固有表現抽出

開議午後1時00分

議長横田久俊これより本日会議開きます

本日会議署名議員川畑正美議員上野智真議員指名いたします

日程第1「議案第1号ないし第54号並び報告第1号及び第2号」一括議題いたします

これより昨日引き続き会派代表質問行います

通告あります順次発言許します

議長10呼ぶあり

議長横田久俊10高橋克幸議員

10高橋克幸議員登壇拍手

10高橋克幸議員平成25年第1回定例会当たり公明党代表質問いたします

初め財政問題あります

平成25年度予算編成収支均衡予算目指し努力こと思います内容つい厳しい財政状況積極姿勢られる予算編成つい評価するものあります平成25年度予算編成当たりどのよう考え取り組んられ市長見解伺います

歳入ついあります

大きな項目ある市税地方交付増減予算編成重大影響与えます平成24年度比較地方交付前年度約3.1億円あり臨時財政対策前年度約2億円合計約1.1億円減額なりまし

市税前年度約1億円減額なっおりその内訳固定資産約2.5億円減額あり都市計画0.5億円合わせ約3億円ありますしかしたばこ約1.9億円減額影響薄めいるようなっますこれ増減理由つい見解伺います

また滞納改善市税増収対策ついどのよう検討実施いく具体答えください

市債つい前年度約10.5億円増額ありその内訳主に建設事業あります必要施設事業あり十分理解するところあります今後償還計画懸念ますこれ償還金額償還期間つい示しください

財源対策平成24年度つい財政健全観点から会計から新た借入れ行わない方針財政調整基金活用歳出予算一部計上留保より収支均衡予算編成おりまし今年度同様財政調整基金活用一部計上留保なく収支均衡保たいる状況ありますただ懸念れる脆弱財政構造考えるとき綱渡り状況脱しきれどう財源対策つい視野入れおかなけれならないありますこの考え含め見解伺います

もうなること平成24年度決算ついあります除雪増額懸念れるところあります現在状況主な内容決算見通し示しください

歳出ついあります

経費項目確認ます前年度減額項目人件公債繰出ありますこの減額要因つい示しください

建設事業つい後年度歳出大きな影響考えられる項目あります公債起債関係バランスつい念頭置い政治判断今回予算編成至っ思いますどのよう考え事業算出答えください

繰出ついこれまで繰出基準明確するともその基準当てはめ支出まし今後大きな変動少ない思います繰出基準見直し今後考えつい見解伺います

財政健全計画ついです現在計画策定最終調整段階ある伺いましこの計画厳しい財政運営実施する大変重要もの認識おります計画策定当たりどのようこと重視行わどこまで厳しいレベル数値算定見解伺います

また今後財政健全計画さらなる選択集中いう政治判断必要なる考えます市長見解伺います

平成25年度当初予算おけ重点施策ついあります

防災対策関連つい伺います

防災訓練支援事業あります

町会避難訓練実施促進津波浸水画像作成研修活用あります東日本大震災以降防災訓練対する認識高まっいるもの思います平成25年度予定行政役割そして地域周知啓発などついどのよう考えられいる見解伺います

災害強いまちづくりついあります

上下水施設整備事業ついです約7億4,000万円内訳この上下水施設耐震対策全体計画概要事業及びその計画対する今回割合そして今後予定スケジュールつい示しください

防災観点から庁舎建替えついあります

今年度予算ない項目あります重要課題です質問いたします昨年第3回定例会一般質問この質問いただきまし本庁舎つい今後求められる機能役割考えるとき公共施設耐震建替え優先順位つい防災拠点考えから別枠検討できるだけ速やか今後検討課題整理具体計画求める必要ある提案いたしまし

市長答弁庁内検討チーム設置予算含め検討課題整理進めまいりたい考えおります前向き答弁ありましこの質問から約半年経過おります検討チーム設置予算含め検討課題整理ついどのよう進められ今後考え含め具体答えください

経済雇用対策関連ついあります

地場企業振興ついあります小樽産品販路拡大支援事業内容効果つい示しください

また今後力点置い考えられいく答えください

小樽ブランド推進事業ついあります

ブランド強化つい以前から取り組まいる事業ありますこれまで経過今後考えつい示しください

さて地場企業対し対策あります以前体制取組ありまし都市行政大学地元金融機関チームつくり具体サポート行い成果上げいるところありまし単一相談窓口だけなくワンストップ総合窓口独創育てられるよう体制必要考えます見解伺います

新卒就職地元定着目指し地域人材育成事業あります

この地域人材育成具体どのよう内容地元企業マッチングどのよう検討いる見解伺います

若年雇用対策つい毎年よう質問ましやはり採用する企業増えない特に新規学卒市外道外就職する高くなり若者転出続く状況ありますこの対策考えつい見解伺います

商店対策ついあります

今回重点施策商店対策なかっわけです限ら予算あるため今後考えソフト充実向けサポート重視すること必要考えます最終理想都市成功いる専有コーディネーターよる発想転換商店見直しあります前例踏襲だけなく商店研修含め新た視点ソフト対策検討提案いたします見解伺います

議案第36号関連質問いたします

議案第36号小樽市企業立地促進条例の一部を改正する条例案ついありますこの条例平成18年制定条例目的第1条工場新築する対し固定資産及び都市計画課税免除することより企業立地促進産業活性及び雇用機会拡大図りもっ経済発展寄与すること目的ます

まず条例改正当たり総括これまで促進条例基づきどのよう状況推移その内容どのよう経済効果あっ示しください

さて今回条例改正です現在長引く不況経済状況大きく変化おりこれ少し対応べく検討思います条例改正至っ理由狙いつい答えください

また条例改正内容都市比較どのよう状況なるあわせ答えください

企業誘致つい今後考えついあります

国内長引く円高原油価格高騰などより海外企業移転加速するなど産業空洞危機直面おりますまた内需低迷デフレ長期より企業新た設備投資控えるなど大きな影響おりますこのよう政府デフレ対策含め経済対策大きな打ち出しおります

おい経済対策大きなあり戦略企業誘致推進既存企業対する支援極めて重要検討事項あり課題あります市長昨年11月東京おい企業立地トップセミナー実施積極取組スタート思っおりますその動き参加企業対する取組どのようなっいる知らください

また具体セールスどのようアピールいく小樽優位企業求めいるもの合致せる対応ついどのよう考えられいる見解伺います

今後考え企業誘致つい戦略から専門重視人的投資考え必要ある思います民間行わいる営業強化あります市長トップセミナー糸口具体対応重要考えますまた関連東京事務所あり見直しなど検討必要思いますこれつい市長見解伺います

行政改革ついあります

地方分権本格する状況高度多様する住民ニーズ的確対応含めさまざま施策展開するため行政担う職員一人一人資質向上具体意識改革能力開発図り思索実行する職員育成ますます重要なっいる状況ありますこの意識改革です旧態依然前例踏襲考えから目指す意識改革難しい思います小樽社会状況考えるとき市民目線立っさらなる改革必要ある考えます根本なる意識改革ついどのよう認識いる市長見解伺います

人材育成ついあります

近年価値多様市民ニーズ変化など地方行政取り巻く環境大きく変わっいるこれ対応するためさらなる意識改革より一層職員資質向上求められおりますこのついどのよう行わ今後どのよう考え人材育成行っいく具体答えください

さて分野専門有しスペシャリスト育成大事視点ありますこれ自己啓発だけ難しいため長期研修専門研修必要あり投資費用時間不可欠ありますこのついどのよう考えられいるまた専門視点から人事つい考え部分見直し必要考えます見解伺います

人事評価制度ついあります

能力業績合理反映努力報われる適正評価より職員士気高揚創意工夫促し最少人員よる効果マンパワー発揮できるよう公正かつ客観評価できる人事評価制度早期実施必要考えます

また適材適所人事配置ため自己申告制度検討含め職員意欲努力結果反映人材登用目指すべき思いますこれまで試行段階実施人事評価制度内容課題問題及び今後考えつい示しください

事務事業評価制度ついあります

事務事業つい時代変化価値多様影響から見直し検討適時必要なっまいりましそのよう観点から都市市民参加含め評価制度市民少し理解得る努力行わおります試行進んいるようあります事務事業評価制度策定つい現在状況課題問題そして今後考えつい示しください

エネルギービジョンついあります

我がエネルギー施策動向あります石油危機よりエネルギー供給脆弱浮き彫り契機エネルギー石油代替エネルギーついさまざま対策行わまし石油代替エネルギー対策1980年代エネ法1997年新エネ法制定さらに今後エネルギー安定かつ適切供給するためエネルギー供給事業対し化石エネルギー利用拡大するとも化石エネルギー原料有効利用促進するエネルギー供給構造高度化法2009年制定ます

東日本大震災以降エネルギー政策考え大きく変わり再生可能エネルギー利用促進注目いるところあります第6次小樽市総合計画自然ちなみ調和環境やさしいまち環境保全自然エネルギーなど活用向け情報収集研究進めますありますこの自然エネルギー再生可能エネルギー同義認識いたしますこれエネルギー問題ついどのよう認識いる市長見解伺います

さてエネルギー資源問題地球温暖問題日本だけなく地球全体課題ありますまたこれ同時たち住んいる小樽市地域直接かかわる問題ありさらにたち生活産業教育など地域社会活動全てかかわる課題ある考えますこれ課題つい地域特性適しエネルギー将来導入目標示す小樽市エネルギービジョン策定要望いたします市長見解伺います

またこのため地域調査自然環境社会環境エネルギー需要構造エネルギー既存利用可能など調査できる限り早く進めること提案いたしますあわせ見解伺います

冬期特別生活支援事業福祉灯油ついあります

最近灯油価格昨年より高騰続いいる状況あります小樽市燃料生活必需関する平均小売価格調査実施おりその家庭灯油小売価格調査結果灯油1リットル当たり平均価格平成24年12月89円平成25年1月93円同年2月分102円右肩上がり上昇おり4年半ぶり100円超えおりますこの家庭灯油高騰ついどのよう認識持っおられる市長見解伺います

2月13日付け北海道新聞道保健福祉部よる今年の冬福祉灯油事業計画1361月末まで助成申請受け62うち除く小樽市含む申請苫小牧市など実施決め8市うち申請もの実施見送っ自治ある後志総合振興局よる後志管内小樽除く19福祉灯油実施予定いるいう内容記事ありましこれついどのよう経過だっまたどのよう検討結論導い市長見解伺います

過去2007年度2008年度2か年度わたり冬期特別生活支援事業いわゆる福祉灯油事業実施まし当時以上灯油価格高騰また交付補助より負担少なかっこと事実あります一般会計おい赤字財政運営途上緊急判断実施認識おります財政理解ます福祉灯油見送り結果まこと残念あります生活必需ある灯油価格変動もっと敏感あるべき思います所得世帯直接影響大き考える今後福祉灯油事業考えついどのよう検討れる市長見解伺います

除排雪問題ついあります

道内比較多雪地域あり地形山坂多く道幅狭いため冬道状況厳しい環境ありますこのため市民安心快適生活送るため除排雪対策重要なっおります第6次小樽市総合計画あります除排雪ついまず市長見解伺います

さて今年例年比較多い状況あります雪対策課から出さ1月23日まで参考数値よります平成24年度平年並みあっ19年度から21年度までの過去3か年度平均比較累積降雪129パーセント最深積雪173パーセント累積積雪211パーセントなっおり大幅増加いる状況ありますさらに2月においても寒い日続き記録着実更新いる状況あり現在これ数値つい示しください

除排雪見直し考えついあります

第6次総合計画除排雪施策内容効率対策充実ありますもっ効率考える重要あります多い特に早期対応必要ありその判断求められます通常限界近いところまで状況確認対症療法排雪いるよう思わます限ら予算対応するため難しい判断ある理解ます排雪方法優先順位考え全体除排雪レベル見直しなどまで踏襲考えなく人口動向含め地域実情確認さまざま検討見直し必要考えますこれつい見解伺います

総合計画施策内容たい積拡充ありますこの沿線利用など置き場確保努めますあります近年人口減少とも空き地多くられるようなっおります地域から情報提供協力地権協力られるようさらなる努力必要考えます見解伺います

通学安全対策ついあります

ここ数年全国次い登下校児童生徒巻き込まれる痛ましい交通事故発生いる状況あります道路全般狭隘かつ坂道ありさらに冬道多く歩道堆積ため使用できない状況あります通学ついどのよう認識いる教育見解改めて伺います

国土交通省レベル連携体制強化ため文部科学省警察庁とも関係省庁連絡会議設置地域レベル関係機関よる連携体制整備昨年8月まで通学緊急合同点検実施その対策向け具体検討進んいるようあります

さて状況ありますこの緊急合同点検ついいつどのよう点検またその内容対策ついどのよう検討具体示しください

都市合同点検内容路線通学状況危険内容対策内容などホームページ紹介いるところありますどのよう検討いる答えください

また通学安全確保つい今後どのよう対応いく見解伺います

社会教育施設今後展開ついあります

平成17年第4回定例会総務常任委員会提出説明新博物館基本計画社会教育施設現状課題及び今後展開示さおりまし現状課題本市おい郷土根ざし文化保存継承創出などため博物館文学館美術館など多く社会教育施設有しいる文化振興向け調査研究観光視野入れ事業取り組みなどおい施設連携十分発揮ないことから有機つながり確保必要いるいう記述あり社会教育施設今後展開点在する社会教育施設おい市民ニーズ対応多く歴史遺産資料有機効果活用いくため施設情報共有連携相互調整図り調査研究効果進め的確情報発信いく必要あるこのため全体拠点なる施設創設さらに関連する施設一元管理推進サテライト図り学芸資料など集約専門相互連携強化図っいくいう記述ありましこれ現状課題そして今後展開ついどのよう考えられいる教育見解伺います

さてこの基本計画この具体項目あり新博物館総合博物館リニューアル現在いろいろ企画含め施設運営行わおります『新博物館』中核旧日本郵船教育部手宮洞窟教育部にしん漁場建築(経済部森の自然館建設部など博物関連施設管理一元サテライト図り施設個々特徴活用するとも学芸専門職員知識情報一層深め生涯各期応じ学習ニーズ対応できる体制創る記述内容あります

そこ伺います

にしん漁場建築御殿あります北海道指定有形文化あり社会教育施設観点から教育委員会の所管ある思いますなぜ旧経済部所管なっその経緯経済部現在産業港湾部連携つい示しください

また同様建設部これまで連携つい答えください

博物館関連施設管理一元サテライト図るありまし一元メリット効果つい示しください

さて第6次小樽市総合計画これ具体計画内容記述おりませこの一元サテライト図る考え現在まで経過今後考えつい教育見解伺います

いじめ問題登校ついあります

最近いじめより児童生徒自分絶ついう痛ましい事件次いおります未来ある子供たち自殺するいうこと理由いかん問わあっならないことありますいじめ決して許さないことありまたどの子供どの学校起こり得るものあります本市学校いじめ関する状況どのよう把握いるその内容つい示しください

また最近事件受け止め教育委員会どのよう学校対し対応答えください

教育委員会今後対応ついあります現状いろいろ対応いる思いますそれ含めどのよう考えられいる見解伺います

いじめ問題関する教育委員会指導方針どのよう内容なっいるまた学校通じPTA家庭対し周知徹底どのよう行っいるまた学校教職員対するいじめなど関する研修具体対応研究などどのよう検討いる答えください

登校ついあります

いじめさまざま要因登校なりその対策大変重要こと早期対応ある言わますこの早期対応ついどのよう実施いる示しください

本年1月会派明石市登校対策つい視察行っまいりましこれ登校予防ため早期対応システムストップ登校あかし明石モデル言わいるものあります明石市教育委員会平成19年度兵庫教育大学大学院井上雅彦准教授指導システム導入研究準備進め20年度からこのシステムスタートおります今年5年目を迎えるところあります年々有効認識れるようなり具体結果数字表れいるようありますこのシステム欠席1日目から対応シートあり欠席日数対し詳細シートわかりやすく具体記載ますこれ対策十分参考なる思いますまず小樽市教育委員会小樽独自登校予防ため早期対応システム策定要望いたします教育見解伺います

最後市民プール整備事業ついあります

この市民プール整備事業ついこれまでさまざま議論なさまいりまし改めて計画内容確認ます第6次総合計画基本計画まちづくりテーマ豊か学び地域文化はぐくむまち生涯学習スポーツレクリエーション主な事業市民プール整備事業計画いるところありますまた前期実施計画事業概要先進事例調査関係団体協議基本設計実施設計いう内容記述おり実施年度平成23年度から25年度なっおり最終年度を迎えよういる状況ありまし

2月27日会議おきまし教育教育行政執行方針述べられその市民プール整備事業つい発言おりましそれ当面事業着手見送るいう内容ありましこれまで前期実施計画事業概要即し取組行っ思いますこれまで経過つい示しください

財政あるいうこと十分理解おります総合計画基本計画掲載かつ前期実施計画記述いる事業大きく変更する理由つい改めて伺います

またこの整備事業今後考えつい教育見解伺います

以上質問留保質問終わります拍手

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

中松義治市長登壇

市長中松義治高橋議員質問答えます

初め財政問題つい尋ねありまし

まず新年度予算編成当たっ基本考えついあります平成25年度予算編成当たりまし地方交付削減れるなど大変厳しい財政状況優先課題ある財政健全念頭置き事業厳選職員給与削減など続ける一方学校再編伴う校舎改築新学校給食共同調理場建設保育建設など将来見据え課題対応するため事業防災対策経済雇用対策重点施策位置づけ予算編成ところあります

前年度予算比較よる市税増減理由ついです固定資産及び都市計画つい現年度分主に地価下落より約1億円滞納繰越平成24年度決算見込み基づく算定結果より約2億円見積もっところあります

またたばこつきまし定例7,000万円増額補正計上とおり平成24年度当初予算比べ増額なる見込みあること地方税法の一部改正伴い25年度課税からたばこ変更なることから増額見積もっところあります

市税滞納対策ついですこれまで電話文書よる催告訪問だけなく財産調査預貯金など差押え行うともインターネット公売よる差押え財産換価北海道よる直接徴収実施ほか平成24年度から滞納状況応じ柔軟対応するため収納担当課組織からグループ変更収納体制強化図っところあります今後とも都市事例など参考ながら滞納対策図っまいります

また市税増収対策ついです市税収入全体増加つなげる地域経済活性せること重要ことから今後とも企業振興市内産業活性努めるとも企業立地促進なお一層努力まいります

平成25年度当初予算市債ついあります借入約62億9,000万円予算計上ところあり借入利率1.5パーセント設定場合元利償還総額約71億8,600万円なりますなお償還期間市債種類よっ異なります平成25年度借入予定市債5年から25年なりますまた償還平成29年度から35年度の7年間最大なり約6億1,500万円試算おります

財源対策対する考えついあります平成24年度及び25年度予算編成状況考慮ます26年度以降予算編成当たっ10億円前後財源不足見込まれるところあり財源対策行わなけれ収支均衡予算編成できない財政構造ありますこのため今後中期収支状況見通す財源対策財政調整基金有効活用いくともこれまで行財政改革おけ歳出削減歳入取組継続いくことより収支改善毎年度予算編成当たっいきたい考えおります

平成24年度一般会計決算見通しついあります除雪さらなる増額懸念あるもの時点おい収支均衡おりますことから個々項目具体見込み示しすることできませ今後例年どおり歳出一定程度不用見込むことできます実質収支黒字確保できるもの見込んおります

平成25年度一般会計歳出予算経費減額要因ついあります人件つきまし定年退職減少よる退職手当などよるものあります公債つきまし市債償還繰出つきまし住宅事業特別会計公債大幅減少ことなど主な要因あります

建設事業算出考えついあります先ほど答えいたしまし学校再編伴う校舎改築など将来見据え課題対応する事業優先取り組む事業年度負担なる市債発行念頭置きながら厳選ところあります

一般会計から特別会計繰出基準ついあります繰出基準毎年度総務省から通知より一般会計負担べき経費区分示されるところありその経費所要財源つい原則地方財政計画計上普通交付基準財政需要算入特別交付通じ財源措置いるところです繰出考え原則基準参考いるところあり今後とも基準見直しあれその都度検討まいりたい考えおります

財政健全向け計画策定当たり重要数値算定考えついあります財政健全向け計画現在中期財政収支見通し策定作業進めおりますこの収支見通し限ら財源財政健全確保持続可能市政運営行っいくこと重要視点なるもの考えおります

また歳入歳出おけ項目算定つきまし地方交付社会保障制度など動向今後経済情勢大きく左右また透明部分多く見通すこと非常難しい状況あります平成25年度当初予算ベース段階捕捉得る限り情報これまで推移試算いるところあります

さらなる選択集中つい考えあります財政健全向けこれまで行財政改革おけ取組引き続き行っいかなけれならない考えおりまた将来見据え課題対応いかなけれならないものあり事業効果優先順位しっかり見極めながら今後とも選択集中観点市政運営当たっいきたい考えおります

平成25年度予算重点施策関し防災対策関連つい質問ありまし

まず防災訓練予定行政役割などついあります昨年海岸線有する町会主体なっ実施する津波避難訓練おい訓練内容提案ほか図上訓練災害援護参加など支援実施まいりまし来年度つきまし今年度津波避難訓練実施以外地域呼びかけ同様避難訓練行うほか北海道共催より土砂災害対する警戒避難訓練実施予定おります

また役割まし住民一人一人防災関する正しい知識つけ日ごろから具体備え実践すること災害みずからするべきつい考える機会つくること考えおりますこのため新た津波浸水シミュレーション映像購入訓練一部取り入れるなど訓練内容工夫するとも日ごろから町会連携図りまたホームページ広報などよる各種防災情報発信あわせ地域住民防災意識向上防災訓練積極参加進めまいりたい考えおります

耐震かかわる上下水施設整備事業7億4,000万円内訳ついあります上水施設送水配水整備1億8,000万円配水築造など2億4,000万円下水施設汚水整備1億9,000万円処理など整備1億3,000万円計上おります

上下水施設耐震対策ついあります配水耐震全体延長96.5キロメートル事業約50億円見込んおり平成25年度まで28.6キロメートル進捗約30パーセントなり小樽市上下水ビジョン目標年度ある30年度まで35.3キロメートル整備する予定あります

また処理など耐震必要下水施設29か所あり事業耐震診断行っない施設あるため算出おりませビジョン目標年度ある平成30年度まで予定か所つい前倒し25年度まで整備終える予定あります今後引き続き市民生活ライフラインある上下水施設耐震計画進めまいりたい考えおります

市庁舎建替えついですその必要高い認識変わっおりませ庁舎建設その事業4分の3起債賄う少なくともその4分の1つい基金財源必要なりますまず資金めどつけること欠かせないもの考えおります今後市立病院建設学校耐震など大型工事続きさらに地方交付見込まれる財政調整基金取り崩しいる現状基金積立てめど立たない状況ありますことからこれ大型工事進捗状況見据えながら建替え向け課題整理まいりたい考えおります

経済雇用対策関連つい尋ねありまし

まず「小樽産品」販路拡大支援事業内容効果ついあります事業内容大きく分かれおります

市内企業道外規模展示出展する支援する事業あり食料製造販路拡大新た販路開拓効果あるもの考えおります

二つ目小樽物産協会小樽単独物産道外百貨新規会場開拓場合支援する事業あり市内製造販路拡大効果あるもの考えおります

三つ目小樽単独物産セレクトショップ展開事業ありよい商品ありながら自力出展困難零細製造多いことから小樽産品セレクトショップ展開することよりそれ製造販路拡大効果あるもの考えおります

この事業強みある食料製造国内販路拡大力点置くこと零細企業含め市内企業売上つなげ市内経済活性図っまいりたい考えおります

小樽ブランド推進事業ついあります初年度取組いたしまし改良する既存商品ピックアップするとも道内外物産おい小樽ニシン使っ水産加工後志トマト使っトマトジュースなど試食販売アンケート調査実施消費ニーズ企業フィードバック商品改良結びつけおります

また現在市内企業おい商品開発進めおり随時販売実験行っいくほか地域ブランド視察研修市内企業対象セミナー開催予定おります

今後考えついあります引き続き既存商品ブラッシュアップ商品開発進めること多く成功つくり上げ地場産業振興努めいきたい考えおります

地場企業対する相談体制ついあります産業港湾部新規創業制度融資助成制度などさまざま相談業務対応おり案件応じ関係機関協議ながら適切アドバイス行っおります提言企業利用やすい総合相談体制構築つきまし小樽商科大学北海道職業能力開発大学校ほか小樽商工会議所日本政策金融公庫関係機関連携一層図りながらそれぞれ持つ機能制度さらに有効活用できる体制づくり向け協議まいりたい考えおります

新卒就職地元定着目指し地域人材育成事業ついありますこの事業新卒就職定職つかせるためビジネスマナーなど就業必要基礎知識販売営業サービス実践能力講義実習より習得地元企業求める人材育成すること地元就労定着せること目的事業あります

また地元企業マッチングつきましこの事業事業実習期間ないし予定おりますその実習地元企業仕事内容ついより深く理解深めることできるもの考えおります

新規学卒採用する企業増やすため対策ついあります雇用創出図るため重点施策掲げいる観光クルーズ客船誘致推進よる交流人口拡大起業支援企業誘致推進よる新た働く創出地場企業支援よる既存企業底上げなどさまざま経済対策実施地元企業活性向け支援行うこと地域経済活性することより重要ある考えおります

商店対策おけ研修など新た視点ソフト対策ついあります平成21年度から企業基盤整備機構協力商業ノウハウ学ぶ研修ある小樽商人塾起業希望ほか既存商業受け入れ毎年実施おります

また現在花園銀座商店街補助制度活用ながら東京からコーディネーター招き商店新た魅力発見構築向け調査分析事業実施あり商店活性事業助成より支援おります今後商店とりまし研修将来計画策定いっソフト新た対策ますます重要なるもの予想ますいたしまし関係機関連携図りながら効果支援行っまいりたい考えおります

議案第36号小樽市企業立地促進条例の一部改正する条例つい質問ありまし

まず優遇制度活用件数ついあります現行条例平成18年制定企業誘致取り組んおり今年度申請含めこれまで30企業優遇制度活用おります

またこれ伴う経済効果いたしまし工場設備投資雇用創出さらに操業企業よる市内企業取引拡大など市内経済波及効果あっもの考えおります

条例改正至っ理由ついあります現行条例施行国内外社会経済情勢大きく変化するより戦略企業誘致推進これ加え既存企業対する支援求められおり企業ニーズ捉え効果優遇制度すること必要なっことから条例見直すこと至っものあります

条例改正狙いついありますこの条例改正より立地より一層促すとも既存企業対し新た設備投資促進市外移転防止主な狙い考えおります

条例改正おけ都市比較ついあります道央圏比較申し上げます課税免除期間延長より優位確保できること課税免除限度最も手厚くなること空き工場活用おけ優遇独自施策あることなど都市比較おけ本市優位挙げられます

東京企業立地トップセミナー取組ついあります新年度おい参加企業対しできる限りみずから訪問直接会い話しする企業誘致可能高め多く企業立地いただけるよう努力まいりたい考えおります

セミナー参加企業対する具体アピールついあります立地優位いたしまし港湾高速道路JRなど物流アクセス利便ほか消費札幌市隣接いる魅力労働確保やすいことなど挙げられますまた知名生かし小樽ブランド活用言うまでなく加え地震など災害リスク低い地域あること優位ある考えおります

なお企業ニーズ優位関係ついあります企業立地選定おけ優先条件物流アクセス利便規模市場近接などあり優位これ企業ニーズ十分対応できるものあり今後ともこの優位最大PRながら企業誘致取り組んまいりたい考えおります

企業誘致おけ人的投資考えついあります民間登用東京事務所おけ誘致担当職員増員つい厳しい財政状況背景から直ちに配置すること難しい状況あります営業強化重要ある認識おります今後先頭なり関係するあらゆる人脈活用する職員一丸なりオール小樽誘致活動取り組んまいりたい考えおります

行政改革つい質問ありまし

まず意識改革ついありますこれまで職員意識改革資質向上図るため小樽市職員研修規程平成19年策定小樽市人材育成基本方針基づき職員研修充実努めまいりまし

また人材育成基本方針目指すべき職員倫理使命市民目線行政プロフェッショナルチャレンジ精神コスト意識スピードキーワード掲げおりますこの目指すべき職員全て職員自己形成自己実現目標べきものありこれ念頭置き市民組織とっ大切財産なる人財変革もらいたい考えおります

人材育成ついありますこれまで職員意識改革資質向上ため職員研修規程定める基本研修はじめ専門高める特別研修派遣研修など各種研修実施基本進めまいりまし平成19年度以降小樽市人材育成基本方針おい基本理念目指すべき職員など定めその実現向け新た研修取り入れるなど充実図っおります今後限ら人材時代変化住民ニーズ多様対応いく必要あることからコーチング研修など時代合っ適切研修行い人材育成努めいく必要あるもの考えおります

スペシャリスト育成ついありますおい職場日々業務よる研さん職場実施する研修さらに北海道市町村アカデミーなど道内外研修派遣行っおりこれ研修通じ職員スキルアップ図り税務福祉法令専門知識有する職員育成図っおります

人事配置当たりましこれまで特に専門高い職場職員配置期間長くすること経験年数長い職員配置おり今後このよう視点から職員配置配慮まいりたい考えおります

これまで管理対象実施人事評価制度試行内容今後考えついあります平成19年度試行3か月間21年度半年間能力評価のみ実施いたしましこれ施行実施アンケート調査目標設定ない実施ため自己評価難しい部署ごと業務配置人員能力濃淡あるため評価ばらつき出る人事評価ため仕事なるない心配するなど意見寄せられことからこの評価ばらつきなくすことなど目的研修実施制度つい理解深めるよう努めまいりまし平成25年度管理対象期間1年これまで行っ能力評価ほか職員面談より設定れる目標達成評価する業績評価加え試行実施たい考えおります

事務事業評価制度ついあります今年度試行実施担当自己評価行う評価庁内会議評価行う評価現在評価結果取りまとめ行っいるところあります今年度課題問題いたしまし各部作成する評価調書簡略することより作業負担軽減図りまし結果評価行う情報不足ことまた限ら事業評価対象ことから総合評価困難あっことさらに評価作業予算編成時期重なっことから新年度予算反映せるため検討時間十分なかっことなど挙げられます

今後この評価制度活用進めることより日常業務おけPDCAプランドゥーチェックアクションいうことございますサイクル定着継続業務改善職員目的成果コスト意識醸成図るとも評価結果その予算事業効果反映れるよう仕組みづくり重要ある考えおります来年度おきましただいま申し上げまし課題など改善ながらより効果評価制度構築目指し取り組んまいりたい考えおります

エネルギービジョンつい質問ありまし

まず再生可能エネルギーつい認識です昨年から固定価格買取り制度開始エネルギー資源枯渇地球温暖対策またエネルギー分散自給向上経済成長実現ため手段再生可能エネルギー導入拡大重要ますます高まっいることから再生可能エネルギー推進必要もの考えおります

エネルギービジョン策定地域調査ついですこのビジョン地域特性適しエネルギー将来導入目標示し今後エネルギー政策方向明らかするため策定するもの認識おります時点ビジョン策定予定おりませ地域再生可能エネルギー推進向け取組行っいかなけれならない考えおりますその前提なるエネルギー賦存利用可能などつい今後都市事例など参考調査研究行っまいりたい考えおります

冬期特別生活支援事業つい質問ありまし

初め灯油価格認識ついあります申し上げるまでなく灯油市民生活必需あり特に冬季暖房主要燃料欠かせないものあります長く続いおります灯油高騰当然市民生活圧迫する大きな要因あり灯油価格早期適正価格なるよう強く望んいるところあります

福祉灯油係る北海道補助申請経過ついあります昨年9月当時灯油価格1リットル80円台ありまし福祉灯油実施可能考慮補助申請行っところありますしかしながら本年2月の時点おい特別交付措置北海道補助限度拡大財政支援動きなかっことなどから昨年12月厚生常任委員会おい報告まし福祉灯油実施ない方針継続ものあります

今後福祉灯油考えついあります灯油高騰市民生活圧迫いること十分承知おります現在財政状況鑑みます相応補助られない単独事業実施すること実質困難ありこれまでどおり財政支援動き財政状況都市動向など勘案実施つい判断まいりたい考えおります

除排雪問題つい質問ありまし

まず総合計画ある除排雪ついあります議員指摘よう多雪地域特に今冬のように例年以上厳しく積雪多い除排雪大変苦労いるところありますこれまで除排雪体制強化適切路面管理さらに関係機関連携強化など努めまいりまし今後広く市民さん意見伺いながら安全快適生活確保いかなけれならないもの考えおります

現在累積降雪などついあります2月27日現在累積降雪529センチメートル最深積雪149センチメートル累積積雪7,515センチメートル平成19年度から21年度の過去3か年平均比較それぞれ108パーセント142パーセント171パーセントなっおります

排雪方法見直しなどついあります毎年地域ごと除雪懇談会開催市民さんから意見要望伺っ地域実情勘案ながら除排雪計画作成おりますしかしながら除排雪レベル見直しつきまし財政制約大きく難しい問題あります排雪方法優先順位などあわせ今後引き続き検討まいりたい考えおります

堆積拡充ついあります毎年道路沿線おけ利用など堆積利用できない情報収集努めおります今年度蘭島地区おい民間所有厚意より新たか所堆積確保おり今後とも地域さん対し利用関する情報提供呼びかけるなど堆積拡充向け努力まいりたい考えおります

通学安全対策つい質問ありまし

まず通学つい認識ついあります山坂多く古くからまち並み形成ことから道幅狭く急坂道路多くあります通学おい歩道ない道路歩道あっ幅員狭く歩道除雪困難道路多い状況あります

合同点検路線など公表ついあります国土交通省より平成24年11月13日付け事務連絡より公表行うよう通知おりますおい年度内公表向け道路管理公安委員会及び教育委員会調整いるところあります

また通学安全確保ついあります合同点検おい対応必要箇所つい順次安全対策行っまいります

市民プールつい質問ありまし

まず総合計画掲載いる事業大きく変更する理由ついあります平成21年2月総合計画策定東日本大震災発生ことより防災対策喫緊課題なっおり避難環境整備公共施設耐震など市民生活安全安心守るため取組優先対応いかなけれならないほか済生会小樽病院移転伴う夜間急病センター建設大型クルーズ客船対応する港湾整備旧日本郵船株式会社小樽支店保存修理など早期取り組まなけれならない課題発生計画策定想定できなかっ新た財政需要対応いかなけれならない状況あります

一方財政構造平成22年度以降実質収支黒字転じいるもの毎年度予算編成財源対策行わなけれ収支均衡予算編成できない状況ありますこのため今後財政運営考え場合限ら財源選択集中視点立っ事業実施判断いかなけれならないことから新・市民プールつきまし当面事業着手見送ることものあります

今後考えついありますほど答えとおりまず市民安全安心守るため事業など優先取り組まなけれならない考えおります新・市民プール整備つきまし今後社会情勢財政状況見極めながら判断たい考えおります

議長呼ぶあり

議長横田久俊教育

教育上林猛高橋議員質問答えいたします

通学つい認識ついあります道路起伏激しく道路狭くまた歩道整備ない道路多く特に冬期間歩道確保難しい状況あり通学安全対策重要課題ある認識おります

緊急合同点検ついあります昨年5月教委独自実施通学交通安全点検確保関する調査結果学校17危険感じいる道路管理警察対し改善要望いるなど48か所報告ところあります

その文部科学省国土交通省警察庁省庁連携緊急合同点検実施することなり改めて調査行っところ14歩車道区分ない道幅狭い信号横断歩道ないなど40か所報告ところありますこの報告基づき7月から8月かけ3日間学校保護地域住民道路管理警察署市の生活安全課教委参加現地調査行い最終30か所対策行うことなり学校警察署道路管理者それぞれ所管事項つい対策講ずることおります学校ついPTAよる看板設置地域ボランティアよる見守り安全マップなどよる危険箇所周知など行うことおります

社会教育施設現状課題そして今後展望ついあります平成17年度新博物館基本計画策定段階旧博物館青少年科学技術館旧小樽交通記念館統合御殿などその施設一元管理するサテライト計画いたしまし平成19年総合博物館開館その旧博物館分館その21年旧日本郵船株式会社小樽支店手宮洞窟保存館一元管理行い今日至っおりますしかし観光施設ある御殿公園施設ある自然つきまし施設離れいること設置目的異なることなど事情から日常業務関連なく現在至るまで一元管理至っない状況あります

今後御殿観光施設自然公園施設それぞれ設置目的沿っ運営必要応じ情報交換するなど実情合っ対応望ましい考えおりますまた総合博物館社会教育施設ある図書文学館美術館連携強化進めまいりたい考えおります

御殿経済所管することなっ経緯ついございますもともと泊村にあった旧田中家漁場母屋昭和33年北海道炭礦汽船株式会社より同社創立70周年記念事業現在移築ものございます当時この建物祝津中心開催北海道大博覧会観光休憩施設利用その昭和35年寄贈受け宿泊施設観光施設利用まいりまし小樽運河中心する観光盛んなる以前祝津の水族館御殿小樽代表する観光施設あっため現在観光施設産業港湾部所管いるものあります産業港湾部連携ついあります現在指定管理よる管理体制なっからパンフレット構成内容チェック展示資料解説作成資料貸出しなど支援行っおります

長橋なえぼ公園ついありますその前身明治26年道庁林務課よっつくら往時苗畑残すもの道内最古苗圃あります昭和60年苗圃役割終えから譲渡小樽市中心部近い広大緑地公園整備行い建設部所管なっものあります公園整備当時総合博物館自然展示する昆虫標本など提供行っ経過ありまし現在昆虫採集キノコ採集などフィールド利用いただいおります

一元管理メリット効果ついあります平成19年旧博物館科学館交通記念館跡地統合21年教育委員会から文化担当業務総合博物館移管するとも旧日本郵船株式会社小樽支店手宮洞窟総合博物館一元管理行うものものありますこれ施設つい共通入館発行利用促進図ること社会教育施設教育普及事業バリエーション増えるなどメリットありまし御殿自然つい観光施設公園施設それぞれ設置目的違うことなどから一元管理効果期待ほどられなかっもの思わます

今後考えついあります先ほど触れまし総合博物館旧日本郵船株式会社小樽支店手宮洞窟保存館今後とも一元管理継続まいります御殿森の自然館それぞれ設置目的沿っ運営れること望ましく今後とも両方交流図っいくことたい考えおります

また総合博物館社会教育施設ある図書資料相互活用文学館美術館旧国鉄手宮線魅力ある事業展開など連携図っまいりたい考えおります

学校おけいじめ状況把握ついありますいじめつきまし学校おけアンケート調査面談教員気づき生徒から訴え保護よる学校教育委員会通報などより把握おります学校いじめ認知場合関係から事情聞くとも改めてアンケート調査など行い事実確認行っおります

最近いじめかかわる事件以降対応ついございます文部科学省いじめよる生徒自殺受け平成24年9月緊急調査行っところありますその結果おい学校学校20いじめ報告直ちに学校連絡解決向け取組行っところ現在これ全て解決おりますその12月定例調査学校16学校19いじめ報告そのうち学校11学校18解決おります学校学校つい現在継続指導行っおりますいじめ認知学校本人児童生徒保護面談行い事実把握努め事例よっ教育委員会報告すること教育委員会個々事例より必要指導助言行っおります

教育委員会今後対応ついあります教育委員会いじめどの子供どの学校起こり得る問題あり子供たちいじめ絶対許さない行為あるいうこと徹底つけせること重要ある考えおりますまた子供たちいじめ遭っ場合気軽相談できる体制整えること大切あり教育研究所電話よる相談窓口設置するほかスクールカウンセラー学校配置するとも教育委員会相談常駐することなど対応行っおります平成25年度教育研究所心理カウンセラー資格持っ職員配置早期発見早期対応向け体制整備図っまいります

いじめ問題関する教育委員会指導方針ついありますいじめ問題対応まず学校おい日ごろ授業校内生活様子から子供たち状況把握おくこと保護信頼関係築いおくこと前提子供たち変化見逃さ早期発見すること最も大切ある考えおりますまたいじめ発生場合スピード持っ家庭学校教育委員会連携図り早期解決向け全力取り組むこと重要ある考えおります

家庭周知ついあります教育委員会いじめ問題解決家庭連携協力欠かせないことからいじめ発見チェックポイント相談窓口周知内容する保護向けチラシすこやか成長願っ作成配付保護いじめ対する関心持っもらう取組行っいるところありますまた昨年10月小樽市PTA連合会共催いじめ防止キャンペーン一環『思春期の親子関係』~いじめのサインを見逃さないため題し講演開催いじめ問題対する意識啓発図っところあります

教職員研修などついあります教育委員会これまでいじめ未然防止向け豊か育成図る道徳教育研修講座ネットいじめ対応する情報モラル研修講座など開催行っまいりまし昨年11月実際学校あっいじめ事例題材未然防止向け取組発生組織対応などついグループ討議行う実践ワークショップ形式いじめ問題対策研究開催いたしまし今後このよう実践高める研修開催するなど教員資質能力向上努めまいります

登校対応ついございます文部科学省児童生徒登校ないあるいはたくできない状況あっ年間30日以上欠席状況登校おります学校児童生徒無断欠席場合電話家庭訪問行い子供悩みなどしっかり聞き取り登校できるよう手だて講じおります引き続き7日以上欠席児童生徒いる場合教育委員会欠席状況報告提出することなっおり教育委員会個別児童生徒状況確認個々対応つい指導助言行うとも必要応じスクールカウンセラー児童相談など関係機関連絡調整行っおります

小樽独自登校予防ため早期対応システム策定ついあります登校予防するため早期発見早期対応効果ある考えおります学校おけ登校対応つい全て教員共通指導できるよう対応マニュアル作成向け検討進めまいりたい考えおります

市民プール建設検討経過などついあります建設場所つい市有活用小樽公園周辺など市内中心一定駐車スペース確保することまた建物建設当たっ建設コストランニングコスト極力抑えること効率管理運営行うことなど方向調査検討行っまいりましこれ検討踏まえプール単独建設建設コストランニングコスト管理運営経費多額かかることあり学校プール建設市民プール活用する方式最も効率ある判断から山手地区統合校基本設計学校プール盛り込むこと前提計画つい市長部局協議進めところあります

平成25年度予算要求当たり教育委員会学校給食共同調理場建設学校改築耐震工事加え旧日本郵船株式会社小樽支店調査工事など早期取り組まなけれならない工事山積おりまた財政大変厳しい状況あることから当面市民プール整備事業着手見送ることものあります

最後市民プール整備事業今後考えついありますすれ学校改築耐震工事及び旧日本郵船株式会社小樽支店の調査工事結果など見極めるとも財政状況勘案ながら事業進めつい市長部局相談まいりたい考えおります

議長10呼ぶあり

議長横田久俊10高橋克幸議員

10高橋克幸議員だけ質問いただきます

企業誘致ついです

質問企業誘致つい人的投資考え市長提案いたしまし要する営業強化いう意味市長民間企業出身です営業つい十分認識持ち思いますそういう意味先ほど答弁ありましけれど市長みずからある企業訪問するいう大変力強い姿勢思います評価いたしますけれどいかせん市長忙しいですからそれとても無理ある思います限界ある思います

そういう意味確か財政あることわかりますすぐ人的投資できる思いませけれど昨年東京企業立地トップセミナーやらそれなり手応え持ち思いますそういうそういうある下地調整たり協議たり営業継続たり強化いうから考えるどう必要なるだろう思いますそういうこと小樽市経済対策大きなあるわけですからせっかく市長そこまで入れ糸口でき他市とらたり違う方向行ったりしまう本当まで苦労報わないいいますせっかく市長考え踏襲ないこと非常残念思います

そういう意味新た人的投資できないあれ現有人員から可能限り例えばからするよう定期出張いただく長期出張あり見直す東京事務所一時人員補強するそれほどかけないできる思うですそういう意味この平成25年度せっかくこの条例改正まで行っなおかつ昨年度トップセミナーそして今年度行われるトップセミナー考える営業重視しよういう市長考えからいけやはりそれフォローアップするなけれどう中途半端なる思いますなかなか成果づらい思うですそういう意味市長受けしっかり営業強化いう対応できる体制考え至急つくるべき思います再度答弁願います

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

市長中松義治高橋議員質問答えます

冒頭いろいろ経済問題あるいは雇用問題いうこといただきまししかし一方財政健全いうことついいただきまし

今回人的配置ついやはり財政問題から考えところありますそれ今年度東京企業立地トップセミナーいただきましそれから平成25年度大阪企業立地トップセミナーいただきたい思います先ほど答弁いたしましよう自身昨年東京企業立地トップセミナー参加いただい企業訪問まいりたいいうことありますしかし35年間民間企業勤務おりましやはり営業大事いう営業効果いいますそういっこと十分承知ございます次年度自身企業立地トップセミナー進めいくあるいは大阪企業立地トップセミナー進めいく検討まいりたい思っおります

確か財政厳しいいう問題ありますけれどそれ以上企業誘致できる企業小樽くれるいうことあれそれ超える効果ある思いますそういっことつい検討いきたい思っます時点なかなか厳しいいうことしか申し上げられませけれど企業訪問進めたりそういっ状況検討いきたい思います理解いただきたい思います

議長横田久俊高橋議員会派代表質問終結この暫時休憩いたします

休憩午後2時38分

再開午後3時00分

議長横田久俊休憩引き続き会議再開会派代表質問続行いたします

議長19呼ぶあり

議長横田久俊19斎藤博行議員

19斎藤博行議員登壇拍手

19斎藤博行議員平成25年第1回定例会当たり民主党市民連合代表質問ます

初め昨年12月行わ衆議院議員総選挙結果つい所見述べさせいただきます

3年半前の平成21年9月の第3回定例会歴史政権交代直後9月2日付け新聞載っ世論調査引用選挙結果示さ有権意識政権交代意義ついそしてたち民主党市民連合立ち位置ついいただきまし

その内容要約ます自民党対する不満民主党対する不安そのどちら選ぶ迫ら有権あの選挙おい民主党選択そのアンケート超える回答自民党民主党対抗するため政党立ち直っほしい答えいること念頭置き有権思い応えるため政権交代やろう思えできるいう段階から政権かわる政治流れ変わるそして政治流れ変わるたち暮らし変わる実感もらえるよう政治求められおりその期待全力応えいかなけれならないそして国政段階与野党立場180変わりまし小樽おい市長与党立場から引き続き小樽市そして小樽市民ため小樽将来見据え小樽市民生活実態から積極地方から上げいくそういっ立場明らかまし

3年3か月評価つい議論分かれるところです選挙結果示さ有権結論さん承知とおりあります選挙結果とても合格いただけなかっわけです無駄公共事業見直す疲弊地方大切する不幸たち最小少なくする原発依存ない社会実現目指しいくそういっ目指し方向なかっ考えおります

3年半たち選挙結果より国政おけ立場再び変わりましこの小樽おけたち立場考え変わりないこと改めて表明おきたい考えます

質問移ります

最初平成25年度予算編成関し質問ます

小樽市平成25年度予算一般会計約577億円特別会計約350億円企業会計約272億円会計合計約1,199億円なりまし自主財源ある市税減収さらに地方交付削減れる予算編成苦労ない推察ます新年度予算編成おい市長最も入れ問題ついその思い聞かください

新年度予算歳入市税つい増減あります合計約1億円減収見込んますその法人市民約6,000万円固定資産約2億5,000万円都市計画約5,000万円減収そしてたばこ約1億9,000万円増収なっますこう見積り根拠示しください

アベノミクスいう言葉飛び交っます時点円安進み証券会社ボード赤く染まること多くなっぐらい実体経済個人消費レベルまだまだ感じです政府今年春闘期待示します先行き厳しい思いますこのなるデフレから脱却ため2パーセント程度物価上昇議論いることです金利政策隠れ効用自治抱える膨大借金金利負担軽減あります

小樽市市債一般会計前年度より約10億5,000万円約62億9,000万円発行ますまた平成25年度末会計市債残高約24億9,000万円増え約1,033億3,000万円なる見込みです当然金利負担増加ますこの少しずつ減少いえその金利負担重く感じられます一般会計平成21年度22年度23年度平均利率支払わ利息総額示しください

小樽市深刻財政危機直面夕張市小樽多く市民心配つい最近ことです小樽市財政破綻危機直面主な要因聞かください

小樽市まだいろいろ問題残っます単年度収支黒字することでき3年前の平成22年度でし小樽市財政回復寄与主な要因あっ聞かください

新年度予算編成際し小樽市財政再建向け取組どのよう考えられ聞かください

質問変えます

安倍政権国土強靱スローガン平成24年度補正予算約4兆7,000億円25年度予算約5兆2,000億円規模公共事業実施しようますしかし個別事業ます防災減災老朽対策名目もちろん必要工事あります従来変わら経済効果薄い公共事業ある指摘出さますまた現実問題建設現場人数ピークから大幅減少いること地方自治土木建築技術大幅削減事務処理能力限界ある指摘ますこのよう平成24年度予算すら完全消化できない公共事業総量規模増やし借金だけ増えることなりかねませ

新年度予算地方財政計画歳入歳出規模約500億円増額約81兆9,100億円なり前年度当初比べ0.1パーセント増額なりましまた地方地方交付など合わせ一般財源総額約1,285億円0.2パーセント増額前年度水準約59兆7,526億円なりましこれ地方約4,461億円約36兆3,645億円臨時財政対策1.3パーセント増額約6兆2,132億円つつ地方交付約3,921億円2.2パーセント減額約17兆624億円ためあります

地方交付減額要因給与関係経費自民党政権公約実現するため平成25年7月から国家公務同様給与削減行う約8,504億円削減約19兆7,500億円まし削減緊急防災減災事業約4,550億円地域元気づくり事業約3,000億円東日本大震災関連全国防災事業地方負担約973億円充当する地域元気づくり事業これまで人件削減努力応じ地方交付よっ措置するなっます

地方交付地方公務給与削減問題関連づけ削減政府措置対し市長見解示しください

小樽市平成16年度から独自給与削減続けますこれ小樽市財政極めて悪化夕張市財政破綻市民サービス切下げなど厳しい現実見聞きときより小樽市財政破綻避けなけれならないそのため協力必要考え職員理解協力あっから思います8年間給与削減総額示しください

地方自治対し並み7.8パーセント給与削減求めます小樽市おい平成25年度実施れるパーセントパーセントパーセント給与削減要請応えるものそうなく財政再建向け独自削減見解示しください

先ほど述べまし土木建築技術職員問題です

小樽市財政再建議論大きな物づくり当分ない判断土木建築技術職員退職補充より削減経過ありますこの10年間土木建築技術職員退職採用合計示しください

こう技術十分経験必要採用すぐ戦力ならないあります今年度予算執行当たっ業務オーバーフローしまわない心配です見通し示しください

質問変え福祉灯油つい伺います

今年に入り灯油小売価格4年ぶり100円超えましこうとき小樽市財政状況勘案つつ先ほど12月委員会答弁基本前回実施予算ベース北海道から補助合わせいわゆる非常薄い補助実施つい検討なかっです聞かください

最後福祉灯油支給つい先ほどから述べおります判断基準考え質疑整理考えおります今回実施ない判断理由聞かください

質問変えます

平成25年度主要施策一覧まし地球環境保全関連するエネルギー推進関する項目見当たりませ

2011年3月11日発生東日本大震災よる津波その地震そのものまだはっきりませ東京電力福島第一原発起き過酷事故原発依存ない社会実現必要たち突きつけましそして日本エネルギー政策つい改めて議論構築いく作業始まりまし従来省エネ対策酸化炭素削減対策だけなくさらに地球環境優しい自然エネルギー活用基本するエネルギー活用求められるようなりましその太陽風力水力地熱バイオマスなど再生可能エネルギー枯渇することない国産エネルギーありその拡大新しいエネルギー社会構築向けです改めて地球環境優しい自然エネルギー普及活用関する小樽市考え聞かください

小樽おけエネルギー太陽発電役割指摘まいりましそれ太陽発電小樽市内おい十分普及する可能ある考えるからです確か今年よう降る多く曇り空見上げます小樽太陽発電無理よう思わがちですしかし繰り返しなります調査機関報告あるよう小樽市太陽発電年間発電東京都それ比べ遜色ない実態です自宅2010年10月から稼働いる太陽発電本年2月末まで8,873キロワット発電二酸化炭素約1.6トン削減貢献ます昨年度から続けいる太陽発電設置関するアンケート調査内容示しください

また太陽発電設置最新示しください

先日昨年の春から太陽発電始められ市民話す機会ありましそこ太陽発電設備価格発電からメンテナンス降雪対策そして自治補助制度まで及びまし現在小樽市太陽発電設置いるから補助なし設置踏み切っ方々ですそれ都市補助関する情報持っます関することですからいろいろ思い感じられますしかしそれ以上強く感じられ太陽発電などエネルギー問題対する小樽市消極スタンス対する不満でし空き地利用規模太陽発電雇用拡大つながるです企業誘致観点から検討ほしい思います

最後市民一緒エネルギー政策考えるため太陽発電設置対する助成制度創設べきない考えます見解求めます

質問変えます

政府生活保護基準引き下げ3年間生活保護740億円削減すること決めまし一部られる所得世帯生活保護世帯逆転現象解消必要ですただしその方向最低賃金引上げ所得支援強化基本べきあり生活保護基準引下げ社会抜けしまうおそれあります

また所得全体影響大きく生活保護以外所得住民保育国保水道市営住宅自己負担連動上がったり就学援助打ち切らたりする可能あります

また最低賃金決定当たり生活保護基準大きな要素です生活保護基準引下げ最低賃金引上げブレーキなりかねませつまり生活保護基準引下げ生活保護世帯だけなく勤労世帯影響及ぼし結果国民生活最低レベル引下げつながり先ほど述べましこの抜けしまいます

特に影響こうむる子育て母子世帯ですそもそも日本ひとり親世帯相対貧困OECD加盟30か国最低ですさらに生活保護基準引下げよっ教育かける費用減り進学断念部活修学旅行断念ひいては高校中退増加つながりかねませこのよう影響幅広く大きい生活保護基準引下げ反対する意見小樽市議会提出まし残念ながら賛成少数採択なっおります

今回生活保護基準引下げよる小樽市内生活保護世帯影響深刻です小樽市生活保護関する扶助負担年間どのようなる示しください

今回生活保護基準引下げつい市長どのよう見解持ち聞かください

生活保護受給対象減免制度生活保護基準各種減免制度ついそれぞれ示しください

また主な制度平成23年度対象示しください

暮らす所得世帯影響大きい制度改正です小樽市今回生活保護基準引下げストレート小樽市各種減免制度基準見直しつなげる考え見解示しください

質問変えます

新年度予算産業振興関連活力ある商店街づくり推進事業976万円計上その空き店舗対策支援事業296万円あります小樽市商店歩います閉店挨拶することあります閉店なっ続く商店そして寂しいものですそしてしばらくする空き店舗なくなり空き地駐車なっしまいたまに付近歩く市民どのようあっわからなくなっしまいます

小樽市空き店舗対策重要踏まえ対策考えいる思います先ほど空き店舗対策支援事業内容聞かください

小樽市たくさん商店あります市内中心通り商店サンモール一番街商店街花園銀座商店街商店10年前5年前最近空き店舗示しください

平成25年2月12日経済産業省平成24年度地域商業再生事業補助採択結果公表ましその小樽花園銀座商店街振興組合商店構造改革調査分析事業採択おります関係する聞かいただきまし昨年水天宮祭りイベント契機自分たち勉強立ち上げ全国商店街支援センター存在知りそこから補助事業応募そして採択までこぎつけでし

初め経済産業省補助事業概要示しください

また花園銀座商店街応募商店構造改革調査分析事業どのようもの示しください

またこの調査終了考えられいる事業展開つい聞かください

補助事業応募採択れるなど大変努力頑張り感じられます力強く思いますこの小樽市かかわり大きかっ思いますこの小樽市かかわりつい経過含め聞かください

また今回取組進める当たっ補助事業ため資金繰り苦労いるありまし小樽市この取組対する支援など検討できないものでしょう見解示しください

先ほど調査いつごろからどのよう行わいつ調査分析結果出される聞かください

最後この調査分析結果基づき構想れる今後計画対する小樽市支援協力体制などつい考え聞かください

質問変え防災計画関し質問ます

最初自主防災組織関し質問ます

1995年阪神・淡路大震災2011年東日本大震災など地震津波また毎年よう発生する台風被害など見るとき自然災害完全防げない立場からいざ災害発生とき発生得る被害最小食いとめるため減災取組重要ですまた防災減災ため自助共助そして公助役割分担重要です

北海道北海道防災対策基本条例を制定その災害から守るため地域ぐるみ協力体制よる共助必要ありそれ生かすため自主防災組織存在不可欠です説明ます北海道言う自主防災組織どのようもの示しください

またこう北海道自主防災組織位置づけ対する小樽市考え聞かください

あわせ小樽市自主防災組織どのよう組織想定いる聞かください

小樽市新年度予算防災関連経費防災ラジオ町会配付計画ます小樽市防災計画考えるとき町会組織どのよう位置づけいる聞かください

また防災ラジオ配付する町会その使用方法などついどのよう願いする考え聞かください

北海道説明自主防災組織結成する既存組織つまり町会活用する方法新規メンバー集め組織結成する方法ありますその町会活用する方法町会規約防災関する事業など追加町会組織防災部新設すること必要ます

小樽市町会こう規約持つ町会あります

また共助目的新た組織自主防災組織団体ありますありましたらその組織どのよう特徴あります聞かください

北海道自主防災組織結成運営などつい照会ください言っますそう相談ありまし

町会これまで地域防災意識啓発避難訓練参加など役割果たしおります昨年1年間町会参加避難訓練防災関する研修など防災減災事業押さえます件数参加人数聞かください

今後小樽市町会自主防災組織指導いく考え見解求めます

原子防災計画つい質問ます

市長昨年3月27日小樽市民安全安心守る立場からUPZ範囲決める議論直線描くようやりなく地形気象条件など考慮ほしい要請北海道知事行いまし2011年東京電力福島第一原発過酷事故放射汚染広がり目の当たり40キロメートル北海道電力泊原発存在いる小樽市長当然行動だっ思いますこの市長要請対する北海道知事から回答最終どのようものだっ聞かください

北海道UPZ範囲泊原発から半径30キロメートル以内ましこのこと関する小樽市見解聞かください

あわせ北海道判断根拠示しください

小樽市拡散シミュレーション示さデータ解析24時間365日考えとき小樽市方向放射物質流れくること関しどのよう判断おります見解示しください

小樽市先ほど述べまし泊原発からおおよそ40キロメートル位置あります東京電力福島第一原発事故原発から半径40キロメートル程度距離あっ福島県当時どのよう状況置かまた今日そう教訓ベース原子防災計画ついどのよう取組なさいる調査おります聞かください

1月16日泊発電所周辺安全確認関する協定北海道及び北海道電力締結ましこれ関連北海道主催する原子力防災に関する連絡会議泊発電所周辺安全確認等に関する協定書の運用に関する連絡会設置ましそれぞれ役割聞かください

また今日まで会議開催状況議論内容聞かください

この協定書の第5条環境放射測定北海道北海道電力16地域おけ環境放射状況把握するため北海道16及び北海道電力協議別途作成する測定計画基づき測定実施するものするなっますこれだけ読め小樽市内環境放射測定するよう読めます結果北海道UPZ新た設置するモニタリングポストよる測定実施するなりましなぜ小樽市内モニタリングポスト設置なくなっなぜUPZ範囲なっ経過聞かください

また第5条言わいる測定計画概要示しください

また小樽市放射測定ため北海道モニタリングポスト設置求めるべきない考えます見解示しください

予算放射測定新た購入することなっます購入目的今後測定体制つい現在行わいる港湾室前測定あり含め方針聞かください

今後原子防災計画づくり関し質問ます

北海道UPZ範囲13連携原子防災計画づくり進めますしかし2月20日付け新聞報道30キロメートル13うち原発関する地域防災計画策定あるいは策定見通しつい答え見通しついない答え計画策定答えなっおり計画づくり遅れつきます

こう状況昨年10月行わ北海道原子防災訓練泊村神恵内村積丹町古平町住民小樽避難することなっますこう避難くる住民受け入れるため準備訓練必要こと理解できますしかし問題そう状況なっとき小樽市民安全確保問題ですさき述べ住民小樽避難する必要ある判断れるとき原発事故程度どのよう想定いる示しください

そう状況場合小樽市民安全確保ため当然しかるべき計画用意なけれならない考えます見解示しください

これから策定作業進められる小樽市原子防災計画原発事故発生より避難くる周辺住民受入れ態勢整備あわせ小樽市民安全確保関する計画並行進めいく必要ある考えます見解示しください

最後業務大変増加いる防災担当部署新年度体制つい聞かください

質問変えます

夜間急病センター関連質問ます

最初夜間急病センター管理代行業務ついです

今年度当初予算1億2,100万円加え定例2,900万円補正予算出さ結果1億5,000万円なりまし毎年よう補正ます以前このよう予算措置疑問感じ夜間急病センター役割医師会関係考え必要予算措置年度当初済ますべきない指摘おります今回改めてこの問題取り上げる当たり医師会考え聞かいただくなど必要調査いただきまし

その平成23年度24年度小樽市夜間急病センター管理関する基本協定書小樽市夜間急病センターの管理費用関する年度協定一部変更する協定読まいただきまし

平成24年度説明ます

基本協定書の第22条第2項管理1億2,100万円範囲年度協定書おい定めるなっますそして4月1日付け年度協定書別表12分割回数対し4月から3月まで支払月支払金額記載ます支払金額1回目の4月だけ1,100万円2回目から毎月1,000万円なっおり合計金額1億2,100万円ですしかし5月9日年度協定書一部変更3回目の6月2,000万円1,000万円増額その結果12回目の3月分ゼロ円なっますまた11月20日再び協定書一部変更行わ9回目の12月分2,000万円1,000万円増額11回目の2月分ゼロ円なっます

夜間急病センター公設民営小さな診療ですそのため6月と12月患者診療報酬増減関係なく経費増加するですそのため2月分3月分繰り上げ支払っもらい2月分3月分ゼロ円なっます医師会立て替え補正予算成立する待っいる構造明らかなりまし平成23年度同様今年度定例補正予算可決2,900万円増額するため年度協定一部変更なされるもの思います

こう予算執行予算範囲ありまた月々支払年度協定書の変更協定に基づくものあり法的問題ない説明ます今回基本協定書年度協定改めてとき第1回定例会可決予算2か月後の5月翌年3月補正予算よる追加払い医師会確約いるようしか読め極めて自然見えます市長見解求めます

また基本協定の第23条管理費用上限変更指定期間中診療報酬改定賃金水準変動より前条第2項の規定よる管理上限適当なっ認めるとき相手通知上限変更申し出ることできるなっますこれ一般診療報酬大幅引下げ患者激減人件経費大幅増加など想定いるもの今回補正予算こう事項該当おら初めから医師会補正予算よる追加払いあり当初予算つくら議会提出考えます見解聞かください

いずれ議会おけ新年度予算審議根幹かかわるよう予算づくりやめいただきたい考えます見解示しください

夜間急病センター今年単独開設なりますそのため従来併設ときよう済生会小樽病院応援全くなく施設保全設備保守管理保安など仕様書かいる業務遂行するため費用増加すること予想ます

単独開設なることより増加する経費どのよう見込んいる示しください

また新年度予算反映いる示しください

夜間急病センター診療時間小樽市夜間急病センター指定管理業務仕様午後6時から翌日午前7時までする定められますそのため午前7時から市内医療機関診療始まる8時半から9時までの間空白時間なる指摘ますまで併設いる済生会小樽病院朝7時過ぎられ患者対応聞いおります今年夜間急病センター単独開設ます済生会小樽病院善意期待すること難しい思います仕様診療時間見直すなど対策必要なる考えます見解示しください

以上質問留保質問終わります拍手

議長横田久俊理事答弁求めます

議長呼ぶあり

議長横田久俊

中松義治市長登壇

市長中松義治斎藤博行議員質問答えいたします

初め平成25年度予算編成関連尋ねありまし

まず新年度予算編成最も入れ課題などついあります提案説明述べさせいただきましやはり市税地方交付など一般財源平成24年度当初予算比べ減額予算計上なけれならない厳しい財政状況ある学校再編伴う校舎改築など将来見据え課題対応市民安全安心ため防災対策地域経済活性ため経済雇用対策優先重点取り組んいかなけれならない事業ありこれ事業組み入れ財政調整基金有効活用収支均衡予算編成することでき思っおります今後厳しい財政運営続くもの考えおります優先課題ある財政健全向け最大努力まいりたい考えおります

市税主な増減理由ついです法人市民つい法人実効引下げ伴い減収見込まれること約6,000万円また固定資産つい現年度分主に地価下落より減収見込まれること滞納繰越平成24年度決算見込み基づく算定結果より都市計画合わせ約3億円見積もっところありますまたたばこつきまし定例7,000万円増額補正計上とおり平成24年度当初予算比べ増額見込みあること地方税法の一部改正伴い25年度課税からたばこ変更なることから増額見積もっところあります

一般会計市債平均金利などついあります市債平均金利平成21年度1.156パーセント22年度0.894パーセント23年度0.668パーセントまた支払っ市債利子21年度10億7,000万円22年度約9億3,700万円23年度約8億4,400万円なっおります

財政危機直面主な要因ついあります平成16年度予算編成おいそれまで長引く景気低迷人口減少など市税はじめ自主財源収入減少依存財源一体改革影響一部所得譲与税源移譲いえ補助削減交付臨時財政対策大幅減収財政圧迫することなりまし加えいわゆるバブル崩壊経済対策伴う市債償還扶助急速少子高齢進展伴う保健事業医療助成など財政負担増大財政危機陥っ主な要因考えおります

財政回復寄与主な要因ついあります実質収支赤字転じ以来財政再建推進プラン財政健全計画基づく事務事業見直し職員給与独自削減などさまざま取組進めほか会計基金から借入れいっ財源対策講じるとも平成20年度から緊急避難措置期末手当削減など行っところあります

また一体改革より平成16年度以降地方交付大幅削減続いおりまし地方から強い要望あり地方財政対策おい一定配慮なさ20年度以降地方交付増加転じこと財政とっ収支改善つながる大きな要因あっ考えおります

新年度予算編成おけ財政再建向け取組ついあります平成25年度予算編成当たっ先ほど申し上げまし市税地方交付など一般財源収入減少する大変厳しいものなり財源不足見込まれる状況会計から借入れなど頼ることなく収支均衡図ること念頭置いまいりまし優先取り組むべき将来見据え課題対応する一方事業効果優先順位十分見極めながら事業厳選努めるとも職員給与独自削減継続使用手数見直し結果反映せるなど財政健全向け取組緩めることなく実施ところあります

職員給与つい尋ねありまし

初め地方公務給与削減求めるため地方交付削減政府措置対する見解ついあります地方公務給与はじめ地方自治行政運営かかわる事項指示べきものなく公平中立知見踏まえ住民議会意思基づき自治自主決定べきものなけれなりませ厳しい財政状況踏まえ給与独自削減取り組むなど先んじ行財政改革実施ところあり地方固有財源ある地方交付地方公務給与削減ため用いること地方分権流れ反し地方自主大きく疎外するものありまこと遺憾ある考えおります

行っいる職員給与独自削減ついあります平成16年度から8年間削減総額会計約65億5,200万円なっおりますまた給与独自削減継続地方交付状況透明厳しい財政運営続くことから実施するものあり削減要請応えものありませ

ここ10年間土木建築技術退職採用あります平成14年度から23年度まで退職土木技術34名建築技術15あり15年度から24年度採用土木技術11建築技術なっおります

今年度土木建築技術業務ついあります平成22年度以降退職補充戦力なる経験新規採用おりますまたここ数年業務多かっ建築技術学校給食共同調理新築若竹住宅改修など大型事業既に着工今年の夏ごろ完成する予定あり事業ピーク過ぎいることから補正予算よる事業追加なっ体制対応できるもの考えおります

福祉灯油つい尋ねありまし

まず福祉灯油対する考えついあります昨年12月厚生常任委員会伝えましおり実施当たっ判断基準考え基本変わりございませしかしながら北海道財政支援ない単独実施することつきましその効果考え場合実質難しいもの思っおります

薄い補助いわゆる少額補助ついこれまで検討なかっ尋ねありますどの程度金額少額当たる判断難しいところあります前回実施平成20年度負担700万円北海道通常補助限度ある100万円合わせ800万円ベース当時対象世帯ある約5,000世帯試算いたします世帯当たり約1,600円なりますこの金額福祉灯油実施することついこれまで検討おりませ

福祉灯油実施ない判断理由ついあります昨年12月厚生常任委員会おい福祉灯油実施ない報告いたしまし承知とおりその価格上昇傾向続き2月リットル単位100円超えところありますこの価格推移など財政支援動きまた都市動向注視財政支援目立っ動きなくさらに小樽市含む道内主要都市10実施とどまっことなど勘案当初方針継続ものあります

太陽発電つい質問ありまし

まず自然エネルギー普及活用つい考えです昨年から固定価格買取制度開始エネルギー資源枯渇地球温暖対策またエネルギー分散自給向上経済成長実現ため手段自然エネルギー導入拡大重要ますます高まっいることから自然エネルギー推進必要もの考えおります

太陽発電設置関するアンケート調査内容ついですこの調査設置状況発電実績公表市民太陽発電設備導入する参考いただくこと目的行っいるものありシステム仕様発電つい回答願いいるものです

太陽発電設置件数です北海道電力確認ところ1月末一般住宅設置150聞いおります

空き地利用規模太陽発電誘致ついです道内計画発表いる地域多く道東道南地域よう日射多く積雪少ない広大安価用地あることからおけ規模太陽発電設備誘致難しいもの考えおります再生可能エネルギー推進ほか設置工事受注機会市税収入増加などつながること期待できます電力事業から導入計画提案あっ場合などできる限り協力行いたい考えおります

太陽発電設置対する助成制度ついです時点助成制度創設する考えありませ補助制度再生可能エネルギー固定価格買取制度動向ながら再生可能エネルギー普及向け今後ともどのよう取組できる検討まいりたい考えおります

生活保護基準引下げ関し尋ねありまし

まず小樽市生活保護関する扶助負担ついあります時点から年齢地域区分など改定基準示さおりませ扶助負担どのようなるまだ示しできる状況ありませ

今回生活保護基準引下げつい見解ありますこのたび基準改定社会保障審議会の生活保護基準部会全国消費実態調査検証結果受け社会経済情勢総合勘案判断ものありますデフレ影響など受け所得伸び年金など下がっいる今回改定結果引下げなることやむない思っおります今後物価上昇場合基準引上げ検討しかるべき考えおります

各種減免制度ついあります現在把握いるもの申し上げます生活保護受給対象いる制度34生活保護基準もの15ありますまた主なもの平成23年度減免対象生活保護受給対象もの個人住民約40名保育負担約120世帯し尿処理手数約350世帯水道料金約2,800世帯生活保護基準対象もの市営住宅家賃約300世帯就学援助約2,000名ございます

各種減免制度基準見直しついありますおいこのたび生活保護制度見直し伴う各種制度ついその制度趣旨目的十分考慮ながらできる限り影響及ばないよう対応するおりますから通知待っ対応たい考えおります

空き店舗対策つい尋ねありまし

まず空き店舗対策支援事業内容ついありますこの事業商店市場空き店舗賃借起業する場合起業必要研修受講費用限度3万円さらに家賃限度月5万円1年間助成するほか既存商業同様空き店舗賃借店舗増設する場合家賃2分の1限度月5万円か月助成するものあります

中心商店空き店舗つきまし全てパーセンテージ答えいたします通り商店10年前4.85年前2.9最近5.9サンモール一番街商店街10年前3.25年前3.8最近29.6花園銀座商店街10年前6.85年前9.0最近18.2なっおります

補助事業ある平成24年度地域商業再生事業概要ついありますこの事業地域住民行動範囲商店求める機能など精査まちづくり会社商店一体なっ地域コミュニティ機能再生向け取組支援する地域コミュニティ機能再生事業人口減少環境変化対応つつ地域コミュニティ支える機能果たしいくため店舗集約など構造改革進める取組支援する商店構造改革事業本立てある承知おります

このたび花園銀座商店街応募商店構造改革調査分析事業さき商店構造改革事業その取組内容必要確認するため調査分析事業ある聞いおります

調査終了考えられいる事業展開ついあります花園銀座商店街買物目的商店から来街求めるサービス提供できる商店変革することより構造改革目指すいう目的掲げおりハード事業旧だるま湯建物地域コミュニティ拠点整備するほか玉光堂跡地屋外イベント開催場所整備する予定伺っおりますまたハード事業並行起業向け研修チャレンジショップ家賃補助など起業支援大道音楽などイベント開催インターネット活用商店ファンづくり商店独自メディアづくりなどさまざまソフト事業予定いる聞いおります

補助事業採択れるまでかかわりついあります昨年11月花園銀座商店街役員からコーディネーター招き活性向け検討行っいる補助制度活用たい聞きため当該コーディネーターもとより関係団体とも密接情報交換行い計画内容対する助言修正申請内容確認などより円滑事業申請支援ものありますまたこの事業対しまし商店活性事業助成より支援おります

今回調査本年2月12日採択花園銀座商店街組合及び利用近隣商店役員地域団体企業小樽商大関係近隣町会住民JR小樽駅乗降対象同月18日からアンケートヒアリングより調査開始いることありますその調査結果ワークショップ分析3月末日まで報告取りまとめるもの聞いおります

いたしまし今回事業調査分析結果踏まえ予定いる事業具体場合状況応じ支援協力検討まいりたい考えおります

防災計画関し自主防災組織つい質問ありまし

まず北海道自主防災組織位置づけ小樽市考えなどついです北海道自主防災組織地域住民自分たち地域自分守るいう自覚連帯基づき自主結成する組織地域住民組織結成合意規約組織活動内容定めること成立する説明おります

おいやはり災害発生初期おい地域人々被害拡大防ぎ守るため合わせ活動するため自主防災組織大変重要考えおります