固有表現抽出

開会午後1時00分

議長横田久俊これより本日会議開きます

本日会議署名議員秋元智憲議員濱本進議員指名いたします

日程第1「議案第1号ないし第23号並び平成25年第3定例会議案第7号ないし第21号並び請願及び陳情並び調査一括議題いたします

これより順次委員報告求めます

まず予算特別委員報告求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊千葉美幸議員

千葉美幸議員登壇拍手

千葉美幸議員予算特別委員会報告いたします

委員会おけ質疑質問概要とおりあります

議案第6号より市税条例改正れる市税特別徴収いる年金所得賦課期日市外転出場合これまで普通徴収切り替わっもの特別徴収継続れることなる国民健康保険後期高齢医療制度保険つい普通徴収選択できること鑑みれ市民つい同様特別徴収強制各人希望普通徴収変更できるようべきない

一方株式及び公社債係る所得対する課税見直し行わ損益通算対象公社債利子所得譲渡所得まで拡大れることなれ多く金融資産保有する富裕ほど条例改正恩恵受けることなるない

定例消費引上げ伴う水道料金下水使用改定関する条例提出いる水道料金下水使用つい条例議会提出する当たっ市長あらかじめそのつい審議会意見聞くものする小樽市水道料金等審議会条例第2条ある今回改定つい消費税法改正伴う自動料金改定あり審議行うことなじまない審議会開催なかっいうしかし条例審議会意見聞くこと定めいること消費改正伴い審議会開催いる自治あることから今回改定つい審議会開催意見聞くべきあっ思うどう

同報無線よる情報伝達つい長い海岸有する本市あっ整備係る事業規模膨大なるなど導入さまざま課題あるいうその有効非常高いない

導入する場合無線受信する野外スピーカー1基つきどれほど範囲カバーできるまた必要なる試算いる

同報無線より多く市民いち早く危険知らせる大きな効果期待できることからこれ受信できる野外スピーカー整備前向き検討今後さらに研究重ねほしい思うどう

小樽市統計よる平成17年から22年にかけ本市就業7,129減少いる居住する就業減少その部分占める一方札幌から通勤変動ほとんどないこの雇用確保よる人口増加取り組んいるこの統計から就業札幌居住通勤する相対増えいること推測たとえ雇用増え人口増加ないこと考えられる子育て環境教育から札幌転居する多く人口増加ため企業誘致ともこういっ部分重点改善いく必要ある思うどう

またそのため財政削減続け子育て教育関連予算つい来年度しっかり措置ほしい思うどう

ふれあいパスつい燃料高騰利用減少などバス事業置かいる環境非常厳しい現状受け事業から事業負担減額つい申入れあっいうその利用負担する方針いう値上げすれさらなる利用なり採算路線拡大ひいては路線廃止などつながること懸念れるどう

またそのよう場合想定支援利用デマンドバスなど運行視野入れるべき思う公共交通機関歴史恵まれことあり検討ない現実あるしかし現在輸送体系継続いく保証どこない以上問題顕在ないうち将来公共交通確保するため検討進めおくべき思うどう

現在後志管内国道393号の改良つい要望いる聞くこの要望実現場合倶知安町ニセコ町まで移動時間短縮れることからこれキロロ含め広域観光活発する思われるどう

またこれまで市内抜け稲穂峠経由ルート代替なり流入交通減少見込まれるこれより臨港線交通減少すれ現在片側車線車線あいた車線緑地たり歩道拡幅行い人力自転通れるよう北運河アクセス容易するなど運河周辺整備可能なることから将来見据え国道393号早期改良れるよう具体もっ要望いくべき思うどう

今年度初めて全国学力学習状況調査教科ごと結果数値公表学校平均正答公表難しいいうしかし学力向上家庭教育重要明らかあり学校結果公表すること保護子供学校現状しっかり把握もらい家庭学習真剣取り組んもらうため啓発つながるもの思うどう

また学校改善プラン自校実情応じ作成れるものあるかかわら紋切り表現多く見受けられる課題学校より違うものあるからそれぞれ学校見合っ改善しっかり盛り込んほしい思うどう

市民プール建設実現建設現在ある高島小学校温水プール合わせランニングコストどのよう捻出する一番課題なる思われるランニングコストつい民間委託指定管理制度導入することより軽減図れる思われる教委このことついどのよう検討いる

あわせ複合施設なれ管理少なくなることから老朽伴い後期実施計画施設整備つい項目ある総合体育館同様老朽いる市民会館など併設プール建設すること検討ほしい思うどう

2020年東京オリンピック開催決定今後全国代表メンバー合宿練習行う場所誘致活動活発なる思うおい総合体育館陸上競技場など練習会場国際基準見合う規模施設ある聞く老朽駐車確保など解決なけれならないさまざま課題ある練習参加する代表選手間近見ること子供たちより高み目指したい感じたり新たスポーツ興味関心持つきっかけなるなど競技向上競技人口拡大寄与する考えることからスポーツ振興ため練習誘致活動前向き検討ほしい思うどう

カジノ誘致名乗り上げ理由雇用促進宿泊増加などメリットばかり挙げ市民から不安ある安全整備などより担保れるだろういうしかしカジノある外国見るその周辺風俗建ち並び犯罪組織かかわっくる可能否めないことから小樽カジノ開設場合先人残し都市遺産ある小樽運河中心長い年月かけ積み上げイメージブランド守ることできなくなるない

また積極小樽応援くださる「まちづくり寄附条例賛同寄附いただい小樽案内資格取りボランティア活動いるふれあい観光大使任命いる対しアンケート調査行いカジノ誘致どのよう考え持っいるしっかり把握べき思うどう

IR一部あるカジノついメリットだけなくデメリットあることから誘致当たっしっかり調査研究行う必要ある現在IR担当する観光振興室のみ聞くしかしわずか十分情報収集ままなら今後必要なる市民IR疑問持つ対する説明しっかり行うため体制強化必要思うどう

また今後IR含め観光入れいくさまざま取組進めいかなけれならそのため職員増員とも観光振興室今の時代合っ組織改編いくこと必要思うどのよう考えいる

国内観光客数少子高齢などよる人口減少伴い相対減少傾向なるない聞くこう主要観光誘致活動競争激化予想れることから近隣地域連携広域観光確実発展目指すこと重要思う現状今後取組どう

また国際観光年を追うごとその比重増しおりよりインパクトある小樽なら観光資源見せ各種体験など新た魅力提供求められいるどのよう情報発信いく考え

介護保険制度つい支援向けサービス一部事業移管する方針ありその受皿既存介護事業加えNPOボランティア活用想定いるいうしかしそのようサービス対応できるようNPOボランティア団体ほとんどないことから平成29年の移管までどのようこう団体育成いくつもり

またサービス提供する団体取りまとめるとも利用結びつけるため組織設置など課題さまざまある思う移管混乱することないようしっかり準備進めほしい思うどう

福祉灯油実施つい灯油価格急騰場合都市状況財政支援動き財政状況総合勘案判断するおり灯油価格一昨年から高どまり傾向なっいるもの財政状況鑑みるなどから財政支援ない単独実施困難あるいうしかし平成19年度20年度現在より財政状況悪かっかかわら補助あっことから実施19年度世帯当たり約2,000円負担いることから今年度おいせめて同額程度福祉灯油単独実施する考えない

高齢対象置き除雪申請つい平成24年度所管建設部から福祉部移っこと伴い受付方法変更なっ23年度置き除雪実施もの24年度申請世帯107世帯上っ聞くこのうち71世帯申請理由わから受付方法変更よる申請漏れ懸念れる新規申請86あっこと理由その影響ない判断いるいうしかし所管変更ことよる影響など客観判断するため申請ない理由など状況把握するため調査行うべきない

また福祉除雪条件ロードヒーティング融雪設備ないことある設備あっ使用ないこと明らかあれ申し込めるいう今後広報周知するそのわかりやすく記載ほしい思うどう

ひきこもり係る状況つい児童生徒場合教委及び学校登校対応通じ把握できいる市内全体調査行わないこと考える取組十分ある感じざるない山形県調査民生児童委員43パーセント担当地域対応困難中高年ひきこもりいる回答いることから推測するひきこもりつい相談受けいる民生児童委員いる思われるひきこもり状況把握支援つなげるため個々部署対応なく横断ネットワーク必要思うまず民生・児童委員協議会通じ民生児童委員アンケート行いひきこもり人数調査ほしい思うどう

11月発表障害福祉サービス受給特別地域加算記載漏れつい本年7月事業から指摘より誤り気づいいう公表まで4か月要しどのよう理由よるもの

また事業から利用自己負担増額つい来年1月から請求平成22年度からの3か年分ついさかのぼっ徴収ない理解いただいいうしかし事業所利用から徴収できなかっ受給加算記載なかっためあり事業ないこと考える負担べきある思うどう

特別地域加算支給つい事業所から最初指摘あっ平成24年12月事業から再度指摘あっ本年7月おい担当から上司報告違いあっ

また事業利用負担増額来年1月以降徴収過去徴収ないこと理解いう同様ミス発覚道内都市状況どうなっいる

今回単に担当認識起因するものなく体制ミス言わざるないことから事業対し過去責任持つ態度示すべきだっない

現在障害控除対象障害手帳療育手帳交付受けいるなどあり難病対象なっないしかし本年4月から障害者総合支援法施行難病障害福祉サービス対象なっことから障害控除つい対象拡大難病加えるべき思うどのよう考えいる

またこのことつい厚生労働省財務省対し難病税制優遇措置求めいる聞くおいこの流れ受け先行控除対象するなど積極取り組んほしい思うどう

昨年10月障害者虐待防止法施行障害対する虐待発見地方自治通報義務づけられ施行道内障害施設入所対する虐待次い明らかなっ障害対しサービス提供するつく職務入所虐待行っいることつい厳しく糾弾れるべき思うこのことついどのよう考えいる

また再発防止向け施設対し実態調査開始聞く障害入所施設あることから連携情報共有など努めほしい思うどう

旭川市町会など了承去勢避妊手術行っ野良猫再び地域戻すいう地域対策道内自治初めて実施聞く地域対策つい個別取組行っいる町会ある聞く旭川市同様施策行うこと取組行っいる対する補助など行うことできない

保健所ボランティア団体協力ながら市民終生飼養つい啓発活動行っいること動物愛護観点から市民一層理解深めもらえるよう継続取り組んほしい思うどう

小樽ファン支えるふるさとまちづくり寄附条例基づく寄附つい先日報道あっ防災協力自動販売売上げ基づくもの含め毎年多数寄せられいる聞くこれ寄附小樽愛着思い基づい寄せられるもの思う寄附使途次年度企画つい寄附いただい方々知らいる

また今後とも歴史遺産保全ため市民全国方々向け呼びかけ続けもらいたいどうなどあります

付託案件結果とおりあります

まず議案第6号第8号第9号第11号ないし第16号つきまし採決結果賛成多数より可決決定いたしまし

その議案つきましいずれ可決全会一致より決定いたしまし

以上もっ報告終わります拍手

議長横田久俊これより一括討論入ります

議長呼ぶあり

議長横田久俊小貫議員

小貫元議員登壇拍手

小貫議員日本共産党代表ただいま委員報告反対議案第6号議案第8号議案第9号議案第11号ないし議案第16号否決主張討論行います

また賛成する議案第1号一般会計補正予算計上まし障害福祉サービス特別地域加算増額関連まし一言意見述べます

この特別地域加算支給より市民課税世帯利用15パーセント増し利用なります小樽市支給漏れなっ2010年度から昨年度分までの3か年利用つい15パーセント増し利用負担なります

しかしこの追加つい事業過去まで利用負担せるわけいかないいうこと事業負担することなっいるいいますこのよう事業から聞いたらこれ小樽市ミス原因です小樽市持ちますこのよう提案することなぜできないでしょうこの合計約22万円です小樽市カジノサミット補助出し20万円ほぼ同額ですばくち出すみずからミスつい責任持たないいう姿勢問題あり小樽市負担べきです

議案第6号小樽市税条例の一部改正する条例ついです

理由年金所得賦課期日市外転出場合おい特別徴収継続することです後期高齢医療保険国保から特別徴収国民から批判浴び口座振替選択できるようなりまし本来年金つい特別徴収強制やめさせ各人希望普通徴収変更できるようすること必要からです

理由現行上場株式配当譲渡所得対する損益通算特例債券公社債利子譲渡所得拡大すること多く金融資産保有する資産ほど税制恩恵受けるものです資産富裕優遇拡大なるからです

議案第8号小樽市夜間急病センター条例の一部を改正する条例案議案第9号小樽市廃棄物の減量及び処理に関する条例の一部を改正する条例案議案第11号小樽市営住宅条例の一部を改正する条例案議案第12号小樽市港湾施設管理使用条例の一部を改正する条例案議案第13号小樽市入港料条例の一部を改正する条例案議案第14号小樽市水道事業給水条例の一部を改正する条例案議案第15号小樽市簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例案議案第16号小樽市下水道条例の一部を改正する条例案ついです

いずれ条例消費引上げ伴い料金使用変更するものです日本共産党市民生活直結するこれ料金使用つい生計課税いう近代税制原則憲法精神から消費転嫁撤回するよう求めまししかも物価上昇年金削減年少扶養控除廃止など市民生活苦し増す消費増税負担厳しいものありますしかも来年4月消費増税社会保障解体大型公共事業復活など一体あり社会保障拡充財政再建理由成り立ちませ17日閣議決定中期防衛整備計画2014年度から5年間24兆6,700億円予定オスプレイ無人偵察など新型兵器導入めじろ押しなっます国民増税かぶせながら軍事増やすいうこと税金使い間違っます

本来ならおい来年4月消費増税撤回すること日本経済とっ必要ことです小樽市おい市民生活応援するためせめて公共料金来年度から消費増税転嫁行わないよう求めるものです

議員各位賛同願いいたしまし討論いたします拍手

議長横田久俊討論終結これより順次採決いたします

まず議案第6号第8号第9号第11号ないし第16号つい一括採決いたします

委員報告どおり決定すること賛成議員起立求めます

賛成起立

議長横田久俊起立多数

よっさよう決しまし

ただいま決定いたしまし以外案件つい一括採決いたします

委員報告どおり決定すること異議ございませ

異議なし呼ぶあり

議長横田久俊異議なし認めさよう決しまし

決算特別委員報告求めます

議長15呼ぶあり

議長横田久俊15濱本進議員

15濱本進議員登壇拍手

15濱本進議員決算特別委員会報告いたします

委員会おけ質疑質問概要とおりあります

平成24年度移住決定23年度比較増加いる移住不安つきものあることからその解消ため試し移住ツアー実施聞くその内容どのようもの参加からどのよう感想反響あっ

また昨年度移住11つい小樽から住居生活状況など把握いる

移住促進事業開始から数年たっその見え課題今後方向ついどのよう考えいる

人口減少対策おたる移住・交流推進事業研究会立ち上げ団塊世代対象移住促進事業取り組ん今後誘致当たりデメリットなく人口直接効果期待できる現役世代ターゲット移しいくいうしかし移住希望情報得るためホームページ団塊世代向けあり子育て教育など現役世代必要する項目ないことからそういっ部分重点情報発信できる内容べき思うどう

また研究会解散そのホームページ管理いることホームページ同様内容掲載おりホームページ持つこと維持管理費用から無駄あることからホームページ統合行うべき思うどう

簡易水道事業つい地下利用組合加入企業利用切替え進んおらこのまま今年度事業特別会計約1億1,000万円赤字生じ一般会計から繰入れより補填なけれならなくなるいうこの負担財政とっ大きな打撃なることから切替え促すため激変緩和措置など企業利用やすい条件整備べき思うどう

またこの地下指導より利用経緯あることから切替え進まないことより赤字生じ場合責任とっ赤字負担するよう市長みずから強く求めるべき思うどう

国際交流ボランティア登録制度ついホームステイ登録家庭43家庭こと平成24年度実績家庭受け入れ

また受入れ確認その報告ホストファミリー病気災害補償ついどのよう状況なっいる

ホストファミリーボランティアいうこと助成など予算措置全くない

職員定期健康診断毎年98パーセント前後いう高い受診実施いる受診対する所見割合7割近く推移いるいうこれ厚生労働省調査全国北海道割合対比相当高く所見判定基準全国統一ない考慮異常状態思われるどのよう認識いる

職員10いれそのうち検査あるいは治療必要いう状況健全職場環境言え健康管理つい具体対策必要なる思う今後どのよう対策考えいる

平成24年度決算よる市税収入状況非常厳しく地方交付頼らざるない財政状況あるいうこと改めて浮き彫りなっこのよう全国市長会など一体改革公務給与削減よる地方交付削減対しその都度緊急反対アピール出しいる改めて地方交付配分増額するよう強く要望べき思うどう

また不用つい以前財政状況厳しい2パーセント台推移ここ数年間3パーセント台推移いるなるべく節約する当然各課3パーセント目標不用出す申合せなっいるない

義務教育教材学校教室など使う備品消耗購入各校配分いる備品など購入指名登録限らいるいう指名登録から購入する値段高いいう聞く今後市税収入減少など財政悪化見込まれることから限りある教材有効活用教育上げるため財源充てられるようより安く購入できるあれ指名登録行っない業者から購入できるようほしい思うどう

教委作成平成25年度教育委員会事務点検及び評価報告昨年度まで記載なかっスキー学校開催つい項目新た追加いる長い歴史伝統あるスキー学校つい改めて記載どのよう理由よるもの

おい海水授業ようかつて当たり前行わもの現在行わない授業あるスキー学校ついスキーメッカ小樽なら授業長く継続できるよう努めほしい思うどう

学校給食運営協議会決算単年度黒字なっおり平成24年度約2,200万円繰越発生いるこのうち約1,000万円つい年度当初に新1年生給食納入れるまで運転資金必要ことその除いかなり金額活用できることなる思われる教委この繰越活用つい給食会計全体あり検討行ういう生活保護就学援助対象までならない所得世帯対する給食減免ため充てることできない

学校給食平成24年度決算おけ収入未済24年度分580万6,000円23年度分524万円22年度分563万6,000円あるいう会計運営あり収納主体学校あることから学校督促催告など行っいるいう日々業務傍ら直接対応当たる職員負担つい教委どのよう考えいる

また学校給食現状つい保護対し報告いるいう今後透明高めいくため予算決算収支状況事務執行状況説明記載するいっこと検討ほしい思うどう

平成21年文部科学省から学校おけ米飯給食推進つい通知あり週3回以上目標推進するものいる教委この通知ついどのよう見解持っいる

また現在米飯給食月曜日と木曜日の週2回実施ある全国平均比べ少ない理由

今後児童生徒減少予想れることから米飯食器洗浄委託学校給食センター食器洗浄する場合費用よく試算経費軽減図り米飯給食増加検討ほしい思うどう

昨年度病院事業会計つい損益収支6年ぶり損失計上する結果なっこと新市立病院建設事業伴う除却影響つい監査委員どのよう考えいる

また適用公営企業会計おい平成26年度から会計基準適用れること伴い資金不足算定おい影響見込まれること基準移行当たり注意なけれならない

小樽港湾内水難事故消防出動件数ここ数年年間十数いうこと水難事故起こっ場合全て消防本部対し救助出動依頼あっ

また港内築港臨海公園埠頭など20か所救命設置おり当然ながら港湾作業事故対策その適切整備及び管理必要ある整備関する予算計上困難今後どのよう対処する考え

若者抱える悩み相談つい相談内容より教育委員会保健所など担当する窓口分かれいるいう

しかしこれ悩み就職登校など複数問題絡み合っいること多く部署だけ解決至らないため相談から一貫さまざま相談受けられるよう窓口求める多いこう応えるため設置進めいる地域若者サポートステーションなどワンストップ対応できる施設開設努めほしい思うどう

小樽食品海外販路開拓支援事業東アジア進出意欲ある企業募集昨年11月初めシンガポール行わ見本市「OishiiJAPAN2012」出展こと参加企業あっ

この見本通じ契約成立企業あっ聞くことからこれ皮切りさらなる販路拡大つながるよう鋭意フォローアップ努めほしい思うどう

またこの事業市長思い政策継続いう意味非常重要事業ある理解いる一方地域消費ないもの販路拡大至らないことから市内企業支援地場産品道央圏消費拡大など地産地消進める取組さらに進める必要ある考えるどう

おたる自然使用過去3年間千五、六百万円推移いる利用状況など考える施設設置目的など条例含め見直す時期いるない感じる施設自体大変よいものあるからホームページなど広報活動充実せるとも現在よう広範事業行うなく民間協力農業振興経営向上関する事業行うなど目的はっきりせるべきない

これから天狗山開発始まる聞くことからその部分踏まえ来年度以降自然ありつい見直しべき思うどう

小樽市青少年問題協議会つい平成19年度までほぼ毎年度開催それ以降今日至るまで開催ない青少年対する総合施策変更要するとき青少年係る大きな問題起きとき協議開催するいう近年全国いじめインターネット関連事件発生また青少年取り巻く環境悪化など言わいるまだ大きな問題表面ない今後方針決めいくため協議開催べき思うどう

次期廃棄最終処分検討業務計上次期処分候補調査行っいるさらなる調査必要あり検討進んないいう一方処分かさ上げよる延命つい新た検討行っいることこれまで廃棄埋めところ地盤すること強度問題あるない

また処分ついごみ減量想定以上進んいること計画より4年ほど延命できる見込みあるいう処分つい厳しい財政状況処分できるだけ延命すること望まいる思うそのため必要今後ごみ減量ついどのよう対策考えいる

平成24年度国民健康保険事業特別会計決算保険給付おけ不用約5億3,771万円なっおり23年度比較約1億7,000万円増加いるその要因つい保険医療当初予算比べ減少ためいう実態予算計上おけ医療過大見積り加入受診抑制原因ない

また国保加入世帯所得占める保険割合16パーセント以上大きな負担強いられいる現状ある24年度保険医療1万1,327円下がっかかわら後期高齢支援介護納付増加よりトータル減額5,000円余り半減する結果なっことから保険抑えるため増加傾向ある後期高齢支援介護納付抜本見直し国庫支出増加要望いくべき思うどう

介護保険所得360万円以上場合いくら収入多く段階頭打ちなるため所得ほど収入占める割合大きくなっいる所得より多く負担求め所得配分することつい段階該当全体1.9パーセントしかないため所得負担軽減効果薄いいう制度可能あるなら所得応じ段階もう少し増やしよいない

また生活などより保険滞納いる市民減免該当するかかわら制度知らないいる聞くことから保険徴収職員から減免制度ある担当相談どう周知ほしい思うどう

認知高齢増えいく小樽北しりべし成年後見センター相談件数及び受任件数増えいくよう思う今後見通しどう

また現在49市民後見登録いること新た市民後見養成講座ストップいるその理由

9月新聞報道全国弁護司法書士含む後見後見財産不正流用その数十億円上っいるいう記事あっセンター金銭管理体制どうなっいる

ファミリーサポートセンター子育て援助行いたい提供会員援助受けたい依頼会員相互援助組織ある8月現在登録依頼会員217提供会員128あるいう依頼会員より提供会員少ない状況サービス提供する機能きちんと果たさいる心配あるこれまで支障などなかっ

また事業対象なる学校6年生まで子供約9,300いるいう会員鑑みる事業知らない保護多数いること容易推測できるその事業必要いる多くいる思われることからさらなる周知努めほしい思うどう

私道整備助成申請件数ここ5年間平成20年度21年度22年度23年度24年度ことあり少ないこれ制度市民周知不足いること起因いる思う今後どのよう周知行うつもり

また申請手続つい市民とっ難解ある思う私道整備助成申請する当たり注意なけれならない

多く観光訪れる手宮公園平磯公園など重要眺望地点指定いる地域歴史景観区域などある公園維持管理つい市民ボランティアよる草刈りなど行わいるもの直接管理ほとんどなさおら観光都市小樽恥ずかしい状況ある苦しい財政事情理解できる機械使っ草刈り樹木剪定などボランティア対応できない部分ついしっかり予算づけ人員確保最低管理行うべき思うどう

公園設置いる遊具点検毎年春先設置とも一斉行いその日常パトロール公園愛護会から通報より対応いるいうボルト緩んいるなど整備行き届いない遊具多く見かける地域ある子供たち放課集うよう公園遊具つい安心遊べるようしっかり整備ほしい思うどう

また壊れ遊具立入禁止テープ巻き期間放置いる公園ある聞く改修撤去時間かかるあれ破損遊具囲うなど子供危険及ぶことないよう措置優先考えるべき思うどう

先日長橋なえぼ公園の駐車場おい乗り捨てられ盗難燃やされるいう事件発生公園できるだけ自由使っもらう基本あることから今後対策駐車出入り制限するよう処置とる考えないいうしかし地域住民から心配するいることからこのよう事件頻発するようあれ防犯カメラ設置など安全対策とるよう研究ほしい思うどうなどあります

付託案件結果とおりあります

平成25年第3定例会議案第7号ないし第21号つきまし採決結果賛成多数いずれ認定決定いたしまし

以上もっ報告終わります拍手

議長横田久俊これより一括討論入ります

議長呼ぶあり

議長横田久俊川畑正美議員

川畑正美議員登壇拍手

川畑正美議員日本共産党代表ただいま委員報告反対平成25年第3定例会議案第7号ないし第21号決算つい認定討論行います

議案平成24年度小樽市一般会計歳入歳出決算認定ついです

日本共産党平成24年度一般会計予算対し新学校給食共同調理場建設事業中止石狩湾新港の北防波堤延長工事負担うち公債今年度分港湾建設相当削減有価証券売却OBC固定資産滞納回収上積みなど財源つくり就職高校市役所臨時雇用雇用支援住宅リフォーム助成制度拡大ふれあいパス利用負担軽減市営プール早期建設目指し調査実施など主張市民負担軽減市内経済活性提案まし

2012年度決算21億8,000万円不用生じながら市民生活守る内容なっませ

我が新学校給食共同調理場建設つい現在小樽市財政状況照らし財源規模からいっ無理あること安全食育立場から反対まし

石狩湾新港管理組合の負担つい公共埠頭いえ現状王子エフテックス株式会社事実専用なっながら岸壁使用だけ借金返済できないため母体ある北海道小樽市石狩市負担なっます王子エフテックス株式会社使用ほか適切負担せるべきです

小樽市切実課題ある雇用確保対策注ぎ地域経済活性つながるよう予算執行行うべきです

議案第11号小樽市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定ついです

2012年度保険給付5億3,771万円不用ます平成23年度24年度対比する後期高齢支援1億5,748万円増加介護納付6,190万円増加ます療養諸費過大見積り高い保険いること問題です

平成24年度国保医療引下げありまし後期高齢支援介護納付引き上げられ引下げ半減まし今後後期高齢支援介護納付引上げ予想国保引き上げられることなります一般保険療養給付受診件数及び金額前年度減少国保加入高い国保医療ため受診抑制いる状況あります

議案第12号小樽市土地取得事業特別会計歳入歳出決算認定つい本来公有円滑取得運用ため基金です2012年度決算説明よる利子収入16万5,000円これ一般会計貸し出しいる5億1,000万円対する利子です現在土地値下がり事前土地取得おく必要なくなっます会計我が廃止求めものです

議案第13号小樽市住宅事業特別会計歳入歳出決算認定ついです

市営住宅指定管理支払わいる使用収納向上対策事業つい昨年決算特別委員会我が中島議員指摘ます収納向上対し民間補助出すこと行政べきありませ

また内部改修修繕計画決められ畳替え改修行わませ計画どおり進めるべきです

住宅リフォーム助成制度助成2,000万円計上ながら415万3,000円残しましリフォーム工事総額2億2,683万円なり14倍以上経済効果つくりまし助成増やし申込抽選受け付け市民市内建設応援べきです

議案第14号小樽市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定ついです

協定基づい小樽市経営収支不足石狩開発負担すること事業進めまし石狩開発破綻小樽市かぶせられまし北海道強い要請基づき進められ事業あり北海道負担せるべきです

議案第15号小樽市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定ついです

介護保険全国平均上回っます特別養護老人ホーム待機解消するめどありませ訪問介護サービスこれまで30分以上60分未満45分未満時間短縮生活支援など必要サービスできなくなっます

介護保険制度介護サービス拡充基盤整備進めれそれ保険値上げはね返る仕組みです

また介護サービス利用すれするほど保険高くなり経済苦しい生活多く市民利用ないいう実態です

議案第17号小樽市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算認定つい2012年度から保険値上げ反対です前年同期4,742万円増大ます

議案第18号小樽市病院事業決算認定つい入院医療新しい計算方式あるDPC請求実施収益優先れることから患者負担増えることあり導入反対です

また治療一環れる給食つい本来病院局経営べき事業あり民間委託いること認められませ

議案第19号小樽市水道事業決算認定つい連続黒字基本水量20トン引き下げ市民負担軽くすること行わないこと認められませ特に生活保護切下げ生保世帯生活苦しくなっおり基本水量見直し水道使用実態合っ料金体系負担軽減図る必要あります

その議案つい日本共産党消費つい一貫反対立場とっます公共ある事業つい消費課せられるいう認められませ

以上理由よりそれぞれ決算つい認定主張討論いたします拍手

議長呼ぶあり

議長横田久俊安斎哲也議員

安斎哲也議員登壇拍手

安斎哲也議員一新小樽代表ただいま委員報告反対平成25年第3回定例会議案第7号及び第18号つい認定主張する討論いたします

まず議案第18号小樽市病院事業決算認定ついですたち会派従来主張どおり基準繰入れ続けいるいう部分から人件削減経営形態あり部分関し経営評価委員会から指摘あるようまだまだ改善余地あっいうです

これまでさまざま改善行っいること承知おります研修増額など行っいただいこと評価いたしおります引き続き努力いただきたい思っおります特に病院経営失敗場合今後小樽市政大きな影響与えること間違いなくさらに今後新市立病院建設償還つい負担くるわけですから基準繰入れない経営体制確立いただきたい思います

議案第7号ですその基準繰入れかかわる部分から認定いただきます

ただ市長公約どおり会計から繰入れ頼らない財政運営ため努力評価いるところ以前から申し上げおりますこれ負債借金いう将来わたるツケ現役よるものなくバブル踊っ尻拭いられいる部分思います

来年度から消費増税はじめさまざま税制改正あり地方自治とっ大きな影響受けます厳しい財政状況選択集中観点から将来負担少なくつつ市民立つため役所運営願い討論いただきます拍手

議長横田久俊討論終結これより順次採決いたします

まず平成25年定例会議案第7号及び第18号つい一括採決いたします

委員報告どおり決定すること賛成議員起立求めます

賛成起立

議長横田久俊起立多数

よっさよう決しまし

平成25年定例会議案第8号ないし第17号及び第19号ないし第21号つい一括採決いたします

委員報告どおり決定すること賛成議員起立求めます

賛成起立

議長横田久俊起立多数

よっさよう決しまし

総務常任委員報告求めます

議長27呼ぶあり

議長横田久俊27前田清貴議員

27前田清貴議員登壇拍手

27前田清貴議員総務常任委員会報告いたします

委員会おけ質疑質問概要とおりあります

議案第3号より職員給与条例改正れる公的年金支給開始年齢まで来年4月から新た再任なる職員給与引き上げられこれまで再任職員格差生じる地方公務員法職員給与その職務責任応ずるものなけれならないいる以上同じ職責負う再任職員給与つい年金受給有無よりつけるべきない思うどう

市民プール建設向け財政問題あるなら建設ランニングコスト目標立てから規模建設決め進めいくいう視点欠けいるない

市教育委員会水泳人口利用求めいるなどつい調査いるいう一体かけ調査するつもり

また後期実施計画建設たい意向市長部局伝えいる

行政評価結果市民公表する予定聞く今後方向おい現状維持なっながら予算増額なっいるものあり十分説明ないままホームページ掲載誤解招くこと危惧れるどう

また改善表現伝えたいわかりにくく事業内容変更などほう一目瞭然あり表現方法検討もらいたいどう

行政評価おけ判定項目段階しかない廃止評価べきもの

本格実施向けマイナス評価だけなく例えば640日間火災よる死亡ない火災予防啓発事業評価するなど行政プラスつい市民判断やすい表現方法検討もらいたいどう

総務省から示さ新地方公会計制度に基づき財務4表作成聞く市民1人当たり資産示さ資産道路公共施設などこういうもの含まれる例示などコメント記載なけれ市民実感湧かないない

今後同表数値市民与える影響数値どう変化すること行政努力表れ示せ市民理解進むもの思うどう

全国学力学習状況調査調査結果ついこれまで文部科学省から過度競争あおらないよう配慮求められ来年度以降市町村の教育委員会判断丸投げれる学校だよりなどソフト伝えられ内容先鋭する特定子供地域学校から孤立する心配あるない

市教育委員会子供能力萎縮せるなく伸ばすため環境整備行うこと重要ありその意味から今後公表進め考えもらいたいどう

消防つい高齢伴い都市おい確保苦慮する500前後推移いるいう消防本部おい今後とも団員募集向け消防フェアPRなど鋭意努力続けもらいたいどう

また消防研修つい多く団員受けやすい環境整えほしいどうなどあります

なお閉会10月17日開催ました当委員会おきまし石狩湾新港管理組合協議案件つい報告なさ質問交わさおります

付託案件結果とおりあります

まず議案第23号つきまし採決結果賛成少数より否決決定いたしまし

議案第5号並び陳情第2号ないし第145号第151号ないし第280号第283号ないし第289号第293号ないし第308号第319号及び第325号ないし第534号つきまし採決結果賛成多数より議案可決陳情いずれ継続審査決定いたしまし

その案件つきまし議案いずれ可決陳情採択所管事務調査継続審査全会一致より決定いたしまし

なお委員会おきまし陳情第324号及び第325号つい今後審議参考資するため委員会休憩陳情から趣旨説明受けこと申し添えます

以上もっ報告終わります拍手

議長横田久俊これより一括討論入ります

議長呼ぶあり

議長横田久俊小貫議員

小貫元議員登壇拍手

小貫議員日本共産党代表ただいま委員報告反対議案第5号否決第23号可決陳情第2号ないし第145号第151号ないし第280号第283号ないし第289号第293号ないし第308号第319号及び第325号ないし第534号採択主張討論行います

最初述べまし議案陳情対する討論議案第3号小樽市職員給与条例等の一部を改正する条例案つい意見述べます

この議案再任職員年金期間給与保障するものあり反対するものありませ

意見現在再任職員道内都市比べ低い給与働いいるため新しい再任職員給与格差生まれます同一労働同一賃金いう問題残ります

二つ目週35時間労働時間労働みなしいる問題です国家公務勤務時間1週間当たり38時間45分小樽市一般これ準じます一方国家公務再任時間勤務職員勤務時間1週間当たり15時間30分から31時間までなっます週35時間労働時間勤務する法的根拠乏しく一方国家公務準じながら他方準じることないいう矛盾あります

以上議案関連するつい是正求めるものです

それ議案第5号小樽市職員恩給条例等の一部を改正する条例の一部改正する条例案ついです

恩給年額引き下げるものありしかもそのわずか年額約2万7,000円ですから引き下げるべきありませ

議案第23号小樽市非核港湾条例案ついです

小樽市加盟する平和首長会議扱う核兵器禁止条約交渉開始求める市民署名12月現在86万筆超えます

国連総会12月5日核兵器禁止条約の交渉開始求める決議圧倒賛成多数採択まし9月初めてなる軍縮関するハイレベル会合開催核兵器禁止条約国際交渉速やか開始求める世界流れなっいること示しまし

またイラン兵器開発疑惑解決目指しアメリカなど国連安保理理事EUよる交渉合意ましイラン開発明らかなっから10年余平和解決向け画期合意歓迎上がっます

このよう廃絶国際世論広がりあります保有みずから兵器放棄約束せるさらなる世論広がり必要です

現在アメリカみずから艦船兵器搭載いるどう明らかませ来年2月なる雪まつり時期なりますする同時やっくるない心配れることアメリカ艦船です密約存在明らかなり兵器持ち込む場合事前協議必要ないこと明らかなりまし

条例小樽港入港する外国艦船兵器積んいるどう確認から入港許可するいう内容あり入港許可するどう港湾管理権限条例はっきりせるものです

新しい陳情第325号ないし第534号「第6次小樽市総合計画」の「後期実施計画」早期「市民水泳プール」建設つい継続審査陳情第2号ないし第145号第151号ないし第280号第283号ないし第289号及び第293号ないし第308号ついです

駅前ビルの室内水泳プール反対あるかかわら壊しその補償駅前開発流用ましその市民押さ小樽市第6次総合計画位置づけ当時財政状況厳しい早い段階建設目指し前期実施計画基本設計実施設計事業明記ましかかわら今年度予算予算計上前期計画事業開始見送り加え定例報告あっ後期実施計画2013年12月前期記載基本設計実施設計すら記載ないいう後退表現示しまし

陳情市民約束事業実施ほしい建設位置づけるよう求めるものあり陳情願意妥当あります

陳情第319号所得税法第56条廃止自家労賃経費認めること求める意見提出ついです

12月現在道内48自治意見可決ます来月から白色申告記帳義務拡大するですから区別つける必要ありませ願意妥当採択求めます

議員各位賛同願いまし討論いたします拍手

議長17呼ぶあり

議長横田久俊17佐々木秩議員

17佐々木秩議員登壇拍手

17佐々木秩議員民主党市民連合代表委員報告反対議案第23号小樽市非核港湾条例案賛成立場討論ます

たちこれまでこの条例討論主に入港兵器持込み疑惑その兵器危険など直接市民脅威つい指摘まし今回さらに搭載可能ある入港よる新た間接脅威不安指摘なけれなりませ

それ先日特定秘密保護法の成立その影響よるものですこれよりアメリカ政府文書明るみ兵器積ん艦船航空領空領海一時通過寄港など場合事前協議不要する日米密約一層秘密沈みこれから艦船搭載情報明らかれることさらになくなるでしょうこのこと搭載可能一層否定できなくなることあります

その特定秘密よう毎年よう小樽港寄港ますたち危惧する寄港職員港湾関係軍事機密いう特定秘密扱うふさわしいどう適性評価呼ばれる適格審査行われる可能あるいうことです適性評価制度本人だけなく親族知人まで調べられ把握ます評価項目思想信条恋人有無借金酒ぐせまで含む範囲ものなっますまたこの適性評価公務だけなく業務委託受け民間従業対象なります市民思想信条自由など個人人権脅かされる危険あります

また友好親善名目やっ米兵まちなか交流会話本人知らないうち秘密触れなくネット書き込む家宅捜索事情聴取最悪起訴有罪懲役10年これおっかなく友好親善どころありませ

大げさ思うしれませ前例あります1957年横須賀市入港日程乗組から聞き出し出入りクリーニング米軍機密犯す逮捕有罪なっますただ仕事熱心余りほか業者よりクリーニング注文とろうだけかかわらです

さらに心配するたち市議会議員入港問題議会質問理事さんそれ答弁触れることなるいう可能生まれことです結果それぞれ自己規制議論萎縮しまう怖いところです

このよう小樽市民安心安全これまで搭載疑いより脅かされる心配加え特定秘密保護法制定よっ個人知る権利人権自由これ脅かされる不安入港よっ身近やっくることなります

ぜひこのたび本条例案可決多く市民疑念不安持っいるこの特定秘密保護法影響少し減らすため搭載可能ある入港ノー言えるこの小樽市非核港湾条例案賛同よろしく願いいたしまし討論終えます拍手

議長横田久俊討論終結これより順次採決いたします

まず議案第23号つい採決いたします

委員報告否決あります原案つい採決いたします

可決決定すること賛成議員起立求めます

賛成起立

議長横田久俊起立少数

よっ議案否決まし

陳情第2号ないし第145号第151号ないし第280号第283号ないし第289号及び第294号ないし第308号つい一括採決いたします

委員報告どおり決定すること賛成議員起立求めます

賛成起立

議長横田久俊起立多数

よっさよう決しまし

議案第5号並び陳情第293号第319号及び第325号ないし第534号つい一括採決いたします

委員報告どおり決定すること賛成議員起立求めます

賛成起立

議長横田久俊起立多数

よっさよう決しまし

ただいま決定いたしまし以外案件つい一括採決いたします

委員報告どおり決定すること異議ございませ

異議なし呼ぶあり

議長横田久俊異議なし認めさよう決しまし

経済常任委員報告求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊中村岩雄議員

中村岩雄議員登壇拍手

中村岩雄議員経済常任委員会報告いたします

委員会おけ質疑質問概要とおりあります

札幌入国管理局旭川出張所の新設伴い札幌本局に最も近い小樽港出張所廃止予定いる聞く入管説明出張適正配置よるものこと小樽港これまで実績考える旭川出張所新設小樽港出張所廃止違う問題ある思うどのよう認識いる

また小樽港の出入国来年度以降予定いるクルーズ客船寄港増加などより旭川空港遜色ない人数なる見込まさらなる寄港誘致向け取組行っいるなど出入国審査業務拡大想定れる出張廃止するいう合わない判断絶対認めならない思うどう

現在第3号ふ頭及び周辺開発計画作成進めおりそのクルーズ客船誘致係る施設整備など計画いるしかし市民から時々入港するだけクルーズ客船ため多額整備費用投ずる価値あるいっ疑問聞かれることからクルーズ客船もたらす経済波及効果ついしっかり説明いくべき思うどう

また整備当たっ乗船ためだけなく市民親しめるいく必要ある計画あるイベント広場など市民日常子供連れ遊べるスペースなり得ることからそういっこと想定安全配慮素材舗装整備ほしい思うどう

小樽の森構想ついこれまで運河中心観光おい天狗山中心山側魅力発信施設整備進めさらなる観光振興つながるもの期待するしかし多額事業要することから全て事業着手すること難しい思うまずどの事業から優先取り組むべき考えいる

また事業実現検討報告アウトドア係るさまざま資格取得できる専門学校自然設置する記載ある日本こういっ資格ニーズある

一方このよう専門学校でき場合現在学校自然行っいるさまざま体験学習これまでどおり実施すること可能

北小樽観光中心ある祝津地区ニシン繁栄歴史文化おたる水族ほか豊か自然有しおりこれ資源活用にしん祭り花火大会などイベント実施多く観光呼び込んいる北小樽観光発展観光課題ある時間消費観光推進つながるもの思う小樽観光おい祝津地区どのよう位置づけられいる

また祝津からオタモイかけ勇壮海岸堪能できる赤岩遊歩道時間消費観光欠かせない観光資源あるより多く観光運んもらうため来年度小樽観光振興公社新た就航せる観光船内放映れるプロモーション映像紹介ほしい思うどう

今年小樽しゃこ祭開催時期早めこと天候恵まれことから昨年大きく上回る4万1,000人入場訪れ聞く関係苦労実り祭り目的ある小樽シャコブランドついある程度熟成もの思う今後さらに進めいく当たりどのよう課題ある認識いる

また祭り荒波しゃこ次郎いう公式キャラクターいるキャラクター利用ブランド取組効果ある思われることからゆるキャラなど荒波しゃこ次郎前面出し取組必要思うどうなどあります

付託案件結果とおりあります

まず陳情第290号つきまし採決結果賛成多数より継続審査決定いたしまし

その案件つきまし議案可決所管事務調査継続審査全会一致より決定いたしまし

以上もっ報告終わります拍手

議長横田久俊これより一括討論入ります

議長22呼ぶあり

議長横田久俊22北野義紀議員

22北野義紀議員登壇拍手

22北野義紀議員ただいま委員報告反対陳情第290号国定公園「ニセコ・積丹・小樽海岸」の中心地区「オタモイ海岸」早期整備つい採択求め討論行います

オタモイ海岸観光開発小樽市責任持たなけれならない理由つい2011年第4回定例会陳情第290号採択求める討論歴史経過含め述べます改めてここ詳しく述べませ

志村和雄市長時代オタモイ観光開発ため小樽市オタモイ土地所有なる必要ある立場から関係協力願いようやく小樽市所有なることできまし2007年オタモイ海岸傾斜調査業務危険事態理由現在小樽市オタモイ観光開発本格進めようませしかし小樽市書かます土地購入することなっ昭和53年第4回定例会当時志村和雄市長問題あそこ崖崩れある述べいるよう危険状態始まっことなく危険承知開発するため購入はずあります

オタモイ観光開発なぜ後景追いやら1970年代初頭小樽運河守れ運動起こり10年にわたる論争その市民努力小樽市いう名前世界ブランドなりましこれオタモイ頼らなく小樽観光売り出せる小樽市認識後退後景追いやられる結果なりまし

しかしこれオタモイ観光開発小樽市責任免罪わけありませ加え2005年以降遊歩岩盤崩れ落石発生ため地域立入禁止山田前市長時代2006年から2007年かけオタモイ海岸傾斜調査業務行わましこの景観犠牲恒久安全対策莫大費用かかる見解飛びついこれ理由オタモイ観光開発見捨てしまいまし

新谷昌明市長時代の12年間マイカル誘致うつつ抜かしまた山田勝麿市長前半の7年間有効手だてとらオタモイ観光開発つけなかっこと現在困難もたらしいる言っ過言ありませ

傾斜調査業務報告もっオタモイ観光開発できないする見解同意できませ

陳情説明市内協力現地調査昭和52年当時復旧1億7,000万円程度落石ネット補修落石処理落下防止手すり修理修復整備排水処理のり整備モルタル吹きつけ落石防止鉄製ガード整備すれ十分安全利用可能ある工事専門ます述べられますこのよう陳情安全対策言及ます

陳情第290号採択オタモイ海岸早期整備すること求め討論いたします拍手

議長横田久俊討論終結これより順次採決いたします

まず陳情第290号つい採決いたします

委員報告どおり決定すること賛成議員起立求めます

賛成起立

議長横田久俊起立多数

よっさよう決しまし

ただいま決定いたしまし以外案件つい一括採決いたします

委員報告どおり決定すること異議ございませ

異議なし呼ぶあり

議長横田久俊異議なし認めさよう決しまし

この暫時休憩いたします

休憩午後2時41分

再開午後3時10分

議長横田久俊休憩引き続き会議再開いたします

厚生常任委員報告求めます

議長20呼ぶあり

議長横田久俊20中島麗子議員

20中島麗子議員登壇拍手

20中島麗子議員厚生常任委員会報告いたします

委員会おけ質疑質問概要とおりあります

陳情第322号共同保育所ポッポ解体及び清算費用経費負担求めるものある同保育所少子より入所児童激減ことから平成25年度末閉所すること決断今日まで家屋解体費用捻出するため寄附募っいまだ不足いる状況あるいう開所1971年からの21年間小樽市唯一産休明け保育実施するなど保育事業補完役割果たしことから経費負担求めるものある同保育所土地建物所有どのようなっいる

同保育所貢献こと理解する費用支出でき得るよう法的根拠公金支出するべき政策理由ある

解体費用負担することつい公益観点から難しいいう閉所残務整理職員ボランティア行う聞くことから同保育所保育行政貢献こと鑑み解体及び清算費用含め可能援助ないもの改めて検討するべきない

陳情第323号容器包装リサイクル法改正発生抑制使用促進するため法律制定求める意見提出ついある現在法律分別収集保管自治行うことなるためごみ減らそう努力いる市民負担対する公平高まっいるいう平成20年度支払われる資金拠出制度創設もの24年度原資なる商品費用見直さ拠出金額大幅削減れるなど自治リサイクル推進取り組むほど負担増す状況あることからこのよう仕組み見直すよう要望べき思うどう

桃内廃棄最終処分ついいずれその容量超過すること予想れることから延命対策新た処分建設するよりはるか安い費用済む既存処分かさ上げつい検討いるいう現在北海道かさ上げ係るさまざま協議行っいることある財政状況厳しい費用負担少なくまた効率期間使用できる施設構築望むどう

ふれあいパス事業目的高齢社会積極参加ありとっ大変重要福祉サービスあるかかわら試験行っ平成24年度事業評価対象さらに見直し要する事業すること自体なじまないもの思うどう

またバス事業から負担割合見直し要望より新年度からバス乗車つき新た20円負担発生することついこれ全額利用負担する方針ことあるふれあいパス配付対象年々増加いるかかわら実際交付減少いるいうことパス必要自身バス乗車行動できる高齢あることから事業趣旨近づいいるもの考えるそのよう利用負担増大せることその趣旨反するない

事業高齢進むとっ極めて必要高く独自行っいる看板事業あるから受益負担経費削減求めるものなくサービス充実維持根本考えるべき思うどう

またバス事業負担耐えられないいうあれ事業負担軽減ある10円分つい利用負担するなく負担するよう検討べき思うどう

事業から要求対応利用そのまま負担せる考え重大問題ある20円分負担場合財政負担約4,400万円増額なるいう現在事業増額加え過去事業超えるものないことから増額負担べきないなどあります

付託案件結果とおりあります

まず陳情第322号つきまし意見分かれ賛成少数より継続審査否決まし

続い棄権会派除き採決行っ結果賛成少数より採択決定いたしまし

請願第2号並び陳情第1号第310号第314号第316号第320号第321号及び第323号つきまし採決結果賛成多数よりいずれ継続審査決定いたしまし

所管事務調査継続審査全会一致より決定いたしまし

なお委員会おきまし陳情第322号及び第323号つい今後審議参考資するため委員休憩陳情から趣旨説明受けことまた11月実施第2回市民語る参加から要望あった勤労女性センターエレベーター設置検討それ困難あれ4階軽運動室1階移設ほしいつい委員会代表斎藤博行委員市長部局質問エレベーター設置つい過去検討ものスペース財政から困難あることまた軽運動室の1階移設ついセンター基本機能維持する観点から困難ある答弁あっこと申し添えます

以上もっ報告終わります拍手

議長横田久俊これより一括討論入ります

議長呼ぶあり

議長横田久俊川畑正美議員

川畑正美議員登壇拍手

川畑正美議員日本共産党代表新た提出陳情第322号共同保育所ポッポ解体及び清算費用経費負担つい陳情第323号容器包装リサイクル法を改正発生抑制使用促進するため法律制定求める意見提出ついまた継続審査請願第2号JR南小樽駅バリアフリー要請つい陳情第1号天狗山ロープウェイ線おけ最上団地停留所利用料金設定改善要請つい陳情第310号銭函駅エレベーター設置つい陳情第314号小樽市女性国内研修事業開方つい陳情第316号北西部地区における「一時的保育事業」実施つい陳情第320号朝里におけるまちづくりセンター建設つい陳情第321号受動喫煙防止条例の制定受動喫煙防止政策強化ついいずれ採択求め討論行います

陳情322共同保育所ポッポ解体及び清算費用経費負担ついです

陳情趣旨説明みずから体験土日祝日関係なく24時間体制勤務ため対応もらえる保育探しまし小樽市そのよう保育ありませ答え小樽市まるで小さい子供持つ母親フルタイム働く言わいるよう途方暮れときポッポ入所することなりポッポなけれ10年間助産職員仕事続けることできませでし語っます同保育所42年間認可産休明け保育保育時間延長市外在住子供受け入れる広域保育緊急一時保育など小樽市公的保育認可保育所先駆け取組行い保育行政貢献こと担当部局はじめ会派さん認めいるところです

しかしポッポ解体及び清算費用経費負担つい自民党ポッポ民間事業ありみずから運営責任担うものこの限っ特別認めることできないまた公明党公金もっ閉所経費負担すること法律根拠なく政策判断公益ないことなどから特定民間財産処分支出べきない採択主張ます

財政基本原則公金支出禁止うたわますしかしその趣旨私的事業不当権力支配及ぶこと防止するため規定あっ既に強い支配及んいるところそのよう心配ない公金支出許されるいう見解ありますこのことからいえポッポよう既に補助支出いる今回閉所すること引き続く運営強い支配及ぶ心配ありませ

これまでおいリーマンショック保有株式価格暴落など金融機関公的資金投入ます東日本大震災かかわり住宅新築改築などする場合おいこれまで住宅資金借入れ加えさらに住宅資金借り入れるときこれまで借入れつい資金援助ありますまたこれまでおい福祉灯油事業住宅リフォーム助成事業私的こと公金支出経過あります

このよう自治問わ政策必要から私的こと支出経過あります民間事業対し支出する法的根拠ないなど主張当たらないもの思いますポッポこれまで保育行政積極貢献こと鑑み閉所当たっ経費負担つい政策支援いくこと妥当思います

陳情第323号容器包装リサイクル法改正発生抑制使用促進するため法律制定求める意見提出ついです

廃棄リサイクル問題解決ため大量生産大量消費大量廃棄経済社会から脱却環境負担少ない循環社会推進すること必要です

現状おい収集商品事業分別消費役割なっますプラスチック容器処理作業経費自治肩がわりられ事業リサイクル費用一部負担するだけいう実態です

このよう自治リサイクル積極進めること一層自治負担増える仕組み自体法律問題容器包装リサイクルつい拡大生産責任強化するなど容器包装リサイクル改正発生抑制使用促進するため法律制定求める意見国会及び関係行政庁提出すること求め陳情あり妥当あります

継続審査請願JR南小樽駅のバリフリー要請つい陳情第310号銭函駅エレベーター設置ついです

市議会市民語るおい銭函から銭函駅の上り下り年寄り大変ことバス国道までいかなけれならJR頼り急いバリアフリーあわせエレベーター設置ほしいJR責任なすり合いするなく積極姿勢進めほしいなど強い要望ありまし

市議会いつまで継続審査することなく今この時期採択積極推進求める必要あります

そのほか継続審査陳情第1号第314号第316号第320号及び第321号願意妥当あり採択求め会派議員さん賛同呼びかけ討論いたします拍手

議長14呼ぶあり

議長横田久俊14上野智真議員

14上野智真議員登壇拍手

14上野智真議員自由民主党代表陳情第322号共同保育所ポッポ解体及び清算費用経費負担つい採択立場討論いたします

共同保育所ポッポの家昭和46年小樽市初めて産休明け保育開始その農薬野菜使っ手づくり給食外遊び充実よっ丈夫つくる取組また延長保育緊急一時保育広域保育など認可保育対応難しい特色ある保育推進長きわたり地域要望応えるべく先駆取組行い小樽市子育ておい補完役割担わ功績深く敬意表するともこれまで取組今後小樽市おい必要もの考え会派行政対し強く要望いくものある考えます

しかしこれまで保育取組つい保育内容園児見合っ補助支出支援おります陳情関し保育対する補助なく事業解体及び清算経費あることまたポッポ民間事業あり一般認識保育所限らどの業種おい民間事業所運営責任民間事業みずから担うものあることから陳情内容つい一定理解いたしますこの民間事業分け特別扱うこと我が会派賛同かねます

よっ陳情関し採択求め討論いたします拍手

議長19呼ぶあり

議長横田久俊19斎藤博行議員

19斎藤博行議員登壇拍手

19斎藤博行議員民主党市民連合代表ただいま委員報告反対陳情第322号共同保育所ポッポ解体及び清算費用経費負担つい継続審査求める立場から討論ます

共同保育所ポッポの家1971年開設以来おけ多様市民ニーズ柔軟対応当時認可保育カバーできない部分補完する役割果たしまし特に認可保育所産休明け保育開始するまで文字どおり唯一産休明け子供受けくれる保育大きな役割果たしましそう役割つい先日開か厚生常任委員会おい会派より高く評価する発言次ぎまし

しかし認可外保育所経営大変厳しいものあり利用いる保護地域支援支えられ多々ありますこのたび閉所当たっ費用つい保護また以前世話なっ保護さんカンパ主要財源聞います40年以上歴史ありますその余裕生じことなかっない思います

その役割終えよういるときこの地域おけ子育て支援果たし経過踏まえ陳情思い受け止め全庁検討するため時間必要考え継続審査主張するものあります

なお継続審査否決場合自席にて棄権態度とらもらうこと申し述べ討論いただきます拍手

議長呼ぶあり

議長横田久俊成田祐樹議員

成田祐樹議員登壇拍手

成田祐樹議員一新小樽代表まし委員報告反対陳情第322号共同保育所ポッポ解体及び清算費用経費負担つい継続審査主張する討論行います

一新小樽ましこのポッポまで活動高く評価おりますその一方解体かかわる費用また万が一残金発生場合取扱いなどまだまだ議論なけれならないことたくさんあります

よっ一新小樽継続審査主張いたします

なお継続審査否決場合自席にて棄権いたします拍手

議長横田久俊討論終結これより順次採決いたします

まず陳情第322号つい採決いたします

委員報告採択あります継続審査意見分かれおりますまず継続審査つい採決いたします

継続審査すること賛成議員起立求めます

賛成起立

議長横田久俊起立少数

よっ継続審査否決まし

委員報告採択あります原案つい採決いたします

採択決定すること賛成議員起立求めます

議長横田久俊起立少数

よっ採択決定いたしまし

陳情第321号及び第323号つい一括採決いたします

委員報告どおり決定すること賛成議員起立求めます

賛成起立

議長横田久俊起立多数

よっさよう決しまし

陳情第314号及び第316号つい一括採決いたします

委員報告どおり決定すること賛成議員起立求めます

賛成起立

議長横田久俊起立多数

よっさよう決しまし

請願第2号並び陳情第1号第310号及び第320号つい一括採決いたします

委員報告どおり決定すること賛成議員起立求めます

賛成起立

議長横田久俊起立多数

よっさよう決しまし

所管事務調査つい採決いたします

委員報告どおり決定すること異議ございませ

異議なし呼ぶあり

議長横田久俊異議なし認めさよう決しまし

建設常任委員報告求めます

議長10呼ぶあり

議長横田久俊10高橋克幸議員

10高橋克幸議員登壇拍手

10高橋克幸議員建設常任委員会報告いたします

委員会おけ質疑質問概要とおりあります

平成20年7月スタート中心市街地活性基本計画本年3月末計画期間終了ため内閣府最終フォローアップ報告提出計画位置づけられ55事業建設部所管ものだけなく総務部かかわっ事業産業港湾部所管事業あるいう部局かかわる計画報告ある場合担当理事連携図り常任委員会情報提供行う必要ある思うどう

計画作成する高齢進む状況考慮行政高齢まちなか居住するよう仕組みつくり中心商店その方々ターゲット商品販売するなど官民協働より中心市街活性取り組んほしい思うどう

災害強い国土地域構築向け建築耐震推進するため「建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律」施行昭和56年5月31日以前着工建築うち特定多数利用する規模建築耐震診断実施平成27年12月31日までその結果報告すること義務づけられいう補助制度ない所在する民間事業対し耐震診断要する費用一部補助いる補助制度創設すれ支援見込ま結果事業負担大幅軽減せることできるおい耐震診断行わなけれならない民間建築12ありその計画よりビル入居店舗あることから早急補助制度創設事業負担軽減努めほしい思うどう

建設常任委員会環境負荷低減エネルギー促進良好環境整備地域経済活性図ること目的住宅リフォーム助成条例案の提案全会一致決定委員提案上程可決ものある市民市内建設依頼みずから住んいる住宅リフォーム行う場合工事一部助成するものある事業係る予算2,000万円程度ため申請多数場合抽選より決定いる現状ある事業市内経済活性経済波及効果見込まれることから財政厳しい状況あること承知する予算増額補助制度活用するなど申請全員利用できるようべき思うどう

市営住宅指定管理業務仕様などよる指定管理適宜アンケート調査実施管理運営行うことまた入居から意見苦情つい把握努めその結果及び業務改善反映状況つい報告することなっいる桂岡住宅おけアンケート調査平成22年度から24年度の指定期間内実施なかっいうアンケートよらとも通常業務通し入居意向把握いるいう先般開催小樽市議会市民語る桂岡住宅敷地背丈ほど繁茂いる雑草刈取り願う要望上げられ指定管理任せ入居意見要望反映れるよう指定管理連絡状況把握対応ほしい思うどう

今冬政府北海道電力よる平成22年度パーセント以上節電要請あり市道ロードヒーティング節電ため降雪見込め気温高く推移するいう時間ながら小まめ電源切っいるいう急坂路線多いロードヒーティング安全欠かせないものなっいることから電源切る中央監視システムのみ判断地域巡回いる除雪パトロールから情報考慮交通事故起こらないよう安全保たれる運用ほしい思うどう

積雪よる倒壊など問題いる空き家過疎進み人口減少いる地方だけなく都市増えいる聞く札幌市市民相談通報受け空き家所有特定するため納税情報から所有割り出す手法全国先駆け導入問題解消当たっいるいう

情報利用個人情報目的使用該当するおそれあるため使用可否機関ある情報公開個人情報保護審査会諮問するなど慎重対応必要ある空き家対策有効手法あることからおいただ動向探るだけなくこのよう事例参考積極対応検討べき思うどうなどあります

付託案件結果とおりあります

まず陳情第309号及び第312号つきまし採決結果賛成多数よりいずれ継続審査決定いたしまし

所管事務調査継続審査全会一致より決定いたしまし

以上報告終わります拍手

議長横田久俊これより討論入ります

議長21呼ぶあり

議長横田久俊21新谷とし議員

21新谷とし議員登壇拍手

21新谷とし議員日本共産党代表ただいま委員報告反対陳情第309号及び第312号採択求める討論行います

陳情第309号住宅リフォーム助成制度予算増額求めるものです

今年度住宅リフォーム申込件数辞退除き251でし12月16日現在補助申請件数104補助申請金額総額1,867万3,000円昨年度予算大きく残し反省から昨年度総額1,584万7,000円上回っます工事総額3億354万円これ昨年度2億2,683万7,000円上回り経済効果16.3倍昨年度14.3倍上回っます

今年度工事登録122昨年度上回っおり工事請負61昨年度53上回っいるもの仕事回っいる半分しかすぎませ12月16日現在当たり補助申請金額18万円これ基準取りやめ除く申込全員充てるあと2,718万円市民助成工事請負仕事拡大応援することできます

日本共産党定例会昨年度申込全員当たり工事積算市長提案住宅リフォーム助成制度3,000万円上乗せする予算修正提案ましこれ市内経済活性つながる住宅リフォーム助成制度実施いる自治明らかです

余市今年度から住宅リフォーム助成制度スタートまし当初1,000万円予算だっところ1か月申込殺到予算ほぼいっぱいなっためまた1,000万円補正予算組ん対応ます人口約2万人自治2,000万円補助制度ですからそれ比べ小樽市助成制度総額すぎるないでしょう

住宅リフォーム助成事業利用アンケート補助制度対する意見要望助かりましいう感謝事業継続補助増額希望意見要望92パーセント占めます施工アンケート回答26ほとんど事業継続増額件数ほしいいう要望です

全国商工新聞2004年12月から2012年7月まで、7回わたり全国住宅リフォーム助成制度実施状況調査ます2004年の第1回調査87自治第7回の2012年6倍以上533自治実施する自治飛躍広がっますそのうち北海道45自治その先ほど紹介余市など実施この制度地域活性広がっいること示します

来年度今回住宅リフォーム助成制度最終年度迎えます建設現在建設関係好況来年消費パーセント引上げ駆け込み需要よるもの来年度以降どうなるわからない増税よる景気落ち込み心配ます住宅リフォーム助成制度助成対象拡大申請市民全員当たるようべきです

小樽市地域経済活性ため予算増額願意妥当あり採択主張ます

陳情第312号よる火災崩壊家屋撤去及び空き家対策策定求めるものです

火災起こし住人そのまだ連絡とれないいうこと解決向け困難あります焼けかかっいる状態なっいることから住民安全守るため支援必要です空き家対策つい小樽市条例制定向け検討進めいることから陳情願意妥当です

以上議員各位賛同願いいたしまし討論終わります拍手

議長横田久俊討論終結これより順次採決いたします

まず陳情第309号つい採決いたします

委員報告どおり決定すること賛成議員起立求めます

賛成起立

議長横田久俊起立多数

よっさよう決しまし

陳情第312号つい採決いたします

委員報告どおり決定すること賛成議員起立求めます

賛成起立

議長横田久俊起立多数

よっさよう決しまし

所管事務調査つい採決いたします

委員報告どおり決定すること異議ございませ

異議なし呼ぶあり

議長横田久俊異議なし認めさよう決しまし

学校適正配置調査特別委員報告求めます

議長22呼ぶあり

議長横田久俊22北野義紀議員

22北野義紀議員登壇拍手

22北野義紀議員学校適正配置等調査特別委員会報告いたします

委員会おけ質疑質問概要とおりあります

中央・山手地区南小樽地区学校統合つい学校統合行うこと現在学年学級生徒少ない向陽中学校から統合早く進めほしい意見いる地区学校再編つい時点一定程度めどついいる思われる向陽中学校対応つい教委どのよう考えいる

また松ヶ枝中学校つい教委校舎老朽著しいことから統廃合平成30年統合最上小学校校舎改修移転暫定利用するいうこのこと松ヶ枝中学校保護地域住民理解決定こと

天神小学校行っ2回目保護地域懇談前回変わらない意見寄せられこれまで教委若竹小学校の懇談会あっ200超える要望対し担当現地確認行っ次回返答ながら進めことからすれ1回目出さ要望対し調査問題解決いくいう姿勢示すこと必要だっない

また指定変更地域人口減少など要因から適正学級規模見込めない状況生じ得る場合計画見直しなけれならない思うどう

手宮地区学校統合新築統合できる教委説明するよう統合単に校区するなく統合特色ある学校づくりするいうこと非常大事ことある思う特に校舎新築する場合つい学級教員指導方法学習形態など総合捉え必要場所設備検討導入すること初めてその学校特色生まれる考える自治取り入れいるからいう理由ただオープン教室取り入れ学校つくりあと教員任せるいうこと特色かけらなく本末転倒あることから今後適正配置行う統合コンセプトはっきりほか違う学校づくり臨んほしい思うどう

手宮地区小学校統合協議会企画会議おけグランドデザイン作成向け議論深めるため児童保護地域向けアンケート実施児童アンケート統合頑張ることいじめない統合希望いじめない学校回答多かっいうこの背景学校いじめあり統合なくなっほしい児童思いあるない

またアンケート結果から児童保護学校求めいるもの異なることなどうかがえる教委こう結果まとめ統合どのよう生かしいく考え

山手地区統合学校つい小樽公園の隣接建設する方向示さいることから統合公園活用さまざま教育活動行うことできるもの期待いる

しかし公園校舎建てるグラウンド置くまた玄関公園位置関係よっ教育活動影響与えるいう研究あり漫然設計せっかく公園有効活用する至らないことから教委公園どのよう教育生かすいう明確意思持っ設計当たっほしい思うどう

また手宮地区統合小学校建設設計教員など意見反映できなかっことから今回実際現場働く教員意見などしっかり取り入れ設計進めほしい思うどう

平成30年4月予定れる学校統廃合おけ児童ケアついケア係る教員加配現行制度できないこと通学環境大きく変化さまざま問題起き混乱すること考えられることから児童対しきめ細かい配慮ほしい思うどう

また統合より新た学校通学する場合学校より古い校舎環境劣悪なることあるいう現在桜小学校規模耐震改修工事行っいる統合つい同様改修工事行い新た通学する児童過ごしやすい環境づくりほしい思うどう

また通学ついなれない通ることなり不安ある思うことから順次地域調査安全点検努めほしい思うどう

保護地域懇談おい保護から学校遠くなることよっ通学距離長くなる不安多く寄せられいるこの不安対し教委バス運賃補助説明安全マップ作成ボランティアよる見守りなどよっ子供安全確保たい回答いることそのボランティア役割地域児童成長見守るため特に重要あり統合際し見守りボランティア充実図っほしい思うどう

また通学ほかさまざま不安疑問ある思われる統合迎える保護不安和らげる方法意見交換など既に統合終わっ学校保護から体験聞く機会設けるべき考えるどう

旧若竹小学校売却方針いうこと今後地域住民説明売却向け手続進めいくことなる思う利用地域住民とっ非常大事問題あることから周知つい丁寧対応ほしい思うどう

また旧祝津小学校ついその活用方法つい模索こと先日総務常任委員会視察東京都豊島区空き校舎演劇ダンス稽古カフェなど地域住民集うことできる施設活用いる事例あっ本市おい地域要望特性など生かし地域活性つながるよう校舎活用方法検討ほしい思うどうなどあります

付託案件結果とおりあります

陳情第282号及び第291号つきまし採決結果賛成多数よりいずれ継続審査決定いたしまし

以上もっ報告終わります拍手

議長横田久俊これより一括討論入ります

議長呼ぶあり

議長横田久俊小貫議員

小貫元議員登壇拍手

小貫議員日本共産党代表ただいま委員報告反対陳情第282号及び第291号採択主張討論行います

最初陳情282小樽市立西陵中学校存続ついです

委員会質問明らかよう西陵中学校校区予測生徒今年度比べ2019年度まで増加傾向ありこれ市内中心マンション建設起因いる思います

西陵中学校市内中心あり中心活性一体学校存続考えいかなけれなりませ校舎比較新しくグラウンド面積菁園中学校あり設備しばらく耐震など補強かかる経費抑えられること想像できます学校残す必要十分あります

陳情291小樽市立塩谷小学校及び塩谷中学校存続ついです

塩谷中学校から長橋中学校指定変更より来年度以降入学する生徒一定長橋中学校入学すること考えられます教育委員会子供たちすることするべきありませ

学校つい地域懇談必ず出される要望通学安全対策です塩谷から長橋長い道のり児童とっ大きな負担なること予想ます安全対策通学時間だけ行えいいわけありませ校区広くなれ友達範囲広くなりますそうなれ児童日常長橋塩谷行き来することなりますこのこと安全対策必要です通学対する負担児童教育影響及ぼします学校統廃合地域住民合意前提なけれなりませ

いずれ陳情願意妥当あり採択主張ます議員各位採択呼びかけまし討論いたします拍手

議長横田久俊討論終結これより採決いたします

陳情第282号及び第291号つい一括採決いたします

委員報告どおり決定すること賛成議員起立求めます

賛成起立

議長横田久俊起立多数

よっさよう決しまし

日程第2「議案第24号」議題市長から提案理由説明求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

中松義治市長登壇拍手

市長中松義治ただいま追加上程まし議案つい提案理由説明申し上げます

議案第24号人権擁護委員候補推薦つきまし泉幸子氏加納萬壽美氏長門享二氏任期平成26年3月31日もっ満了なります引き続き泉幸子氏加納萬壽美氏長門享二氏委員候補推薦するものあります

なにとぞ原案どおり同意賜りますよう願い申し上げます拍手

議長横田久俊これより採決いたします

諮りいたします

議案第24号つい同意決定すること異議ございませ

異議なし呼ぶあり

議長横田久俊異議なし認めさよう決しまし

日程第3「意見書案第2号ないし第14号」一括議題いたします

意見書案第6号ないし第14号つきまし提案理由説明省略意見書案第2号ないし第5号つい順次提出から提案理由説明求めます

まず意見書案第2号及び第5号つい提出から提案理由説明求めます

議長20呼ぶあり

議長横田久俊20中島麗子議員

20中島麗子議員登壇拍手

20中島麗子議員提出代表意見書案第2号及び第5号提案趣旨説明いたします

意見書案第2号来年4月から消費増税見送り求める意見ついです

政府発表7月ないし9月期国内生産改定年率1.1パーセント伸び速報より大幅悪化まし国民暮らし立て直し経済再建いくこと急務です

消費消費品物買ったりサービス利用たりするたび課税れる税金1パーセント増税するだけ約2兆5,000億円税収なりその国民から購買奪われることなるまさに消費破壊です

国民所得減り続けいる消費増税れれ国民生活一層悪化日本経済落ち込むこと避けられませ東日本大震災の復興財源なる復興特別法人来年3月末1年前倒し廃止民間活力活用など口実企業交際経費扱いできるよう設備投資対する減税実施財界強く要求法人実効引下げ引き続き検討する一方消費増税社会保障財源回す社会保障一体改革年金引下げ介護保険制度から支援外し生活保護基準引下げさらに70歳以上高齢医療自己負担引上げなど改悪オンパレードです家計から吸い上げ企業ばらまくだけ消費増税よる経済打撃打ち消すことできませ消費増税強行国民負担押しつけ消費ほとんど負担ない財界企業大盤振る舞いする消費さらに冷え込ませるばかりですこのようとき消費増税中止べきです

意見書案第5号秘密保護法の廃止求める意見ついです

安倍晋三政権その与党自民公明両党主権ある国民過半数反対7割から8割国民慎重審議求めいる衆議院続き参議院強行採決繰り返しましとりわけ福島市公聴会自民党推薦公述含め全員反対慎重審議求めかかわら公聴会翌日衆議院強行採決国民怒り急速広がりまし議会民主主義踏みにじるやり押し通し秘密保護法廃案べきです

秘密保護法行政機関安全保障妨げなる判断すれどのよう行政情報特定秘密指定国民隠すことできます故意あれ過失あれ漏らし公務情報求め国民重罪主権ある国民から知る権利奪い国民重罰脅かす基本人権侵害国家安全保障会議設置一体戦争する目指すいう平和主義反する憲法原則破壊する違憲立法です憲法違反の秘密保護法廃止することこそ国民主人ある政治あるべき姿ないでしょう

以上会派議員賛同訴え提案趣旨説明いたします拍手

議長横田久俊意見第3号及び第4号つい提出から提案理由説明求めます

議長19呼ぶあり

議長横田久俊19斎藤博行議員

19斎藤博行議員登壇拍手

19番斎藤博行議員提出代表意見書案第3号2014年度地方財政確立求める意見意見書案第4号利用本位持続可能介護保険制度確立求める意見提案説明行います

最初意見書案第3号2014年度地方財政確立求める意見ついです

政府8月8日中期財政計画閣議了解ましその地方一般財源総額つい平成25年度地方財政計画実質水準確保するます同時歳出特別見直し言及おり2014年度予算編成向け地方交付総額削減れるおそれあります

地方分権時代あっ財政果たすべき役割資源配分所得分配経済安定機能あります決して中央集権ありませ

地方長年わたり大きく上回る歳出削減努力続けますまた人口減少少子高齢そして地域振興など課題つい地域密着施策講じます

政府地域財政需要的確見積もり地方財政計画決定地方交付総額確保する義務あります特に地方交付税法趣旨反し給与削減条件するよう政策強制伴う制裁措置2014年度絶対やめいただく必要あります意見書案第3号そう主張地方から発信しようするものあります

意見書案第4号利用本位持続可能介護保険制度確立求める意見ついです

本年8月6日社会保障制度改革国民会議確か社会保障将来世代伝えるため道筋サブタイトル提言政府提出ましこれ受け政府持続可能社会保障制度確立図るため改革推進関する法律国会提出おります政府介護保険制度つい支援対する介護予防給付実施する地域支援事業見直すこと一定以上所得ある利用負担割合引き上げることなど含む介護保険法改正案平成26年通常国会提出する方針です

そう社会保障機能強化向け財源確保サービス提供体制確立一層重要なっおりますまたあわせ介護労働安心働き続ける環境整備必要なっおります意見書案第4号そのため必要施策政府求める意見あります

以上それぞれ意見趣旨述べさせいただきまし議員各位賛同訴え提案説明終わります拍手

議長横田久俊これより一括討論入ります

議長24呼ぶあり

議長横田久俊24山田雅敏議員

24山田雅敏議員登壇拍手

24山田雅敏議員自由民主党代表意見書案第5号秘密保護法の廃止求める意見否決討論行います

12月4日意見書案第1号つい討論特定秘密保護法案概要説明いたしまし

国民安全確保ためまた防衛外交など他国さらなる信頼関係構築目的外交など分野23項目特定秘密指定一定期間開示ないこと公務など漏えい対しこれまで以上罰則規定するものです例えば自衛隊保有する武器性能重大テロ発生場合対応要綱いっ国民安全かかわる重大情報この対象当たります

現在国際情勢複雑伴い我が及び国民安全確保かかわる情報重要増大するとも高度情報通信ネットワーク社会発展伴いその漏えい危険懸念れる我が安全保障関する情報うち特に秘匿すること必要あるものついこれ的確保護する体制確立収集整理及び活用すること重要あること鑑み当該情報保護関し特定秘密指定及び取扱制限その必要事項定める必要あるこれこの法律提出する理由ある述べられおります

以前より日本他国スパイ活動盛ん行わやりたい放題言わまいりまし防衛機密企業テクノロジー狙っ犯罪これまで多数発生いること議員さん承知こと思います

自民党公明党みんなの党日本維新の会共同まとめ特定秘密保護法案の修正案衆議院特別委員会提出11月26日賛成多数可決なり参議院送ら審議安倍首相新しいチェック組織言及さらに国民丁寧説明いく述べ今月6日深夜可決13日公布まし

発言するあり

この経済団体首脳そろっ必要認めおおむね賛成立場とっます

発言するあり

経済同友会長谷川代表幹事12月5日会見これまで日本なかっこと先進比べ遅れ述べまし安全保障秘密保護漏えい罰する法律どの先進ある整備自体必要考え示しものです

発言するあり

また経団連米倉弘昌会長12月4日会見安全保障観点から秘密保持義務課す当然話し日本商工会議所三村明夫会頭秘密保護する当たり前こと語っます

公布この内閣官房準備立ち上げ保全監視委員会秘密指定運用関する検討独立公文書管理監設置秘密指定基準妥当チェックする情報保全諮問会議有識人選進めさらに第三者機関チェック体制強化情報保全監察室設置加えまし

施行公布から起算1年を超えない範囲おい政令定める施行効力持つことなります今後十分国民理解いただき丁寧対話心がけながら真摯国政運営当たっいくこと誓います1年前首相返り咲い安倍首相初めて国会演説述べます

安全保障観点からこの法律必要認め議員各位意見書案第5号否決願い討論終わります拍手

発言するあり

議長呼ぶあり

議長横田久俊川畑正美議員

川畑正美議員登壇拍手

川畑正美議員日本共産党代表意見書案第2号ないし第5号いずれ可決