港湾計画改訂つい質問ありまし

初めマイナス14メートルバース荷さばき利用状況ついですまず平成24年と25年マイナス14メートルバース利用状況つきまし24年木材チップ取り扱うチップ17チップ以外船舶25年チップ14チップ以外船舶バース利用いる聞いおります

西1号荷さばき地西3号荷さばき地平成24年と25年利用状況つきまし24年木材チップ荷さばきヤード使用ほかロシア向け石材輸出する荷さばきヤード25年木材チップ荷さばきヤード使わ聞いおります

新たバルク貨物ついですまず全国生産から国内消費差し引い約225万トン全て輸出なる根拠つきまし今後我が消費人口減少ほか欧米より需要減少想定ます既に北海道はじめ我が生産一部海外販路求めいく取組進められおりまた今後日本評価から海外日本需要高まること想定取扱推計いる聞いおります

平成18年から25年まで石狩湾新港おけ米穀その輸出取扱推移つきまし18年米穀5万358トンうち輸出1万1,107トン同じく19年2万8,866トンうち8,878トン20年3万9,628トンうち1万2,416トン21年4万7,449トンうち2万2,519トン22年1万8,922トン輸出つきまし取扱いありませでし平成23年2万7,436トンうち13トン24年2万6,410トンうち1万402トン25年5,186トンうち159トンなっおります

今回施設計画同意するつきまし石狩湾新港管理組合よりバースごと取扱貨物根拠示さおります現在国土交通省北海道開発局北海道小樽市石狩市管理組合担当構成する石狩湾新港港湾計画改訂検討部会おい目標取扱貨物施設計画内容確認行っおりますまた現在国土交通省港湾局内容審査行わおりその動向注視いるところあります

改訂計画費用ついですまず管理負担約16億円根拠つきましマイナス12メートルバース関連事業岸壁整備荷さばき整備から成り岸壁整備つい起債償還期間公債償還約19億円使用収入約9億円試算れることから差引き約10億円管理負担なる見込まれることありますまた荷さばき整備つい起債償還期間公債償還約19億円使用収入約13億円試算れることから差引き約6億円管理負担なる見込まこれ合わせ管理負担約16億円見込んいる聞いおります

バルク貨物ごと使用収入内訳つきまし風車輸入岸壁使用石狩湾新港接岸実績ある大型船舶想定計画貨物から荷役必要なる係留時間算定する約3,400万円荷さばき使用荷さばき面積使用単価使用時間乗じ約4,500万円なり合計約7,900万円収入見込まれることあります

また輸出同様算定岸壁使用約900万円荷さばき使用約1,800万円合計約2,700万円収入見込まます

以上取扱貨物使用収入合計約1億600万円見込んいる聞いおります

今回港湾計画改訂同意することつきましほど答えましよう管理組合示し施設ごと計画つい現在検討行わおります今後計画方針港湾能力など合わせ港湾計画全体示されることなります石狩湾新港小樽港とも日本海側拠点港湾発展いくため今後必要施設整備進めるべき考えおります母体財政状況既存港湾施設利用状況推計取扱貨物蓋然など総合勘案同意する判断行っいく必要ある考えおります

議長20呼ぶあり

議長横田久俊20中島麗子議員

20中島麗子議員それ質問行います

最初財政問題です北海道電力申入れない答えなりまし

しかし今回北海道電力電気値上げ対し北海道8月影響調査やっます道内約1,000余企業対しアンケート行っます92.3パーセント企業影響ある答えおりましそのうち24.2パーセント大きく影響する答えます業種製造大きく影響する答え企業41.0パーセント全体価格転嫁できない答えいる企業4割ありまし

道内地域経済深刻事態引き起こす心配あるそういう道内自治初めて苫小牧市8月26日根本見直すよう北電要望出します

市民代表また地域経済振興進める市長立場本当意見上げるときない思います財政言い続けいる小樽市こそ北電撤回見直し届ける当然ない思います再度答えいただきたい思います

街路問題です

助成来年度から見直す言っます今年度特に計画ないしかし今年度予算400万円57団体629申請交付207です400万円予算範囲いうことなる思いますとりあえず今年度交付5億円ほど予定より多かっ実際今年度申請あっ629全部認めたら小樽市さらに出す予算幾らぐらい必要これ明らかいただきたい思います

同じよう国民健康保険事業特別会計決算です保険すぎわけない伺いまししかし市長提案説明4億7,500万円ほど剰余2億1,000万円超過交付年度返す残額基金残るいうことそれ基金総額幾らなる答えください

小樽市平成24年度国民健康保険事業運営基金条例を制定ます国保事業黒字処理目的です条例の第5条見る国保事業会計の基金一般会計貸し出すことできるこういうこと書いあります国保事業会計超過交付返すことなっます同様市民返す本当ありませ剰余基金積み立てることなく保険引下げ回すべき思います

今後基金積立対し一般会計貸し付ける予定保険引下げ回す先ほど回さない言いましけれどこの条例見る一般会計貸し付けることできる堂々書いあるですそのためこの基金条例つくっもうはっきり答えいただきたい思います

子ども子育て支援制度です

議案第27号及び第28号ですこれ読ん小樽市保育内容どのよう決められいる市民わかりませけれど政省令参照市民理解できるようするため一体どのよう考えいるここところ聞かください

政府政省令の条項ずれるよう改正とき内容変わらなく条例変更ため議会諮ります一方政省令内容変わっ条項番号さえ変わらなけれ条例改正する必要なく市議会諮らないこれ小樽市条例意味ありませ変更そのまま連動市議会認識できないこういうことなるないです大変問題ある提案思います再度答えください

4月から制度当たっ現行制度いろいろ問題ありますけれど最低現行基準下回らないそれ基本思いますしかしいろいろ説明受けまし基準同じようする現在より保育後退するそういうもの感じましこの小樽市条例ですから資格導入ない給食現在まで同じよう3歳まで保育提供する市長判断できる中身です法令どおり現行保育後退なる思います市長どう考えなりますこの基準どおりする小樽市現行中身維持するはっきり聞かください

カジノ問題つい聞きます

ギャンブル依存実態調査こと重要だっ思います小樽ギャンブル依存5,000人ぐらいいるいうなる大変驚きまし

問題精神疾患治療予防対策取り組まない状況ですある家族問題相談受けケースあります本人パチンコ依存家計全てパチンコ投入借金繰り返し家族関係破綻そういうでし市長いろいろところカジ視察行っます心配れるようことそんな感じませこのよう記者会見話しましあまり実態知らないないでしょう調査結果大変多くギャンブル依存あるいう実態IR推進可決れれ責任対策出されるおっしゃっますこういう医療機関体制つくるなれ数年単位医師教育施設準備必要ですそういうこと保証あるどう曖昧カジノ開設だけ進めるいう納得いきませどうでしょう

ギャンブル依存実態しっかりつかんいただきたい白坂院長いつ学習会講師引き受けます大変好意でし法律決まる決まらないかかわら正確知識理解するため積極学習検討べき思いますいかがでしょう

石狩湾新港の西地区新たマイナス12メートルバース計画です答弁聞いとおり岸壁使用手数9億円荷さばき13億円そういうこと16億円根拠示しなりましこの使用手数きちんと入っくるどう心配質問いたしましそういう資料説明もらっとおり米穀取扱そのおけ取扱どんどん減少いるですそういう過大設定いるない大変心配ですその全部管理負担小樽市北海道石狩市入っない負担するいう既に経験済みです

いただい石狩湾新港のパンフレット概要経緯平成18年目的国際ターミナル西地区マイナス14メートルバース供用開始書かます利用実態説明あっとおりですこの利用実態つい当初計画比べどのよう考えいる聞かください

今後マイナス12メートルバース同じようこと起きるない心配聞きおります例えば風力発電です76基分発電1基2,000キロワット15万2,000キロワット北電買い取っもらうことなりますしかし北電風力買取り可能ありまし平成25年度現在既に31万6,000キロワット買い取らおりましあと24万4,000キロワットしか買取り容量ありませ送電関係決められ内容です毎年76基分輸入れるいう計画大きく矛盾する思いますいかがでしょう答えください

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

市長中松義治中島議員質問答えいたします

北海道電力値上げ問題それから街路問題それからカジノ問題ついから答弁いただき残り担当から答弁いただきます

まず北電値上げ問題ありますけれど先ほど答弁いただきましようから認可ないいうことあります

それからもうやはり一番大事電力安定供給これだけ確保なけれいけないだろう停電なっしまうなどいうことあっいけないない確か議員おっしゃるようそれぞれ個人事業値上げ負担大きい思いますけれどどもできるだけ値上げないよういっいただけれ思いますやはり電力安定供給いうことだけ確保なけれいけないだろうこういう思いおります

それから街路問題つきましLED変更つい8月町会会合持ちましこのとき町会から質問いうLED問題オンリーございましそのいただきまし今年度実施なかなか難しい思うけれど来年度平成27年度以降ピッチ上げスピード持っ取り組んいきたいいうこと町会了解いただいいるところございます理解いただきたい思います

それからカジノ問題つきまし先ほどたまたま全国ギャンブル依存患者536万人いうよう推計あるいうことですからそれ単純小樽市人口割り返し5,356人いう推計ないだろういうこと申し上げあっ5,356依存いるいうことありませ理解いただきたい思っおります

それから議員から提案ありまし医師そういうつい先ほど答弁いただきましようまだIRできないわけですからできそういうこと取り組んいきたい思います申し上げおりますけれど市民説明いきたい思っおります理解いただきたい思います

議長呼ぶあり

議長横田久俊医療保険部

医療保険部藤井秀喜中島議員質問答えいたします

国民健康保険ですけれど基金保険引下げ充てることできないいうこと質問ありまし

先ほど市長答弁ございましおりそもそも設置目的国保事業健全運営確保する保険給付不足場合インフルエンザ医療増えとき対応するいうようそういう目的ものです一般会計会計から貸付みたい性格ありませもしとき一時貯金よう性格いうふう考えくだされよろしい思います保険適正財政運営寄与するため設けいるものございます引き続きこの部分つい条例どおりものこと部分積立ていきたい思いますそれまたインフルエンザなどいろいろこと場合翌年度また取り崩すいうこと保険そのこと大きく上がらないよう抑制効果もたらすいうこと考えますそのよう取り計らっいきたい思います

です先ほど答弁ありますおり積立て残高約3億円3億955万円いうこと今回補正3億700万円ぐらい積み立てるいう結果3億955万円なる予定ございます

発言するあり

議長横田久俊再々質問もう願いますもしあれ

答弁漏れない呼ぶあり

答弁漏れないです

答弁漏れ呼ぶあり

一般会計貸し付けることできるいうことですその文言なかっですけれどどうです

議長呼ぶあり

議長横田久俊医療保険部

医療保険部藤井秀喜答えいたします

一般会計貸し付けること理論できないことないしれませあくまでこの基金ども目的いう先ほど言っ通常考えられない病気発生いろいろ制度改正負担なけれならないいうよう激変緩和言ったら少し言いすぎしれませけれどそういう部分含め貯金ですそういう一般会計